まとめ速報 ss。 [B!] ほむら「ストライクウィッチーズ?」

エレファント速報:SSまとめブログ

まとめ速報 ss

魔王「この体、可愛いでしょ?私のお気に入りの体なんだよね」 魔王「あはは、さっきまで殺す気まんまんだったのにどうしたの?怖気づいた?」 勇者「の……だ…で……」 魔王「うん?聞こえないわよ、ちゃんと言ってよ」 勇者「その体で遊ぶなァァァ!!!」 魔王「ふふっ…恋人の体を使われて不服なのは分かるけど今のこの体の所有者は私なの。 だから何しようが私の勝手」 魔王「どう?殺された恋人の為に必死に修行して、最後はその恋人に殺されるなんて…」 魔王「すごくロマンチックじゃない?」 勇者「貴様みたいな奴がッ!使っていい体じゃないッ!!」 魔王「ふ~ん…勇者、恋人さんとキスすらした事ないんでしょ?」 勇者「な…何を…言ってる…」 魔王「私だったら…好きなだけしてあげてもいいわよ…?」 魔王「私の下僕になるなら、ね」 魔王「正直あなたみたいに強い男なら、次期魔王も任せそうだわ」 勇者「だ…誰がお前なんかのッ!!」 勇者「!?」 魔法使い「ごくごくごくごくっ!」 勇者「おまえ、何やってんだよ!?」 魔法使い「……ん……ぷはー。 うぃー」 勇者「の、飲み干しやがった……」 魔法使い「うげぇ……苦いよぉ」 勇者「バカヤロウ!なんでそんなもん飲んでんだ!」 魔法使い「ふぇ? だって勇者様は強いし、不死になるなら弱いわたしかと思って!ほらわたし、虚弱体質で、きっと勇者様に叩かれたら死んじゃうくらい弱いんで!」 勇者「そういう問題じゃない!毒とかだったらどうするんだ!?」 魔法使い「だーいじょうぶですよ。 ほら、わたしぴんぴんしてバタンキュー」 勇者「な!?おい、魔法使い!」 勇者「(まずい!白目向いてやがる!やっぱり毒だったのか!)」 魔法使い「ほえ?あ、勇者しゃんらぁー」 勇者「……」 魔法使い「わらひれふよー。 おはななじみのまふぉーつかいでふよー」 勇者「(なんだこいつ……顔が赤いぞ?目も焦点が合ってない……)」 勇者「(まさか、酔っ払ってるのか!?)」 魔法使い「あいらかったよー、ゆーしゃしゃまー、だぁいしゅきー、ちゅーっ!」 勇者「ば、バカ!離れろ!」ガツン! 魔法使い「……っ、あ、きゅー…………」ばた 勇者「う……ちょっと強く殴りすぎたか。 まあ、すぐ眼を覚ますだろ。 今収録終わったとこで今からっ……今日もう遅いし帰った方がいいし埋め合わせは今度絶対するから! その……ごめんっ!!』 高森藍子「……ううん。 私は大丈夫ですよ。 今日は、加蓮ちゃんは午前中に番組の収録があって、午後すぎからはここでゆっくりしようって、加蓮ちゃんに誘われていました。 1日使うことはできないけれど、たまにはここでのんびりしたいから。 他のアイドルの誰にも見られない場所で、ゆっくりお話したいから、って。 約束の時間は、お昼過ぎの1時か2時。 その頃にはここに来られるって、加蓮ちゃんが言ったんです。 今の時間は、夕焼けのはじまりの頃。 午後5時すぎ。 「星井美希さんね。 如月千早です、よろしく」 「千早さん、よろしくお願いしますなの!」 高木っていう黒いおじさんにスカウトされて、ママと事務所に行って契約した日に出会った女の子は、ミキが言うのもなんだけど、すごくかわいかったの! 如月千早さん。 事務所の隅でずっと難しそうな本を読んで、少し難しそうな顔をして、それがまた綺麗だったの。 すごく仕事ができるから、ミキにいろいろ教えてくれることになったの! 千早さんはミキとは全然雰囲気が違って、落ち着いてて、もうさん付けで呼ばずにはいられないの。 何より、オトナって感じ!ミキには何となくわかるんだけど、千早さんはミキと違ってもう体が大人になってるの。 骨格っていうのかな、それが大人なの。 完成されてるの。 儚い女性って感じで憧れるよね!ミキって、儚いとは正反対でしょ?すごく羨ましいの。

次の

[B!] ほむら「ストライクウィッチーズ?」

まとめ速報 ss

魔王「この体、可愛いでしょ?私のお気に入りの体なんだよね」 魔王「あはは、さっきまで殺す気まんまんだったのにどうしたの?怖気づいた?」 勇者「の……だ…で……」 魔王「うん?聞こえないわよ、ちゃんと言ってよ」 勇者「その体で遊ぶなァァァ!!!」 魔王「ふふっ…恋人の体を使われて不服なのは分かるけど今のこの体の所有者は私なの。 だから何しようが私の勝手」 魔王「どう?殺された恋人の為に必死に修行して、最後はその恋人に殺されるなんて…」 魔王「すごくロマンチックじゃない?」 勇者「貴様みたいな奴がッ!使っていい体じゃないッ!!」 魔王「ふ~ん…勇者、恋人さんとキスすらした事ないんでしょ?」 勇者「な…何を…言ってる…」 魔王「私だったら…好きなだけしてあげてもいいわよ…?」 魔王「私の下僕になるなら、ね」 魔王「正直あなたみたいに強い男なら、次期魔王も任せそうだわ」 勇者「だ…誰がお前なんかのッ!!」 勇者「!?」 魔法使い「ごくごくごくごくっ!」 勇者「おまえ、何やってんだよ!?」 魔法使い「……ん……ぷはー。 うぃー」 勇者「の、飲み干しやがった……」 魔法使い「うげぇ……苦いよぉ」 勇者「バカヤロウ!なんでそんなもん飲んでんだ!」 魔法使い「ふぇ? だって勇者様は強いし、不死になるなら弱いわたしかと思って!ほらわたし、虚弱体質で、きっと勇者様に叩かれたら死んじゃうくらい弱いんで!」 勇者「そういう問題じゃない!毒とかだったらどうするんだ!?」 魔法使い「だーいじょうぶですよ。 ほら、わたしぴんぴんしてバタンキュー」 勇者「な!?おい、魔法使い!」 勇者「(まずい!白目向いてやがる!やっぱり毒だったのか!)」 魔法使い「ほえ?あ、勇者しゃんらぁー」 勇者「……」 魔法使い「わらひれふよー。 おはななじみのまふぉーつかいでふよー」 勇者「(なんだこいつ……顔が赤いぞ?目も焦点が合ってない……)」 勇者「(まさか、酔っ払ってるのか!?)」 魔法使い「あいらかったよー、ゆーしゃしゃまー、だぁいしゅきー、ちゅーっ!」 勇者「ば、バカ!離れろ!」ガツン! 魔法使い「……っ、あ、きゅー…………」ばた 勇者「う……ちょっと強く殴りすぎたか。 まあ、すぐ眼を覚ますだろ。 今収録終わったとこで今からっ……今日もう遅いし帰った方がいいし埋め合わせは今度絶対するから! その……ごめんっ!!』 高森藍子「……ううん。 私は大丈夫ですよ。 今日は、加蓮ちゃんは午前中に番組の収録があって、午後すぎからはここでゆっくりしようって、加蓮ちゃんに誘われていました。 1日使うことはできないけれど、たまにはここでのんびりしたいから。 他のアイドルの誰にも見られない場所で、ゆっくりお話したいから、って。 約束の時間は、お昼過ぎの1時か2時。 その頃にはここに来られるって、加蓮ちゃんが言ったんです。 今の時間は、夕焼けのはじまりの頃。 午後5時すぎ。 「星井美希さんね。 如月千早です、よろしく」 「千早さん、よろしくお願いしますなの!」 高木っていう黒いおじさんにスカウトされて、ママと事務所に行って契約した日に出会った女の子は、ミキが言うのもなんだけど、すごくかわいかったの! 如月千早さん。 事務所の隅でずっと難しそうな本を読んで、少し難しそうな顔をして、それがまた綺麗だったの。 すごく仕事ができるから、ミキにいろいろ教えてくれることになったの! 千早さんはミキとは全然雰囲気が違って、落ち着いてて、もうさん付けで呼ばずにはいられないの。 何より、オトナって感じ!ミキには何となくわかるんだけど、千早さんはミキと違ってもう体が大人になってるの。 骨格っていうのかな、それが大人なの。 完成されてるの。 儚い女性って感じで憧れるよね!ミキって、儚いとは正反対でしょ?すごく羨ましいの。

次の

【競馬】クロフネが種牡馬を引退、余生は社台SSで過ごす

まとめ速報 ss

クロフネ(牡22)が種牡馬を引退することが13日、分かった。 同馬は体調が整わず、昨年から種付けを取りやめて経過観察が行われていたが、 良化の兆候がみられないため、けい養先の社台スタリオンステーションで余生を過ごすことが決まった。 同馬の産駒は現1歳世代が最後となる。 (有)社台コーポレーションの吉田勝己代表取締役は「年齢もあってだいぶ衰えがありましたからね。 これからは功労馬として、牧場にいてもらおうと思います」と話した。 同馬は00年10月にデビューし、3歳時の01年にNHKマイルC、ジャパンCダート(現チャンピオンズC)の芝、ダートの両G1を制して種牡馬入り。 種牡馬として短距離女王カレンチャン、15年中山大障害勝ち馬アップトゥデイトなど、距離やコースを問わずに活躍馬を輩出した。 先週は函館で白毛馬ソダシがデビュー勝ちを遂げるなど、常に注目馬を世に送り出していた。 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account. 人気記事ランキング 1ヶ月• 8,850 Views 2週間前• 6,300 Views 1週間前• 6,000 Views 3週間前• 5,650 Views 3週間前• 5,550 Views 3週間前• 5,400 Views 3週間前• 5,200 Views 4週間前• 5,150 Views 2週間前• 5,100 Views 3日前• 5,050 Views 2週間前• 5,050 Views 1週間前• 4,900 Views 3週間前• 4,900 Views 2週間前• 4,900 Views 5日前• 4,650 Views 1週間前• 4,600 Views 4週間前• 4,550 Views 1週間前• 4,500 Views 1週間前• 4,450 Views 4週間前• 4,450 Views 2週間前.

次の