封書 の 切手 代 は いくら。 【角形2号】封筒の切手代はいくら?【一覧表でスッキリ解決】

海外に手紙を送るといくら?封筒切手など送り方について解説

封書 の 切手 代 は いくら

「封書を送るのに必要な切手代はいくら?」普段は郵便局の職員さんがかわりにやってくれる切手代の算出を、自分でやらなくてはならない場合にはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、知っているようで知らない封書の郵送に必要な切手代ついて解説します。 封書とは 封書とは、封筒に入れた手紙、書類のことです。 最近は、メールやSNSなどの普及によって、手紙を出す機会も少なくなりましたから、封書ということばを聞く機会も少なくなり、知っている方は意外と少ないかもしれません。 ただ、就職活動などをしていると「履歴書を封書によって送付してください」というような文言に出会うこともありますから、封書はまだまだ現役で使われていることばです。 封書の郵送は郵便局へ 封書は郵便ですから、送るためには切手を貼らなくてはいけません。 わざわざ自分で貼らなくとも、郵便局に持っていけば、職員の方が必要な額の切手を貼って郵送してくれます。 そのため、郵便局へ封書を持っていくことができるのなら、特に切手代知る必要はありません。 しかし、近くに郵便局がない場合や、近場のポストで封書を送りたい場合は、自分で切手を貼らなくてはいけません。 その場合は、自分で切手を購入する必要があるため、切手代がわかならいといけません。 封書の切手代は定形・定形外郵便で異なる それでは、封書を送るために必要な切手代はどれくらいなのでしょうか? 実は、封書には定形郵便と定形外郵便の2種類があり、それぞれで切手代は異なります。 そのため、まずは自分が送ろうとしている封書が、一体「定形郵便」「定形外郵便」のどちらに当てはまるのを調べなくてはなりません。 定形郵便 郵送物が定形郵便かどうかは、封筒の大きさと重さによって判断されます。 定形郵便は、次の条件をすべて満たすものです。 タテ:14センチ〜23. 5センチ以内• ヨコ:9センチ〜12センチ以内• 厚さ:1センチ以内• 重量:50グラム以内 定形外郵便 定形外郵便はどのようなものかというと、定形郵便でない郵便です。 つまり、さきほど解説した定型郵便に当てはまらない封書は、とりあえず定形外郵便として扱われているのです。 とはいえ、もちろん本当にあらゆるものが定形外郵便というわけではありません。 サイズが大きすぎたり重量がありすぎたりする場合には、郵便ではなく宅配で送る必要があるため、定形外郵便としては扱われません。 定形外郵便は、次の条件を満たす郵送物です。 1辺の長さが最大60センチ• 3辺の合計が60センチ以内• 重量4キロ以下 また、定形外郵便の中でも、次の条件を満たすものは「規格内」として扱われ、切手代「定形外郵便」とは異なります。 ちょっと複雑ですね。 最も長い辺:34センチ以内• 短い辺:25センチ以内• 厚さ:3センチ以内で• 重量:1キロ以内 封書の切手代 封書の具体的な切手代を求めるためには、重さを測っていきます。 封書を送るために必要な切手代は、重量制で決められています。 そのため、はかりなどで封書の重さを測る必要があるのです。 そして、測った封書の重さと、その封書が「定型郵便」であるか「定形外郵便」であるかによって、切手代が決定されます。 具体的な切手代は次のとおりです。 定型郵便の場合• 25グラム以内の場合:82円• 50グラム以内の場合:92円 定型郵便(規格内)• 50グラム以内:120円• 100グラム以内:140円• 150グラム以内:205円• 250グラム以内:250円• 500グラム以内:380円• 1キロ以内:570円 定形外郵便• 50グラム以内:200円• 100グラム以内:220円• 150グラム以内:290円• 250グラム以内:340円• 500グラム以内:500円• 1キロ以内:700円• 2キロ以内:1,020円• 4キロ以内:1,330円 郵送したい封書の重量にあった額面の切手を貼り、ポストに投函すれば封書を郵送することができますよ。 大切な封書は郵便局へ持っていく 封書に貼る切手代について解説してきましたが、基本的に重要な書類を郵送する場合には、郵便局まで持って行った方が無難です。 というのも、切手を自分で貼った場合、万が一切手代が不足してしまっていると、自分のところへ封書が送り返されてしまうからです。 ですから、就職活動での履歴書の送付や、提出期限が決まっている大切な封書を送付する場合は、手間を惜しまずに郵便局まで持っていきましょう。 そして、郵便局の職員の方に封書を手渡すことで、確実に郵送してもらった方が無難です。 封書に貼る切手代が不安な場合 自宅にあるはかりで封書の切手代を算出する場合、はかりに誤差があると心配になることもあるでしょう。 そういう場合は、封書に貼る切手代を、少し多めに貼って郵送することをおすすめします。 封書の切手代が不足している場合は、封書が戻ってきてしまいますが、多い分には問題なく相手に届けてもらえます。 ですから、確実に封書を届けたい場合は、切手を多めに貼っておくべきです。 また、過払いの切手代は、郵便局に行くことでは返還してもらうことができます。 現金での返還は1,000円までですが、返還してもら得るのですから、「払い損になるのが嫌だ!」という方でも安心ですよ。 まとめ いかがでしたでしょうか? 封書に必要な切手代をおわかりいただけたでしょうか? 繰り返しになりますが、大切な書類に関しては、自分で切手を貼って投函するよりも、郵便局まで持っていた方が無難です。 特に、就職関連の書類などは人生に関わるものですから、余計なリスクは極力減らすに越したことはありません。 自分が郵送しようとしている書類がどの程度重要なものであるのか、しっかりと見極めて、郵便局まで持っていくべきかどうか判断しましょう。

次の

【A4封筒】切手代の料金表まとめ!速達の場合の送料はいくら?

封書 の 切手 代 は いくら

Childrenの曲で自分の出したラブレターが62円の値打ちしかないの?って歌詞がありましたが、そのころは手紙が62円で出せたようですから切手の値段が大きく上がっているのがわかりますね。 切手、はがき等の郵便料金過去の値上げ遍歴 過去には2014年4月に消費税が5%から8%にあがったときにも切手は80円から82円へ、はがきは50円から52円にあがりました。 また、2017年6月には人件費の高騰もありはがきが52円から62円になりましたね。 (年賀はがきは2018年までは52円) 切手、はがきの値上げはいつから? それでは切手、ハガキの値上げはいつからなのでしょうか? これは 消費税が増税されるのに合わせて実施されます。 つまり、 2019年10月1日 からの値上げとなります。 消費税があがるのと同時ですね。 ちなみに今でもそうですが、切手・ハガキはクレジットカード等のできないケースがほとんどです。 ですから政府が行うも対象外となります。 切手・はがき等の新料金の適用はいつから?:ポスト投函分 ちょっとややこしいのが新料金適用のルールです。 今回の値上げについてはまだ総務省令が発せられておらず正式決定のものではありませんから細かいルールは発表はされていません。 しかし、おそらく前回と同様と思われますので前回のルールを元に解説しておきましょう。 前回は2017年6月1日から値上げとなりました。 原則として新料金適用は2017年6月1日午前0時。 今回にあてはめれば 2019年10月1日午前0時となります。 しかし、切手やはがきなどはポスト投函です。 何時に投函されたかんてわかりませんよね。 そこで以下のようなルールがとられておりました。 2017年6月1日の 最初の収集時刻(1便)までは旧料金適用。 今回もおそらく同様となるでしょう。 つまり、 2019年10月1日の第2便からは新料金が適用されるってことになります。 始めの収集時刻はポストによって異なりますので確認しておきたいところでしょうね。 どこまで厳密に適用するのかはわかりませんが、押さえておきたいことでしょう。 切手・はがき等の新料金の適用はいつから?:郵便局の窓口分 それでは郵便局の窓口で送った場合はどうなるのでしょうか? これは原則どうりの適用となります、前回の場合には2017年5月31日営業終了までは旧料金、2017年6月1日の営業から新料金での受付となります。 今回にあてはめれば 2019年9月30日の営業終了時間までは旧料金 2019年10月1日の営業開始時間から新料金となります。

次の

【最新版!】長形3号の封筒の切手代はいくら?【一覧表でスッキリ解決】

封書 の 切手 代 は いくら

料金について 海外に手紙を出す場合、送る地域と重さによって料金が異なります。 更に送り方には航空便と船便があり好きな方を選ぶ事ができます。 航空便:3日~7日程度で届きますが、料金は高め。 船便:1ヶ月~3ヶ月程度かかりますが、割安。 更に送る地域は以下のように割り振られています。 第一地帯:アジア、米国の海外領土、パラオ他• 第ニ地帯:オセアニア、中近東、北米、中米、西インド諸島、ヨーロッパ• 第三世帯:南米、アフリカ それを踏まえて料金は以下のようになります。 はがきの場合 全世界一律料金、航空便の場合70円。 船便の場合60円です。 国内に手紙を送る場合より約20円アップのみです。 こんなお手頃価格で海外に送れるのは驚きですよね。 しかし届くまでに数ヶ月かかる船便との差が10円しかないので、船便で送るメリットは特になさそうです。 封書の手紙の場合(定形郵便) 一般的な手紙で定形郵便で出す場合の料金です。 海外に送る場合でも定型サイズは日本と同じです。 第一地帯 航空便の場合 25gまで:90円 50gまで:160円 船便の場合 20gまで:90円 50gまで:160円 第二地帯 航空便の場合 25gまで:110円 50gまで:190円 船便の場合 20gまで:90円 50gまで:160円 第三地帯 航空便の場合 25gまで:130円 50gまで:230円 船便の場合 20gまで:90円 50gまで:160円 意外と安いですよね。 船便と航空便の料金差が最大70円程度なので、船便を選ぶ理由は特になさそうです。 この料金を 切手で支払います。 日本で販売されている切手を封筒に貼れば OK です。 宛名の書き方 日本の場合宛名は自由に書いても融通は効きますが、海外へ送る場合は特にシビアです。 書く場所を間違えるだけで返送されてくる場合があります。 まず一番に差出人の名前・住所を書くあたり日本の書き方とは異なります。 住所・名前の書く順番 以下の様な順番で差出人の住所名前を書きます。 建物名など• 番地・町村名• 市区名・都道府県• 郵便番号• 国名(大文字で) 受取人住所名前は以下の順番で書きます。 建物名など• 住所番号・街路名• 都市名・地方名・州名• 郵便番号• 国名(大文字で) 日本とは全く逆の順番ですね。 AIR MAIL表記 航空便で送る場合、右下に「AIR MAIL」表記が必須です。 更に文字色は 青か黒で書く必要があります。 郵便局ではシールもあるのでそれを貼っても良いです。 船便で送る場合は「Surface」と書きます。 使用するはがきについて 海外へ送るはがきは、日本で売っている普通の官製はがきでも送れます。 また、住所以外の必要事項が全て書かれた国際郵便はがきが郵便局で70円で販売されています。 宛名の書き方は封筒と同じですが、右下に青文字か黒文字で「AIR MAIL」表記、上部に「POST CARD」と表記する必要があります。 はがきの宛名面は 横で使わなければいけませんので注意。 使用する封筒について 海外へ送る手紙(エアメール)と言えば、エアメール用の縁に赤と青のストライプが入った封筒を思い浮かべるかと思いますが、必ずしもそれを使う必要はありません。 実は普通の封筒でも送れます。 エアメール用封筒を使うメリットと言えば、仕分けの際にわかりやすいくらいしかないようです。 海外へ手紙を送る全ての準備が整ったら ポスト投函であとは届くのを待つだけです。 おわりに 海外へ手紙を送る際の方法についてまとめました。 知ってしまえば意外と簡単に送ることができる事がわかったのではないでしょうか。 海外に手紙を送る機会は海外に知り合いや友人がいない限りそうそうない事だと思いますが、もし必要に迫られたら参考になれば幸いです。 関連記事 日本の住所を英語表記にする方法 カテゴリー• 112• 122• 243• 412• 162•

次の