大根おろし 効能。 大根を毎日食べるべき!?体に良い効果4つと注意点を紹介します!

大根おろしの驚くほどの栄養と効能を日常にとりいれればもっと健康になれる

大根おろし 効能

おでんの具として、焼きサンマの脇役として、味噌汁の具として、さまざまな場面で使われ親しまれている大根ですが、薬膳の世界から見ると嬉しい効能がたくさん含まれていることがわかります。 大根の薬膳効能 漢方の世界でも扱われる機会の多い大根ですが、日本でも古くから食べられている野菜であり、「すずしろ」という呼び名で春の七草のひとつとしても数えられています。 消化作用が高いことは有名ですが、実は冷え性や花粉症の軽減、便秘の改善に役立つ効果もあります。 二日酔いやストレス、肩こりにも効果があり、頭痛や更年期障害といった女性に嬉しい効果も期待できるのです。 「気逆」を治すことにも効果があるため、咳や痰を緩和したり、吐き気を止める作用もあります。 根菜類には「体を温める効果がある」とも言われていますが、大根のみは特別で、薬膳の世界では体を冷やす作用があることがわかっています。 ニキビや肌荒れにも効果があり、美容作用もあります。 アルツハイマーや認知症への改善効果も期待でき、他にも難聴や眼精疲労に作用するので、高齢の方にぜひ食べさせてあげたい食材なのです。 抜け毛やうつ症状にも効果があるので、ストレスを強く感じている方にも最適といえます。 胃腸が弱い方には大根おろしが消化の手助けとなりますが、その作用がある「ジアスターゼ」と呼ばれる消化酵素は加熱に弱いため、生で食べることが基本です。 胃酸が多く熱っぽい場合や、胃が痛む場合にも大根おろしが効果的であり、大根おろしを食べるか絞り汁を飲むと最適です。 「切り干し大根」などのごく一般的な料理は、視点を変えれば効果効能満載のれっきとした薬膳料理です。 体に溜まった脂などの代謝に効果を発揮するため、特に代謝が落ちてくる秋や冬に最適なメニューです。 大根は特に薬膳効果の高い食材であるため、実は普段から薬膳料理を食べていた、とも言えるのです。 食事のメニューに取り入れる以外にも、大根をお茶として飲む方法があります。 「第一大根湯」と呼ばれる民間療法があり、風邪による38度以上の高熱や寒気、発汗などに効果のある薬膳茶です。 大根おろしとほんの少しのショウガおろしを番茶に加え、飲みやすいように醤油で味を整えます。 布団を被ってお茶を飲んで汗をかけば、解熱作用や寒気の症状を緩和させることができるのです。 かいた汗は拭き取り、そのままぐっすり寝てしまえば風邪の治りも早くなるので、薬は飲みたくないという場合など試してみましょう。

次の

大根の栄養と効果と効能は?消化酵素はダイエット効果がある?!

大根おろし 効能

大根の栄養と効果・効能は? 大根にはどんな効果がある?• むくみ防止、高血圧予防• 筋肉の痙攣(けいれん)を防ぐ• 歯や骨の形成• 美容効果(シミやそばかすを防ぐ)• アンチエイジング効果• 免疫力アップ(風邪予防)• 便秘解消 大根を食べると上記のような効果、効能が得られます!健康と美容、便秘解消に効果があるなんて嬉しいですよね^^ それでは、大根にはどんな栄養が含まれていて、どんな効果があるのか詳しく見ていきましょう。 大根に含まれる栄養とその効果 カリウム 230mg 体内で余分な塩分(ナトリウム)を尿で排出して むくみ防止や高血圧予防に効果的です。 また、 筋肉の痙攣(けいれん)を防ぐ効果もあります。 カルシウム 24mg 骨や歯の形成に役に立ちます。 不足すると疲れやすい、何となくだるい、イライラなどの症状が現れます。 ビタミンC 12mg ビタミンCは加熱すると壊れやすい栄養素です。 ビタミンCには 抗酸化作用があり シミやそばかすを防いで肌のハリを保つ働きがあります。 皮膚や血管の老化を防いで アンチエイジング効果を期待できます。 他には 免疫力アップで風邪の予防や疲労回復にも効果的です。 食物繊維 1. 4g 腸の働きを活発化させるため、 便秘の解消に効果があります。 また、体内で必要のない コレステロールを排出してくれる役割もあります。 実は、大根は 淡色野菜で緑黄色野菜ではないので他の野菜と比べるとそこまで栄養の含有量はそこまで多いわけではありません。 ちなみに、 緑黄色野菜で栄養価が豊富なのは 人参です。 スポンサーリンク 大根の酵素に注目だ! 大根の酵素にはどんな効果がある?ダイエット・美容にも良い?!• 消化をサポートする• 胃もたれ予防• たんぱく質(肉類、魚類)を分解• ダイエット効果• 発がん性物質を解毒• 血液をサラサラ 酵素っていうとちょっと難しく感じますが、秋刀魚の横には大根おろしが添えてありますよね。 これは、脂がのった魚を大根おろしと一緒に食べることによって、 消化を良くして胃もたれ予防と たんぱく質(魚類)を分解することが目的なのです。 それでは、詳しい酵素の働きについて見ていましょう。 大根の酵素の種類は? アミラーゼ(ジアスターゼ) アミラーゼは でんぷんを分解する働きがあり、 食物の消化を助けてくれる酵素です。 アミラーゼはご飯などの炭水化物を効率よく消化吸収してくれるだけでなく、 胃もたれを予防してくれます。 生で食べると効果があって熱に弱いため加熱すると失われてしまうので、大根おろしで食べると良いですね。 プロテアーゼ プロテアーゼは体内で不要になった たんぱく質を分解してくれる酵素です。 リパーゼ リパーゼは 体内の脂肪を分解してエネルギーとして代謝してくれる酵素です。 ダイエット効果が期待できる酵素です。 オキシターゼ オキシターゼは 発がん性物質を解毒する役割があります。 イソチオシアネート 大根の 辛み成分であるイソチオシアネートは、 血液をサラサラにする作用があります。 このように大根の酵素は、消化や胃もたれに作用したりダイエット効果が期待出来たりと様々な嬉しい効果があります。 栄養はそこそこの含有量ですが、大根の酵素は他の野菜にはない効果があるので積極的に食べたい野菜ですね。

次の

大根おろしの効果は血圧対策や便秘解消に最適!優れた効能で健康に!

大根おろし 効能

大根とは何科の植物そしてその起源は? 大根はアブラナ科の植物で、黄色い花を咲かせます。 大根の他にはキャベツ、ブロッコリー、カブ、白菜、小松菜などもアブラナ科です。 原産地は地中海地方や中東と言われています。 古代中国の薬物百科事典「本草綱目」にも多数の効能が載っている ほどの健康野菜「大根」 出典 日本では古くから食べられてきた野菜です。 弥生時代には伝わっていたようです。 普段食べている白いところは根の部分なので、大根とは 大きな根 と書きます。 春の七草に挙げられる「すずしろ」は大根のことです。 お正月に弱った胃腸を回復させるという意味もあり、七草が用いられてきました。 大根の特徴 味は 辛:初夏~夏の大根は辛みが強いです。 滞っているものを発散して、気血をめぐらす働きがあります。 漢方では、からだのエネルギーを気・血・水で考えます。 気とは生命エネルギーや精神、神経の活動、血とは体内をめぐる血液、水とは体内を巡る水分と大きく捉えるとよいでしょう。 甘:晩秋~冬にかけての大根は甘みが強いです。 滋養強壮や痛み止め、毒消しなどの作用があります。 性質 涼:少しからだを冷やす作用があります。 高血圧に対する効能と効果 大根には多くの効能があります。 使う部位によっても、多く含まれるビタミンが違ってきます。 丸ごと使って、高血圧に良い効果をもたらし、そして、一本買っても200円前後、嬉しい食材です。 皮がすごい! 皮には、毛細血管を強くしてくれるビタミンPやカルシウムが大量に含まれています。 高血圧は合併症の心筋梗塞や脳卒中など、血管の弱りが心配です。 よって皮つきを使って、血管を丈夫にすることは大事です。 皮が余ってしまったら、皮を使ってきんぴらにするのも良いでしょう。 その他、血中コレステロール値や血流改善したり、発がんを抑制したり、抗アレルギーの効果も期待できます。 葉がすごい! カルシウムや食物繊維が豊富です。 それだけではありません。 心筋梗塞や脳卒中の予防になったり、LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ働きもあると研究されています。 またビタミンB1,B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄なども豊富に含まれています。 捨ててしまっては勿体ないです。 炒めものやチャーハンに、また炊き込みご飯やお味噌汁にと、トッピングのように気軽に加えてみましょう。 消化酵素が豊富 アミラーゼ デンプン分解酵素 、プロテアーゼ タンパク質分解酵素 、リパーゼ 脂肪分解酵素 など豊富に含まれていて胃腸の働きを助けます。 熱には弱いので、生食がお勧めです。 イソチオシアネートもすごい成分! イソチオシアネートは強力な抗酸化成分です。 血液サラサラ効果で血栓予防• 発がん抑制• 抗炎症作用• 解毒作用• 美肌やアンチエイジング効果、 漢方医学で言う「気逆」に効果あり 交感神経が過剰に興奮して、自律神経のバランスが崩れて、気の調和が取れなくなった状態を「気逆」と漢方医学では考えます。 この気逆が高血圧の原因となることがあります。 気逆になると、のぼせたり、頭痛、イライラ、赤ら顔などの症状が出てきます。 大根には、揮発成分があり、この気逆を調えてくれる嬉しい効能があります。 よって、気逆からくる、嘔吐や咳や痰を止める働きもあります。 大根おろしを食べよう 大根に含まれるイソチアシネートは、大根おろしにすることによって効果がアップします。 強力な抗酸化作用があり、がんにも良いと言われています。 繊維質の整腸作用や善玉菌の増加、血液浄化など多くの効能があり、 高血圧の方には毎日のように摂っていただきたい食材です。 大根おろしを作るときのポイント• 皮には大事な成分がたくさん含まれていますので、皮ごと使う• 先端の辛い所ほど薬効がある• 薬効成分が失われないように、おろしてからあまり時間をおかない• 消化酵素も豊富なのでなるべく生で頂く• 少しお醤油をかけると辛みがやわらぐ• 大根おろしの汁は捨てない• 熱に弱いのでできるだけ生で使う 焼き魚に大根おろし 焼き魚にはたっぷりの大根おろしを添えましょう。 お肉料理にも大根おろし ステーキや、ハンバーグにも大根おろしをたっぷり乗せましょう。 ヘルシーにお肉ではなく、豆腐ハンバーグにたっぷりの大根おろしも良いですね。 麺類にも大根おろし お蕎麦やうどん、パスタにも大根おろしを加えてみましょう。 忙しい時の救世主!切り干し大根 昔の方はよくぞこれを考えて下さった。 と思わず感謝の念がよぎります。 切り干し大根もスーパーや食品店で手軽な値段で求めることができます。 栄養価は凄いです。 大根を干している間に、太陽の光をたくさん受けて、栄養価がさらに高まります。 カルシウムは生の大根の約23倍、カリウム13倍、食物繊維16倍、鉄分40倍と栄養素が詰まっています。 コレステロールを体外に排出するため動脈硬化を予防したり、不溶性食物繊維 水に溶けにくく、腸にたどり着いて膨張する の働きで便通も良くなります。 またリグニンが含まれていてがんを予防するとも言われています。 肝臓や胃腸を回復させて、食欲増進作用、冷え性を予防なども期待できます。 切り干し大根は、不溶性食物繊維 不溶性食物繊維とは、水に溶けにくく、腸にだとりつくと水分を吸収して膨張するという特徴があります。 このため、便意がおきやすく、便秘の解消が期待できます。 またカリウムも豊富に含まれています。 カリウムの一日摂取量が3500mgと改訂されましたが、切り干し大根には3200mgも含まれています。 不溶性なので摂り過ぎないように、1日の目安は10~15gにしましょう。 水に戻しすぎると成分が出てしまうので10分以内にしましょう。 できたら戻さないで使ってみましょう。 簡単すぎるのに効果大 切り干し大根に酢を少し加えた、 「酢漬け切り干し大根」は高血圧の方にお勧めです。 戻した切り干し大根に、酢を加えるだけです。 これに少しキノコを加えても良いでしょう。 また食用菊を茹でたものを加えても、健康的な一品がすぐ出来上がります。 こんなに良いのならいくらでもたくさん食べたほうがよいのか? 大根には高血圧改善のために優れた効果がたくさんあります。 ですが、性質のところで、冷やす作用があるとお伝え致しました。 消化酵素も入っていて、胃腸にも優しいですが、食べ過ぎてしまうと、代謝が悪くなり冷えてしまって、かえって胃腸の働きが落ちたり、下痢をしたりすることも考えられます。 温かいお料理に大根おろしを加えてみることも良いでしょう。 例えば、キャベツを茹でて豚肉しゃぶしゃぶにして、それに大根おろしとか、生姜焼きに大根おろしとか。 また、一日の量を、大根6~7cmくらいにして、 毎日いろんなものに加えながらとられるというのが一番理想的です。 最後に 大根一本を見てもこんなに高血圧に対して良い働きがあるのです。 昔から 大根おろしに医者いらずと言われてきた理由がわかります。 そして、200円前後で手軽に求めることができます。 有難い食材です。 お薬だけに頼っていると、将来のお薬代も心配です。 ですが、お財布にも優しく、先祖からずっと食べてこられた大根をもう一度見直してみましょう。 今はいろんな色の大根、またその土地独特の大根も手に入れることができます。 大根料理をふんだんに取り入れ、健康で 大地に 根を張った生活を楽しみましょう。

次の