李牧 クーデター。 キングダムの蒙恬「李牧は中華で一番国のために尽くしているのに処刑されたらあまりにかわいそうだ」

【キングダム】李牧様を助けるために白ナスがクーデター開始!

李牧 クーデター

大人気春秋戦国時代漫画『キングダム』640話では、ようやく 鄴 ぎょう の支配を安定させて 咸陽 かんよう に帰還していく飛信隊が描かれましたが、一方で 李牧 りぼく は、鄴を守れなかった責任を取らされ、 悼襄王 とうじょうおう により処刑命令を下されていました。 しかし、趙には 郭開 かくかい のような佞臣ばかりでなく趙の運命を 憂 うれ える人々が大勢いて、白ナスの 舜水樹 しゅんすいじゅ などはオフ王を殺しても李牧を救うと穏やかじゃありません。 史実でも紀元前236年に悼襄王は死去しており、もしやのクーデターかと匂わせる要件はあります。 では、本当に趙でクーデターは起きるのでしょうか? この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 3ページ目• キングダム641話ネタバレ予想vol2「史実から考えてみる」 では、史記では悼襄王の死の前後はどのように記述されているのでしょうか?趙の歴史書である趙世家では、以下のようなシンプルな記述です。 悼襄王の九年、趙は燕を攻めて 貍 り と 陽城 ようじょう を取る。 兵を引き上げる前、秦が鄴を攻撃しこれを陥落させた。 悼襄王が亡くなり、子の 幽繆王 ゆうぼくおう が即位する。 この短い文の中にはもめ事が起きたとか、それを暗示するような部分はありませんので、 公子嘉 こうしか の一派が騒ぐというような事もなく、王位継承は穏当に起きたのでしょう。 つまり、キングダムで政変が起きるとしても、それはフィクションに留まるという事です。 キングダム641話ネタバレ予想vol2「オフ王の暗殺」 王都軍を相手に武力クーデターは見込み薄である事は当然、白ナスも扈輒も分っているでしょうし、内乱状態で、他国から攻められては目もあてられません。 そのようなリスクを考えると、オフ王を排除する最終手段としては暗殺という手を使うしかないでしょう。 例えば、李牧の助命嘆願を願い出る為にオフ王に何とか謁見し、願いを聞かぬようなら飛び掛かって殺害し、命令権者を失い動く事が出来ない王都軍の隙を突いて、牢獄から李牧を救出し、太子嘉を擁立して事態を収拾し、李牧を宰相に任命して趙に総動員体制を敷き、奪われた領土の早期奪回を図るというシナリオです。 李牧にしてもオフ王への忠誠心はなく、事実は廃嫡された太子嘉への望みだけなので、舜水樹や扈輒に賛同すると考えます。 【次のページに続きます】 客観的に見れば、李牧と副将の舜水樹の責任は極めて重いと思うんですが、何で白ナスは自分の責任を棚に上げてあそこまで王に逆ギレできるんですかね。 橑陽戦は、白ナスは自ら9万の大軍を率い、犬戎軍数万と合わせて、およそ6万の楊端和・壁軍の倍近くの陣容となっています。 しかも、兵糧を焼いて圧倒的有利な状況で、犬戎の地元で地の利もある。 その状況で楊端和の陽動作戦にまんまと引っかかって、ロゾを失い、公孫龍は深手を負い、白ナスは多くの兵を失った上に橑陽の地と犬戎族を失って列尾に敗走しました。 一方の李牧も朱海平原では、王翦軍8万8千に対し約1. 4倍となる12万の大軍を擁した上に、兵站が繋がっていない王翦軍は食糧もほとんどない悪条件でした。 毎回のように李牧以下の諸将が「これで秦軍もおしまいだ」と勝利宣言したのも当然の圧倒的に有利な状況で、敗戦に敗戦を重ね、岳嬰、趙峩龍、尭雲、共伯などの諸将を失い、飛び入り参加の三大天まで敵の五千将に斬り捨てられ、しかも鄴まで王翦軍に取られる大失態。 兵糧攻めも秦の同盟国斉の存在を失念するというボーンヘッドで失敗し、王の使者に連行されました。 毎度詰めが甘いというか、戦下手というか、藺家十傑も雁門の鬼人も三大天も、未だ将軍ですらない秦の若手に皆してやられ、戦略は全て破綻。 最後は内輪揉めで逆ギレした将軍たちが、勝手に国の南部の守備を放棄して邯鄲に帰る体たらく。 もう軍隊の体をなしていません。 他国なら、李牧も白ナスも大失態で処刑でしょ。 公子嘉を推していた李牧が罪人として囚われている間に政敵の郭開が悼倡后と組んで悼襄王の寵愛を受ける悼倡后の息子の公子遷(後の幽繆王)が太子になれるよう画策したから公子嘉が廃嫡されたと考える方が自然でしょう! 郭開は保身と繁栄に一生懸命なのだから、政権闘争に疎い李牧が郭開に出し抜かれたとしても何の違和感もないよw キングダムの李牧は趙国における宰相であり軍の総司令官という重責を担う立場でありながら失策を連発していたのは読者を含め周知の事実なので王から罪を咎められ罰を賜るのは自然な流れww 公開処刑予定になっていた李牧は病弱な悼襄王の偶然の崩御に伴う恩赦によって死罪を免れることになるんじゃないのかな? クーデターとか暗殺とか陰謀説って無駄に魅力はあるけど、ほとんど説得力がないように思うよwww• 悼襄王の死に絡めて全軍撤退するのかと思っていましたが、扈輒や舜水樹、鄴を包囲していた雷伯、橑陽の唐利まで持ち場放棄の自主的退却になるとはゼノウ一家も顔負けの自由奔放さです。 趙軍のおおらかさは悼襄王のたまものでしょうね。 さて、悼襄王が生きているのに命令もなく撤退したというのは敵前逃亡で処刑確実ですが、まだ趙が滅ぶまで8年ありますので李牧や扈輒にも生きていてもらわなければなりません。 李牧一派のクーデター計画による暗殺なのか自然死なのか、どちらもマンガのストーリーとしては面白いですが、太子嘉と公子遷の関係、郭開の陰謀など趙王宮内部の後継者争いも入ってくるとなお良いですね。 趙悼倡后は登場するのでしょうか。

次の

キングダムネタバレ645話最新確定!李牧釈放で新趙王は太子遷!

李牧 クーデター

大人気春秋戦国時代漫画『キングダム』640話では、ようやく 鄴 ぎょう の支配を安定させて 咸陽 かんよう に帰還していく飛信隊が描かれましたが、一方で 李牧 りぼく は、鄴を守れなかった責任を取らされ、 悼襄王 とうじょうおう により処刑命令を下されていました。 しかし、趙には 郭開 かくかい のような佞臣ばかりでなく趙の運命を 憂 うれ える人々が大勢いて、白ナスの 舜水樹 しゅんすいじゅ などはオフ王を殺しても李牧を救うと穏やかじゃありません。 史実でも紀元前236年に悼襄王は死去しており、もしやのクーデターかと匂わせる要件はあります。 では、本当に趙でクーデターは起きるのでしょうか? この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 3ページ目• キングダム641話ネタバレ予想vol2「史実から考えてみる」 では、史記では悼襄王の死の前後はどのように記述されているのでしょうか?趙の歴史書である趙世家では、以下のようなシンプルな記述です。 悼襄王の九年、趙は燕を攻めて 貍 り と 陽城 ようじょう を取る。 兵を引き上げる前、秦が鄴を攻撃しこれを陥落させた。 悼襄王が亡くなり、子の 幽繆王 ゆうぼくおう が即位する。 この短い文の中にはもめ事が起きたとか、それを暗示するような部分はありませんので、 公子嘉 こうしか の一派が騒ぐというような事もなく、王位継承は穏当に起きたのでしょう。 つまり、キングダムで政変が起きるとしても、それはフィクションに留まるという事です。 キングダム641話ネタバレ予想vol2「オフ王の暗殺」 王都軍を相手に武力クーデターは見込み薄である事は当然、白ナスも扈輒も分っているでしょうし、内乱状態で、他国から攻められては目もあてられません。 そのようなリスクを考えると、オフ王を排除する最終手段としては暗殺という手を使うしかないでしょう。 例えば、李牧の助命嘆願を願い出る為にオフ王に何とか謁見し、願いを聞かぬようなら飛び掛かって殺害し、命令権者を失い動く事が出来ない王都軍の隙を突いて、牢獄から李牧を救出し、太子嘉を擁立して事態を収拾し、李牧を宰相に任命して趙に総動員体制を敷き、奪われた領土の早期奪回を図るというシナリオです。 李牧にしてもオフ王への忠誠心はなく、事実は廃嫡された太子嘉への望みだけなので、舜水樹や扈輒に賛同すると考えます。 【次のページに続きます】 客観的に見れば、李牧と副将の舜水樹の責任は極めて重いと思うんですが、何で白ナスは自分の責任を棚に上げてあそこまで王に逆ギレできるんですかね。 橑陽戦は、白ナスは自ら9万の大軍を率い、犬戎軍数万と合わせて、およそ6万の楊端和・壁軍の倍近くの陣容となっています。 しかも、兵糧を焼いて圧倒的有利な状況で、犬戎の地元で地の利もある。 その状況で楊端和の陽動作戦にまんまと引っかかって、ロゾを失い、公孫龍は深手を負い、白ナスは多くの兵を失った上に橑陽の地と犬戎族を失って列尾に敗走しました。 一方の李牧も朱海平原では、王翦軍8万8千に対し約1. 4倍となる12万の大軍を擁した上に、兵站が繋がっていない王翦軍は食糧もほとんどない悪条件でした。 毎回のように李牧以下の諸将が「これで秦軍もおしまいだ」と勝利宣言したのも当然の圧倒的に有利な状況で、敗戦に敗戦を重ね、岳嬰、趙峩龍、尭雲、共伯などの諸将を失い、飛び入り参加の三大天まで敵の五千将に斬り捨てられ、しかも鄴まで王翦軍に取られる大失態。 兵糧攻めも秦の同盟国斉の存在を失念するというボーンヘッドで失敗し、王の使者に連行されました。 毎度詰めが甘いというか、戦下手というか、藺家十傑も雁門の鬼人も三大天も、未だ将軍ですらない秦の若手に皆してやられ、戦略は全て破綻。 最後は内輪揉めで逆ギレした将軍たちが、勝手に国の南部の守備を放棄して邯鄲に帰る体たらく。 もう軍隊の体をなしていません。 他国なら、李牧も白ナスも大失態で処刑でしょ。 公子嘉を推していた李牧が罪人として囚われている間に政敵の郭開が悼倡后と組んで悼襄王の寵愛を受ける悼倡后の息子の公子遷(後の幽繆王)が太子になれるよう画策したから公子嘉が廃嫡されたと考える方が自然でしょう! 郭開は保身と繁栄に一生懸命なのだから、政権闘争に疎い李牧が郭開に出し抜かれたとしても何の違和感もないよw キングダムの李牧は趙国における宰相であり軍の総司令官という重責を担う立場でありながら失策を連発していたのは読者を含め周知の事実なので王から罪を咎められ罰を賜るのは自然な流れww 公開処刑予定になっていた李牧は病弱な悼襄王の偶然の崩御に伴う恩赦によって死罪を免れることになるんじゃないのかな? クーデターとか暗殺とか陰謀説って無駄に魅力はあるけど、ほとんど説得力がないように思うよwww• 悼襄王の死に絡めて全軍撤退するのかと思っていましたが、扈輒や舜水樹、鄴を包囲していた雷伯、橑陽の唐利まで持ち場放棄の自主的退却になるとはゼノウ一家も顔負けの自由奔放さです。 趙軍のおおらかさは悼襄王のたまものでしょうね。 さて、悼襄王が生きているのに命令もなく撤退したというのは敵前逃亡で処刑確実ですが、まだ趙が滅ぶまで8年ありますので李牧や扈輒にも生きていてもらわなければなりません。 李牧一派のクーデター計画による暗殺なのか自然死なのか、どちらもマンガのストーリーとしては面白いですが、太子嘉と公子遷の関係、郭開の陰謀など趙王宮内部の後継者争いも入ってくるとなお良いですね。 趙悼倡后は登場するのでしょうか。

次の

【朗報】キングダムの李牧が王翦に負けた理由が判明する

李牧 クーデター

大人気春秋戦国時代漫画『キングダム』640話では、ようやく 鄴 ぎょう の支配を安定させて 咸陽 かんよう に帰還していく飛信隊が描かれましたが、一方で 李牧 りぼく は、鄴を守れなかった責任を取らされ、 悼襄王 とうじょうおう により処刑命令を下されていました。 しかし、趙には 郭開 かくかい のような佞臣ばかりでなく趙の運命を 憂 うれ える人々が大勢いて、白ナスの 舜水樹 しゅんすいじゅ などはオフ王を殺しても李牧を救うと穏やかじゃありません。 史実でも紀元前236年に悼襄王は死去しており、もしやのクーデターかと匂わせる要件はあります。 では、本当に趙でクーデターは起きるのでしょうか? この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 3ページ目• キングダム641話ネタバレ予想vol2「史実から考えてみる」 では、史記では悼襄王の死の前後はどのように記述されているのでしょうか?趙の歴史書である趙世家では、以下のようなシンプルな記述です。 悼襄王の九年、趙は燕を攻めて 貍 り と 陽城 ようじょう を取る。 兵を引き上げる前、秦が鄴を攻撃しこれを陥落させた。 悼襄王が亡くなり、子の 幽繆王 ゆうぼくおう が即位する。 この短い文の中にはもめ事が起きたとか、それを暗示するような部分はありませんので、 公子嘉 こうしか の一派が騒ぐというような事もなく、王位継承は穏当に起きたのでしょう。 つまり、キングダムで政変が起きるとしても、それはフィクションに留まるという事です。 キングダム641話ネタバレ予想vol2「オフ王の暗殺」 王都軍を相手に武力クーデターは見込み薄である事は当然、白ナスも扈輒も分っているでしょうし、内乱状態で、他国から攻められては目もあてられません。 そのようなリスクを考えると、オフ王を排除する最終手段としては暗殺という手を使うしかないでしょう。 例えば、李牧の助命嘆願を願い出る為にオフ王に何とか謁見し、願いを聞かぬようなら飛び掛かって殺害し、命令権者を失い動く事が出来ない王都軍の隙を突いて、牢獄から李牧を救出し、太子嘉を擁立して事態を収拾し、李牧を宰相に任命して趙に総動員体制を敷き、奪われた領土の早期奪回を図るというシナリオです。 李牧にしてもオフ王への忠誠心はなく、事実は廃嫡された太子嘉への望みだけなので、舜水樹や扈輒に賛同すると考えます。 【次のページに続きます】 客観的に見れば、李牧と副将の舜水樹の責任は極めて重いと思うんですが、何で白ナスは自分の責任を棚に上げてあそこまで王に逆ギレできるんですかね。 橑陽戦は、白ナスは自ら9万の大軍を率い、犬戎軍数万と合わせて、およそ6万の楊端和・壁軍の倍近くの陣容となっています。 しかも、兵糧を焼いて圧倒的有利な状況で、犬戎の地元で地の利もある。 その状況で楊端和の陽動作戦にまんまと引っかかって、ロゾを失い、公孫龍は深手を負い、白ナスは多くの兵を失った上に橑陽の地と犬戎族を失って列尾に敗走しました。 一方の李牧も朱海平原では、王翦軍8万8千に対し約1. 4倍となる12万の大軍を擁した上に、兵站が繋がっていない王翦軍は食糧もほとんどない悪条件でした。 毎回のように李牧以下の諸将が「これで秦軍もおしまいだ」と勝利宣言したのも当然の圧倒的に有利な状況で、敗戦に敗戦を重ね、岳嬰、趙峩龍、尭雲、共伯などの諸将を失い、飛び入り参加の三大天まで敵の五千将に斬り捨てられ、しかも鄴まで王翦軍に取られる大失態。 兵糧攻めも秦の同盟国斉の存在を失念するというボーンヘッドで失敗し、王の使者に連行されました。 毎度詰めが甘いというか、戦下手というか、藺家十傑も雁門の鬼人も三大天も、未だ将軍ですらない秦の若手に皆してやられ、戦略は全て破綻。 最後は内輪揉めで逆ギレした将軍たちが、勝手に国の南部の守備を放棄して邯鄲に帰る体たらく。 もう軍隊の体をなしていません。 他国なら、李牧も白ナスも大失態で処刑でしょ。 公子嘉を推していた李牧が罪人として囚われている間に政敵の郭開が悼倡后と組んで悼襄王の寵愛を受ける悼倡后の息子の公子遷(後の幽繆王)が太子になれるよう画策したから公子嘉が廃嫡されたと考える方が自然でしょう! 郭開は保身と繁栄に一生懸命なのだから、政権闘争に疎い李牧が郭開に出し抜かれたとしても何の違和感もないよw キングダムの李牧は趙国における宰相であり軍の総司令官という重責を担う立場でありながら失策を連発していたのは読者を含め周知の事実なので王から罪を咎められ罰を賜るのは自然な流れww 公開処刑予定になっていた李牧は病弱な悼襄王の偶然の崩御に伴う恩赦によって死罪を免れることになるんじゃないのかな? クーデターとか暗殺とか陰謀説って無駄に魅力はあるけど、ほとんど説得力がないように思うよwww• 悼襄王の死に絡めて全軍撤退するのかと思っていましたが、扈輒や舜水樹、鄴を包囲していた雷伯、橑陽の唐利まで持ち場放棄の自主的退却になるとはゼノウ一家も顔負けの自由奔放さです。 趙軍のおおらかさは悼襄王のたまものでしょうね。 さて、悼襄王が生きているのに命令もなく撤退したというのは敵前逃亡で処刑確実ですが、まだ趙が滅ぶまで8年ありますので李牧や扈輒にも生きていてもらわなければなりません。 李牧一派のクーデター計画による暗殺なのか自然死なのか、どちらもマンガのストーリーとしては面白いですが、太子嘉と公子遷の関係、郭開の陰謀など趙王宮内部の後継者争いも入ってくるとなお良いですね。 趙悼倡后は登場するのでしょうか。

次の