バンタム オーバーホール。 BassQuest: シマノ バンタム100

つりあんてな: バンタム1000SGオーバーホール!

バンタム オーバーホール

92年 発売とは思えない剛性感 27年前のリールとは思えないほど今巻いてもカッチリ感があります。 フルアルミボディの剛性の高さからくるスムーズな巻き心地も良いです。 一年に一回はオーバーホールしているのもありますが、いつ釣り場に持って行っても問題無いレベルです。 ワインレッドが最高 これはもう個人的な好みなのですが、スコーピオンのワインレッドと言えばこの赤メタニウムのワインレッドが好きです。 赤メタニウムの後の機種にもワインレッドはあるのですが微妙な色合いが違うんですよね。 メタニウムmglもこのワインレッドにして欲しいくらいです。 部分的に色を変えたりしないでシンプルにワインレッドのみが私は好みです。 スプールはかなり肉厚 スプールの肉厚は今のリールのスプールからは信じられないくらい厚いです。 スプールエッジを見てもらうと分かると思いますが明らかに厚いです。 ブランキングの所の厚みは1mmありそうな厚さ。 強度は凄そうです。 出典:シマノ これは19アンタレスのスプールですが、スプールエッジの厚さ全然違いますね。 技術の進歩って凄い。 ノーマルスプールをアベイルさんのスプールに交換すれば、かなり性能が上がりそうですね。 いつ見ても売り切れになっていて買えてませんが… サイドプレートはねじ込み式 サイドプレートは閉じた後にねじ込むタイプ。 剛性を売りにしたバンタムmglがねじ込み式に戻った所を見ると、ねじ込み式が剛性確保に適していたんだと思います。 赤メタニウムはサイドプレートがガタつくなんて心配した事ないですもんね。 剛性が高いのでしょう。 リールフットの裏にはシリアルナンバー このナンバーの刻印も所有感を満たしてくれますよね。 これは一台ごとに番号が違うのでしょうか? JAPANの刻印が誇らしげです。 まとめ 子供の頃に憧れた道具はいつまでたっても特別な道具ですよね。 欲しくてたまらなかった物は何歳になっても宝物です。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

やっぱり!! ベイトリールがいい!!:バンタム100&10SG を ・・・

バンタム オーバーホール

s様より2台目のご依頼です。 初期確認では、ハンドル部からのキュルキュル音、巻き出しの重さが確認出来ました。 オーバーホールしていきます。 内部状態です。 分解洗浄後になります。 フレームも綺麗になりました。 大量の異物や経年劣化したグリス等色んな物が出てきました。 内部の仕上げ状態です。 完成となります。 各部経年劣化したグリス等が固着していたり、異物がかなり入っていたり、状態はよくありませんでした。 しかしその中でも唯一のベアリングが生きていた事は不思議です。 オールド系のリールについているベアリングは結構無事なことが多いのですが、不思議ですね。 オーバーホール後はハンドル部のキュルキュル音も解消され、巻き出しも軽く仕上がっております。 ドラグワッシャーもカラカラで滑り出しが違和感ありましたが、グリス添付により滑らかな滑り出しとなっております。 以上でオーバーホールの方終了させていただきます。 ご確認ください。 kashi1109 s様より1台のご依頼です。 が不良との事でした。 オーバーホールしていきます。 内部状態です。 分解洗浄後になります。 フレームも綺麗になりました。 大量の異物とグリス汚れが出てきました。 フレームもかしめます。 内部の仕上げ状態です。 ブロンズブッシュは希望でしたので、ベアリングに交換いたします。 完成となります。 まずの方ですが、スプールのメカルブレーキによるセンター出しが出来ておらず、スカスカの状態でしたので不良につながっていたと思います。 センター出しの方しましたらはオールドらしい半回転で切れるようになりました。 またオーバーホールにより固まっていたグリス等除去し新しいグリスにしたことにより、巻き心地の方かなり良くなりました。 スプールの回転もブレーキ無しの状態で確認しましたが、良好。 グリス等でブレーキをするように組み上げました。 今までの使用感より良くなるかと思います。 以上でオーバーホールの方終了いたします。 ご確認ください。 kashi1109 s様より2台目のご依頼です。 初期確認ではシャリ感の方確認されました。 またラインローラーが固着していました。 オーバーホールしていきます。 内部状態です。 分解洗浄後になります。 フレームも綺麗になりました。 摩耗した汚れと砂が大量に出てきました。 ベアリングはザラつきのため2つ交換と ラインローラー部の1つ交換です。 内部の仕上げ状態です。 完成となります。 シャリ感の方はかなり軽減されましたが、若干のギアノイズの方が残っています。 ギアの方が生産終了していますので、現状のままとなります。 ラインローラーの方は洗浄後ベアリング交換により、動作確認出来ております。 以上でオーバーホールを終了いたします。 ご確認ください。 kashi1109 m様より1台のご依頼です。 初期確認では、酷いゴリ感、シャリ感、逆回転が確認出来ました。 オーバーホールしていきます。 内部状態です。 分解洗浄後になります。 フレームも綺麗になりました。 大量の異物と摩耗した汚れが出てきました。 ベアリングはザラつきのため3つ交換になります。 内部の仕上げ状態です。 完成となります。 まずゴリ感ですが、ギアの磨耗が激しくて、緩和はされましたが、まだ残っています。 パーツもありませんので、このままとさせていただきます。 シャリ感の方はベアリング交換により、改善済で、逆回転の方もローラー部がかなり酷い状態になっていて、ローラー分解洗浄にて綺麗にした後組み立てて、逆回転の方は改善されました。 またリングの方ですが、溶けていましたので除去させていただきました。 溶けたまま使用しますと、後ほど酷いことになります。 以上でオーバーホールの方終了させていただきます。 ご確認ください。 kashi1109 最近が来るだとか、結構話に上がってきていますよね? 大国日本ですから、いずれは来るのはわかっているのですが、でかいヤツは来て欲しく無いものです… でももし、そうなった場合に備えがなければ心配です。 今回は最近備えとして買ったもののご紹介をさせていただきます。 まず、題名にもある通りポータブル電源を買いました。 理由は簡単です。 停電時等の電気のない生活は正直大変では無いでしょうか? 皆さんも1度は経験されたことあるかと思います。 真っ暗な部屋で家にあるかも分からないようなロウソクを探して、灯りを点火たり… それはそれで味があっていいのですが(笑) でも電気のある生活に慣れている限りあったことに越したことはない!そう思って今回導入しましたものがこちらになります 上から、JACKERYのポータブル電源本体 次にケース 次に こちらの3点セット購入致しました。 下記のリンクから購入も出来ます。 3つまとめて買うと結構なお値段になります。 しかし、これでも安い方… 意外とお値段が張るものなんです。 しかしを買えば元が取れるレベルにはなっているようです。 説明書を見ると…電気敷毛布が6時間も使える大容量!等も約42回程度充電できるとの事。 使うものによって変わってきますが、かなり使えそうです。 気になるソーラーでの充電ですが、実際に使ってみて、かなりの時間を要する感じでした。 しかし太陽光で発電して貯めておけるのは、結構使い勝手いいと思います。 また災害時だけではなく、普段から使えます。 アウトドアをした際の外出先でのコンセントの使用、アクションカメラの充電、ドローンの充電などなど… 多種多様な事に使えます。 家での充電を電気を使わずに、こいつで補ってあげたり、今の時期なら扇風機をこいつで使うことも可能です。 注意点は瞬間最大出力が400Wで通常は200Wの出力しか出来ない点です。 この点で不満がある方はさらに値段が高くなりますが、下記の大型のものをおすすめいたします。 1000サイズのものに至っては定格1000Wの瞬間最大出力2000Wまでいけます。 そうなると家電を動かす事も容易になってきますので、電気代節約が出来ますよね。 このように災害だけではなく普段使いできることから、安くない買い物ですが、非常に役にたつアイテムかと思います。 以前から興味があった方や、このブログをみて興味が湧いた方、是非災害が起こる前に買っておいたらいかがでしょうか? また他にも防災グッズ買いましたので、そちらの方はまた別の記事にて書かせていただきます。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 kashi1109.

次の

つりあんてな: バンタム1000SGオーバーホール!

バンタム オーバーホール

去年、話題になりました~、 18 バンタム MGL もちろん、購入しておりました。 18 バンタム MGL 歴史的名機「バンタム100」の登場から40年の時を経て、現代に甦った新生バンタム。 ギア比:7. 1 最大ドラグ力 kg :5. 使いやすい、ニューSVS(インフィニティ)ブレーキ。 スプール側面への穴開けに成功した、 ニューマグナムライトスプール。 う~~~ん、マンダム。 (笑) 若い人、わかりませんよね~、 う~~ん、素晴らしいってことっ。 他に、もっとハイギアのベイト持ってますから、 ナイトシーバスなんかでも使いやすいように、 適度なスピードのモデルを。 で、毎釣行後に水洗い。 ベアリングにオイル、レベルワインドにグリス。 最近使ってなかったんで、さあ! 分解 オーバーホール。 初分解です。 普通は、2個オンくらいでいいと思います。 スプール サイドカバーと、スプール。 側面に穴をあけて、慣性モーメントを減少させることで、大幅な飛距離アップなんですって。 ちなみに、僕も昔から~、スプールブランキング自分でしてました。 小さいパーツは、よく無くしちゃいますから注意っ。 スタードラグ周辺のパーツを並べ~ ボディ下部。 シマノリールは、水抜き穴が大きくていいです。 はい、そしたらギア側バラします。 矢印のネジ3か所、これだけ! ビス(ネジ)3か所 ただ、左 上 右のネジの長さが、それぞれ違いますから お忘れなくっ。 マイクロモジュールギア。 もうちょい、汚れてると思ったんで~、 これじゃ、オーバーホールまだしなくてよかったかな。 ・・; マイクロモジュールギア ギアも綺麗なもんです。 グリス切れもまだしてません。 ちょい、裏っ側が汚れてたんで~、それは綺麗に。 ギアを外したところ。 ドラグを並べてっと。 ドライブギアシャフト、ウォームシャフトギア周り。 どこも、まだ綺麗なもんです。 しかし、ほ~~んとシンプルでいいです。 間違いようがないってか、こりゃトラブル少ないと思います。 ウォームシャフトギアを止めてるEリング Eリングを、マイナスドライバーなんかで外し~、 飛ばさないように~。 ドライブギアシャフト周り。 下にベアリングが付いてますから~、お掃除を。 オイル、グリスで汚れてる場合は拭いてください。 矢印のレベルワインドガイドってシャフトを抜けば~ レベルワインド、ウォームシャフト レベルワインド、カバーごと外れます。 カバーは、ちょい外しにくいかな。 んで、ウォームシャフトピン ウォームシャフトピンって、プラなんですね。 昔のは、金属ですけど。 んで、細かいワッシャー類無くさないように。 んで、バラしたのと逆に組んでいき~、 それぞれ、シマノ純正のオイル、グリスを差し、 完成。 昔のバンタムも、そうでしたが~、 シンプルな道具がやっぱり、いい。 んで、そりゃ40年たってますから~、 進化 してます。 (笑) もう、1台、ハイギアの欲しいかも? 最後に、1978年発売、初代バンタムとっ。 どう?2018年バンタムとオールドバンタム? バンタム達。 新しいのも、古いのも、 まだまだ、活躍するでしょうっ。

次の