シーバスロッド。 LSJ(ライトショアジギング)専用ロッドとシーバスロッドの違い │ TSURI NOTE

【2019年版】シーバスおすすめのロッド10選!

シーバスロッド

ロッドの全長フィートは(ft)で表記されています。 1フィートは30cm(30. 48cm)1インチは2. 5cmとなりますので、6. 5フィートであった場合は195cmとなります。 硬さの表記はアルファベット表記になります。 ウルトラライト(UL)ライト(L)ミディアムライト(ML ミディアム(M)ミディアムヘビー(MH ヘビー(H)エクストラヘビー(EH ロッドの硬さ(強さ)をロッドパワーと呼び、ロッドパワーが強ければ、大型魚をターゲットにすることができます。 扱えるルアー重量の表記は5-20と表記されている場合は5gから20gのルアーが適性範囲内となります。 適正範囲以上の重さのルアーを使用しますとロッドの破損に繋がりますのでやめましょう。 次に適合ラインの表記についてご説明致します。 ライン表記にはナイロンラインとPEラインの表記の二つがあります。 0と表記されていればPEラインの0. 8号から2. 0号までが適正範囲内となります。 ロッドのテーパーを表記しているロッドはあまりありませんが参考までに記載させて頂きます。 エキストラファースト(8. 2)ファースト(7. 3)レギュラー(6. 4)スロー(5. 5)となります。 エキストラファーストは最先端部が曲がる設計となっており、数字が均等になるにつれてロッドの先端部から中心部かけて曲がるように設計されております。 簡単な説明ではありますが、ロッドのスペックを理解することで様々な釣りを楽しめるようになります。

次の

シーバスロッド 港湾・湾奥用ロッドの選び方の基本!

シーバスロッド

今回は、シーバス釣りの初心者さん向けに書いた記事の総まとめです。 これからシーバス釣りを始めてみようと思われている方の為に、昨年辺りから地味に書き始めたシリーズですが、気が付けば30を超える記事数になってきていたので、ここらで一度まとめておきます。 その時々で記事を書いてきたので、時系列がバラバラですが、今回はシーバス釣りを始める部分から順を追って並べてみました。 一応、オマケで過去に書いたシリーズ以外の記事も混ぜてありますが、それらは釣りに出掛ける頻度が高かった頃の投稿なので、違う事を書いているチグハグな部分もあるかと思います。 予めご了承くださいませ。 それでは、早速!! シーバス スズキ 釣りが面白い理由!! シーバス釣りの魅力を、個人的にまとめた記事です。 シーバス釣りのどういった部分が「楽しい」のかなど、具体的に書いてみました。 釣りをする地域によっても変わってくると思いますが、これからシーバス釣りを始められる方の参考にして頂ければ。 釣りの道具も沢山ありますが、その価格も幅が広く、初めての場合はどれを選べばいいのか分からないと思います。 記事内でコスパの高い道具も紹介しています。 これらの項目から、御自身に合った方法を探してみて下さい。 車での釣行予定の場合は、近隣にあるコインパーキング等の駐車場も要チェックです。 グーグルマップやその他の航空写真を参考に、これらの要点を探し出して、実際に行って釣りをしてみる。 そうする事で手持ちのポイントが増えていきます。 海には干満の差があり、それらは河川にも影響します。 干満のタイミングによって、シーバスが釣れやすいシチュエーションを絞り込めるので、チェックしていて損は無いと思います。 ルアーを購入すると、物によっては「スプリットリング」と呼ばれる輪っかが付属している事がありますが、それらを外した方がいいのか、そのままでいいのか…。 WEBサイトや釣り具屋さんに行くと、様々なルアーが販売されています。 初めてルアーを揃えるならをテーマに、個人的見解を書いてあります。 「」シリーズからの出典ですが、分かりやすいよう図解で解説してありますので、ルアー購入時の参考にしてみて下さい。 販売されているルアーには、基本となる「動き・泳ぎ」が設定されていて、それらを基準に「どのような動きをするのか」を事前にイメージする事が出来ます。 ルアーの泳ぎを知る為に、参考程度までにご覧下さい。 第一弾は、針に付いている「カエシ」と呼ばれる引っ掛かり部分の種類について説明しています。 購入時に付属している針を、好みによって変更して使ってもいいと思います。 第二弾は、「ベンド」と呼ばれる針の形状 カーブ について、簡単に説明してみました。 これらの仕様でも、魚の掛りやバレる率が変わってきますので、色々試してお好みを見つけて下さい。 第三弾は、針の太さについて。 一般的に売られている針 フック の太さも数通りあって、メーカーによっても多少異なります。 釣りをする場面や季節によって、フックの太さを変える手もあります。 ルアーを使っていると、フックが錆びてきたり、先端の鋭さが無くなっていきます。 そうなると、フック自体を交換するんですが、交換方法を簡単に書いてみました。 現在のシーバス釣りでは、伸縮性が少ないPEラインが主流ですが、他にもナイロンやフロロカーボンといった素材のラインがあります。 それらの長所と短所をまとめてみました。 リールを買ってラインを巻く場合、大抵は購入店で糸巻きもやってもらえますが、自分で出来るようになっておけば、手の空いた時にササっと巻き替える事が出来ます。 PEラインは擦れに弱い為、使用する際は「ショックリーダー」呼ばれるフロロ素材等の糸を先端に結束します。 その結束は簡単な程便利。 当ブログの人気記事シリーズです。 釣りに出掛ける際、釣り場で準備をしてもいいんですが、ポイントに着けば直ぐにも釣りを始めたくなるのがアングラーの心情。 事前に家で出来る事をまとめてあります。 初めてロッドを持って釣りに出掛ける場合、どうやって持てばいいのか分からないと思いますので、こちらに簡単に書いてあります。 握り方でキャストの精度等も変わってきます。 初めての場合、ルアーを遠くに飛ばそうとリキんでしまいガチですが、力を入れるのでは無く、弾き出すように投げると気持ち良く飛んで行きます。 長時間にわたって釣りを続けていると、キャストの飛距離が出なくなったり、精度が落ちてきたりする事があります。 そんな時に確認する項目を書いてみました。 リトリーブの姿勢やポジションで、シーバスからのアタリが取りやすくなったり、やり取りも楽になったりします。 釣りに出掛ける際に確認してみて下さい。 多用するとスレが進行してしまいますが、ここぞという時には使っていいかもしれません。 釣り場での「流れ」を探す事について書いてみました。 シーバスを釣る為の近道となる「流れ」。 では、その流れをどのように探すのか。 なんていう部分をまとめてみました。 シーバスの餌となる小魚や甲殻類等のベイト。 このベイトの存在が、シーバスを釣りやすくする要素の一つであり、居ないよりは居た方が絶対にいいです。 そんな話を書いてみました。 釣り場に着いてから、意外と盲点になっている足元の護岸。 沖の潮目等には目がいきやすいものの、足元の護岸も立派なポイントの一つ。 それらを簡単に書いてみました。 港湾部や河川では定番のポイント「橋脚」について書いた記事。 橋脚の周辺に出来るヨレの話を中心に、橋脚周りの釣りを簡単にまとめてみました。 こちらも、シーバスのナイトゲームでは定番となっている「明暗」について書いた記事です。 街灯が作り出す明るい側と暗い側。 夜に釣りをされるなら要チェックです。 ポイント周辺の底 ボトム の地形変化や沈んでいる物について書いた記事です。 これらの変化にもシーバスは着きやすく、シーバスを釣る近道になると思います。 釣り方シリーズのオマケ記事ですが、一般的に言われている釣りの「マナー」について。 マナーを知っていれば、他のアングラーさんに嫌な思いをさせる事も無いですし、嫌な思いをする前に移動出来ます。 初めてのシーバスを釣り上げるまでの近道となる要素を簡単にまとめてあります。 どれも最初はピンとこないかもしれませんが、釣り場に出掛けてチェックしてみて下さい。 様々な物が巻いているルアーに当たって伝わってくる「アタリ」ですが、それらにも色んな種類があります。 それらを簡単にまとめてみました。 この記事では、ルアーに対してシーバスが反応してきた際、手元にどのような感触となって伝わってくるのかをまとめてみました。 代表的な物だけですが、参考にして下さい。 釣りをしていると、ルアーに反応してくるのはシーバスだけではありません。 色んな魚がルアーを食って来ますが、その時に伝わる感触で魚種が分かる事もあります。 という話を中心に、シーバスがルアーに反応してくる際の食い方を書いた記事です。 釣った魚の針の掛り具合で活性のヒントになる事も。 その理由となる代表的な要素を幾つか書いてみました。 状況が掴めれば、バラシを減らす事も出来ると思います。 簡単に読んでみて下さい。 強引に寄せたりすると、針の掛りどころによっては針穴が広がってしまったり、身が切れてしまったり…。 これらは、遊びに行く場所やアプローチの方法によって、ある程度釣り分ける事が出来ます。 この記事では、実際に自分が使っているスーサンのイメージを簡単にまとめてみました。 参考程度に読んでみて下さい。 「スーサンは釣れない」と思っている場合は、一度目を通してみて下さい。 それが「引き重り」。 流れの変化等で、引いて来ているルアーの重さが変わった後は、バイトに備えて要注意です。 それらの要素について簡単にまとめたのが下記のシリーズ。 そのタイミングを知っておけば、自分からシーバスにアプローチする事が出来ます。 この記事では、上記の「食わせの間」シリーズをベースに、ロッドアクション等でシーバスを反応させていくイメージを書いてみました。 これにはビックリしますが、ロッドアクションで疑似的にピックアップの軌道を描いてみる。 という記事です。 その明暗は街灯と橋等によって作りだされますが、街灯の種類 光の色 によってもシーバスの着き方が変わってくるのか。 そんな話を書いた記事です。 このルアーローテーションの方法を、多数のブロガーさんに聞いてみた記事です。 記事の内容よりも、コメント欄が参考になると思います。 なんていう事を書いた個人の感想記事です。 そんな季節は何処に行けばシーバスが釣れるのか…。 という妄想を中心に、自由気ままに書いた記事です。 釣り人にも魚にも厳しい寒さ。 でも、釣れればデカイ可能性も…。 シーバスを釣りやすくなる事も有り、秋の荒食いと並ぶ好調な季節。 そんなバチパターンについて書いてあります。 その中でもサヨリに着いているシーバスはサイズも大きくパワフルで、掛けてからの楽しさは癖になります。 そんなサヨリパターンについて書いてみました。 そんな感じで釣り場を選択できれば、シーバスを釣るチャンスも増えると思います。 沢山釣りに出掛けて、釣れるデータを増やす事が一番の近道かも…。 なんていう事はよくある事で、光源の色によってルアーカラーの印象が変わる事があります。 何気ない一連の動作ですが、強引に入れようとするとフックが外れたり身切れしたりとバラしてしまう要因になってしまいます。 この記事ではソフトなタモ入れを書いてみました。 シーバスは鋭い部位を持っていますので、釣れた後にフィッシュグリップを使うと怪我をせずに済みます。 特に難しい事は無く、まずはよく洗う 流す。 というような、簡単メンテナンスのお話しです。 塩分を放置していると、ラインの劣化や細くなれば塩の結晶でラインが傷付く事も。 自宅にありそうな物で簡単にバリを消せますので、スプールに傷がある場合は、お試しくださいませ。 随分前の記事もありますが、時間がある時にでもチェックしてみて下さい。 それでは。 そちらでは、シーバス釣りに関して若干詳しく解説した記事を掲載していますので、宜しければ合わせてチェックしてみて下さい。 2019年・シーバス入門に関する追記 現在、更新中の新ブログ『』にて、シーバス入門に関する新しいシリーズを投稿中です。 これらの記事を合わせてご覧頂けると、詳細が分かりやすいかと思いますので、宜しければチェックしてみて下さい!!.

次の

シーバス狂の編集部が厳選!メーカー別おすすめシーバスロッド10選|TSURI HACK[釣りハック]

シーバスロッド

今回は、シーバス釣りの初心者さん向けに書いた記事の総まとめです。 これからシーバス釣りを始めてみようと思われている方の為に、昨年辺りから地味に書き始めたシリーズですが、気が付けば30を超える記事数になってきていたので、ここらで一度まとめておきます。 その時々で記事を書いてきたので、時系列がバラバラですが、今回はシーバス釣りを始める部分から順を追って並べてみました。 一応、オマケで過去に書いたシリーズ以外の記事も混ぜてありますが、それらは釣りに出掛ける頻度が高かった頃の投稿なので、違う事を書いているチグハグな部分もあるかと思います。 予めご了承くださいませ。 それでは、早速!! シーバス スズキ 釣りが面白い理由!! シーバス釣りの魅力を、個人的にまとめた記事です。 シーバス釣りのどういった部分が「楽しい」のかなど、具体的に書いてみました。 釣りをする地域によっても変わってくると思いますが、これからシーバス釣りを始められる方の参考にして頂ければ。 釣りの道具も沢山ありますが、その価格も幅が広く、初めての場合はどれを選べばいいのか分からないと思います。 記事内でコスパの高い道具も紹介しています。 これらの項目から、御自身に合った方法を探してみて下さい。 車での釣行予定の場合は、近隣にあるコインパーキング等の駐車場も要チェックです。 グーグルマップやその他の航空写真を参考に、これらの要点を探し出して、実際に行って釣りをしてみる。 そうする事で手持ちのポイントが増えていきます。 海には干満の差があり、それらは河川にも影響します。 干満のタイミングによって、シーバスが釣れやすいシチュエーションを絞り込めるので、チェックしていて損は無いと思います。 ルアーを購入すると、物によっては「スプリットリング」と呼ばれる輪っかが付属している事がありますが、それらを外した方がいいのか、そのままでいいのか…。 WEBサイトや釣り具屋さんに行くと、様々なルアーが販売されています。 初めてルアーを揃えるならをテーマに、個人的見解を書いてあります。 「」シリーズからの出典ですが、分かりやすいよう図解で解説してありますので、ルアー購入時の参考にしてみて下さい。 販売されているルアーには、基本となる「動き・泳ぎ」が設定されていて、それらを基準に「どのような動きをするのか」を事前にイメージする事が出来ます。 ルアーの泳ぎを知る為に、参考程度までにご覧下さい。 第一弾は、針に付いている「カエシ」と呼ばれる引っ掛かり部分の種類について説明しています。 購入時に付属している針を、好みによって変更して使ってもいいと思います。 第二弾は、「ベンド」と呼ばれる針の形状 カーブ について、簡単に説明してみました。 これらの仕様でも、魚の掛りやバレる率が変わってきますので、色々試してお好みを見つけて下さい。 第三弾は、針の太さについて。 一般的に売られている針 フック の太さも数通りあって、メーカーによっても多少異なります。 釣りをする場面や季節によって、フックの太さを変える手もあります。 ルアーを使っていると、フックが錆びてきたり、先端の鋭さが無くなっていきます。 そうなると、フック自体を交換するんですが、交換方法を簡単に書いてみました。 現在のシーバス釣りでは、伸縮性が少ないPEラインが主流ですが、他にもナイロンやフロロカーボンといった素材のラインがあります。 それらの長所と短所をまとめてみました。 リールを買ってラインを巻く場合、大抵は購入店で糸巻きもやってもらえますが、自分で出来るようになっておけば、手の空いた時にササっと巻き替える事が出来ます。 PEラインは擦れに弱い為、使用する際は「ショックリーダー」呼ばれるフロロ素材等の糸を先端に結束します。 その結束は簡単な程便利。 当ブログの人気記事シリーズです。 釣りに出掛ける際、釣り場で準備をしてもいいんですが、ポイントに着けば直ぐにも釣りを始めたくなるのがアングラーの心情。 事前に家で出来る事をまとめてあります。 初めてロッドを持って釣りに出掛ける場合、どうやって持てばいいのか分からないと思いますので、こちらに簡単に書いてあります。 握り方でキャストの精度等も変わってきます。 初めての場合、ルアーを遠くに飛ばそうとリキんでしまいガチですが、力を入れるのでは無く、弾き出すように投げると気持ち良く飛んで行きます。 長時間にわたって釣りを続けていると、キャストの飛距離が出なくなったり、精度が落ちてきたりする事があります。 そんな時に確認する項目を書いてみました。 リトリーブの姿勢やポジションで、シーバスからのアタリが取りやすくなったり、やり取りも楽になったりします。 釣りに出掛ける際に確認してみて下さい。 多用するとスレが進行してしまいますが、ここぞという時には使っていいかもしれません。 釣り場での「流れ」を探す事について書いてみました。 シーバスを釣る為の近道となる「流れ」。 では、その流れをどのように探すのか。 なんていう部分をまとめてみました。 シーバスの餌となる小魚や甲殻類等のベイト。 このベイトの存在が、シーバスを釣りやすくする要素の一つであり、居ないよりは居た方が絶対にいいです。 そんな話を書いてみました。 釣り場に着いてから、意外と盲点になっている足元の護岸。 沖の潮目等には目がいきやすいものの、足元の護岸も立派なポイントの一つ。 それらを簡単に書いてみました。 港湾部や河川では定番のポイント「橋脚」について書いた記事。 橋脚の周辺に出来るヨレの話を中心に、橋脚周りの釣りを簡単にまとめてみました。 こちらも、シーバスのナイトゲームでは定番となっている「明暗」について書いた記事です。 街灯が作り出す明るい側と暗い側。 夜に釣りをされるなら要チェックです。 ポイント周辺の底 ボトム の地形変化や沈んでいる物について書いた記事です。 これらの変化にもシーバスは着きやすく、シーバスを釣る近道になると思います。 釣り方シリーズのオマケ記事ですが、一般的に言われている釣りの「マナー」について。 マナーを知っていれば、他のアングラーさんに嫌な思いをさせる事も無いですし、嫌な思いをする前に移動出来ます。 初めてのシーバスを釣り上げるまでの近道となる要素を簡単にまとめてあります。 どれも最初はピンとこないかもしれませんが、釣り場に出掛けてチェックしてみて下さい。 様々な物が巻いているルアーに当たって伝わってくる「アタリ」ですが、それらにも色んな種類があります。 それらを簡単にまとめてみました。 この記事では、ルアーに対してシーバスが反応してきた際、手元にどのような感触となって伝わってくるのかをまとめてみました。 代表的な物だけですが、参考にして下さい。 釣りをしていると、ルアーに反応してくるのはシーバスだけではありません。 色んな魚がルアーを食って来ますが、その時に伝わる感触で魚種が分かる事もあります。 という話を中心に、シーバスがルアーに反応してくる際の食い方を書いた記事です。 釣った魚の針の掛り具合で活性のヒントになる事も。 その理由となる代表的な要素を幾つか書いてみました。 状況が掴めれば、バラシを減らす事も出来ると思います。 簡単に読んでみて下さい。 強引に寄せたりすると、針の掛りどころによっては針穴が広がってしまったり、身が切れてしまったり…。 これらは、遊びに行く場所やアプローチの方法によって、ある程度釣り分ける事が出来ます。 この記事では、実際に自分が使っているスーサンのイメージを簡単にまとめてみました。 参考程度に読んでみて下さい。 「スーサンは釣れない」と思っている場合は、一度目を通してみて下さい。 それが「引き重り」。 流れの変化等で、引いて来ているルアーの重さが変わった後は、バイトに備えて要注意です。 それらの要素について簡単にまとめたのが下記のシリーズ。 そのタイミングを知っておけば、自分からシーバスにアプローチする事が出来ます。 この記事では、上記の「食わせの間」シリーズをベースに、ロッドアクション等でシーバスを反応させていくイメージを書いてみました。 これにはビックリしますが、ロッドアクションで疑似的にピックアップの軌道を描いてみる。 という記事です。 その明暗は街灯と橋等によって作りだされますが、街灯の種類 光の色 によってもシーバスの着き方が変わってくるのか。 そんな話を書いた記事です。 このルアーローテーションの方法を、多数のブロガーさんに聞いてみた記事です。 記事の内容よりも、コメント欄が参考になると思います。 なんていう事を書いた個人の感想記事です。 そんな季節は何処に行けばシーバスが釣れるのか…。 という妄想を中心に、自由気ままに書いた記事です。 釣り人にも魚にも厳しい寒さ。 でも、釣れればデカイ可能性も…。 シーバスを釣りやすくなる事も有り、秋の荒食いと並ぶ好調な季節。 そんなバチパターンについて書いてあります。 その中でもサヨリに着いているシーバスはサイズも大きくパワフルで、掛けてからの楽しさは癖になります。 そんなサヨリパターンについて書いてみました。 そんな感じで釣り場を選択できれば、シーバスを釣るチャンスも増えると思います。 沢山釣りに出掛けて、釣れるデータを増やす事が一番の近道かも…。 なんていう事はよくある事で、光源の色によってルアーカラーの印象が変わる事があります。 何気ない一連の動作ですが、強引に入れようとするとフックが外れたり身切れしたりとバラしてしまう要因になってしまいます。 この記事ではソフトなタモ入れを書いてみました。 シーバスは鋭い部位を持っていますので、釣れた後にフィッシュグリップを使うと怪我をせずに済みます。 特に難しい事は無く、まずはよく洗う 流す。 というような、簡単メンテナンスのお話しです。 塩分を放置していると、ラインの劣化や細くなれば塩の結晶でラインが傷付く事も。 自宅にありそうな物で簡単にバリを消せますので、スプールに傷がある場合は、お試しくださいませ。 随分前の記事もありますが、時間がある時にでもチェックしてみて下さい。 それでは。 そちらでは、シーバス釣りに関して若干詳しく解説した記事を掲載していますので、宜しければ合わせてチェックしてみて下さい。 2019年・シーバス入門に関する追記 現在、更新中の新ブログ『』にて、シーバス入門に関する新しいシリーズを投稿中です。 これらの記事を合わせてご覧頂けると、詳細が分かりやすいかと思いますので、宜しければチェックしてみて下さい!!.

次の