ウール リッチ ゴアテック ス マウンテン パーカー。 マウンテンパーカーのおすすめブランド11選。人気モデルをご紹介

カナダグースとウールリッチ。カナダグースとウールリッチ(ニ...

ウール リッチ ゴアテック ス マウンテン パーカー

コートを着るほどじゃないけど、でもシャツ一枚でもなんだか肌寒いし、、 そんな時はマウンテンパーカーがおすすめです! マウンテンパーカーはタウンユースからアウトドアまでこなすファッショナブルな 高機能アウター。 多くのブランドは中国で加工を行なっていますが、素材は日本のものを使っていることが多いんです。 日本は機能素材大国と言ってもいいほど機能素材をたくさん開発しています。 そんな機能素材を使ったマウンテンパーカーは生地が薄く見えてとっても機能的! マウンテンパーカーを今まで挑戦したことがない方は、 おすすめのブランド10選を、着こなしを楽しみたい方は 人気ブランド5選を参考に、お気に入りの1枚を見つけてみてください! 目次• eyescream. アウトドアに耐えられるように、様々な機能と耐久性が備えられています。 rakuten. さらに落とさないようにマジックテープでフタがされているのが特徴。 rakuten. これは山で遭難した時など、ここから新聞紙などを詰めて マウンテンパーカーの 保温性を高める目的があるのです。 rakuten. 雨や風が入ってこないようにするための工夫で、天気によって緩めたり閉めたりできます。 マジックテープは手袋をしたままでも扱えるので便利です。 rakuten. tokyolife. 生地にはナイロンが主流です。 薄く見えますが防寒性にも優れています。 joenet. html とくにフードやウエスト部分についていることが多く、 ドローコードを引っ張ると サイズを調節が可能です。 ひもの先に留め具が付いているので、手袋でも扱いやすいです。 1-6 カラーバリエーション 出典Pinned from fab-media. net 原色や蛍光色など、 派手な色が多いです。 その理由は、万が一山の中で遭難したときに、 上空から探しやすいメリットがあります。 shopping. yahoo. html 街に出ればノースフェイスのマウンテンパーカーを着ている方を数人見かけます。 左胸に付けられたノースのロゴマークがブランドのシンボルマーク。 5層を採用しており、非常に軽量かつしなやかな着心地が特徴です。 高い防風・防水透湿性は、日帰り低山や富士山、また高原キャンプでの 天候や気温の 急変にも対応することができます。 また、春や秋シーズンにTシャツなど薄手インナーと合せる場合はワンサイズダウンがおすすめです。 商品名 ノベルティドットショットジャケット• 素材は 防風・撥水性に優れ、さらに2重織構造を採用した裏地は、凹凸があり、素肌に直接着用しても汗などで肌に張り付かず、より汗をかく アクティブなシーンに オススメです。 両脇のファスナーポケットは内側がメッシュ素材でベンチレーション機能を持っているため 春夏秋と3シーズン通して使える1枚です。 トレイルラン、登山、キャンピングなど、あらゆるアクティビティでマルチに活躍します。 商品名 スワローテールフーディー• シンプルなデザインながらもどこかクールな印象を与えるパタゴニアの マウンテンパーカーは 大人のメンズにお勧めです。 2通りの方法で調節可能なフードはヘルメットの着用に対応していて、共布のテープ留めを 備えた袖口と、埋め込み式のコードロックで調節可能な ドローコード付きの裾が 風雨や雪の侵入を遮断します。 商品名 メンズ・ストレッチ・ナノ・ストーム・ジャケット• 素材はDWR(耐久性撥水)加工と防水性/透湿性バリヤーを施した 丈夫ながら 軽量な2. 5層構造のリサイクル・ナイロン100%で、カラビナ用ループが付いた ジッパー式ハンドウォーマーポケットの1つに本体を収納可能です。 2通りの方法で調整可能なフードは、ラミネートしたつば付きのフード。 使用しないときはシンプルなコードとフックを使って巻いて留めることができます。 商品名 メンズ・トレントシェル・ジャケット• amazon. 3方向に調整可能なヘルメット対応フードは、様々な環境にも万能に対応が可能です。 商品名 GORE-TEX Thunderstorm Rain Jacket• 非常に暖かいワッフルフリース バッキングを使用しているので、見た目によらず機能性に優れています! 開閉しやすいビスロンファスナーを使用したサイドポケットは、外でのレジャーの際、万能機能となります。 商品名 SOFtech WINTER STORM Jacket• viajarentreviagens. 商品名 SQUAMISH HOODY• 変わりやすい天候でも身軽に動けるようガーメントはミニマリストデザインとなっており、 軽量かつ高いパフォーマンスを発揮します。 Bird Aid 保証書付き。 商品名 Alpha FL Jacket• 着心地を重視したい方にはぜひお勧めしたいブランドです。 millet. ギミックを一切排し、 本当に必要な機能を最高の素材と製法で仕上げています。 過酷な環境から身を守りながらも、動きやすい軽さとフィット感を追求しました。 運動性を追求した 人間工学に基づくカッティングとシームレスの脇下パネルが快適性と耐久性の高さも両立しています。 商品名 トリロジー V アイコン ゴアテックス プロ ジャケット• millet. 優れた快適性、透湿性、柔軟性を誇り、取り外し可能なパウダースカートも備えています。 商品名 ブレバン ゴアテックス ジャケット• naver. ジッパーの部分に様々な色が使われ 細部までこだわったその色使いがポイント。 どちらかと言うと、アウトドアというよりかは 私服として使用するの方も増えました。 防水加工も万全ですので雨の日も安心して着る事ができます。 chums. くちばしの部分の切り替えカラーや、 ポケットの形がレトロで可愛いデザインです。 軽量ながらも防風性があるので、ベストやフリースとの重ね着もお勧め。 気温が安定しない時期でも着まわし力抜群の1着です。 商品名 ブービーフェイスシティパーカー• chums. 防水機能にも特化し、 雨雪などの悪天候でも快適に過ごせます。 裏面にはオリジナルのパズルブービープリント、ポケットにはクレイジーカラーのファスナーを施しデザインにもこだわっています。 チャムスらしいポップな色使いで、真冬のアウトドアやアクティビティでも気分を持ち上げてくれます。 商品名 エクスプローラーダウンジャケット• thehikinglife. montbell. php? 全ての縫い目に防水処理を施すことで、雨や雪の侵入をシャットアウト。 裏面を起毛地にすることで、高い保温性を確保しています。 アルパインウエアと同等の機能を備え、 スノースポーツから登山まであらゆるシーンで高いパフォーマンスを発揮します。 商品名 コスミックパーカ• montbell. php? 素材が持つストレッチ性とひじ部分に採用した立体裁断により、抜群の運動性を実現。 ウエア内の 熱気を素早く放出可能なスムースピットジップや、細かなフィット感の調節が行えるトライアクスルフードなど、アウターとしての機能を多数備えています。 商品名 パウダーシェッド パーカ• 多くの 山岳ガイドや冒険かに愛用されています。 ポケットやファスナーのデザインはシンプルにして、軽量なジャケットに仕上げています。 5層生地ポリウレタンコーティングによる 耐水圧10,000mmの防水透湿性を持たせ、レインウェアとして使用可能です。 商品名 ユニセックスウォータープルーフマウンテンパーカー• 5レイヤーの ナイロンタフタで軽量に仕上げています。 レイヤード設計なのでゆったりとしたシルエットで、ラグランタイプの袖付けで ストレスのない着心地です。 商品名 レインシェルジャケット• html 古着のポジティブな要素である「ぬくもり感」「出会い感」「身近な感じ」「わくわくする感じ」「ハッとさせられる感じ」などを大切にし、 ベーシックな中に トレンドを取り入れ身近な価格帯でお客様にお届けすることをコンセプト。 ジーアールエヌのマウンテンパーカーは、カジュアルなデザインが若いメンズに人気のブランドです。 コットン素材ならではのやわらかさとハリ感のある中に、ナイロン素材の光沢感が混じった、風合いのある生地感です。 裏面に貼られた起毛ビエラ生地は、 チェックネルシャツを着るかのようにラフにカジュアルに柄を楽しめます。 汚れが付着してしまったら、洗濯もできるのは、コットンとナイロンの一般的素材による賜物です。 roco2web. 優れた素材を厳選することから始まり質の高い物作りを行なっている。 また、BOSTONの自社工場で全ての生産を行い 「made in USA」に 強い誇りとこだわりを持っているブランドです。 数ある商品ラインの中でも、ミリタリースタイルのアウターウエアーはFIDELITYの最も得意とするラインで、一般市場においての US NAVY STYLEのアウターに対する 認知度は高く、米国内はもとより全世界のミリタリーストアー、アーミー・ネイビーストア、 また、いくつかの メンズウエアー専門店でも取り扱われています。 roco2web. さらに、コットンが水分を吸収すると、膨張して生地全体の密度を高めるので水の浸入を防ぐ高防水性を発揮します。 ロングシーズン使える機能性を考慮した素材、デザイン設計で、とても使い勝手の良いアウターです。 roco2web. 縦型に走るファスナーポケットにはボールチェーンの引き手が付属。 さらに アメリカ海軍のデッキジャケットで採用されていたフックを再現しています。 カラーによって裏地のカラーを切り替えし、見栄えの良いマウンテンパーカーになってます。 pinterest. こんなにも機能が高いなら、 毎日着まわしたい・・! そんな風に感じる方も多いはずです! アウトドアブランドとのコラボ商品や、聞きなれた 有名ショップでの 取り扱いも増えているんです。 デイリーに使える、人気ブランドのマウンテンパーカーをご紹介します。 ライナーのボアパーカーは取り外し可能なのでライナー付きで着用。 ボアパーカーのみで着用と、幅広い着こなしにが可能な 3WAYです。 脇パーツにはアクセントとして別地ツイルを配し、細かいディテールにも一手間加えたデザインとなっています。 長い着用時期にお楽しみ頂け、 アウトドアシーンでもタウンユースでも大活躍間違いなしの一着。 ライナーのボアはカジュアル感が出て大人の休日スタイルの完成です。 商品名 3WAY ボアマウンテンパーカー• ブランド独特の色の切り替えが目を奪うポイントになっています。 止水ジッパー、裏のシームテープ使いと作りも本格的。 顔周りに明るい色味がくることで、 モノトーンコーデのポイントになり爽やかな印象に様変わりします!• 今シーズンは新色のクレイジーも追加して豊富なバリエーションで取り揃えました。 また付属のボアフリースライナーは 取り外し可能で1枚だけでも着用できます。 ワントーンで仕上げたい時は、前を締めて小物で遊ぶのがおすすめです!• 裾、フード周りのコードストッパー、ファスナー先の付属などには本格的なラバー素材を使用しています。 シンプルでスタイリッシュなデザインは タウンユースに最適なアイテムです。• 商品名 マイクロファイバーマウンテンパーカー• 着脱可能のライナー生地に水滴を弾く撥水加工を施し、ダウンには 寝具大手メーカー 丸八ダウンを採用。 厳選された USAダウンを日本国内で再加工することで軽くてボリューム感を増した高品質ダウンです。 オーバーサイズのマウンテンパーカーはカジュアルになりすぎるので、 足元にはスニーカー意外がおすすめです。

次の

登山アウターの代名詞『ゴアテックスジャケット』メーカー別おすすめモデル|YAMA HACK

ウール リッチ ゴアテック ス マウンテン パーカー

実物を見て比べてみるとよくわかるんですけど、カナダグースはガッシリとしていてダウンにありがちなフニャフニャしたところはまるでなく、ウールリッチはやわらかくダウンぽい感じ。 シェル(表面の生地)についてはこれはもう機能性はカナダグース。 ウールリッチに使われているのはシェラデザインのマウンテンパーカーで有名になったロクヨンクロス。 これはこれで素朴なビンテージ感があっていいんですけど、着込んでヘタってくるとみすぼらしい雰囲気になっていきます。 カナダグースのアークティック素材はマットな質感で汚れ目立たず、防水性、防風性に優れていて長く使っていても傷みが目立ちません。 あと、ファッション的にはフードのボリュームと肩のラインの出方が違います。 カナダグースがフードが大きく、ウールリッチはフードがコンパクトでやわらかい分肩のラインが出ます。 私が持っているのはカナダグースでもヘビーな部類に入るエクスペディションパーカーで、随分前に買った物なので今のセレクトショップ別注物や新しいモデルのカタチなどはよくわからないのですけど、カナダグースは体の大きい人には向かない気がします。 逆にウールリッチは体の小さい人だとなで肩に見えてあまりきれいじゃない感じ。 私の個人的な好みを申せば、ダウンジャケットに求めるのはギアとしての機能性と、機能を追求した結果生まれる機能美。 その点ではカナダグースに一票です。 ウールリッチを買うならスピワックのタイタンクロス使ったN3Bで充分じゃね?などと思います。 スピワックならウールリッチの半額くらいだし。 で、あまったお金でバーブアーのビデイル買うかな、今なら。 最後に、機能面ではカナダグースはトゥーマッチ。

次の

woolrich(ウールリッチ)アークティックパーカで寒い冬が楽しくなる⁉︎

ウール リッチ ゴアテック ス マウンテン パーカー

マウンテンパーカーとは? 機能性に優れた登山用アウター By: マウンテンパーカーはその名の通り、登山を想定して作られたアウターです。 過酷な天候でも対応できるように耐久・防水・防風など、高い機能性を備えているのが魅力。 背面下部には地図などを収納できる「マップポケット」を備えているモデルが多いのもマウンテンパーカーの特徴です。 マウンテンパーカーは多くのポケットを備えており、収納性に優れているのもポイント。 全体として丈はやや長めで程よいボリューム感があり、コーディネートのバランスを取りやすいのも魅力のアイテムです。 その他のパーカーとの違い By: 通常のパーカーはコットンなどを使用した柔らかい素材を採用している場合が多く、登山時の防寒着としてはやや物足りなさを感じます。 また、防水性の高いスポーツ向けのパーカーもありますが、マウンテンパーカーと比べると生地はやや薄めで、保温性が劣る傾向にあります。 一方、マウンテンパーカーは防風性が高いナイロン素材や保温力の高い中綿ライナーなどを使っているモノが多く、アウターとしての機能が十分に備わっています。 さらに、マウンテンパーカーは蛍光色など比較的派手なカラーバリエーションが多いのも特徴。 これらは万が一登山中に遭難した際でも目立ちやすいというメリットがあります。 また、マウンテンパーカーは袖口がベルクロ式で調節しやすいのもポイント。 天候や気温によって保温性をコントロールできるので、温度変化が激しい登山時には重要な機能です。 マウンテンパーカーの選び方 用途に合わせて機能をチェック アウトドアユースで重要なのは防水透湿性。 水の侵入を防ぐとともに、湿気を外へ排出する機能をチェックしてください。 防水透湿性能が高いゴアテックスなどの素材が使用されているモデルがおすすめです。 また、ベンチレーション機能があるモノは、余分な熱を排出できます。 ただし、ゴアテックス製品は高価なので、タウンユースではゴアテックスにこだわらなくてもよいでしょう。 防風性能もチェックポイント。 裾や袖口そしてフード部分をドローコードやベルクロなどで調整すれば風の侵入が防げます。 長く愛用したいなら信頼できるブランドの製品を選ぶ By: アウトドアで着用するマウンテンパーカーは、防水撥水性や防寒性そして防風性などを重視して作られています。 また、山の岩場で転んでしまうことも想定して、破れや裂けにも強い素材が用いられているのがポイント。 そのため、ザ・ノース・フェイスやパタゴニアといった、信頼性の高いアウトドアブランドのモノを選ぶと、長く愛用可能です。 また、アディダスやミズノなどの総合スポーツ用品メーカーからも、マウンテンパーカーはリリースされています。 各種スポーツ用品でノウハウを培っているので、動きやすい製品が多いのが特徴。 いずれにしても、信頼あるメーカーのマウンテンパーカーであれば機能的でデザイン性も高いのがメリットです。 着まわしやすいカラーやデザインを選ぶ By: マウンテンパーカーは原色系からアースカラーまでカラーバリエーション豊富。 なかにはツートンカラーのモデルもラインナップされています。 なお、原色系は遭難時に発見しやすいのがメリット。 しかし、本格的登山をする場合以外はあまり関係ありません。 したがって、自分が着こなしやすい色を選ぶとよいでしょう。 また、ポケットが多いモデルは、アウトドアユースでは手袋や携行食などを収納できて便利。 一方、タウンユースの場合は無骨な印象を与えることもあるため、ポケットが目立ちにくい方が着まわしに便利です。 ちなみに、マウンテンパーカーはボリューム感があるモノが一般的ですが、スリムフィットタイプもラインナップされています。 マウンテンパーカーのおすすめ定番人気ブランド ザ・ノース・フェイス THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイスは1968年に設立されたアメリカの登山用品メーカー。 冬山登山にも耐えうる高品質なダウンを使用したウェアはじめ、テントやスリーピングバッグなどで定評があります。 マウンテンパーカーにおいては、機能性およびデザイン性が高くラインナップも豊富。 アウドドアだけでなくタウンユースでもおすすめのブランドです。 ザ・ノース・フェイス THE NORTH FACE マウンテンジャケット ザ・ノース・フェイスを代表する定番モデル。 表地は150デニールと厚手の2層構造ゴアテックスを採用しています。 裏地の肩や脇下部分はメッシュ仕様。 ウェア内のムレを防止します。 秋冬の登山など、ハードなアウトドアシーンでも信頼性が高い、おすすめのマウンテンパーカーです。 パタゴニア patagonia 「パタゴニア」はクライミング・ギアのメーカーとしてスタートしたブランド。 現在では広くアウトドアアイテムを扱っていますが、「アルピニズム」を企業理念としてアウトドアで楽しむユーザーのためにウェアを作り続けています。 環境に配慮したモノ作りも同ブランドの魅力。 リサイクル・ポリエステルやオーガニックコットンを使用したり、毎年の売り上げの一部を環境団体に寄付したりするなど、地球環境を意識しているのも特徴です。 パタゴニア patagonia ナノエア ライト ハイブリッド フーディ 重量329gと軽量なパタゴニアのマウンテンパーカーです。 表面には厚さ20デニールのリップストップナイロンを使用しており、耐久性が高いのがポイント。 さらに、DWR(耐久性撥水)加工済みなので雨にも強いモデルです。 裏地は通気性に優れたメカニカルストレッチ平織りナイロンを採用。 また、汗をかきやすい背中や両脇、そして腕の後ろ側に施したワッフルニットは水分を吸湿発散するとともに、余分な熱やニオイを逃がします。 裾は伸縮性が高い縁取りで保温性も優れたマウンテンパーカーです。 アークテリクスデザインの理念は「ミニマリズム」です。 天候の影響を最小限に抑え、効率的な行動をできることを基本としています。 デザイナー自身やプロアスリートが苛酷なアウトドアフィールドで製品テストを行っているのも特徴です。 耐摩耗性生地の使用を減らすことで軽量化に成功しています。 ゴアテックスは圧縮性も優れているので、折りたたんでもかさばりにくいのがメリット。 さらに、格子状にナイロン繊維を縫い込む「リップストップ構造」を採用しており、軽くても破れにくいのが特徴です。 13mm幅のゴア製シームテープでシーリングを施しているので、軽量モデルながら全天候対応型。 冬期のアウトドアユースでも安心なマウンテンパーカーです。 マムート MAMMUT マムートの起源は1862年スイスで設立されたロープメーカーです。 耐久性の高いロープ製造で定評があり、現在はアウターやフットウェア、そしてバックパックなど多彩な登山用具をリリース。 世界約40の国・地域で営業展開しています。 冬山など本格的な登山をする方におすすめのブランドです。 マムート MAMMUT コンベイ 3 in 1 HS フードジャケット 「ゴアテックス2. 5レイヤー」素材を使用した、防水性そして透湿性に優れたマウンテンパーカーです。 雨天時でもムレにくいのがメリット。 内側には軽量インナーダウンを備えており、防寒性が高いのも魅力です。 本モデルのポイントは「イージーコンバイン」を採用している点。 首のうしろと手首部分のボタンを掛け外すだけで、アウター部分とインナーダウンが簡単に取り外しできます。 気温の変化に対する対応力が高いので、利用シーンが広がるマウンテンパーカーです。 コロンビア Columbia 1938年アメリカのオレゴン州で創業されたスポーウェアメーカー。 魚釣りの際に便利な「マルチポケットフィッシングベスト」、アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できる「インターチェンジシステム」など、創意工夫に満ちたアウトドアウェアを開発してきたことで定評があります。 コロンビア Columbia ザ スロープジャケット 肩と肘部分に立体裁断を施してあるので、ソフトシェルのように動きやすい、コロンビアのマウンテンパーカー。 横方向に伸縮性がある「2ウェイコンフォートストレッチ」を採用しており、激しい動きにも対応できます。 胸ポケットには、ムレを外へ逃がしてくれるベンチレーション機能付き。 ポケット内には小型のエクストラポケットも備わっています。 コロンビア独自開発の防水透湿機能「オムニテック」加工を施してあるので、防水性が高いのもポイント。 さらに、収納用の専用スタッフバッグが付属しています。 コスパ重視派におすすめのマウンテンパーカーブランド ワイルドシングス WILD THINGS ワイルドシングスは登山家のジョン・ボーチャードとマリー・ムニエによって1981年に設立されたアメリカのアウトドアブランドです。 製品作りの理念は「Light is Right(軽く、タフでなければならない)」。 新素材を積極的に採り入れた製品作りで定評があります。 ちなみに、ワイルドシングスのウェアはアメリカ陸軍や海兵隊でも採用されており、その品質については折り紙付きです。 ワイルドシングス WILD THINGS シャモニー ジャケット 薄手で軽量なワイルドシングスのマウンテンパーカーです。 表地は撥水コーティング加工済の高密度ナイロンを使用。 濡れたような独特の光沢感がポイントです。 裏地はメッシュ仕様。 中にフリースウェアを着ていても静電気が発生しにくい素材です。 左胸内側にはファスナー付きポケットも備えています。 袖口はベルクロで調整可能。 また、裾やウェストそしてフードにはアジャスターコードが付いているので、冷気や風の侵入を防げます。 1万円台というリーズナブルな価格もメリット。 デザイン性が高いおすすめのマウンテンパーカーです。 ミズノ MIZUNO 日本を代表する総合スポーツ用品メーカーのミズノはスポーツアイテムだけでなく、サッカーやテニスなどのスポーツスクールやスポーツ施設の運営に熱心なことでも有名です。 高い防水透湿性を備えたベルグテックEXや、水分を吸収して発熱する吸湿発熱素材のプレスサーモなど、新素材の研究開発でも定評があります。 ミズノ MIZUNO ブレスサーモベルグテックユーティリティジャケット 耐水圧20,000mmという高い防水性に加え、透湿性を備えたミズノ独自のベルテック素材を使用したマウンテンパーカーです。 後身頃上部には発熱素材プレスサーモを採用。 プレスサーモは汗などの水分を吸収、吸着熱を利用して温度を上昇させる素材です。 ライナージャケットを装着できるユーティリティーシステムに対応しているのもポイント。 別売のライトウェイトダウンをファスナーで簡単にドッキングすれば、防寒性がさらに高まるのがメリットです。 フードと裾を調整できるドローコードが付いています。 ファッション性が高いおすすめのマウンテンパーカーブランド シェラデザインズ SIERRA DESIGNS 1995年にアメリカのカリフォルニア州で創業したブランド。 長年のアウトドアの知識を活かし、アパレル・バッグ・キャンプ用品などのアウトドアグッズを中心に、高機能な製品をリリースしてきました。 さらに、若者向けのシリーズ「BLUE LABEL」も用意されています。 背面にはマップポケットを備えているので、新聞紙などを入れて防寒性をさらに高めることも可能。 ファスナーには頑丈な大型ビスロンファスナーを採用しており、手袋をしたままでもストレスなく開閉できます。 ペンドルトンウール部分のおしゃれなネイティブアメリカン伝統模様も魅力です。 ヘリーハンセン HELLY HANSEN ヘリーハンセンは1877年、ノルウェーの船長ヘリー・J・ハンセンによって設立されました。 1950年には完全防水ウェアを世界で初めて商品化するなど、防水性そしてデザイン性が高いウェアで定評があるブランド。 同ブランドはマリンアイテムのイメージがありますが、山などのアウトドアにも適したウェアも数多く展開しています。 世界40カ国以上で販売されている人気の高いアウトドアブランドです。 ヘリーハンセン HELLY HANSEN タクティシャンゴアテックスジャケット 防水性や透湿性そして防風性に優れたゴアテックスPro素材を採用したアウターシェル。 摩耗しやすい裾部分には、ナイロンの7倍という強度を持ち、裂けや破れにも強いコーデュラという素材を使用しています。 左右のフラップポケット脇にはファスナー付サイドポケットを装備。 シンプルデザインのジャケットを探している方におすすめのモデルです。 機能性を求める方におすすめのマウンテンパーカーブランド ミレー MILLET ミレーはフランスで1921年に創業したアウトドアブランド。 登山用バックパックを中心に幅広いアウトドアアイテムを開発しています。 2009年に世界最古と言われる山岳ガイド協会「シャモニーガイド協会」と提携を開始。 過酷な環境で製品テストをおこない、ガイドの意見を製品作りにフィードバックしています。 ミレー MILLET ティフォン50000ウォームストレッチジャケット 7ミクロン極薄メンブレンを採用した透湿性が高いマウンテンパーカー。 トレッキングなどでも、汗によるムレが少ないのがメリットです。 ストレッチ性があるので、しなやかでツッパリ感がありません。 長時間着用しても疲れにくいモデルです。 裏側素材のポリエステルを起毛させてあるので、軽量で柔らかく、しかも保温性が高いのがポイント。 マウンテンパーカーとしては、デザインがシンプルでスッキリした印象を与えます。 タウンユースでも着こなしやすい1着です。 マウンテンハードウェア Mountain Hardwear マウンテンハードウェアは1993年創業の登山用品メーカー。 テント用のテンションシェルフなどで各種特許を取得しており、高い技術力が特徴のブランドです。 マウンテンパーカーなどの一部アウターでは、独自開発の防水透湿素材「ドライQ」を採用。 汗によるムレや冷えを防いでくれます。 マウンテンハードウェア Mountain Hardwear ドライステインジャケット マウンテンハードウェア独自の防水透湿素材の中で、最も高性能な「ドライQエリート」を採用したマウンテンパーカーです。 ムレの少なさに加え、素材がしなやかで軽い着心地が魅力。 フード部分はボタンで調整できるので、雨天時や降雪時でも視界を確保しやすいのがポイントです。 本製品は日本規格モデルなので日本人の体型に合います。 ダブつきがなく、フィット感がよいマウンテンパーカーです。 タウンユースの場合、アクセントカラーのアウターにはシンプルなインナーやパンツを合わせてしまいがちですが、アウトドアシーンでは思い切った色使いでコーディネートを楽しむのがおすすめです。 グリーンのマウンテンパーカーに鮮やかなブルーのTシャツを合わせ、青みの強いネイビーパンツを持ってくることでカラーのバランスをうまく取っています。 マウンテンパーカーの裏地のブルーとも合うので、すっきりとした雰囲気も感じるコーディネートです。 ともにコットン素材で自然な風合いがポイント。 カジュアルな印象ですが、パンツにセンタープレスが入っているので、きれいめに見えるのが魅力です。 さらに、上に羽織ったブラックのマウンテンパーカーが引き締まった印象を与えます。 パンツがコットン素材なので、高山の登山には向きませんが、キャンプや野外フェスそして低山トレッキングなど、幅広いアウトドアシーンでおしゃれに着こなせるコーディネートです。 武骨に見えがちなカーキ色のマウンテンパーカーですが、ホワイトの厚手タートルネックセーターと合わせることにより、柔らかい印象を与えているのが魅力です。 ボトムにスリムタイプのパンツを着用しているのもポイント。 秋冬のアウトドアシーンでおしゃれに見えるコーディネートです。 ホワイトシャツにネイビーニット、ボトムにベージュのパンツを持ってくるのは、トラディショナルコーディネートでは鉄板。 さらにそこへマウンテンパーカーが加わると、一気にモダンな印象に表情を変えてくれます。 知的な雰囲気で、一味違ったマウンテンパーカーコーディネートを楽しみたい人におすすめです。 ゆったり目のマウンテンパーカーと合わせても、きれいめに見えます。 マウンテンパーカーのデザインがシンプルなので、よりスッキリした印象を与えるタウンユース用のコーディネートです。 若々しさを感じさせるマウンテンパーカーのグリーンと、テーパードパンツの落ち着いたブラックという色使いが絶妙。 スニーカーとバッグもブラックを使っているので、統一感があるのもポイントです。 ベージュのパンツが自然な風合いを出しています。 ボリューム感あるパンツに、細身で短めのマウンテンパーカーを合わせているのがポイント。 マウンテンパーカーの圧迫感がないので、タウンユースで着用してもきれいめな印象のコーディネートです。

次の