若松駿太。 若松駿太が戦力外通告を受けた理由は?素行不良が原因?怪我?

若松駿太の現在・今は?嫁・奥さんは!なぜ結婚!中日戦力外!素行が悪いのに巨人?

若松駿太

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] でのプレー経験がある実父の影響 で、小学校4年時から野球を始める。 筑邦西中学校時代は久留米ペトリオッズに所属。 3年時にへ出場した。 への進学後には、2年時の秋からエースの座を確保したが、春夏ともでの全国大会へ出場できなかった。 3年時にも、夏の2回戦で敗れた。 しかし、の球団で唯一、がの指名に必要な調査書を送付。 7巡目で、中日から実際に指名された。 この年の会議でとしてNPB全12球団から指名された選手では最後の指名であったが、若松本人は「(続いて開かれたで)として指名されるだけでも良い」と思っていたとのことで、中日から支配下登録選手として指名された瞬間に涙を流したという。 結局、契約金1,800万円、年俸540万円(金額は推定)という条件で中日に入団した。 担当スカウトはで、背番号は 61。 中日時代 [ ] には、公式戦20試合に登板。 通算投球イニングは43回で、3勝2敗、防御率3. 98という成績を残したが、一軍公式戦への登板機会はなかった。 しかし、シーズン終了後の秋季キャンプ中に紅白戦で好投したことから、当時の一軍監督・から監督賞を贈られた。 には、公式戦開幕直後の4月3日に、の対戦で救援投手として一軍公式戦にデビュー。 同月10日の対戦()で初めて先発するなど、一軍公式戦全体では、2度の先発を含む7試合に登板した。 シーズン終了後に参加したでは、10月25日にの対戦に先発すると、被安打5、奪三振10という内容で完封勝利をマーク。 リーグ戦全体でも、通算5試合の登板で、投球イニング25回をすべて自責点0で凌いだ。 さらに、リーグ終了後の秋季キャンプでは、強化指定選手に選ばれた。 には、4月18日の対戦()に、先発投手として登板。 一軍公式戦でのシーズン初登板で、白星は付かなかったが、6回を自責点1で凌いだ。 後に救援での登板や二軍調整を経験したが、6月2日の対戦(ナゴヤドーム)でシーズン5試合目の先発登板を果たすと、6回無失点という内容で一軍公式戦での初勝利を挙げた()。 8月には、自身初の完封勝利を含む4勝を挙げたことから、の(投手)に選出。 シーズン通算では、同リーグの最終(143イニング)にわずか3イニング足りなかったものの、一軍公式戦でチームメートのに続く10勝 を挙げた。 ほぼ1年間一軍の先発ローテーションを守りながら防御率2. 12という好成績を残したことも背景に、シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸3,600万円で契約を更改。 には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションに入ったが、8月上旬から9月中旬まで二軍で調整。 9月末に中継ぎ要員として一軍に復帰すると、チームトップに並ぶ7勝を記録した。 もっとも、防御率は4. 06で、8敗を喫している。 にも、一軍公式戦の開幕から、先発陣の一角を任された。 しかし、シーズン初登板から4試合で3敗を喫したため、4月下旬に出場選手登録を抹消。 抹消中には一時、実戦を離れて、春季キャンプばりの走り込みに専念していた。 8月上旬に一軍へ復帰すると、3試合の先発登板で2連勝を記録したが、シーズン通算では7試合の登板で1勝4敗という成績にとどまった。 には、右肩を痛めた影響で一軍公式戦での登板がなく、ウエスタン・リーグ公式戦でも5試合の登板で1勝1敗、防御率6. 04と振るわなかった。 シーズン最終盤の10月1日に球団からを受けた が、他球団での現役続行を希望していたことから、11月13日にはへ参加。 形式で対戦した3人の打者をすべて凡退させた。 12月2日付で、NPBからとして公示。 BCリーグ・栃木時代 [ ] 2018年12月6日に、のへ入団することが発表された。 は先発で13勝をあげ、チームの初優勝に大きく貢献。 リーグの後期ならびにシーズンMVPに選出された。 シーズン終了後の11月12日に2年連続で12球団合同トライアウトへ参加。 野球外では、2019年6月16日に1歳年下の一般女性と入籍したことを発表した。 2019年12月25日、栃木ゴールデンブレーブスは若松と2020年の契約に合意したと発表した。 若松と同じ年齢の高卒投手に、とがいる。 2013年に高校から直接NPBの球団へ入った投手のうち、若松が中日を退団する2018年までにNPBの一軍公式戦でシーズン2桁勝利を記録したのは、若松、大谷、藤浪の3人だけである。 人物 [ ] 本人曰く、実家は「田んぼに囲まれていました」とのことで、最寄りのまでは約2kmあるという。 自宅から高校まで10kmの距離を毎日、自転車で通学したため自然と下半身が鍛えられたと語っている。 高校時代には、土木科に所属。 の資格を所得しているため、3tまでの重機を操ることが出来る。 左頬にアザがあるが、本人曰く「さんと同じ」と気に入っている。 中日へ入団した時の担当スカウトだった渡辺を、「高校球界で無名だった頃から自分を見てくれていた恩人」と慕っている。 若松と同じ九州(大分県)の出身で、現役時代に若松と同じ右投手だった渡辺は、高校時代から若松に興味を示していた数少ないNPB関係者の1人だった。 しかし、入団2年目で迎えた春季キャンプの初日(2014年2月1日)に、のため、渡辺は57歳で永眠した。 若松が翌2015年に一軍公式戦で初勝利を挙げた際には、試合後のヒーローインタビューで、目を潤ませながら渡辺への感謝の気持ちを述べた。 ちなみに、この試合のウイニングボールは、渡辺の遺影の前に飾られたという。 中日から2018年に戦力外通告を受けた直後には、中日時代の思い出として、2015年に一軍公式戦で2桁勝利を挙げたことよりも「(この年のシーズン終盤に相次いで開かれた公式戦における)谷繁、、 の引退試合に登板して良い投球ができたこと」を挙げていた。 その一方で、戦力外通告の直後から栃木への入団が決まるまでは、『』()のスタッフが若松と実父に密着取材。 同局では2019年1月19日に、その模様が放送された。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 7 2 0 0 0 0 1 0 0. 000 72 16. 1 19 0 6 0 0 5 1 0 13 9 4. 96 1. 53 23 20 2 1 0 10 4 0 0. 714 575 140. 0 111 10 50 0 2 113 3 0 35 33 2. 12 1. 15 19 18 3 0 1 7 8 0 1. 467 497 115. 1 127 10 37 0 0 85 3 0 55 52 4. 06 1. 42 7 7 0 0 0 1 4 0 0. 200 162 35. 2 49 4 11 0 1 16 1 0 25 22 5. 55 1. 68 :4年 56 47 5 1 1 18 17 0 1. 514 1306 307. 1 306 24 104 0 3 219 8 0 128 116 3. 40 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2014 中日 7 1 2 0 0 1. 000 2015 23 7 28 2 6. 946 2016 19 12 12 0 2 1. 000 2017 7 2 9 0 2 1. 000 通算 56 22 51 2 10. 973• 2019年度シーズン終了時 表彰 [ ]• :1回(投手部門:2015年8月) 記録 [ ] 投手記録• 初登板:2014年4月3日、対3回戦()、5回裏に2番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、5回裏にから見逃し三振• 初勝利・初先発勝利:2015年6月2日、対1回戦(ナゴヤドーム)、6回無失点8奪三振• 初完投・初完封勝利:2015年8月2日、対17回戦()、5安打6奪三振 打撃記録• 初安打:2015年8月8日、対東京ヤクルトスワローズ18回戦(ナゴヤドーム)、2回裏にから投手内野安打• 初打点:2015年10月7日、対25回戦()、8回表にから右前適時打 独立リーグでの投手成績 [ ] 21 3 13 5 0. 722 526 128. 0 104 6 50 3 93 4 0 43 36 2. 53 1. 20 :1年 21 3 13 5 0. 722 526 128. 0 104 6 50 3 93 4 0 43 36 2. 53 1. 2019年度シーズン終了時 背番号 [ ]• 61 (2013年 - ) テーマ曲 [ ]• 「Run this way feat. 」BANTY FOOT(2015年 - ) 脚注 [ ]• スポーツニッポン 2019年1月19日. 2013年3月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2013年1月13日. 2013年3月14日閲覧。 日刊スポーツ 2013年11月13日. 2013年11月14日閲覧。 中日ドラゴンズ 2012年10月25日. 2013年3月14日閲覧。 BASEBALL KING 2015年9月8日. 2019年1月21日閲覧。 その日の広島のと打者として対戦したことで彼の投球から多くを学んだという。 「あの試合で打席にも立って黒田さんの球を感じたことはいろいろ財産になった。 真っすぐでも動いていたし、全球種が低めに集まっていた。 これが僕に求められている投球だと思った。 - (2015年10月8日11時51分 紙面から)• スポーツニッポン 2015年11月21日. 2019年1月21日閲覧。 デイリースポーツ 2015年11月22日. 2019年1月21日閲覧。 J SPORTS 2017年8月15日. 2019年1月21日閲覧。 中日ドラゴンズ. 2018年10月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月13日. 2019年1月21日閲覧。 NPB日本野球機構. 2019年1月8日. 2019年1月19日閲覧。 - 栃木ゴールデンブレーブスオフィシャルサイト(2018年12月6日)• - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2019年10月25日)• - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2019年10月31日)• Full-Count. 2019年11月12日. 2019-11-112閲覧。 下野新聞 SOON. 下野新聞 2019年12月25日. 2019年12月30日閲覧。 中日スポーツ 2012年11月3日. 2013年3月14日閲覧。 山本の引退試合は、引退翌年(2016年3月5日)にナゴヤドームで催されたとので催されたが、一軍公式戦における引退試合(最終登板試合)は2015年10月8日の対広島戦(マツダ)である。 7回裏から登板した若松は、試合終了までの3イニングを無安打に抑えたことによって、自身初のシーズン2桁勝利を挙げた()。 スポーツニッポン. 2018年10月1日. 2019年1月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - 担当スカウト 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• wkmtshnt -.

次の

若松駿太の嫁がかわいい!沙苗は元チアドラゴンズで開脚ジャンプがすごい!画像

若松駿太

若松駿太の今現在や結婚や年俸・年収、プロ野球での戦績は?トライアウトの結果がヤバイ【バースデイ】 スポンサードリンク 元中日ドラゴンズの投手 若松駿太さんが、バース・デイで特集されますね。 番組のタイトルが「バース・デイ 大谷翔平世代が23歳で戦力外通告…父に支えられトライアウトに挑む」とありますが、大谷翔平と同じ世代の選手がもうトライアウトなのかとちょっと意外な感じですよね。 若松駿太さんは、もともとは中日ドラゴンズの投手として活躍をしていた選手ですが、どうしてトライアウトに挑むことになってしまったのでしょう? またトライアウトの結果はどうだったのか?現在野球は続けているのか? 気になったので調べてみました。 早速行ってみましょう。 Contents(目次)• baseball. findfriends. 高校を卒業してから、すぐにプロ野球選手になったわけですが、高校卒業後にプロ野球のドラフトにかかるというのは甲子園で活躍した選手がが多いと思います。 でも若松駿太さんは、甲子園の出場経験はなかったようですね。 高校は祐誠高等学校。 祐誠高等学校は、福岡県久留米市の私立高校です。 若松駿太さんは2年生の秋からエースとして活躍していました。 3年生の夏の高校野球は福岡県予選の2回戦で0-1で惜しくも敗れています。 野球はチームスポーツなので個人の力だけではなかなか勝ち進めないスポーツですが、スカウトの方もよく若松駿太さんに目をつけましたよね。 ドラフトでは中日が7位指名。 ドラフトは各球団が一人ずつ順番に入団させたい人を指名していくのですが、7位というのは7番目に選ばれたということです。 契約金は1,800万円、年俸は540万円でした。 大谷翔平との関係は この2012年のドラフトの話題はなんと言っても大谷翔平でした。 当時、大谷翔平はメジャーリーグへのチャレンジを公言していて、日本のプロ野球には進まない、だからドラフトでは選ばないでねと言っていたんですね。 ドラフトで選手の入団が決まるのではなく、ドラフトはあくまで交渉権を獲得するだけなので、せっかくドラフトで指名しても交渉がうまくまとまらなければ、その交渉権が無駄になってしまいます。 なので日本のプロ野球に入らないと言っている大谷翔平を指名するよりも、他の選手を指名したほうが良いですよね。 そのためほとんどの球団が大谷翔平を指名しませんでした。 でも指名した球団があったんです。 それが北海道日本ハムファイターズです。 他のチームが指名を回避したのに、日本ハムファイターズだけは単独指名したんですよね。 それでも大谷翔平は指名を受けたのはうれしいけど、気持ちは変わらない、メジャーリーグに行くといって、指名後の挨拶に来た日本ハムファイターズの関係者とも会わなかったんです。 それでも日本ハムファイターズは諦めずに、このまま大谷翔平がメジャーリーグに行ってもうまくいかない、メジャーリーグの育成よりも日本でしっかりプロの体を作ってからチャレンジしたほうがいいというようなレポートを30ページもまとめて持っていったりしたそうです。 そのような熱意もあり、大谷翔平は結果、メジャーリーグへのチャレンジを断念し、日本ハムファイターズへの入団が決まりました。 他の球団からはこれははじめから日本ハムファイターズが仕掛けた出来レースだったんじゃないかと噂もされましたが、この大谷翔平の決断は驚きとともにすごい報道されましたよね。 しかも投手と野手の二刀流で挑むということも発表されたので、その二刀流のチャレンジも話題になりました。 そんなこんなで2012年のドラフトは大谷翔平の話題で埋め尽くされたと言っても過言ではないですよね。 その2012年のドラフトで中日ドラゴンズに7位指名されたのが若松駿太さん。 大谷翔平とは同い年ということで、大谷翔平世代と呼ばれているようです。 プロ入り後の戦績 若松駿太さんのプロ野球入団後の成績について見てみましょう。 2013年ドラフト7位で入団。 ・2013年 二軍で20試合43回に登板。 成績は3勝2敗防御率3. 一軍への昇格はなし。 ・2014年 念願の一軍への昇格を果たします。 プロ初登板は、4月3日の阪神タイガース戦。 1回を無失点と結果を残します。 そしてついにプロ初先発を迎えます。 4月10日の東京ヤクルトスワローズ戦。 結果は4回3失点。 まぁまぁなんじゃないのと思いましたが、なんと翌日に二軍へ降格を言い渡されます。 相当悔しかったんだと思いますが、2軍では結果を出します。 リーグ戦通算5試合25回を投げて自責点0、防御率0. 自責点0!!1点も取られてないんですよ。 ・2015年 ついに若松駿太さんが開花する時が来ます。 140km後半の直球とチェンジアップを武器に、通算成績10勝4敗。 プロ初勝利は6月2日の西武ライオンズ戦でした。 試合終了後のヒーローインタビューでは、担当スカウトだった渡辺麿史さんへの感謝の気持ちを涙ながらに語っています。 甲子園で活躍したわけでもない、無名の高校生を12球団で唯一指名した中日ドラゴンズのスカウト渡辺麿史さん。 この方にスカウトされなければ若松駿太さんはプロ野球選手にはなれなかったわけです。 そのスカウトであった渡辺麿史さんは実は2014年の2月に急性白血病でこの世を去っていました。 恩人である渡辺麿史さんにプロ初勝利を届けることができなかった若松駿太さん。 初勝利の喜びと悔しさがあったのではないでしょうか。 その悔しさをバネに2015年は躍動した年だったようです。 この年の8月には4勝あげて月間MVPにも選ばれています。 そして年俸もすごいことになってます。 やっぱりプロ野球は実力の世界。 実力をつけて活躍した選手にはそれなりの報酬が待っているわけですね。 夢があります! ・2016年 大活躍した2015年の翌年、開幕から先発ローテーションの一角を担います。 ですが、怪我などから2軍落ちも経験するなど苦労をした1年となりました。 戦績は18試合に先発登板し、7勝8敗。 勝数が2桁に届きませんでしたが、それでもチームトップの勝数でした。 ・2017年 7試合の登板で1勝4敗。 登板数も少ないですが、どういう年だったのでしょうか? 調べてみると、どうも監督やコーチとうまくコミュニケーションがとれていないのじゃないかと思えるような感じでした。 試合でコーチの直球で押していけという指示を聞かずに、変化球を多く投げて打たれて自滅するような試合があり、言うことをきかないからという理由で二軍に落とされたりしたそうです。 ただそれまでバンバン空振りをとれていた得意のチェンジアップがポカポカ打たれているんですよね。 ・2018年 一軍での登板はなし。 そして10月1日に球団から来季の契約を結ばない旨を通告されることになります。 どうも怪我をしてから、直球のスピードが遅くなってしまったようです。 それが結果としてチェンジアップとの緩急がうまくいかなくなり、プロの打者には通用しなくなってしまったと。 そして戦力外となってしまいます。 トライアウト ですが、若松駿太さんは野球を続けたいという思いが強く、トライアウトに望みます。 「入団してから、1度もAクラスになれなかった。 チームに貢献できず、悔しいが、これが終わりじゃない。 何らかの形で野球は続けていく」 まだ自分はできる、通用するんだというアピールをすることで他の球団への入団にチャレンジしたのです。 トライアウトは2018年11月13日に行われました。 トライアウトは野手と投手が自分のアピールをおこないます。 投手は3人の打者を相手にします。 野手は3回の打席に立つことができます。 若松駿太さんはこのトライアウトで結果を出します。 打者3人をわずか7球で打ち取ったのです。 得意のチェンジアップで空振りも奪いました。 見事な結果と言えると思います。 トライアウトの結果 トライアウトが終わると、あとは各球団からの連絡を待つことになります。 バース・デイの番組でも過去にその電話を待ち続ける選手たちの姿が放送されていましたが、若松駿太さんはどんな気持ちでその電話を待ち続けたのでしょうね。 結果はどの球団からも声がかからず、現在は独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスで野球を続けています。 最後に 今回、バース・デイに登場する若松駿太さんについて調べてみました。 2015年に10勝を上げる活躍をした大谷世代の若松駿太さん。 大谷翔平は海を渡り、メジャーリーグでも二刀流で人気者になり、新人王もとるなど大活躍ですが、若松駿太さんは怪我の影響からか成績は徐々に悪くなり、戦力外から現在は独立リーグ。 まだ23歳の夢も希望もある年齢にもかかわらず、大きな挫折を味わっている若松駿太さん、ちょっと可愛そうだなと思ったのですが、ネットで調べると結構素行が良くないというようなコメントが多いんです。 なんでと思ったのですが、自身のインスタグラムに友達と飲み会したり食事したり、遊びにいったりという写真をたくさんアップしているんですね。 野球より食事の写真のほうが多いじゃんともツッコミを受けています。 うーん、野球の実力の問題以上に素行の問題があってトライアウトの結果は良かったのに声がかからなかったんじゃないかとちょっと思ってしまいました。。。 ちなみにまだ結婚はされていないようです。 最後までご覧いただき本当にありがとうございました。 その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね! スポンサードリンク.

次の

若松駿太の現在2019|中日戦力外の理由と成績や年俸推移は?

若松駿太

若松駿太の嫁 沙苗さんのプロフィール チアドラゴンズとは、1997年に結成された中日ドラゴンズのオフィシャル・チアリーディングチームです。 主な活動はナゴヤドームでの主催試合でのチアリーディング、試合開始前などに行われるダンスパフォーマンスです。 球場以外では東海地方のイベントに出演してチアリーディングをすることもあります。 チアドラゴンズ時代のプロフィールは以下の通りです。 向井 沙苗(むかい さなえ) 誕生日 1月9日 出身地 岐阜県中津川市 ニックネーム むーちゃん、さなち 血液型 0型 身長 157cm 趣味 入浴剤をあつめること 若松選手より1歳年下とのことですから現在23歳ということになります。 2014年から4年間チアドラゴンズで活躍しまし2017年いっぱいで卒業しました。 小柄で色白ぽっちゃりがチャームポイントでした。 チアリーダー時代の特技はなんと 高さ180cmまで足が届く開脚ジャンプ!とのことです。 また、 筋肉にも自信がありイベントで腕立てふせや腕相撲も披露しています。 かなり腕力には自信があるみたいですね。 筋トレや腕立て伏せもよくやるそう、上腕二頭筋がすごいそうです。 小柄な割に体力があるなんて、そのギャップが好きだったファンの方も多かったかもしれません。 若松駿太選手との出会い 戦力外通告後に入籍 若松選手が中日ドラゴンズで活躍していたのは2013年〜2018年ですから球場や球団関係のイベントの中に出会ったと見ていいでしょう。 若松選手は 戦力外通告されたのは2018年10月1日です。 その時若松選手と沙苗さんはすでに交際中でした。 ヤケになり飲んだくれていた若松選手に沙苗さんに 「体が元気なうちに野球を諦めるのは違うんじゃないかな」 と言葉を掛けます。 背中を押され2018年12球団合同トライアウトに参加します。 NPBから声は掛かりませんでしたが、地方リーグの 栃木ゴールデンブレーブスから声がかかり入団。 若松選手は縁もゆかりもない栃木の地へ移りました。 19年初頭、若松選手は沙苗さんに婚姻届を入れた封筒を手渡し「結婚してほしい」とプロポーズしたそうです。 沙苗さんは冷静に1か月考えた末「苦労するかもしれないけど、そばで支えたいなって」との結論に至り、仕事を辞めて栃木に赴き二人で慎ましい生活を始めたそうです。 二人は2019年6月16日入籍しました。

次の