じゃがいも カロリー。 じゃがいものカロリーと糖質をグラフで比較|良好倶楽部

じゃがいものカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

じゃがいも カロリー

じゃがいもはでんぷん質を多く含む野菜であり、フライドポテトなどのイメージも強く、高カロリーであると思っている方も多いのでは。 ご飯は100gで【168kcal】。 それに対して、同じ分量のじゃがいも 蒸し は【84kcal】と約半分なんです。 ちなみに、さつまいも 蒸し)は、【134kcal】です。 じゃがいもはお腹が満たされるのに、カロリーは比較的低めなんですね。 糖質を脂肪に変えて体に蓄積されるのを防ぐには、ビタミンB群が必要です。 じゃがいもには代謝を助けるビタミンB1、B2も含まれているので、効率よくエネルギーになれば、脂肪の蓄積を抑えることが期待できます。 ただし、じゃがいもは油やバターとの相性がよく美味しいので、カロリーなどを気にしている場合は調理方法には注意が必要ですね。 「新じゃが」は春先から初夏までによく出回りますが、品種名ではありません。 通常じゃがいもは収穫されてから大部分が貯蔵されますが、貯蔵されないですぐに出荷されるじゃがいもが品種を問わず「新じゃが」です。 春には九州産のものが多く出回ります。 小ぶりで皮が薄く水分量が多くみずみずしいのが特徴です。 そのため加熱するとねっとりとした食感になります。 皮が薄くやわらかいので、皮ごとフライにしたり、煮物にするのに向いています。 新じゃがはビタミンCが豊富なので、皮ごとぜひいただきましょう。 貯蔵されたじゃがいもは、貯蔵されている間に、皮が厚くなり、でんぷんが増えることで、調理した際にホクホクとした食感になります。

次の

実は糖質が少ない!?じゃがいもはダイエットに嬉しい食品なのかも

じゃがいも カロリー

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

実はダイエット向き?じゃがいものカロリーや栄養素をご紹介!

じゃがいも カロリー

じゃがいものカロリーについて まず、じゃがいもカロリーについて、 生の場合とゆでた場合を比較してみましょう。 生じゃがいも ゆでじゃがいも 1個(中サイズ) 103kcal 100kcal 100g 76kcal 73kcal こうしてみてみると・・・・ そんなに変化はないですね。 ゆでたじゃがいもは、1個食べると けっこうお腹がいっぱいになります。 なので、てっきりゆでたじゃがいもの方が カロリーが高いと思っていました。 しかし実際には、生のじゃがいもの方が わずかにカロリーが高いようです。 水煮調理をした場合は、生のじゃがいもの 0. 98倍の重量になるようです。 ただ、 生でもゆでても、それほどカロリーに 大きな違いは見うけられません。 なので好きな調理方法で食べて問題なさそうです。 じゃがいもの調理方法で一番カロリーが高いのは、 やはり 揚げた場合です。 フライドポテトにした場合、 100gあたり 237. 1kcalにもなってしまいます。 生や茹でた場合と比べて、 実に 2倍以上のカロリー量ですね。 Sponsored Link カロリーは高い?それとも低い? とはいえ、100gあたり約70kcalという数値が 高いのか、それとも低いのか。 いまいちピンときませんよね。 そこで次に、100gあたりのカロリーを 他の食品と比べてみましょう。 食品 kcal じゃがいも(生) 76kcal さつまいも 132kcal さといも 58kcal ながいも 65kcal ツナ缶 水煮 71kcal たら 65kcal 木綿豆腐 72kcal たこ 76kcal 鶏ささみ 105kcal のりのつくだ煮 77kcal おいも系を中心に、 他の食材も参考にもってきました。 同じ芋類の さつまいもは、じゃがいもに比べて かなりカロリーが高いのがわかります。 ただ、じゃがいもも、さといもやながいもなどの 他の芋類よりも カロリーは高め。 なので、低カロリーとは言えないですね。 じゃがいもは、たこや木綿豆腐と同じくらいのカロリー。 ですが、揚げ物や炒め物など 油と一緒に調理されることが多いため、 どうしても高カロリーになりやすいのが特徴です。 生じゃがいものシャキシャキとした食感は、 嫌いな人も少なくないです。 ですので、じゃがいもをできるだけさっぱり食べたい場合は、 やはり 茹でて食べるのが一番おすすめです。 Sponsored Link 糖質は?ダイエットにはどうなの? じゃがいもは、お米と同じく炭水化物が多いので、 糖質制限をしている場合には警戒される食品です。 しかし、 100gあたり168kcalのご飯よりも、 100g76 kcalのじゃがいもの方が実は低カロリーです。 そのため、糖質制限で炭水化物を抜いている場合、 ご飯の代わりに、少量のじゃがいもを食べる。 なんて方法を推奨している栄養管理士さんもいるようです。 完全に炭水化物を抜いてしまうと、ガス欠状態になってしまい、 体調を崩す可能性があります。 ですので、じゃがいものような良質な糖質を 少量だけ摂取するのが望ましいようです。 ただし、 じゃがいもは、ポテトチップスやフライドポテトのように 揚げてしまうと高カロリーになってしまいます。 そのため、ダイエット中の場合は 「 調理方法」には気を付けないといけません。 少しでも低カロリーに拘るのであれば、 生や ゆでがおすすめです。 また、ダイエット中は、食べる「量」だけではなく、 「食べる時間」にも気を付けないといけません。 じゃがいもを食べるのであれば、 朝食や 昼食がおすすめです。 日中は動きが活発なので、少し食べ過ぎてしまっても、 動いている間にエネルギーとして消化できてしまいます。 一方、 就寝前にじゃがいもを大量に食べてしまうと、 カロリー消費できず 太りやすくなってしまうので注意が必要です。 就寝の3時間くらい前には、食事を終えておくようにしましょう。 また、フライドポテトなどをお酒のアテに好む人は、 中年以降は高カロリーなおつまみで太りやすくなります。 健康のためにもさっぱりしたおつまみを選ぶようにしましょう。

次の