ビジネスジャーナル 沖田。 他人の金で】沖田臥竜part.11【親孝行やでな

捏造だけじゃない、ビジネスジャーナルの闇(木曽崇)

ビジネスジャーナル 沖田

ハナレグミの新曲「賑やかな日々」が、今秋全国公開予定の「おらおらでひとりいぐも」の主題歌に決定しています。 〈芥川賞〉&〈文藝賞〉をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラーを沖田修一監督が映画化した「おらおらでひとりいぐも」。 世代を超えて熱烈なファンを持ち、長きにわたって第一線で活躍する田中が、古代生物に夢中な主人公・桃子さんを魅力的に演じます。 メガフォンをとるのは『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』『滝を見にいく』『モヒカン故郷に帰る』『モリのいる場所』などを手掛け、数々の国内外の映画賞を受賞し、ユーモア溢れる演出で沢山の愛おしいおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんを描いてきた沖田修一監督。 東出昌大、濱田 岳、青木崇高、宮藤官九郎ら豪華俳優陣も集結し、エネルギッシュな桃子さんの日常を彩ります。 主題歌「賑やかな日々」は、原作に惹かれ脚本執筆に至った渾身の本作で、沖田監督が初めて作詞にも挑戦。 主人公、桃子さんの日常を監督作同様の優しい筆致で描いています。 作曲・編曲は、LITTLE CREATURESとしても活動し、UAや高橋幸宏、菊地成孔など多くのミュージシャンから支持され、今年2月に行われたハナレグミのワンマン・ライヴ〈THE MOMENT〉にも参加した鈴木正人。 鈴木は主題歌だけでなく、本作の劇伴も担当し、ユーモア溢れる人間賛歌を盛り上げます。 [コメント] この時期何もできず 部屋に引きこもっていたところに一筋の光明! にこやかな歌詞と美しいメロディーが届き、そしてその一曲を最高のミュージシャンと奏でられたことがとても幸せでした。 我が家の母の謎な腰振りダンスは言葉以上の「だいじょぶだ」を僕に与えてくれます。 その背中にカーディガンを掛ける気持ちで歌いました。 短い言葉の中に、映画への思いを詰めなくてはいけなかったので、難しかったです。 以前から好きだった鈴木さんや、ハナレグミさんと一緒に、この映画の主題歌を作れることは、なんて贅沢なことなんだろうと思います。 ずっと聞いていたいような、軽やかで、品があって、まるで桃子さんの日常みたいで、とても気にいっています。

次の

福島県・栃木県を根城の半グレ集団とは?ヤクザ組長宅強盗の犯人は?

ビジネスジャーナル 沖田

お詫びと訂正 当サイトに掲載した8月25日付記事『NHK特集、「貧困の子」がネット上に高額購入品&札束の写真をアップ』における以下記述について、事実誤認であることが発覚しましたので、次のとおり訂正してお詫びします。 […] 当該記事では、「今回の疑惑に対しNHKに問い合わせのメールをしてみたところ、「NHKとしては、厳正な取材をして、家計が苦しく生活が厳しいという現状であることは間違いないと、担当者から報告を受けています。 ですので、ネット等に関しましては、取材の範囲ではありません。 但しご意見は担当者に伝えます」との回答を得た」と報じましたが、実際には、弊社はNHKに取材しておらず、回答は架空のものでした。 上記お詫び文を読んでみると「取材が十分ではありませんでした。 NHKに対し、深くおわびいたします」ととおり一辺倒の謝罪はしているのですが、実際は取材をしていないNHKに対して「問い合わせのメールをしてみた」とし、そのコメントを創作するというのは「取材が不十分」どころの話ではなく、「悪質な捏造」なのではないでしょうかね? 現在炎上騒動を起こしているビジネスジャーナルというのは、月刊誌「サイゾー」を核として日刊サイゾー、リテラ、ビジネスジャーナルなどを含む様々なオンラインメディアを展開している株式会社サイゾーが運営するメディアの一つ。 私の専門に係るところではビジネスジャーナルの姉妹メディアとして「ギャンブルジャーナル」というギャンブル専門メディアも展開しており、私自身も目にする事が多いメディアグループの一端であります。 一方、このサイゾーグループの悪質性というのは今回の捏造騒動に留まりませんで、実は私自身がずっとその危険性の啓蒙を続けてきた「違法なネット賭博の利用」を、一方で推奨してきた代表的なオンラインメディアとしても知られています。 例えば、2015年9月のサイゾーにおいては、以下のような連載が始まっておりました。 当連載のナビゲーターを務めさせていただく横山美雪と申します。 もちろん、換金も可能ですよ 本記事はweb版のみならず、書籍版の月刊サイゾーにおいても掲載された連載記事でありますが、AV女優をナビゲーターとして立てながら、オンラインカジノの遊び方を指南する内容であり、記事中では「ネッテラーなどを利用すれば換金可能」と明記をしております。 ところが、当ブログでもこれまで散々扱ってきた通り日本から海外の賭博サイトにアクセスを行いギャンブルする行為は刑法の禁ずる違法行為であり、既に国内では一般利用者の中で逮捕者も出ている状況です。 【参考】美女と遊べるオンラインカジノ「36BOL」を知ってる?初心者でも手軽に稼ぐチャンス!? 実はこのようなサイゾーグループにおける違法なオンラインカジノのPR記事に関して、たまたま機会が有ったので以前、サイゾーグループのオーナーである苫米地英人氏に直接、問題を指摘したこともあるのですが、苫米地氏は「編集権には介入しないのだ」といった理屈で、当時の私の指摘をかわしております。 「編集権の不介入」というのはメディア企業の株主としては殊勝な心がけではあるとは思うのですが、「違法行為の推奨で利益を得ている」というのは編集権以前のコンプライアンス上の問題だと思うのですがね。 当然、そこから配当を得る立場のオーナーとして、自社の行っている問題のある営業行為を放置する立場というのは如何なものかと思うワケですが、同時に実は苫米地英人氏は「カジノは日本を救うのか? 」というタイトルで書籍を出しており、自身の著書の中で「カジノは不正の温床だ」という論を大々的に展開し日本のカジノ合法化反対を表明して居たりもしています。 しかも、出版社は当のサイゾーで。 私としては「オマエ等、どの口でカジノ合法化の反対するんだ?」としか申し上げ様が御座いません。

次の

捏造だけじゃない、ビジネスジャーナルの闇(木曽崇)

ビジネスジャーナル 沖田

沖田臥竜の本名は崎田俊昭? 沖田臥竜氏は1976年2月生まれで、兵庫県の尼崎の出身です。 しかし生まれについては伊丹市だといいます(『尼崎の一番星たち』「終わりに」の記述)。 名前は「おきた・がりょう」と読み、「臥竜」は「が り ゅう」ではなく「が り ょう」と読むそうです。 また沖田氏の本名については「崎田俊昭」(さきた・としあき)だと言われています。 実際にその名前で沖田氏はフェイスブックをしているようです。 騙りである可能性もわずかにあるものの、挙げられている写真の中には本人でなければ挙げられそうもないようなもの(子供と映る写真など)もあることから、やはり「沖田臥竜=崎田俊昭」と考えて間違いないのではないでしょうか。 この上田会は、山口組が五代目から六代目に移行するのにともなって、(二つ上の)上部組織の松野組組長が除籍されたことから、大半の組員が二代目大平組へ移籍したそうです。 そして沖田氏は2度目の懲役の間に、二代目大平組傘下の上田会の若頭になったとされます。 沖田臥竜が所属した二次団体は二代目大平組 そこから2011年9月頃に二代目大平組の直参に昇格(上田会から上部組織の大平組に移籍)、 二代目大平組「組長付き」という役職に起用されました。 沖田氏は「元山口組二次団体の最高幹部」という肩書を持っていますが、まず「山口組の二次団体」というのは、この「二代目大平組」を指しているようです。 そこから役職が二代目大平組「 若頭補佐」を経て「 若頭代行」になります。 沖田氏はこの時に「最高幹部」としての役割を果たします。 「若頭代行」は「若頭」よりも下の地位のため「最高幹部」ではないように思えますが、沖田氏が「最高幹部」を経験したというのは、2013年9月に二代目大平組の中村天地朗組長と若頭が逮捕され、大平組内で上の地位の人が誰もいなくなったために、 組長に代わって六代目山口組本家の定例会に出席するなど したことを指しているようです。 この本家での定例会出席は『尼崎の一番星たち』でも取り上げられており、その際、中村組長の奥さん(姐さん)からは「定例会にはヒゲを剃って行きなさい」とアドバイスを受け、怪訝に思いつつもそれに従ったそうです。 結果的には当日、周りの代理出席者でヒゲを生やしている者など誰一人おらず、沖田氏は姐さんの助言に感謝することになったとか。 この本家の定例会で、沖田氏の役割は呼ばれた時に「代理です!」と一言答えるだけだったそうですが、定例会の異常な緊張感から「寿命が3年は縮まる」ほどだったといいます。 沖田臥竜の嫁は? 沖田さんの奥さんは「ひか」というあだ名で呼ばれているみたいです。 「ひかる」という名前を縮めて「ひか」と呼んでいるようです。 下がその奥さんと思しき画像です。 やっぱりちょっと若いでな。 ちなみに奥さんが抱っこしてるのがお子さんで、女の子みたいです。 娘はキューレンジャーになりたいらしい。 本当にそうなられると父としては、少々困惑するのだが、、、。 そこでミステリーやハードボイルドなどを中心として何百冊もの本を読んで、自分も創作したいと思ったことが後に作家になることに繋がったといいます。 沖田さんは2014年に、自分の親分だった二代目大平組、中村天地朗組長が引退したタイミングで一緒に引退しました。 そして引退から1年ほど経った2015年6月頃から、ニュースサイト『R-ZONE』にて記事を執筆し始めて作家として活動を開始します。 書籍では2016年10月に発売の、自分の兄弟分である「文政(ぶんまさ)」について描いた『生野が生んだスーパースター 文政』でデビューしました。 この記事は以上になります。

次の