カボチャ の 煮付け。 カボチャ

野菜の面取り・カボチャの下ごしらえ

カボチャ の 煮付け

かぼちゃには大きく分けて、日本かぼちゃ(東洋種)、西洋かぼちゃ(西洋種)、ペポかぼちゃの3つの品種があります。 ・日本かぼちゃ(東洋種) 日本かぼちゃは、メキシコ及び中央アメリカ北西部付近が原産の品種です。 関東では唐茄子 とうなす とも呼ばれています。 日本かぼちゃには、皮がごつごつと硬い「黒皮かぼちゃ」、福島・会津地方で改良された小型の「会津かぼちゃ」、煮崩れしにくく、煮物や蒸し物など日本料理に向く「菊座かぼちゃ」、京都の農家が伝統野菜として保存に努めている日本古来のかぼちゃで、ひょうたんのような形をした「鹿ケ谷かぼちゃ」などがあります。 ・西洋かぼちゃ(西洋種) 西洋かぼちゃは、アンデス山脈の冷涼な土地が原産の品種です。 西洋かぼちゃは、一般的に「栗かぼちゃ」という品種が親しまれています。 「栗かぼちゃ」は、が多くて甘みが強く、果肉がホクホクとしているのが特徴的です。 果皮色は、黒皮系、青皮系、赤皮系、白皮系と様々です。 ・ペポかぼちゃ ペポかぼちゃは、北米南部の乾燥地帯で栽培されている品種です。 果皮色は、黄色やオレンジ色、緑色など様々で、形は細長いものや手の平サイズのものが多くあります。 観賞用としても人気が高く、ハロウィンで使用されるオレンジ色のかぼちゃはペポかぼちゃです。 「金糸瓜」や「テーブルクイーン」などがあり、「ズッキーニ」もこの仲間に入ります。 ・東洋種と西洋種の種間雑種 種間雑種には、「鉄かぶと」があります。 現在では、自家菜園用がほとんどを占めています。 かぼちゃの英名は、pumpkin(パンプキン)であると一般的に知られていますが、実際に北米では、果皮がオレンジ色の種類のみがpumpkinであり、その他のかぼちゃ類は全てsquash(スクウォッシュ)と総称されています。 したがって、北米で日本のかぼちゃはkabocha squash(かぼちゃ・スクウォッシュ)などと呼ばれています。 当時の人々に「カンボジア産の野菜」と伝えられ、それが転じて「かぼちゃ」になったといわれています。 日本の気候に適していた日本かぼちゃは、急速に日本各地に広がりました。 一方、西洋かぼちゃは19世紀頃日本に渡来しました。 アメリカから伝えられ、北海道を中心に分布しました。 日本に伝わった時代が日本かぼちゃより遅かったにもかかわらず、今では日本かぼちゃよりも、西洋かぼちゃの方が流通しています。 これは、食生活の洋風化や嗜好の変化によるものです。 今では西洋かぼちゃが市場の9割を占めています。 その中でも、最も一般的なかぼちゃは「栗かぼちゃ」です。 日本では、主に北海道で多く生産されています。 かぼちゃの旬は、国産のかぼちゃであれば5~9月、輸入のかぼちゃであれば1~5月です。 ヘタを見るときには、ヘタ自体がよく乾燥しており、ヘタの周りがややへこんでいるものが完熟している証です。 皮は硬く、ずっしりと重いものが良品です。 また、西洋かぼちゃであれば、皮の緑色が濃いものが良いとされています。 果肉は厚く、黄色が濃いものがが多く含まれていることを表しています。 また果肉についている種は厚みがあり、ふっくらしているものが良いとされています。 皮は硬いですが、長く煮ることでやわらかくなり食べることができます。 かぼちゃを煮物にする場合は、ホクホク感を大切にするために煮すぎないようにすることがポイントです。 また、ところどころ皮をむき、面取りをすることで味が染み込みやすく、煮崩れしにくくなります。 日本かぼちゃは繊維が多く、粘り気が強いため、型崩れしにくいという特徴を持ちます。 そのため天ぷらや、味噌汁の具、煮物に適しています。 西洋かぼちゃはホクホクとした粉質のため、お菓子やポタージュに適しています。 よく育ったかぼちゃは、厚く硬い外側の外皮で覆われているおかげで、夏に採れたものを冬まで保存しておいてもビタミン類は失われません。 切ったかぼちゃを保存する場合は、種とわたを取り除き、ラップを密着させて包み冷蔵庫の野菜室で保存します。 硬くて包丁が入りにくいかぼちゃは、種を取り、ラップで包んで電子レンジで加熱するとやわらかくなって包丁が入りやすくなります。 数日以内に食べきれないときは、加熱してつぶしてから冷凍する方法もとられています。 また、かぼちゃは野菜の中でも比較的多くのビタミンEを含みます。 成人でかぼちゃを200g程度食べれば、1日に必要なビタミンEを摂れるほどです。 とは、油と一緒に摂取すると体内での吸収率が高まるという性質を持っているため、油を使用して調理することで、効率的に栄養が摂取できます。 西洋かぼちゃと日本かぼちゃを比較すると、栄養的には西洋かぼちゃの方が優れています。 かぼちゃ100gで、1日に必要なビタミンC、ビタミンEの約半分の量が摂れるといわれているほどです。 また、も豊富で、カリウム、、、、を多く含みます。 かぼちゃの種子には、必須脂肪酸のリノール酸のほか、骨の発育を助けるマンガン、味覚を正常に保つ亜鉛なども含まれ、血中値の上昇を抑制する効果を持つほか、高血圧の予防、更年期症状の緩和にも役立ちます。 また、漢方ではかぼちゃの種子を「南瓜仁(なんかにん)」といい、低血圧の改善などに用いられています。 <豆知識>かぼちゃの食べ頃 かぼちゃは、でんぷんを糖に変えるを含んでおり、貯蔵することによって徐々に甘みが増します。 そのため、かぼちゃは収穫直後よりも収穫後約1ヵ月で甘みがピークとなり食べ頃を迎えます。 また、低温でゆっくりと加熱することでも甘みが増す野菜です。 日本では昔から「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれており、現在でも冬至にかぼちゃを食べる風習が残っています。 この風習は、かぼちゃの甘みが出るには時間がかかり、晩秋以降が食べ頃になることに起因しています。 また、年末まで日持ちする数少ない野菜であることも理由のひとつといわれています。 かぼちゃの効果 かぼちゃには、様々な栄養素がバランスよく含まれており、以下のような健康に対する働きが期待できます。 皮膚や粘膜は、ウイルスから体を守ってくれる大切な役割を果たしています。 また、かぼちゃにはビタミンCも豊富に含まれています。 免疫力が高まることで、風邪を引きにくく、回復力の高い丈夫な体をつくることができます。 便秘とは、便の水分が減り、硬くなることで、なかなか排泄ができない状態をいいます。 鉄の補給源としてかぼちゃを摂ることで、貧血の予防にも役立ちます。 かぼちゃに含まれているが、体のすみずみの血管にまで血液が流れるように赤血球を変形させたり、血管を広げる役割を果たすことで、血行の改善が期待されます。 したがって、ビタミンEの含有量が野菜の中でもトップクラスであるかぼちゃには、冷え性や肩こりを効果的に軽減させる作用があると考えられています。 どちらのビタミンも、体内の細胞の酸化を防いでくれる大切な栄養素です。 ビタミンCは「美容のビタミン」と呼ばれ、生成に不可欠な栄養素です。 コラーゲンは、細胞の結合を強くすることで、皮膚などを丈夫にして肌のハリを保ちます。 さらに、シミの元であるメラニン色素の生成を防ぐ働きがあるため、美肌効果が期待できます。 老化や病気の原因となる過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぐ働きをしています。 体内に侵入したウイルスや細菌などの異物を排除する役割があります。 紫外線やストレスなどにより体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 ] かぼちゃの研究情報 【1】かぼちゃに含まれる有効成分リグナン成分ジハイドロコニフィルアルコールは脂肪細胞に働きかけ、肝臓での脂肪合成と脂肪蓄積を抑制する働きを持つため、かぼちゃが抗肥満作用を持つと考えられています。 【2】かぼちゃ種子油は一酸化窒素合成系にはたらきかけることで、高血圧予防作用を有します。 【3】閉経後女性を対象に、かぼちゃ種子抽出物を摂取させたところ、閉経による血圧上昇と善玉(HDL)コレステロールの低下が抑制されたほか、ほてりや頭痛、関節の痛みといった更年期症状も緩和されたことから、かぼちゃ種子が更年期障害予防効果を持つことが示唆されました。 参考文献 ・荻野善元 野菜まるごと大図鑑 主婦の友社 ・八巻孝夫 食の医学館 小学館 ・高橋秀雄 あたらしい栄養学 高橋書店•

次の

野菜の面取り・カボチャの下ごしらえ

カボチャ の 煮付け

かぼちゃの煮付けを作りすぎてしまったことはございませんでしょうか? 1つ丸ごと買う人は今ではあまりいないかと思いますが、4分の1では少ないかと思って半分のものを買ってきて煮てみると今度は意外と多いなんて経験をした人も多いのではないかと思います。 ではそんな作りすぎたかぼちゃの煮付けはどれほど日持ちするのかをご存知でしょうか? かぼちゃ自体が常温でも1ヶ月以上長持ちするため、かぼちゃの煮付けだって冷蔵庫や冷凍庫でなら保存期間も長いだろうと思う人もいるようですが、そんなことはなく、保存方法を工夫しても「基本的に」かぼちゃの煮付けは実はあまり日持ちしません。 でも連日かぼちゃの煮付けを食べたい人はそんなに多くはないでしょうから、やはり何とか保存期間を伸ばしたいと思う人は多いでしょう。 そこで今回はかぼちゃの煮付けの保存方法や保存期間について色々とご紹介させていただいた 『かぼちゃの煮付けの日持ちは冷蔵庫で何日?長持ち保存方法と保存期間!』と言う記事を書かせていただきました。 折角作ったかぼちゃの煮付けを少しでも美味しく保存しておきたい方は是非御覧ください。 Topics• かぼちゃの煮付けの保存期間の目安 まずはかぼちゃの煮付けの大体の保存期間の目安をご紹介させていただきます。 常温ではまず1日持たない• 冷蔵庫で最大で4日• 冷凍庫で2週間 ちなみに生のかぼちゃがどれほど持つのかと言いますと以下の通り。 常温でまるごとのままなら1~2ヶ月• 冷蔵庫でもまるごとなら大体1~2ヶ月• 冷凍ならまるごとでなくとも大体1~2ヶ月 御覧のようにかぼちゃは煮付けにしてしまうとかぼちゃ自体を保存するのに比べて圧倒的に保存期間が短くなります。 これは単純に切ってしまうと内部の水分や栄養価が高いため、それが大量に流れ出てしまいかぼちゃが長持ちしなくなるからと言うのもありますが、それだけではなく火を通すことによりそれを加速させてしまい、カビが生えやすくなったり、腐りやすくなるからなのです。 その為最低でもかぼちゃは常温保存しないようにした方が良いです。 生のかぼちゃの長持ち保存方法と保存期間や、かぼちゃの悪くなってしまう理由や変化のより詳細な記事に関しては、次の記事をご覧ください。 どうしても常温保存せざるを得ない場合は以下の保存期間が大体の限界ですのでそれ以内には食べきることをオススメします。 より具体的には6月~9月で大体平均湿度が75%~79%程度、冬の乾燥していると感じる時で30%~40%と言われています。 なのでやはり特に危険なのは夏場梅雨時なのですが、実質的に春先から夏から秋にかけてぐらいまでの時期でも結構危なく、 冬場以外は本当にすぐかぼちゃの煮付けはダメになると思ってください。 では次はタイトルにもありますように、冷蔵庫でかぼちゃの煮付けを保存するとどれほど日持ちするのかをご紹介します。 かぼちゃの煮付けは冷蔵庫ではどれほど長持ちするのか? 上記でもご紹介したようにかぼちゃの煮付けの保存方法で大事なことは温度と湿度ですから、その両方がかぼちゃの煮付けにとって最適な状態に出来る 冷蔵庫でならある程度長持ちさせることが出来ます。 長持ちさせるためのポイントは以下の通り。 しっかりと冷ましてから保存すること• できるだけ密閉して保存すること• 定期的に火を通しなおすこと 具体的にどうすればいいのかといいますと、一番簡単な冷蔵庫での保存方法はかぼちゃの煮付けを入れた器にしっかりラップをして冷蔵庫に入れ、2日に一度ぐらい温め直すだけ。 それだけでも 大体2・3日は日持ちします。 少々面倒ですが、一番長持ちする方法は以下の通り。 完成した後、食べる分だけ器に取り出す• 保存する分を鍋のまま水が入らないように水につけて粗熱をとる• 冷ませたらジップロックに入れてできるだけ空気を抜く• 冷蔵庫で保存し、2日に1度は少し食べるつもりでも全部温めなおす この場合ですと4日は大体食べられますし、5日目でもまだ食べられる状態であることも出てきます。 しかし流石に1週間は持ちませんので、それ以上長持ちさせたいのでしたら冷凍するしかありません。 【スポンサーリンク】 かぼちゃの煮付けを冷凍庫で保存することは出来るのか? かぼちゃの煮付けは一応冷凍庫で保存することも出来ます。 しかしデメリットがないわけではなく、 かぼちゃの種類しだいで解凍した時に水分が出すぎてぐちゃぐちゃになったり、反対にぼそぼそになったりと正反対の方向性で食感が変わり、どの種類でも味がかなり落ちることが多いです。 またこの食感がどっちの方向性に変わるかは、煮方にも冷凍の仕方にも、あるいは解凍の仕方にも影響を受けますからどうなるか読めない所もあります。 そうした食感の変化や味の劣化を少しでも抑えるための冷凍の仕方としては、以下の方法がおすすめです。 完成した後、出来るだけ早く粗熱を取る• 可能な限り水分をキッチンペーパーなどで取る• フリーザーバックに入れキッチリと空気を抜き冷凍庫で保存 当然この場合、煮汁と一緒に保存することは出来ませんから、味が染みることもありませんし、解凍すれば味は落ち、食感が大体悪くなるために美味しくなることはまずありません。 解凍する時も出来れば前日から冷蔵庫に移して解凍した方が良いのですが、食感が落ちるのを覚悟であればレンジで加熱して食べることも出来ます。 逆に慣れてくれば自分のかぼちゃの煮付けは冷凍するとどうなるのかを考えて煮たり、敢えてレンジで加熱して食感を調整するなんてことも可能です。 冷凍したかぼちゃの煮付けを少しでも美味しく食べる方法 既にご紹介したようにかぼちゃの煮付けは一応冷凍庫で保存することも出来ますが、食感も味も冷凍すると落ちてしまいます。 しかし冷凍したかぼちゃの煮付けを別の料理にアレンジしてしまうことで、そのままかぼちゃの煮付けを食べるよりかは美味しく食べることが出来ます。 一番おすすめなのは冷凍したかぼちゃの煮付けをマッシュしてしまう料理にアレンジすること。 かぼちゃのコロッケやポテトサラダのようなサラダが比較的有名ですが、裏ごししてスープにしてみたり、パンプキンパイやケーキ、プリンなんかにしてみても余程味の濃い煮付けにしていなければ意外と合います。 それ以外ですと「芋餅」のかぼちゃ版「かぼちゃ餅」にしてみるのと「かぼちゃ餡」にしてしまうと言うのがおすすめ。 そのまま食べようと思うと作りすぎて飽きている場合、ちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、 こうしてアレンジしてしまうことで「ちょっと食べてみようかな?」と言う気にさせてくれるのも、アレンジして使う所の長所です。 最後に万が一悪くなってきた時の見分け方をご紹介します。 どうなったら悪くなっているのか? 悪くなったことが分かるポイント• 粘り気がある• 表面がぬるっとする• 酸味のある臭いや味がする• カビが生えている.

次の

*簡単美味*かぼちゃの煮付け by マーサ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

カボチャ の 煮付け

ウリ類は、はじめに雄花が咲き始め、株が成熟してくると雌花が咲き始めます。 すでにやっていることとは思いますが、摘芯して子ヅルを2本のばします。 その子ヅルを摘芯し計4本の孫ヅルをのばします。 この孫ヅルに雌花が咲くまで水や、肥料の管理をしていきます。 このころになると株も成熟してきますので雌花がつくようになります。 おいしいかぼちゃを収穫しようと思えばこの孫ツルに1個ずつ実を付けさせることが普通です。 さて、肥料なしという意味がよくわかりませんが、孫ヅルが伸びる頃までは、窒素分が多い肥料を、花が咲き始めたら、リン酸・カリの成分が多い肥料をやる必要があります。 コンテナ栽培では、この時期水は夕方にしっかりやるようにします。 すでにやっていることかと思いますが確認の意味で書いてみました。 あとは株が成熟して雌花を付けるのを待ちますが、栽培を始めたのはいつでしょう。 若干雌花の付きが遅いようにも感じます。

次の