トモダチ ゲーム 最新 話。 ネタバレ『トモダチゲーム 59話 自分 売れよ』最新 あらすじ&感想 別冊少年マガジン 山口ミコト 佐藤友生

トモダチゲーム【第75話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

トモダチ ゲーム 最新 話

トモダチゲーム【第76話】のネタバレ またしても騙されるお人好しの四部。 駆けつけたのはまさかの、 沢良宜であった。 ゆとりの前に立つ沢良宜 ゆとりは沢良宜が自分のことをゆとりと言ってることに切れた。 俺は都合により1回開いてしまったから忘れているだろうが、ゆとりはゆとりと呼ばれることにコンプレックスを持っていたのだった。 お互いに言い争いする女と女! だが実はこれは沢良宜の時間稼ぎだった、撃たれた四部はすでに動けるようになっていた。 四部の手を引いて走る沢良宜。 ここは一旦全員で、協力して逃げ出すことに成功した。 二人きりになってしまったゆとりと須原さん。 ゆとりには友達ゲームを皆に誘い込んだ理由があるのだという。 ゆとりは沢良宜達が考える作戦を逆手に取る作戦を編み出すのだった。 沢良宜と四部は一息付いた 沢良宜は味方かと尋ねる。 沢良宜はそうだと言うと、安心して沢良宜にだきつくのであった。 当然突き飛ばす沢良宜。 それでいつもの俺の知ってる沢良宜だと安心するのであった。 沢良宜は今までのことを説明した、紫宮が行方不明になったので自分が代わりに参加しているのだと。 ゆういちの関係者にはもう一人裏切り者がいると伝えた。 しかし、ゆとりはゆういちと合流して、沢良宜が裏切り者だと吹き込んでいるのだった。 トモダチゲーム最新話を含め別冊少年マガジンをすぐに無料で読む 以上、トモダチゲーム【第76話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えば別冊少年マガジン2020年5月号 も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のトモダチゲームの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! トモダチゲーム【第76話】の感想と考察 ええっと二重人格じゃなくて ホントに裏切り者もう一人か。 いないか自分自身なフェイクかな? 次回のトモダチゲーム【第77話】掲載の別冊少年マガジンは2020年5月9日予定です! まとめ 以上、トモダチゲーム【第76話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【トモダチゲーム:71話】最新話のネタバレ|海童の想いを継ぐ友一|漫画サイコー!

トモダチ ゲーム 最新 話

Contents• 兄に俺のいる高校にこいと言われ、万里の通う高校に進学することに。 初心者なのにバスケ部に入り、バスケ部の先輩たちは、厳しい練習についていけるのか、と紫宮を脅すします。 数日後、やっぱり上級生たちに絡まれてしまいます。 馬鹿は痛い目を見なければわからないと拳に力を入れ準備すると鬼瓦先輩が助けに入ります。 紫宮を嫌って厳しくしていたのではなくて、初心者である紫宮が練習で潰されないかと心配していただけでした。 紫宮は、いつどういう流れで、魅嶋の人質・負けたのか、と問いかけると、ギャンブルで負けて人質になった事を言われます。 ゲーム内容は、『殴り合い(フィストファイト)ゲーム』と魅嶋は言います。 ルールは互いの足元に円を描き、その中にそれぞれ立つ。 そして交互に殴り合いその円から出たほうが負けというシンプル。 そのゲームに紫宮が負けたと言われます。 人質になってしまって、取り返すため、心木さんが身代わりになってくれたと言われます。 そんな馬鹿なゲームを受けるわけがないと紫宮。 自分の体を担保にするなんて正気じゃない。 殴り合うゲームなのに、なんで刺し傷があることで疑問を抱き、本当にゲームが行われていたのか疑い始めます。 疑われた魅嶋は何を証拠に?と言い、柴宮を刺した女の子はすでに売却済みのため証拠がないと言われてしまいます。 そして、柴宮が刺し傷の説明を求めると。 自作自演で刺し傷を作ったのでは?と言われてしまいます。 マナブに茶番を信じないよう柴宮が言いますが、目撃者の神代とチームメイトの心木の証言により、マナブに魅嶋が正しいと判断されます。 柴宮と魅嶋 魅嶋は殴り合いゲームをやろうと提案します。 提案に柴宮はまんまとのってしまいます。 嬉しそうに、ゲームの準備を始める魅嶋。 ルールは同じ。 魅嶋は柴宮が勝てば、ゆとりちゃんを返すと約束します。 柴宮は、自分が勝った場合は、全財産と食糧すべてをもらう事を宣言。 先攻魅嶋 魅嶋先攻でゲームが始まります。 強烈なパンチを柴宮の顔面にくらわすも柴宮はぎりぎりのところで踏ん張ります。 柴宮は顔を狙わなくてももう一つの弱点、股間を狙ってパンチを繰り出します。 狙ってくることを予想していた魅嶋は股間に鉄板を入れていて、柴宮は手を痛めてしまいます。 再び魅嶋の番になり、わざと円から出ない、倒れないような強さのパンチで殴ってきます。 魅嶋は相手の利き腕を奪い、一方的に殴れる状況を作って相手が負けない程度の攻撃をお気に入りの女に見せつけることが真の目的だという結論に至ります。 柴宮のどんでん返し 柴宮に殴り掛かった魅嶋の指が飛びます。 柴宮は殴った所にナイフを構えていたのです。 手の激痛にうろたえる柴宮。 柴宮はここまでの行動全てを読んでいてナイフを用意したのです。 魅嶋は激痛で頭の高さが下がってしまっています。 柴宮は、この瞬間をずっと待ってた、あんたの顔が殴りやすい高さに来るのを、といい思いっきり左パンチで殴りました。 倒れてしまったので、負けが確定します。 第3回戦まで・・・ 魅嶋は柴宮にクソガキが!と言って掴みかかります。 マナブは止めに入りますが、魅嶋は耳を傾けずに延長戦に入ることを柴宮に言います。 魅嶋は、柴宮が反論をしない(言えない)事を良い事に先攻で殴ろうとします。 救世主友一登場 間一髪のところで友一は魅嶋のパンチを防ぎます。 マジで遅いから友一先輩と柴宮はいいます。 遅くなってすまん、それとよく頑張ったと先輩は言ってくれます。 先輩に一度負けたことにより、一歩先を考える冷静さを先輩から学んだんだと。 負けたことがいつか大きな財産になると。 友一はとりあえず休めといって、寝かせてくれました。 友一がキメる 延長戦をやることを魅嶋に宣言した友一、魅嶋が拒否してもお構いなし。 この船に爆弾を仕掛けたと伝え指を1回鳴らすと、船は停電します。 何も見えなくなった魅嶋は、焦っています。 友一はナイフを魅嶋の首に当てて 「こんな状況じゃ、突然誰かが死んでも、誰が犯人か特定するお前が大好きな証拠は出てこないだろうなぁ」 「なんでもありなら、テメエに勝ち目はない。 雑魚が!」 といったところで終わりました。 友一は、このままだともっと最悪なことが起きる気がすると言い、一つの提案をします。 それは合意を書面化するということです。 ギャンブル及び その賭けの代償は勝負をする前に かならず互いの合意を書面化する• 合意書の内容を破った場合、罰金10億円が課される• 書面化しなかったギャンブルは無効• 仲間を使って無法をさせるのも罰金 このルールを徹底すれば、今回のような論争は起きないし、無益な血も流れない。 10億円は多額だが、ここまですれば誰も破らないだろうという見立てです。 友一からの提案に、海童や神代も合意します。 友一は神代に対して、ゆとりが世話になったと態とらしく礼を言い、今後彼女の手助けは自分が行うと添えた。 監視室で見ていた志法は、ゆとりをギャンブルに参加させないための行動だと気付きます。 このままの所持金を維持してゲーム終了を待つつもりなのだ、と志法が言うと、東條は「そうとは限らない」と言います。 現在の所持金 神代はまだ逆襲の機会があると包帯を手に巻いている魅嶋に告げます。 神代が差した電光掲示板には、下記の通り現在の所持金が表示されていた。 海童:2. 98億• 魅嶋:1. 98億• 神代:2. 39億• 友一:1. 3億 友一のチームから、謎の出費3千万円が出ていることに。 恐らく先程の停電や紫宮の看病などで海童の力を借りたのだろう、と神代は推測します。 出費の結果四部天智の代金を支払うと、乗船料が支払えなくなってしまう状況。 金が足りていないので、今後必ず勝負を仕掛けてくると神代は読んだのでした。 次の勝負は自分が行うと燃える魅嶋に対して、少し落ち着くように諌めます。 監視室の話題 再び監視室で、神代についての話題が上ります。 会に入ったものは身も心も、財産も全て神代に捧げているとのこと。 もし本当にゆとりが心酔しているとすれば、金も友達もあの男に捧げるだろうと東條は言う。 今まで友達としてゆとりを見てきた志法は、そこまで単純ではないという。 柴宮の容体 部屋に戻って着替えるゆとりは、紫宮の看病をしている友一に様子を聞きます。 しかし友一は反対に、ゆとりが魅嶋に捕らわれていた2日間で酷いことをされていないかと問いかけます。 心配してくれる友一に対して嬉しいといいつつ、自分の身体を確認してみるか、と挑発するような返しをします。 もちろん友一に叱られて、謝罪。 2千万円足りない状況は変わりないので、再度ギャンブルを行う必要があると友一。 そしてゆとりにある作戦を耳打ちします。 その作戦を聞いたゆとりは、「誰にも話さない」ことを約束した。 その夜さっそく、ゆとりは神代の元へと足を運び、手元を三角に掲げて神代の宗教のマークを作りながら、神代の言う通りにしてから友一がずっと優しいと笑顔で言いました。 愛する男と崇拝する男のどっちを勝たせるのか、決定権はゆとりの手に・・・ 両チームに足を踏み入れたゆとりの行動がきになりますね。 なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、 31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 電子書籍に抵抗がある方もこのキャンペーンで是非とも利用してみて下さいね! ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。 あれだけ殴られれば当然です。 55話では両陣営が平和条約を結んだように見えましたが、お互い別の思惑を持っての同意だったのでしょうね。 次回、鍵をにぎるゆとりがどんな行動をとるのか楽しみですね。 それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の

トモダチゲーム(2017年)の動画|最新の動画配信・レンタルならces.massrelevance.com

トモダチ ゲーム 最新 話

トモダチゲーム【第75話】のネタバレ 四部が女性の頼みを断れないワケ 魍嶋から、ゆとりが裏切り者の可能性を告げられ、信じられない四部。 話は数時間前に遡る。 ミチルらにお願いされ、スイッチを押すために奮走する四部。 自分でも女性の頼みは断れないと思っていた彼は、幼い頃を思い出す。 四部の母はとても美人で、とても優しかった。 しかし母は四部のことを君付けで呼び、壁を作っているのだ。 メイドの紗央莉に理由を尋ねると、彼女は恐らく不安だからだろうと推測した。 母は、四部の中にある父の影に不安を抱ているのだ。 それを聞いた四部は、母を絶対に悲しませないと決意する。 しかしある日、父母が離婚する際にどっちについていくのかを迫られた四部は、父親を選択してしまった。 最後はお父さんを選ぶのねと言い、悲しい表情の母。 それ以来四部は、女性の悲しい顔が苦手になってしまった。 だから彼は、女性の頼みごとを断れない男になったのだ。 魍嶋との邂逅 そんなことを思い出しながらスイッチへと向かっていると、草むらから現れた魍嶋と遭遇。 四部は魍嶋から、京と聡音と一緒に行動していたことや、海童と友一を見かけたことを聞く。 四部はミチルたちと協力していることを説明すると、彼はミチルたちの元へと案内してほしいと言う。 大半のプレイヤーが宝箱に向かうので、ゾンビたちもそちらへ集中する。 さらには、「須原岳」という参加者への攻撃を目的とする危険人物もいる。 四部は道案内を断ろうと思ったが、彼の忠告を聞いた四部は、女性たちが危ないと考え、宝箱のほうへと向かうことにした。 絶対絶命のなか現れたのは… そして現在に戻り、物陰から亡者を操るゆとりを見た四部。 魍嶋は、聡音から片方のチームに裏切り者がいると聞いていたことを四部に打ち明ける。 この情報は、志法からもらった情報だということも。 ゆとりと志法。 どっちを信じるべきか悩む四部。 そんな彼に、魍嶋は守りたいものを決めて、すぐに動くよう助言すると、自分はミチルを守るため、迷いなく動くと告げた。 ゆとりはミチルたちに、京に会って何か聞いたか尋ねる。 だが、3人は何も答えない。 だったらもうと、ゆとりが攻撃しようと手を振りかざしたその時、魍嶋が飛び出し、ミチルを庇った。 魍嶋はゆとりに京と会ったことを告げ、片切チームに裏切り者がいることも聞いたことを伝える。 それを聞いたゆとりは、表情が一変。 その表情を見た魍嶋は、彼女が裏切り者で間違いないと確信した。 ゆとりは魍嶋たちを消そうとするが、四部が飛び出し彼女に銃口を向ける。 だが、 ゆとりは四部の過去を知っており、彼の母と同じような表情で話しかける。 母の顔がフラッシュバックし、四部は動揺してしまう。 その隙に、須原は黒の弾丸を四部に打ち込んだ。 ゆとりは、四部が黒の弾丸を手に入れたということを嘘だと見抜いていたのだ。 真次がスイッチを押し、須原が弾丸を手に入れていた。 動けなくなった四部に向かい、前からずっと四部のことが嫌いだったと言うゆとり。 元々ゆとりという名前のせいでいじめられていたので、その名前を呼ぶ人が全員嫌いだというのだ。 そして彼女は、須原に全員殺すように指示をする。 その時だった。 絶対絶命の彼の前に現れたのは、志法だった。 須原の持つ武器を蹴り飛ばし、彼女はゆとりにいい加減にしろと言い放った。

次の