オセロ ニア ツクヨミ 攻略。 【モンスト】ニライカナイ【爆絶】攻略と適正キャラランキング|ニラカナ

オセロニア攻略Wiki|ゲームエイト

オセロ ニア ツクヨミ 攻略

最凶!アルキメデス【激級】をコスト【140】で攻略する縛りプレイ動画。 出来ないと思われている耐久路線での攻略法をご覧あれ。 回復パで行ってしまうと、4ステージ目で連発してくる【神駒1枚存在したら1万ダメ石像】が辛い。 が、フレデリカ・ラブーシュカという魔駒で回復マスを生成できるキャラを利用して突破。 フレンドもフレデリカ。 フレデリカ自体は最終ステージでも役に立つ。 【フレデリカ石像】を2回打ってくるので、これを返せない場所に打たれるとアウト。 AIは返せない場所が存在すればそこにフレデリカ石像をおいてくる傾向があるため出してくる順番の大体を把握しながらオセロ詰みを目指す。 勝ち筋としては次の2つが思いついていた。 フレデリカ石像を消しつつ魔石像がくる前にオセロ詰みをさせずっと俺のターンで打ちきってHP差勝利。 (過去に200耐久で勝利済み) 2. いい感じの石数にしておいて魔石像のダメージをジルドレで反射。 (こちらも過去にコスト200で勝利済み) 本譜は前者を狙って打った。 コスト140では初突入だったが、一発クリアできた。 協力していただいたみなさんに感謝! 他にもオセロ・オセロニア観点から解説した定石動画を掲載中! Twitter: makochanoth.

次の

【逆転オセロニア攻略】“最凶!アルキメデス(激級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介 [ファミ通App]

オセロ ニア ツクヨミ 攻略

神属性のキャラクターは、上記の 「狩猟の神・ウル」のようにHPの減少に応じてダメージを増幅させる効果を持つものが一定数存在しています。 その反面、 「春の神・さほ姫」のような回復に特化したキャラクターも豊富。 その為、 コンスタントに回復を行いながら、一発逆転の機をうかがう戦い方がおすすめです。 また、神属性のキャラクターが多く持つ 最大HP値をアップさせる「オーバーロード」は、HPの減少により効果を発揮するスキルを持つ駒に対しては、とても心強い補助的な役割を果たしてくれます。 味方のバフと合わせることにより、大きな特殊ダメージを与えることができます。 さらに、 サディエルや ハヌマーンなどの 盤面で表になっている数ターンの間、ダメージカットをしてくれる駒も登場したことから シールドと回復を多く組み込んだ耐久デッキも、より強力になっています。 クラスマッチの昇格報酬などで簡単にゲットできる 「[紫の魔眼]カミュ」に代表される 相手の攻撃を返す能力は、牽制効果を期待でき、相手の思い通りに試合を運ばせにくくさせます。 「神産みのイザナミ」などが持つ カウンター能力も同じように、相手にパワーを上手く乗せれる場所に置くと効果的。 また、毒などの地味な攻撃もじわじわと相手のHPを減らしてくれるので、なかなかひっくり返せないマスに置けると、相手からすると嫌な一手になります。 最近では、 クイル・クエンなどの持つ マス変換能力なども活用され、 盤面にとらわれないテクニカルな戦術は、ますます相手を翻弄するのに一役買ってくれています。 全体的な傾向として、持ち前の高い攻撃力を活かした試合運びを得意としています。 そして、その攻撃力を上昇させるスキルとの相乗効果は、爆発力のある攻撃を生み出します。 なかでも、 「氷竜・ユルルングル」に代表される竜属性の駒に依存する攻撃力アップのスキルは、とても効果的に働きます。 「ジョワユーズ」のような低コストの竜属性で地盤を固めて、最後に容赦のない怒涛の火力でトドメを差しましょう。 一手目から効果を発揮させる為、リーダーに設定するのも有効です。 最近では、 ベルーガなどが持つ 、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない[貫通]能力も登場。 一辺倒だった竜デッキの戦い方にも多様性が生まれ、 短期決戦でもより頭脳的なプレイングが楽しめます。

次の

【逆転オセロニア攻略】“最凶!アルキメデス(激級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介 [ファミ通App]

オセロ ニア ツクヨミ 攻略

コンボ導線を張り巡らしつつ、中盤から終盤に火力で押し切ることが基本的な戦術となります。 闘化ゼルエルや進化ローランなど、竜属性顔負けの高い通常攻撃ダメージを出せるキャラが登場してきたことにより、通常攻撃に応じた特殊ダメージ系コンボスキルを持った駒とのコンボを狙う戦術も一般的になってきました。 また神統一攻撃デッキでは、オーラスキル 攻撃力がアップする を持った駒をリーダーにします。 ATK調整とは ATKの低いオーラスキルを持った駒を手駒ロックによって盤面に引きずり出されないように、リーダー以外の駒をリーダー駒より低いATKになるようにレベルを調整すること。 アラクやウンディーネなど、ATKの高低によってスキル効果に影響が出ないサポートキャラを対象に調整することが多いです。 また、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 B駒を編成するとHPがB駒なしの編成より大幅に下がってしまいます。 そのため、あまりおすすめしません。 倍率1. 4倍、かつA駒であるニューイヤー・蘭陵王がベスト。 次点で倍率1. 3倍のA駒蘭陵王 [進化]ムーニアも性能は同じ です。 ニューイヤー・蘭陵王の弱点はATKの低さです。 調整した駒を多く編成しないと手駒ロックで確実に盤面に出されてしまいます。 [闘化]ムーニアも同様のスキルを持っていますが、ニューイヤー・蘭陵王よりさらにATKが低いので、個人的にはあまり使いたくない駒です。 ただニューイヤー・蘭陵王は正月ガチャ限定駒なので、持っていない方も多いですよね…… 【その2】リーダー以外にも攻撃力アップのオーラスキルを搭載した駒があるとベスト [幸せ応援団] フェリタ&プティ リーダー以外のバフオーラ駒は神統一攻撃デッキとの相性は抜群です。 「自分のHPが減少するほど手駒の神駒のATKが上昇し、最大で1. また、 ニューイヤー・蘭陵王よりもATKが低いので、手駒ロックからリーダーを守ることもできます。 B駒ではサマー・アマリアもニューイヤー・蘭陵王よりATKが低く、1. 1倍のオーラバフを持っています。 【その3】盤面で表になっている間攻撃力がアップするスキルでダメージを底上げする [誓約の水合わせ]ウンディーネ 何度も書いてますが、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王は手駒ロックに弱いです。 発動条件のないルキアは、竜デッキ以外の多くのデッキに採用されていますよね。 なのでその対策として、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王よりATKの低い駒をデッキに編成する必要があります。 ただ神駒は通常攻撃ダメージに応じた特殊ダメージを与える駒が多いので、ニューイヤー・蘭陵王ほどATKを下げてしまうと、そもそもの火力が失われてしまって本末転倒に…… 先ほども明記したとおり、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 ATKが低くてもスキルに影響のない駒を調整する必要があるということですね。 代表的な駒をピックアップしました。 ただし、せっかく調整した駒を盤面にポンポン出しては意味がありません。 いつルキアがいいようにリーダーよりATKが低い駒はなるべく手駒に温存しておきましょう。 【その5】バフコンボと強力な特殊ダメージスキルをつなげる [衡奪の監視者]アラク 神統一攻撃デッキの最大の武器は、通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージです。 例えばS駒では[闘化]ミアクレル、[闘化]ジークフリート、[進化]ヴィクトリアなど、A駒ではエンデガなどが通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージスキルを搭載しています。 それぞれ条件が設定されていますが、単体で発動しても高火力な上に、強力なバフスキルとコンボすることができればかなりの大ダメージを与えることが可能です。 強力なバフコンボスキルを持つ駒としては、S駒では[進化]ローランなど、A駒ではアラク、金色・フギンとムニンなどが代表的ですね。 [進化]ファヌエルが召喚するエスペランサも通常攻撃と特殊ダメージを防御しつつ、強力な囁きバフコンボスキルを持っています。 【その6】特殊ダメージ罠対策用の駒を編成する [降りそそぐ星雲]ミアクレル 神統一攻撃デッキでは、後半にならないとスキルが発動しない半面、発動すれば大ダメージを与えることができる駒が多いです。 S駒では[進化]ヴィクトリア、A駒ではエンデガなどが代表的ですよね。 コンボスキルで言えばブレスドソーディアンやハーピストエンジェルなど。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、盤面に出す駒がなくなってしまう状況におちいりやすいです。 そのためにも 序盤からスキルを発動できるアタッカー駒を多くデッキに編成しましょう。 例えば、S駒では[神闘化]フェリヤ、[闘化]ジークフリート、[闘化]ミアクレルなど。 A駒では祝融、アルベルダ、張遼などです。

次の