ソーン フェイト フュンフ。 ソーンがLv100になりました!

[グラブル] ソーン レベル100フェイトエピソード攻略

ソーン フェイト フュンフ

ソーンを最終上限解放してレベルが100に到達しました。 4アビの二王の諍いを習得できるフェイトエピソード「その威を示し、王たれと」にチャレンジします。 ウーノ戦、その他戦 ウーノ戦他、基本的には2アビの「ディプラヴィティ」でデバフを付与し、3アビ「クリンチャー」でダメージを与え、チャージターンMAX特殊技を1アビ「マーキュライト」で回避する、再度2アビ、3アビ、奥義で攻略できるのではないかと思います。 そのまま戦っても倒せましたが、バフが切れるまで待つのも倒し方の一つのようです。 私はアビリティ封印を付与されてしまいましたが、何とか倒せました。 フュンフ戦 2アビ3アビを使用して攻撃すると弱体効果回復されマウントが付与されます。 このままだと倒すことが不可能なので、 マウントと再生が切れるまで待ちます。 切れたら再度攻撃、2アビ3アビ奥義で倒せました。 ソーン戦 最後は主人公でソーンを倒します。 ソーンは光なので闇が戦いやすいのではないかと思います。 私の場合、3ターン後に召喚石ハールート・マールートを使用したからなのか毒のせいなのか、あっという間に倒してしまって攻略どころではありませんでした。 麻痺も付与されるのでマウントや回復があれば倒しやすいかもしれません。 倒せば4アビ(二王の諍い)を習得です。 二王の諍いは敵全体に付与されている弱体効果時間延長と敵の弱体効果の数に応じた回数ダメージです。 ただ、10ターン後か使用できないので、戦闘開始からどんどん使って・・・といった楽しみ方ができないのは残念です。 これで十天衆を1人、最終上限解放して4アビを習得する事ができたわけですが、これを2人目3人目を気軽に進められませんね・・・ 気長に2人目を進めていこうと思います。 funnyanimal.

次の

ソーンvs二王弓戦で二王弓が倒せない人用

ソーン フェイト フュンフ

こんばんは!もずです。 古戦場とアルバハHLに備えてフュンフを最終解放したら想像以上に快適で身を持ってその強さを実感できたので、 今回はダイレクトマーケティングしていきたいと思います。 アルバハデビューに何属性でいくか 個人差はあるといえどランク150前後くらいからオメガ武器欲しい… できればアルバハにいきたいと思い始めます。 そして、そのための準備を少しずつ行っていくことになるのですが、最初にどの属性をアルバハにむけてシフトしていくか考える必要があります。 僕の場合は 光をイチオシしたいです。 何故かというと 早めから準備ができて、課金要素が少ないので誰でも環境を整えやすいからです。 慣れないうちのアルバハ攻略で大事なのはまず 体力。 攻撃が手痛くトリガーも多いアルバハでは、慣れないうちは対策が追いつかずあっという間に体力が減っていくか、身動きがとれなくなってしまうかのどちらかになりがちで、体力の多さはそれだけミスをカバーしてくれることになります。 光属性の場合はシュヴァリエソード・マグナで体力と火力を両方盛ることができ、シュヴ ァ剣はランクが低いうちから集められます。 一方で火と土は体力と火力を盛るためにマグナ2武器が必要になるのである程度戦力がないと武器集めの土俵に立てません。 水は体力をフィンブルで盛るのでヴァルナかエウロペを引いていないといけません。 そして風はそもそも体力を盛る武器がリミテット武器のリユニオンになってくるので敷居が高すぎます。 闇はちょっと難しすぎるかなと。 また、召喚石も4凸シュヴァリエ・マグナでフレンドにルシフェルでいいです。 なので武器にリミ武器を使ったりメイン石にガチャ石を使わない点は光属性でいく強みですよね。 トールとかのほぼ必須サブ石に関してはどの属性も条件が一緒なので目を瞑ってください。 武器メイン召喚石にガチャが関与しなさそうという条件だったら火と土も達成できそうですが、プレイアブルのシヴァやブローディアといったサプチケではどうにもならないキャラが必要というのがでかいですね。 その点光は十天衆二人という努力でゲットできるキャラとサプチケでゲットできるキャラでいけるのが強みです。 十天衆の最終は大変ではありますが、流石にエンドコンテンツの一つなので、これに関してはどの属性で行くにしても要求されるでしょう。 ってなわけで準備の取り掛かりやすさと敷居の低さより僕はアルバハデビューは光属性をオススメしたいです。 アルバハHLにおける光属性の役割と悩み 各属性ごとにアルバハHLで要求される役割がありますが、光の場合は 1. 開幕ソーン2アビによるデバフ 2. 70トール 3. 70トール後のソーンの麻痺チャレンジ 4. 麻痺チャレンジ失敗した場合30時にもう一度麻痺チャレンジ若しくは、他人の麻痺延長 が主な役割なんです。 これによりフロントサブが入れ替わってしまうために、開幕にディプラをソーンが打つ場合ひょっとしたらバスコンでサブにまわり、70の時に麻痺が打てない恐れがあります。 ソーンを後衛にしてたら75で表に出て奥義を打てるようになるまで時間がかかりますし… ということで光属性の果たしたい役割の1と2は意外と安定して両立ができないんです。 少なくともへっぽこ騎空士の僕にはできない! その悩みを解決してくれたのが最終解放フュンフでした… 最終フュンフのおかげでサブなし編成ができるように バースコントロールが厄介ならサブなしで行けばいいじゃないとよく言われます。 個人的にフュンフはサブなし光属性でアルバハHLに行く時の必須キャラだと思っています。 サブなしということはアルバハの行動すべてを常に同じキャラで受け切らないいといけないので回復がしっかりできることとフロントメンバーだけでアルバハの各種厄介な攻撃特に、シリウス対策をしていかなきゃいけないというリスクも伴います。 以前はこちらの記事にのせているパーティーで バスコン後にフロントサブ入れ替わってシリウス対策のバウタオーダと麻痺係のソーンが出てくる構成で開幕2アビは放棄してました。 が、今ではこの3人にサブなしでいっています。 主人公のクリアオールとフュンフの2アビのクリア2枚体制なので状態異常は大抵自分で処理ができますし、フュンフの1アビは指輪効果もありますが、5ターンに1回時メンバー全員の体力を7000以上回復します。 さらにストレングス効果で味方の火力もあげますのでゾーイ3アビとソーンの奥義効果も合わさると45万前後の殴りダメージが出ます。 回復キャラとしてソフィアは全体回復ができず単体回復も瀕死状態から全回復するといういささか使い勝手の悪さが気になりました。 回復量ではリミテッドイオが張り合えますが、クリアは持っておらず、クリア2枚持ちだと自分自身がクリアオール待ちで止まることはほとんどなくなり、むしろ他の人のためにクリアオールを蒔くことができるので、あーこんなへっぽこ騎空士の私が役に立ててるという気持ちに浸れます。 さらに3アビを主人公にかけることで万が一にも事故って主人公が落ちるということがなくなります。 一応1ターンだけ無防備になるインターバルがあるので注意が必要ではありますが。 そして極め付けの4アビは全員を復活兼体力満タンにしますので、うわーファランクスない死ぬかもしれんって時でも、主人公がフュンフ3アビで生き返ってリヴァイブでフュンフ生き返らせてからの4アビで一回だけなら仕切り直しができます。 また、復活だけでなく体力も全回復するのであらゆるトリガーを乗り越えてきたはいいものの息も絶え絶えになりそう後半に状況の立て直しもできます。 最終フュンフがはいることで 光属性の求められる役割を不足なく果たすことができるようになり、 対応力が高いためターンをどんどん回せるようになります。 これがフュンフの魅力ですね。 ターンを回せるってことはそれだけ貢献度が稼げ、ファランクスやクリアオール、召喚石の使用ができることを意味し、それらは味方のスムーズな行動の助けにもなります。 今まではビビりながらターン回しして貢献度30万ちょっとですみませんすみませんみたいになってましたが、部屋次第では80万くらい取れて思わずすげ…ってなりました。 フュンフはみんなを笑顔にできる回復魔法を使いこなせるあちしが最強みたいなことを言っていますが、本当にあなたのおかげでアルバハへの恐怖心が減り笑顔になれました。 ありがとうフュンフ… 以前のレポートで最終率取得率共に低かったフュンフですが、前回の古戦場で上位陣も使っていましたし人気が出てきそうな予感がします。 是非みなさんも取得候補に考えてみてください…そして話は変わりますが今日からの半額頑張っていきましょう。 それでは! mozukuzu69.

次の

【グラブル】次回は光有利古戦場確定!フュンフとソーンについて考える

ソーン フェイト フュンフ

ナルメアLv100達成! 昨日はグラブル始めて以来一番周回しました。 こんな画面が出る事にびっくりです。 徹底してますね、さすがグラブル。 rankも10ぐらい上がってもうすぐで100を超えます。 団長は雫をがぶ飲みしてお腹はちゃぷちゃぷ。 そんな中、スタダチケで取ってから火力役として活躍してくれているナルメアがようやくLv100になりました! 初となるLv100キャラです。 長かった…。 そして最後のフェイトエピソード解放。 から1週間と少し…待ちわびました。 ついにザンバこと十天衆オクトーとのご対面です。 フェイトエピソードのクオリティの高さは前回から嫌という程味わったので、楽しみすぎて楽しみすぎて…映画館で照明が暗くなった時の気分。 称号もGET! キャラそれぞれに称号が貰えるのも地味に嬉しいポイント。 良き哉良き哉。 スポンサーリンク たったそれだけのこと さぁいよいよはじまりです。 グラブルはシナリオも最高に面白いのでシナリオ関連の情報は一切シャットアウト。 前回のフュンフとの決闘もグレンラガンばりに熱い展開だったので今回も超期待です。 ・ナルメアとザンバとの出会い 冒頭はナルメアの過去が語られます。 フュンフとの戦いで少し心が開けた感じがありますね。 Lv100にするのも時間がかかりましたが、過去をしっかり聞けるのも時間がかかりました。 ナルメアが修行を積んでいた道場にやってきたザンバこと十天衆オクトー。 立ち絵が悪役そのもの。 「絶対道場乗っ取りに来たやんこいつ…」と思ってたら違いました。 その強さに憧れ振り向いて欲しいがため頑張る幼女ナルメア。 ただ構って欲しかった。 声をかけて欲しかった。 名前を呼んで欲しかった。 と言ってましたが、ようやくしっかり語られました。 ナルメアの強さの原点。 親に褒められたい一心で習いごとを頑張る子どものようなあれ。 そして何より幼女ナルメアが可愛い。 ・フュンフがクセになってきた このノリツッコミには笑いました。 最初はキツい印象しかなかったですが、だんだんクセになってきました。 取りたいとは思わないですが… 中身は凄く良い子。 なんやそれ。 ・オクトーが格好良すぎる この満ち溢れる極めた者のオーラ。 まさに剣仙。 ユン老師。 初めて声を聞きましたが、銀河万丈さんだったのですね。 声も素敵。 十天衆で誰が人気あるのか分かりませんが、オクトーが好きな方も多そうですね。 ・届く果たし状…いざ決闘の場へ フュンフに仲介され、ナルメアに果たし状を出すオクトー。 その行動に迷いを感じつつも決闘の場に赴くナルメア。 こっちまで緊張してきました。 ・気持ちのすれ違い、そして… お互いの気持ちがすれ違っていた事を知る。 やはり伝えたい事は言葉にして伝えないと駄目という、 人生を生きる上で大切な事をグラブルが教えてくれます。 そしてオクトーの台詞回しがいちいち格好良い。 ・決闘!十天衆オクトー 熱い…熱すぎる…!! 気持ちを伝え、オクトーの気持ちも知れたナルメア。 完全に吹っ切れた彼女は再び決闘を申し込みます。 前回もありましたが、立ち絵が変わるのが良いですね。 鳥肌が立ちます。 遥かなる高みにいる師匠に弟子が挑む展開、これは本当に燃えます。 ナルメアもオクトーもどっちも格好良すぎる… ・いざ尋常に! ギリギリ勝利…! ツメスパロボさせられるかと思いましたが、なんとか無事一発目で。 強かった… オクトーの奥義が髪の毛振り回してるようにしか見えないのはわたしだけでしょうか。 4つ目のアビリティ取得。 アビリティ説明を読んだだけで素人目でも強そうだと分かります。 最終上限解放されてないキャラはまだまだ伸び代があるという事ですよね。 ・最後は大団円…感動のラスト いつ名前を呼んであげるのだろうと思ってましたが、別れ際の最後の最後でしたね。 これ以上ないハッピーエンド。 失楽園の傷が少し癒えたようです。 途中どれだけ山あり谷ありだとしても最後はハッピーエンドが一番ですよ。 ・最愛のパートナーナルメア たかがキャラエピソード。 されどキャラエピソード。 クオリティが非常に高く、終始見入ってしまいました。 おまけで片付けないのがグラブルクオリティ。 great!! ナルメアというキャラがより一段と好きになり、もう彼女無しでは生きていけない体に…スタダチケで選んだ私の目に狂いはなかったようです。 ナルメア最高だせ! スポンサーリンク 火力が凄まじい…! 試し斬りしてきました。 相手はもちろん宿敵シュヴァリエ・マグナ。 モリモリ削れる… ?!?!つ、つえぇ…!! にひゃくきゅうじゅうはちまんんん?!! かつてないほどのダメージに驚愕しました。 ゴリゴリ減る体力。 半端ない爽快感。 シュヴァリエ・マグナソロ討伐成し遂げたぞー!と歓喜していた頃が懐かしく思えます。 え?火力が凄くて?戦闘中の台詞が格好良くて?ビジュアルも可愛くて?強い性能をしてる? ナルメア最高やん。 以上、ナルメアLv100達成とフェイトエピソードでした! ヴィーラも先程Lv100になったので最後のフェイトエピソードをこれから見て来ようと思います。 グラブル面白すぎてツラいです。 では今回はこの辺で終わります。 最後まで見ていただきありがとうございます。 それではまたお会いしましょう👋 スポンサーリンク.

次の