このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています。 【EXCEL】安全ではない可能性のある外部ソースへのリンク【意味と対処法】 | B

Excelで更新できないリンクエラーの解決方法

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

理由がわからないけど、Excel2013でファイルを開いたときに次のメッセージが出てきてきました。 「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。 リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。 信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。 」 リンクを解除します。 Excelの画面で、「データ」「リンクの編集」を選びます。 リンクの編集の画面が表示まします。 リンク元を確認し、不要でしたら、「リンクの解除」を行ないます。 確認のメッセージが出てきますが、問題なければ「リンクの解除」選びます。 検証ソフトウエア:OfficeExcel2013.

次の

このブックには更新できないリンクが 1つ以上含まれています リンクエラー エクセル Excel [エクセルの学校]

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

誰でも簡単、更新できないリンクエラーの解決方法 今回は特別に破損したファイルを作成したうえで、実際の対策手順を紹介します。 リンクエラーの出るファイル. xlsxというファイルを準備したので開いてみます。 エラー時に表示されるメッセージ 先ほどのエクセルファイルを開くと次のようなエラーが表示されました。 ・このブックには、ほかのデータソースへのリンクが含まれています。 ・リンクを更新すると、Excelは最新のデータを取り込もうとします。 ・リンクを更新しないと、以前の情報が使用されます。 ・注意:データリンクは許可なく機密情報にアクセスして共有するのに使用される可能性があります。 また、その他の問題を起こす可能性のある操作に使用される場合があります。 このブックの作成元が信頼できない場合は、リンクを更新しないでください。 選べる操作は「更新する」「更新しない」「ヘルプ」の3つです。 誰もが試してみる方法でチャレンジ 今回は破損したリンク情報を修復したいので、まずは「更新する」を選択しましょう。 すると以下のような画面が表示されます。 ・このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています。 ・リンク元を変更するか、再度値の変更を試す場合は「リンクの編集」をクリックしてください。 ・リンクをそのままにするには、「続行」をクリックしてください。 今回は破損した情報を修正したいので、迷わず「リンクの編集」をクリックしましょう。 するとこのようなリンクの編集画面が表示されます。 リンク元の状態には、「エラー:ソースがみつかりません。 」と書かれています。 一般的なマニュアルによると「リンクの解除」をクリックすればOKと書かれていますが、実際にはエラーを解除することはできません。 モノは試し、という事で「リンクの解除」をクリックしてみました。 すると次のようなメッセージが表示されました。 ・リンクを解除すると、既存の値への外部参照と数式が変更されて元に戻すことはできません。 このバージョンを保持するには、新しい名前を付けてファイルを保存して再度リンクの解除を実行してください。 今すぐリンクを解除しますか? 今回はリンクエラーの解除が目的なので、迷わず「リンクの解除」をクリックしましょう。 そして元の画面に戻って状況を確認してみましょう。 リンク元の状態には、「エラー:ソースがみつかりません。 」と書かれており、状況は改善していないようです。。。 確実に成功するリンクエラーの解決方法 では、ここから先が具体的な復旧手順となります。 まずは先ほどのエラーが出るファイルと同じフォルダに空のエクセルファイルを作成します。 すると、「新規Microsoft Excelワークシート. xlsx」というファイルが作成されました。 続いて最初に開いたリンクエラーの発生しているExcelを開き、「リンクの編集」画面を開きます。 そして今回は「リンクの解除」ではなく、「リンク元の変更」をクリックします。 先ほど新規作成した、「新規Microsoft Excelワークシート. xlsx」を選び、「OK」をクリックします。 すると「リンクの編集」画面でエラーが解除されました。 この状態で上書き保存してからExcelを終了しましょう。 この段階では元々のエラーが発生するファイルと、新規作成した空ファイルの2つが存在しています。 では、先ほどエラー対策をしたファイルを開いてみましょう。 しかしながら、リンク元の更新には成功したものの、リンクエラーは引き続き表示された状態です。 ここで最後の手順です。 そして先ほどリンク先として設定した「新規Microsoft Excelワークシート. xlsx」を選んで上書き保存します。 上書き保存の確認が表示されますが、「はい」をクリックしましょう。 では先ほど上書き保存した、「新規Microsoft Excelワークシート. xlsx」を開いていみましょう。 すると、あら不思議。 最後に「新規Microsoft Excelワークシート. xlsx」の名前を変更しておきましょう。 そして壊れたファイルを削除すれば再びエラー画面に遭遇することはないでしょう。 エラーを繰り返した憎きファイルはゴミ箱にポイッ! これでエラーの出なくなったファイルだけが残りました。 無事修復完了です。 お疲れさまでした。 リンクエラーの解決方法まとめ 参考書やWebを検索しても「リンクの解除」をクリックする方法しか紹介されていませんが、破損したリンク情報を持っている場合には全く無意味です。 少々手間がかかりますが、確実にエラーを解除できますので毎回エラーが出て困っている方は、ぜひ試してみてくださいね。

次の

エクセルの「リンクの編集」で「リンクの解除」ができないときの対処方法

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

理由がわからないけど、Excel2013でファイルを開いたときに次のメッセージが出てきてきました。 「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。 リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。 信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。 」 リンクを解除します。 Excelの画面で、「データ」「リンクの編集」を選びます。 リンクの編集の画面が表示まします。 リンク元を確認し、不要でしたら、「リンクの解除」を行ないます。 確認のメッセージが出てきますが、問題なければ「リンクの解除」選びます。 検証ソフトウエア:OfficeExcel2013.

次の