麒麟がくる 土岐頼純。 麒麟がくる2話で川口春奈の夫・土岐頼純役の俳優は誰?

麒麟がくる

麒麟がくる 土岐頼純

俳優の矢野聖人(28)がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)第2話(26日)で大河ドラマ初出演を果たすことが25日、分かった。 美濃の若き守護で、斎藤道三(本木雅弘)の娘・帰蝶(川口春奈)の最初の夫・土岐頼純役。 矢野は「『麒麟がくる』に出演が決まった時、うれしかったのはもちろんなのですが、長年続いている大河ドラマに出演できるという喜びの方が大きかったです」と笑みをこぼした。 俳優の長谷川博己(42)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。 19日の初回視聴率は19・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 大河ドラマの初回19%超えは2016年「真田丸」19・9%以来4年ぶりの好発進となった。 矢野は2010年に「ホリプロ50周年事業 身毒丸オーディション」グランプリに輝き、芸能界入り。 ドラマ「リーガル・ハイ」「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」などに出演、幅広く活躍している。 矢野は「時代劇という自分にとってあまり馴染みのないジャンルでお芝居をさせていただくのに、自分の力が最大限発揮できるか不安な部分もありましたが、スタッフの皆さまにサポートしていただき、素敵なシーンが出来上がったと思っております!」と手応え。 頼純の感情の変化に伴った表情に是非、視聴者の皆さまには注目していただきたいです!」と呼び掛けた。

次の

麒麟がくる|土岐頼純役の俳優は誰?【名前は矢野聖人】|DRAMARC

麒麟がくる 土岐頼純

第2回「麒麟がくる」土岐頼純役は誰? 大河ドラマ 「麒麟がくる」では、毎回「トリセツ」があるので歴史ものが苦手でも楽しめるようになっています( などもあります)。 第2回、ご覧いただきありがとうございました! よりドラマを楽しんでいただくための『トリセツ』を毎週投稿していきます。 その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典さん)の大軍が迫っていて、兵の数は美濃側の約5倍(この数にはさすがに多すぎでは?と異論もあるようです)。 多勢に無勢の中、籠城を決め込む道三(本木さん)に不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった…。 まだ2回目ということで話は序盤なのですが、内容が濃く、放送後には本木さんの演技についての反響はもちろんですが、土岐頼純を演じたのは誰?と大きな話題となっていました。 見逃した方は土曜日の再放送で!(13:05~)。 役で雰囲気が変わるとどちらなのかわからなくなりそうですが、並ぶと違いますね~。 2019年は、窪田正孝さん主演のドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)では放射線技師・悠木倫役でレギュラー出演。 スポンサーリンク 「麒麟がくる」土岐頼純役に矢野聖人:ネットでの反響は? 「強烈な演技を見せる齊藤道三役の本木さんに対し、見劣りしない鬼気迫る演技でした。 」 「2話目でいきなり派手な合戦。 一気に盛り上がりました。 道三の罠、合戦の罠だと思いきやラストでまた嵌めちゃいましたね。 」 「蜷川出身でかなりの演技派なのに、ドラマではいつもチョイ役でもっと目立ってもいい俳優なのにとずっと思っていた。 」 「頼純さんは道三に追放された説が有力だけど、こう言う遺恨の残し方もドラマとして良いかもね。 頼純さんのストレスやイライラ、劣等感上手く伝わってましたね。 今後の展開が楽しみです。 」 「戦闘シーンも迫力があるし、太鼓のリズムがそれを高めてます。 いやー、面白いわ今度の大河。 ・・・では終わらなかったですね(笑)最後の方は役者さんの演技に 度肝を抜かれました。 」 「2話目も期待を裏切らない素晴らしい回でした。 明智光秀が残虐な戦を終えて、侍大将の首2人をとる中で、自分の心の葛藤を語るシーンも、今後の物語の中では、非常に大切な語りであることが分かります。 」 矢野さんは頼純の独特な雰囲気を表現されていました。 最後は想像通りでしたが、歴史に詳しくないため、頼純は無防備だったのか、そうするしかなかったのかがわかりませんでした。 矢野さんの出演があっという間でもったいない気もしますが、これからさらに注目されると思うので楽しみにしたいと思います。 濃い回でしたが、敵の侍大将が光秀の叔父(西村まさ彦さん)だったのを見て、「裏切ってたってこと??」と意味がわからず(後でわかるのですが)、少し混乱しました。 2週遅れとなり、撮り直しや差し替えなどもあって削られた部分もあったのかもしれないですね。

次の

大河麒麟がくるネタバレあらすじと感想【第2話】道三VS織田家!?土岐頼純が!!

麒麟がくる 土岐頼純

1502年 生まれる• 1517年 家督争いに敗れる• 1519年 後継者が決まらないまま、父・土岐政房が死去。 その後後継者争いに再度負けている• 1525年 再度挙兵• 1526年~1527年 妾であった深芳野を斎藤道三(当時:長井規秀)に下贈• 1530年 兄・土岐頼政を越前国に追放• 1535年 父・土岐政房の17回忌に自らが守護職であると宣言、挙兵• 1536年 正式に美濃国の守護に就く• 1539年 兄の子である土岐頼純と和睦成立• 1541年 斎藤道三は弟の土岐頼満を毒殺し、対立する• 1543年 土岐頼芸、尾張へ追放される• 1544年 美濃侵攻作戦が実行される• 1547年 土岐頼純が急死• 1552年 美濃国より完全に追放される• 1554年 各地の戦国武将を頼り、隠居• 1556年 死去(享年81歳) 土岐頼芸の生涯は、何とも波乱に満ちていたことがよくわかりますよね。 兄弟と家督を争い、最終的に美濃国を乗っ取った斎藤道三率いる斎藤氏に完全に敗北、追放されてしまいます。 長生きをしながらも、きっとその人生は想像以上に壮絶だったことでしょう。 土岐頼芸の人物像と壮絶な人生 土岐頼芸は、その名の読み方が様々伝えられており、 「とき よりあき/よりなり. /よりのり/よりよし 」とされています。 土岐頼芸は、 美濃国(現在の岐阜県)の守護大名である父の土岐政房(ときまさふさ)の次男として生まれました。 ここでお気づきの方もいるかと思いますが、 当初美濃国を支配していたのは、土岐氏だったのです。 斎藤道三は、土岐氏の部下に当たる存在だったのです。 土岐頼芸が生まれた当時の美濃国の情勢は、美濃国守護代の斎藤利国(さいとうとしくに)戦死で衰退の一途をたどっていました。 これにより、様々な勢力が入り乱れ、 非常に不安定でした。 この不安定な状態は斎藤氏だけでなく、土岐氏にも忍び寄っていました。 このため、 長男と次男の間に対立構図が生まれ、家督争いが 1517年に巻き起こったのです。 最初の家督争いでは土岐頼芸側が敗北しますが、二度目の家督争いの折には、土岐頼芸側の勝利となります。 土岐頼芸は家督争いには勝利したものの、 守護の職には付けていなかったのです。 父・土岐政房の 17回忌が行われる年でもありました。 このときに、 土岐頼芸は自分が正当な土岐家の後継ぎであることをアピールします。 これには、当然追放されていた兄・土岐頼政とその息子である土岐頼純は激怒。 再び挙兵を開始し、 兄弟の家督争いは 3回目に突入するのでした。 戦いの最中、土岐頼芸は敵方についていた人物たちと和解し、周りを固め始めます。 こうして、長かった家督争いに終止符を打ちます。 土岐頼芸は兄親子と和解し、ようやく土岐頼芸が美濃国での権力を握ったかのように見えますが、ここからの転落ストーリーがあるとは、誰もが知る由はありませんでした。 なんと 1547年に突然、土岐頼純が亡くなります。 これは一説に斎藤道三の謀殺ともいわれています。 さらに、嫁いだはずの帰蝶は一時実家である斎藤家に帰還。 そして、織田信長のもとへ嫁ぎます。 斎藤道三により、 二度目の政略結婚というわけです。 こうして、 斎藤道三と織田信長による同盟が生まれるのでした。 土岐頼純が急死したことで土岐頼芸は当主に復帰していたものの、 斎藤道三との立場が逆転。 最終的には、 1552年に美濃国を追放されてしまうのです。 そして、最終的にたどり着いたのが、 甲斐(現在の山梨県)の武田氏のもとでした。 しかし、武田氏も 1582年に織田軍により滅ぼされてしまいます。 この時の土岐頼芸は御年 81歳で、病気により目を失明していました。 この姿を見たかつての部下、稲葉一鉄(いなばいってつ)が取り計らい、 土岐頼芸は 30年ぶりに美濃国へ帰ることができました。 その後、長く波乱に満ちた人生に幕を下ろしたのです。 麒麟がくるで土岐頼芸を演じるのは「さん」! 今回、大河ドラマ『麒麟がくる』で土岐頼芸を演じることとなったのは、大河ドラマ出演は今回で5作品目となる、ベテランの 尾美としのりさんです。 麒麟がくるで徳川家康を風間俊介さんがやると話題だが、やっぱり土岐頼芸を尾美としのりさんがするのがいいよね。 信長の野望のイメージのせいかめちゃくちゃはまり役な気がする — 煌めくカナブン KANABUNZUKI 大河ドラマ『麒麟がくる』の記者会見では、 自身の名前と土岐頼芸の名前をかけるという、おもしろいコメントをしていましたよね。 それもそのはず、土岐頼芸は前述の通り読み方が諸説あり、「ときよりのり」とも呼ばれているのです。 「おみよしのり」と「ときよりのり」では、本当に読み方もそっくりですよね。 特に2017年の大河ドラマ『おんな城主直虎』での榊原康政(さかきばらやすまさ)の迫真の演技が記憶に新しい尾美としのりさん、どんな土岐頼芸を演じてくれるのでしょうか!?楽しみですよね! まとめ.

次の