きゅう ちゃん 漬け の 作り方 教え て ください。 日持ちするキュウリの漬物とピクルスのコツを教えて下さい。

キュウリの古漬けの作り方を教えて下さい。糠床に萎びるまで...

きゅう ちゃん 漬け の 作り方 教え て ください

A ベストアンサー 殺虫剤同士ではあまり混用しないですがやっても害なんかないです。 するならオルトランマラソンのどちらかとスミチオン。 もしくはディプテレックス。 殺菌剤のボルドーやカイガラムシ用の石灰硫黄合剤は他と混ぜられないのでこれら殺虫剤では混ぜたとてほんとに何の害もありませんのでご心配なく。 希釈倍数だけ間違えなければOKです。 よくある話1リットル1000倍液二つを混ぜると2リットル2000倍になってしまいます。 1リットルに1ccを二つ、1000倍と500倍なら1ccと2ccであります。 それぞれの性質はオルトランマラソンは浸透移行性といい樹木の中を移動して虫が葉を食べる事で効果を出します。 ですので本来は発生前の6月頃予防的に使用するのが効果的でスミチオンは直接虫にかかるか葉を食害することでの効果。 なので虫を見たら。 これからの時期私はスミチオンを2回使います。 1回きりでは葉の陰で難を逃れた虫が必ずいますから。 なんでも最近マラソンは耐性のついたイラガが出てきている話を聞きましたがこれは試してみないとわかりませんね。 acis. famic. htmここから害虫名いらがとして検索できます。 このなかでオルトランスミチオンマラソンは入手しやすいですがディプテレックスの液剤は置いてないかあっても子瓶でない場合があります。 来年からの計画として初夏にオルトラン、マラソン 発生のさかりにスミチオンかディプとすればどうでしょう。 ダインはあればなおよし、ほんの数滴で。 なくても困りません。 sc-engei. html 殺虫剤同士ではあまり混用しないですがやっても害なんかないです。 するならオルトランマラソンのどちらかとスミチオン。 もしくはディプテレックス。 殺菌剤のボルドーやカイガラムシ用の石灰硫黄合剤は他と混ぜられないのでこれら殺虫剤では混ぜたとてほんとに何の害もありませんのでご心配なく。 希釈倍数だけ間違えなければOKです。 よくある話1リットル1000倍液二つを混ぜると2リットル2000倍になってしまいます。 1リットルに1ccを二つ、1000倍と500倍なら1ccと2ccであります。 それぞれの性質はオルトランマラ...

次の

きゅうちゃん漬け: まあちゃんがんばっています

きゅう ちゃん 漬け の 作り方 教え て ください

古漬けは長期間つけた漬けものの総称です。 短期間で漬けた物はお新香 ぬか床の場合は、長期間、しなびて色が変わる位まで付けた物。 塩漬けの場合は、 きゅうり 2kg 塩(下漬け用) 220g 差し水 400cc 塩(差し水用) 44g 塩(漬替え用) 220 きゅうりは軽く水で洗って、水を切っておく。 塩を3:7に分けておく。 下漬け。 分けておいた7割の方の塩を使います。 容器の底に塩をふり、その上にきゅうりをなるべく隙間無く並べる。 並べた上から、また塩をふる。 これを繰り返して、 7割の塩を全部使いきる(当然きゅうりも使いきる)。 一番上に残しておいた3割の塩を全部ふります。 差し水を作ります。 容器の水に、差し水用の塩を入れ溶かします。 並べ終わったきゅうりの周りに差し水を回しかけます。 重しを乗せて、きゅうりが塩水に潜った状態にして10日間漬ける。 本漬け。 10日後、漬けていたきゅうりを取り出す。 痛んでいるところがあったら取り除く。 漬けておいた容器ときゅうりを洗い、 下漬けをしたときと同じ分量と手順で漬ける。 差し水は、漬け変え用の分量で作る。 1ヶ月くらいで漬けあがります。 下漬けのときに、白い膜状のカビが生える場合がありますが、 本漬けのときに綺麗に洗い、水分をしっかり拭き取れば問題ありません。 また、本漬けの途中でカビが多くなるようであれば、 もう一度漬け直しすればいいです。 食べる時には塩抜きが必要です。

次の

日持ちするキュウリの漬物とピクルスのコツを教えて下さい。

きゅう ちゃん 漬け の 作り方 教え て ください

キュウリが好きな人なら、一度は食べた事があるだろうキュウリのキュウちゃん。 以前からずっと作りたかったキュウちゃん漬け。 作り方を見て、うーん、キュウリをぎゅうーとしぼる、か。 これはやばいなあ、と何年も前からずっと避けていた。 でも、きゅうりを大量に頂くたびに、「キュウちゃんは作らないの?」と何度も聞かれ、適当に、「そのままが一番!」とか「中華炒めが大好きなの。 」とごまかしていた。 とても簡単なんだけど、胸が痛くなるから避けていたが、意を決して久々に作ることにした。 朝から初めて夜完成となる。 いろいろな作り方があるが、私はお鍋にお湯が沸いたら火を止めて、その中へ、キュウリを丸ごとちゃぷっと漬けちゃうやり方。 そのまま自然に冷めるまで待って、キュウリをざるにあげ、また湯を沸かし火を止めてちゃぷっと漬ける。 これを3回繰り返す。 冷たく冷めるまで待つから結構時間がかかるんです。 まあその間、別にじっと見ておく必要はないから、あ、冷めてる、と気が付いたら、またお湯を沸かせばいいんですけど、最終的に、5~7ミリ(好みで)に切って絞ったキュウリを、煮立たせた調味液に漬けて終わり、になるのがやっぱ夜なんですね。 夕食後、キュウリを切って布巾に包んで、ぎゅうーとこれでもかって位絞ります。 よく絞っておかないと、パリっとした食感が味わえないし、水分がでておいしくなくなるとか。 布巾に包んで軽く絞り、茶巾絞りのように輪ゴムでぎゅっと縛り、スーパーの袋に入れ、これまたぎゅっと口を縛り、いざ脱水機へ。 15分て書いてた人もいるけど、7分程で様子を見て、袋に水が結構出ているのがわかったらOK。 あとはもう一度綺麗な布巾で水気を取って絞り、少しぐらぐらと煮立たせて置いた調味液に熱いうちにちゃっぷりこんで終了。 ぎゅうーって手で絞って、胸がずっと痛くなっていた私。 脱水機はとても抵抗があって、長年できなかったんですが、手作りキュウちゃん食べたいし、身体のことを考え、背に腹は変えられない。 スーパーの袋をぎゅっと縛っておけば大丈夫みたいなので、目をつぶって入れました。 脱水機って見事に絞れるんですね。 これなら心臓に負担をかけずにキュウちゃん漬け作れます。 脱水機、様様でした。 切る厚さも好みで切ってください。 私は5~7ミリがベストかなと思いますが、薄く切っても味は同じで美味しいです。 あっという間になくなるし、たっぷり作っても日持ちするし、とても重宝しますよ。 まだ作ったことのない人は、是非お試しあれ。 調味液 しょうゆ(だし醤油がオススメ)200㏄位 みりん、お酒 100㏄位ずつ お酢 30㏄位 生姜 ひとかけ 千切り たかの爪 好みで 白いりごま 仕上げに 以上、きゅうり7本~10本位までの分量です。 しょうゆは薄口でも濃い口でも、混ぜてもOK。 だしが入る方が美味しいです。 甘いのがお好みの方は砂糖を入れてもOK。 フジッコの昆布を入れたり、自分好みの味付けにして下さい。 調味液を味見して美味しかったら大丈夫。 一晩調味液につけたら出来上がり。 朝、ざるにあげてタッパーに入れて保存してください。 残った調味液は、魚を煮付けたり、料理に使ってくださいね。 上手にできたら、手作りだから市販のキュウちゃんより美味しいですよ。 でも、食欲の秋。 おかわりし過ぎて太っても、当方は一切責任を負いませんのであしからず。

次の