吉田茂系図。 牧野伸顕とは?大久保利通の息子の生涯、家系図や日記などを解説!

利用案内/大磯町ホームページ

吉田茂系図

最近は、異彩を放つ政治家が少なくなりましたが、著名な政治家として、麻生太郎さんが挙げられます。 麻生太郎の家系をたどると実に驚くべきものです。 麻生太郎の祖父は吉田茂・実父は九州財界のドン 麻生太郎の父親である麻生太賀吉はもともとは麻生商店の社長です。 麻生商店は麻生太賀吉の父である(麻生太郎の祖父)麻生太吉が始めた事業で、その麻生セメントを一代で築きました。 麻生商店は麻生セメントの関連会社であり、現在は株式会社麻生に発展しています。 ところで、この麻生太賀吉の妻である和子は、あの吉田茂の娘です。 ですから、麻生太賀吉は吉田茂の娘婿に当たるわけで、サンフランシスコ講和条約において吉田茂のために奔走したと言われています。 なお、太賀吉は義理父の総辞職の折に、政治家を引退します。 そして、のちに九州電力会長にも就任し、九州財界のトップになります。 そして、祖母雪子はあの大久保利通の孫と言われています。 麻生太郎の妹は皇室へ 妹は三笠宮寛仁親王妃信子さまです。 兄弟が皇室とはなんとも驚きですが、信子さまのお子様である彬子(あきこ)女王、瑶子(ようこ)女王は姪にあたることになります。 一緒に食事などされたのか知る良しもありませんが、想像に固くないですね。 妻・千賀子さんは鈴木善幸元首相の娘 奥さんは鈴木善幸元首相の娘です。 若手議員だった麻生太郎が父親の懇談会に参加していたことをきっかけに知り合い、1983年に結婚したそうです。 なお、結婚後、麻生グループの各会社の役員に就任し、経営の手腕も発揮しています。 麻生太郎の作文 実は、麻生太郎は学習院中等科1年のときに、祖父・吉田茂のことについて作文を書いていました。 『ぼくのおじいちゃま』 学習院中等科1年 麻生太郎 ぼくはおじいちゃまをとてもいい人だと思っている。 大磯に行ってもいつもにこにこしておられるし、官邸でお会いしても笑ってらっしゃることが多い。 議会でむっとしているのは、ぼくが学校でつまらない時やむずかしい勉強の時、しかめつらするのと同じことで、あたりまえのような気がする。 まあ、怒るのは玉にきずだが、家にいらっしゃる時は、とてもごきげんがいい。 この間、官邸でいっしょにおやつをいただいた時、甘いものが好きなおじいちゃまは、モナカのあんこだけを食べて外側を残したりして、まるで子供のようだ。 それからぼくは、おじいちゃまの服装では和服が一番好きだ。 ゆったりとしてよくあい、白たびもきれいだ。 声は特長があってとてもマネしやすいし、聞いていておもしろい。 頭ははげているからかわいく、はな眼がねや葉巻はおじいちゃまからはなせないものだ。 もし、おじいちゃまが、パイプを吸ってたり、普通の眼がねをかけたら、おかしくって見ちゃいられないと思う。 出典:毎日グラフ別冊復刻版 (サン写真新聞9-昭和29年)1990年8月30日発行 昭和29年はバカヤロー解散の後第五次吉田内閣をつくった後だが、鳩山民主党や、緒方竹虎との確執の中で退陣してしまう年でした。 しかし、かわいい孫の麻生太郎に対しては、安らぎの一時だったと感じられる作文ですね。 まとめ まさに、華麗なる一族と言われるに相応しい麻生家一族。 麻生太郎のユーモアは祖父である吉田茂譲りなのでしょうか? 吉田茂がGHQ外交で発揮した能力は現在、副総理として各国と交渉する麻生太郎にも脈々と受け継がれていることでしょう。

次の

政界の華麗なる一族!麻生家の家系図はロイヤルすごい — 選挙ドットコム

吉田茂系図

吉田茂の家系図 麻生太郎が血を引く歴史上の人物 それでは4人の人物について、簡単に紹介していきますね。 大久保利通 まずは 大久保利通です。 いきなり超大物が来ましたね。 麻生さんの 高祖父(祖母の祖父)にあたるのが、維新三傑の一人である大久保利通です。 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、瑛太さんが演じている役ですね。 大久保は薩摩の下級武士として生まれるも、明治維新では倒幕運動の中心的人物として活躍。 その後は明治新政府の礎をつくった、とんでもなく凄い人です。 大久保利通一人の血を引いているだけでも十分すごいわけですが、麻生さんはそれでだけではありません。 三島通庸 次は大久保利通に比べてしまうとあまり有名ではありませんが、 三島 通庸 みちつねです。 三島通庸は明治時代、福島県令や栃木県令、そして警視総監などを務めた人物。 ・福島事件 1882年、福島県令の三島が自由党員たちを弾圧した事件のこと ・ 加波山 かばさん事件 1884年、栃木・福島の自由党員が栃木県令の三島の暗殺を図るも鎮圧された事件のこと といえば、ピンと来る方もいるかもしれません。 三島通庸も同じく、麻生さんから見たら 高祖父(祖母の祖父)にあたります。 その強引な手法から「鬼県令」と呼ばれることもあった三島通庸。 麻生さんのちょい悪なファッションに、その血が出ているのかもしれません。 笑 牧野伸顕 さて、次は 牧野伸顕です。 牧野伸顕は 大久保利通の次男で、彼の娘・雪子さんの孫が麻生さんです。 ということで、麻生さんから見たら、牧野伸顕は 曾祖父にあたる人物です。 牧野伸顕は外務大臣や内務大臣、さらにパリ講和会議(1919年に開かれた、第一次世界大戦の戦後処理のために開かれた国際会議)では日本の全権を務めています。 しかし軍部からは「 君側の奸 くんそくのかん(君主を思い通りに動かす悪い家臣のこと)」とみなされ、二・二六事件などで命を狙われて政界を引退しました。 吉田茂 そして最後は、日本の第45・48~51代内閣総理大臣を務めた 吉田茂です。 吉田茂といえば戦後、GHQ占領下において現在の 日本の基礎を築いた人物です。 ・サンフランシスコ平和条約 第二次世界大戦終結から6年後に締結された、日本と連合国との講和条約 ・日米安全保障条約 日本とアメリカとの間で締結された、日本の防衛について決めた条約 の締結でも有名ですね。 そんな吉田茂は、牧野伸顕の娘・雪子さんと結婚しています。 二人の娘が麻生さんの母・和子さんです。 麻生さんから見たら、吉田茂は 祖父に当たるということですね。 さて、吉田茂は 「物」について大変こだわりを持っていた人物としても知られています。 例えば、スーツとコートは「ヘンリープール」のものを好んでいたそうです。 またオーデコロンは「ピノー」のもの。 葉巻は「ヘンリー・クレイ」、マッチは「ブライアン・アンド・メイ」というふうに、 一流品の使用を心掛けていたそう。 そんな美意識も、麻生さんに引き継がれているように思えますね。 きょうのまとめ 今回は麻生太郎氏が血を引いている、4人の歴史上の人物について簡単にご紹介しました。

次の

利用案内/大磯町ホームページ

吉田茂系図

吉田茂の家系図 麻生太郎が血を引く歴史上の人物 それでは4人の人物について、簡単に紹介していきますね。 大久保利通 まずは 大久保利通です。 いきなり超大物が来ましたね。 麻生さんの 高祖父(祖母の祖父)にあたるのが、維新三傑の一人である大久保利通です。 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、瑛太さんが演じている役ですね。 大久保は薩摩の下級武士として生まれるも、明治維新では倒幕運動の中心的人物として活躍。 その後は明治新政府の礎をつくった、とんでもなく凄い人です。 大久保利通一人の血を引いているだけでも十分すごいわけですが、麻生さんはそれでだけではありません。 三島通庸 次は大久保利通に比べてしまうとあまり有名ではありませんが、 三島 通庸 みちつねです。 三島通庸は明治時代、福島県令や栃木県令、そして警視総監などを務めた人物。 ・福島事件 1882年、福島県令の三島が自由党員たちを弾圧した事件のこと ・ 加波山 かばさん事件 1884年、栃木・福島の自由党員が栃木県令の三島の暗殺を図るも鎮圧された事件のこと といえば、ピンと来る方もいるかもしれません。 三島通庸も同じく、麻生さんから見たら 高祖父(祖母の祖父)にあたります。 その強引な手法から「鬼県令」と呼ばれることもあった三島通庸。 麻生さんのちょい悪なファッションに、その血が出ているのかもしれません。 笑 牧野伸顕 さて、次は 牧野伸顕です。 牧野伸顕は 大久保利通の次男で、彼の娘・雪子さんの孫が麻生さんです。 ということで、麻生さんから見たら、牧野伸顕は 曾祖父にあたる人物です。 牧野伸顕は外務大臣や内務大臣、さらにパリ講和会議(1919年に開かれた、第一次世界大戦の戦後処理のために開かれた国際会議)では日本の全権を務めています。 しかし軍部からは「 君側の奸 くんそくのかん(君主を思い通りに動かす悪い家臣のこと)」とみなされ、二・二六事件などで命を狙われて政界を引退しました。 吉田茂 そして最後は、日本の第45・48~51代内閣総理大臣を務めた 吉田茂です。 吉田茂といえば戦後、GHQ占領下において現在の 日本の基礎を築いた人物です。 ・サンフランシスコ平和条約 第二次世界大戦終結から6年後に締結された、日本と連合国との講和条約 ・日米安全保障条約 日本とアメリカとの間で締結された、日本の防衛について決めた条約 の締結でも有名ですね。 そんな吉田茂は、牧野伸顕の娘・雪子さんと結婚しています。 二人の娘が麻生さんの母・和子さんです。 麻生さんから見たら、吉田茂は 祖父に当たるということですね。 さて、吉田茂は 「物」について大変こだわりを持っていた人物としても知られています。 例えば、スーツとコートは「ヘンリープール」のものを好んでいたそうです。 またオーデコロンは「ピノー」のもの。 葉巻は「ヘンリー・クレイ」、マッチは「ブライアン・アンド・メイ」というふうに、 一流品の使用を心掛けていたそう。 そんな美意識も、麻生さんに引き継がれているように思えますね。 きょうのまとめ 今回は麻生太郎氏が血を引いている、4人の歴史上の人物について簡単にご紹介しました。

次の