ひさ と あさみ。 太田麻美

窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」【コメント全文】

ひさ と あさみ

略歴 [ ] 、卒業後、に進む。。 、宝塚歌劇団に入団。 宝塚入団時の成績は17人中9位。 、と共に『 東京の三羽烏』と呼ばれた。 相手役だった淡島千景が松竹入社したことなどに刺激を受け、、宝塚を退団。 と出演契約を結び『愛染香』で映画デビューする。 、と専属契約を結び、主演した『恋人』『ブンガワンソロ』『女豹の地図』等の主題歌を歌う。 『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』で歌った「チャッカリマンボ」等のヒットの他、NHKにも2回出場し、「ボタンとリボン」と「デッカメン・ソロ」を歌う。 、と専属契約を結び1971年にフリーになるまで活躍した。 では社長の恐妻として28本にレギュラー出演している。 『俺の空だぜ! 若大将』が最後の映画出演。 以降はフリーでテレビや舞台での活躍を続ける。 に74歳で亡くなる。 東京・神田ののに感銘をうけでを受けてとなっており、場・遺骨安置先はともにニコライ堂であった。 死後、に古巣・宝塚歌劇団100周年記念で創設された「宝塚歌劇の殿堂」最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たし、前述の「東京の三羽烏」と言われた淡島・南とともに殿堂入りとなった。 出演作品 [ ] 宝塚歌劇団所属時代の主な舞台 [ ]• 桃太郎の凱旋(1942年5月26日 - 6月24日、月組公演、)• (1942年11月26日 - 12月28日、月組公演、)• 大空を継ぐもの(1943年8月26日 - 9月24日、月組公演、宝塚大劇場)• 翼の女子挺身隊(1944年1月1日 - 1月24日、月組公演、宝塚大劇場)• ボレロ/(1946年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)• /アリババ物語(1947年3月1日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 運つく男/(1947年5月1日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)• /(1947年7月1日 - 7月30日、月組公演、宝塚大劇場)• /(1947年10月1日 - 10月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 悪たれ/ヴェネチア物語(1948年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 陽気な街/春のをどり 大津絵 (1948年4月1日 - 4月29日、月組公演、宝塚大劇場)• 香妃/ブルーヘブン(1948年9月1日 - 9月20日、月組公演、宝塚大劇場)• アロハ・オエ(1948年11月6日 - 11月29日、月組公演、宝塚大劇場)• ロマンス・パリ(1949年3月11日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)• アレキサンドリアの舞姫/春のをどり(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)• リオでの結婚/東京・ニューヨーク(1949年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)• ヴギウギホテル/宝塚花くらべ(1950年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 西施/ステイジランド(1950年5月2日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)• (1950年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場) 宝塚歌劇団退団後の主な舞台 [ ]• 大忠臣蔵(1970年)• 佐渡島他吉の生涯(1981年)• 大奥最後の日(1983年) 映画 [ ]• 愛染香 (1950年、新東宝) 監督: 共演:、、• 夜来香 (1951年、新東宝) 監督: 共演:、• (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、• 盗まれた恋 (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:、川喜多小六• (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、藤田進、• 女豹の地図 (1951年、新東宝) 監督: 原作 : 共演:• 大空の誓い (1952年、新東宝) 監督:阿部豊 共演:上原謙、• (1952年、新東宝) 監督: 共演:、香川京子• (1952年 大映)横溝正史原作 共演:、森雅之• シリーズ第三部~第七部 (1953年、東宝) 監督: 森の石松()が恋こがれる投げ節お仲役。 囚われのお仲を助けようとして石松は片眼を切られる。 花と波涛 (1954年、新東宝) 原作: 監督: 共演:上原謙、• 北海の叛乱 (1956年、新東宝) 監督:渡辺邦男 共演:上原謙、藤田進、• (1956年、東宝) 監督:渡辺邦男 社長・森繁久彌の夫人役• (1958年、東宝) 監督: この作品から「続社長学ABC」(1970年)まで社長シリーズに連続27本、「はりきり社長」と合わせて28本に、社長・の夫人役でレギュラー出演。 (「へそくり社長」「続へそくり社長」「社長三代記」の社長夫人役は)• (1958年、東宝) 監督: 共演:、上原謙• (1959年、東宝)• (1959年、東宝)• (1959年、東宝)• (1960年、東宝)• (1960年、東宝) 監督: 大石専務・森繁久彌の夫人役。 (1961年、東宝)• (1961年、東宝)• (1961年、東宝)• (1962年、東宝)• (1965年、東宝)• (1970年、東宝) テレビドラマ [ ]• 太陽の丘 (1966 - 1967年、)八代栄 主人公一家の妻 役。 共演:森繁久彌• 第513話「その夜の女」(1971年)• 第542話「男子禁制」(1972年)• 第572話「二十七年目の女」(1972年)• 第23話「津の国屋」(1972年、テレビ朝日)• (1973年、)• ・「女の河」(1977年、)• 第779話「憎まれ天使たち」(1981年、フジテレビ)• (1981年、) 皇子役• 第17話「慰問袋のマドンナ」(1981年、テレビ朝日) 深田加代子役• (読売テレビ)• 「非行主婦・アル中の女」(1982年) 共演: 、• 「仮の宿なるを」(1983年)共演:浅丘ルリ子• 「長い道IV」(1989年)共演:池部良• ・「熊さんの警察手帖」(1984年、)共演: 、• ・「幻の結婚式」(1985年、テレビ朝日)共演:、• ・「母の誤算」(1984年、テレビ朝日)共演:• ・「この子だれの子」(1986年、TBS)共演:• ・「老人病棟の仲間たち」(1989年、)共演: 、 その他 [ ]• ~1973年11月29日? ~1975年1月30日) - (1975年1月31日~1976年6月22日) - (1976年6月23日~1982年7月31日、1982年8月1日専科へ組替 - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1993年7月31日) - (1993年8月1日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1997年4月30日) - (1997年5月1日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年3月21日) - (2004年3月22日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2016年9月4日) - (2016年9月5日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 この項目は、に関連した です。

次の

久瑠あさ美

ひさ と あさみ

経歴 [ ] 女優として小劇場やドラマなどに出演。 ミス東スポ2017グランプリ。 ミス東スポグランプリを受賞し、31歳からグラビア活動を始めるが33歳から本格的にグラビア活動に力を入れる。 Hカップである。 2015年舞台関係者を通じ女優のみが参加するプロレスの旗揚げを知り、プロレス活動を行う2015年12月20日、「Beginning アクトレスガールズ Act3」で行われた&戦(パートナーは)でデビュー した。 ブログでは「葛藤していましたが、やってやろうと決めました!」「遊びではない」と綴っている。 アクトレスガールズの中では比較的身長が高いため、小柄な対戦相手に声援が集まる傾向があり、ファンから「ヒールなんですか?」と尋ねられた。 このことをきっかけにヒールファイトを意識的に繰り出すようになった。 2016年2月、漫画「」のことをもっと知ってもらうために結成された『グラゼニ女子』に加入(プロレス担当)。 同年春からはミス東スポオーディションに参加。 10月の予選ステージを1位で突破している。 2016年11月10日、都内で会見が開かれ、への初参戦が発表され24日、大会で&日里麻美VS&戦(セコンド・本間多恵)を提供。 2016年12月9日、ミス東スポ2017グランプリを受賞。 また、第一ステージの予選上位7位が最終ステージに上がれるが予選突破ギリギリの7位から最終1位のグランプリを獲得。 31歳での受賞はミス東スポ史上最年長。 東スポから『ミス東スポ史上最年長グランプリ』という肩書きを貰う。 とがコラボして「グラスポ」という野球記事の連載を1年間掲載。 ミス東スポ史上東スポ写真掲載数も多い。 12月14日にはミス東スポ特別賞を受賞したとのタッグで試合出場 を果たした。 2017年からは応援ユニット、有楽町ベンチーズのメンバーに就任。 背番号は「7」。 プロ野球大好きな為、の試合が無い日の特別放送にゲストとして出演。 ファンクラブコンテンツにも全て出演。 28日には&五十嵐乃愛戦(パートナーは賀川照子)を行い、ギロチンドロップで五十嵐から勝利。 お笑いライブ「にはまりにいくライブ」第2回からレギュラーMCをつとめる。 「元祖爆笑王にはまりにくいライブ」になってからもMCをしている。 2019年7月23日、女優・タレントとしての所属先をからに移転。 人物 [ ]• スリーサイズはB. 92 W. 61 H. 上京前はイルカの調教師やWebデザインなどをしていた。 特技はおっぱいテーブルクロス引き、ベロ盲牌。 漫画「グラゼニ女子」(20号(4月14日発売号)掲載)では褐色の女性として描かれ登場している。 部屋にいる際はとを延々と見ているらしい。 麻雀は週3回ほど打つ。 麻雀は学生時代19歳で始めて、卒業を期に22歳から人と打たなくなり、ずっとゲームばかりで麻雀をやっていた、久々に人と打つことになったらゲームの影響で牌の取り方は忘れていたりフリテンしたりで大恥をかき、悔しさと恥ずかしさから、また、そこから人と打つようになり、週3回ほど雀荘に通うになったそう。 プロ野球が大好きで球場にもよく足を運ぶ。 のファンだが球団問わず野球は現地に足を運ぶ。 一番好きなアニメは「」である。 ギターが弾けるらしくイベント等では自身が好きな歌「」を弾き語りで歌う。 ラジオ好き。 ミス東スポになってから、、もやる。 出演 [ ] 舞台 [ ]• (演出:伊勢直弘)• 「夏!西山美海の浅草deエンタメshow~ようこそ喫茶 美海へ~」(東京・あさくさ劇亭、2016年7月25日、26日)• 「一人&二人芝居」(山形・アクトザール M、2016年8月22日)• 「Novel Show」(東京・浅草リトルシアター、2015年9月9日、2016年2月19日、20日)• 「頑張れ!けんせつ小町~おはようございます!~」演出:山添ヒロユキ(築地ブティストホール、2016年9月29日 — 10月4日)• 「The C Card~戦う理由CouseC~」(、5月7日、8日)• 「従軍看護婦~女たちの戦場~」(、2016年8月9日 — 14日)• 「けんせつ小町純情物語 やるっきゃない!」(、10月6日 — 9日)• 「月喰マスカレイド prism waltz」(王子BASEMENT MONSTAR、2016年12月15日 - 18日)• 「楽屋」2018• 「笑アップアップナイター」2019年1月18日-20日• 女だらけの落語公演 第一回 第二回 第三回 テレビ [ ]• 「」(、2016年2月6日) - 山本(香奈子の助手) 役• 「」(、2016年2月6日) - 水野 家具屋店員 役• 東京ーディション 仮 (2016年9月12日、) MC [ ]• エンタメ・シンポジウム~ アシスタントMC• お笑いライブ~タカノツメ~アシスタントMC• にはまりにいくライブ MC• にはまりにくいライブ レギュラーMC• ショウアップナイターファンクラブ特典動画MC• お笑いライブ 「ルマンドールアワー」 アシスタントMC ラジオ [ ]• スペシャル まいにちとことんプロ野球(2017年5月13日、ニッポン放送)• ファンクラブ特典動画• 竜神祭ゲスト出演 グラゼニ女子• グラゼニコラボデー ゲスト出演 Vシネマ [ ]• 嬢王ゲーム(2014年、山内大輔監督) 映画 [ ]• (2016年12月3日公開、監督) - 黒子役 雑誌 [ ]• 「」(、2016年12号、2月18日発売)• 「」(、2016年NO. 27 7月4日号) - ニッポンのグラビアアイドル50人• 金のEXグラビア掲載• 競輪グラビア掲載• アサヒ芸能 ウェブ [ ]• ミュージックパーク~第一回エンタメ・シンポジウム~(2016年、オールナイトニッポンモバイル)• (2016年4月19日、9月16日、GYAO) - グラゼニ女子として• ぶるぺん(2016年6月27日、グラゼニスペシャル、GYAO) - アシスタント• モヤさまネット・オリコンツ ムチムチVSしこしこ 炎の軍団対抗戦(2018年4月22日、)• ゲスト AbemaTV• タイタン東スポ部 スポーツ&ニュース!! リングアナ [ ]• 秋田大館体育館ファイナル• 池田大輔興行 MC その他 [ ]• 「女優水族館」2016年6月4日、5日• 格闘技イベント「野良犬祭」ラウンドガール 作品 [ ] イメージビデオ [ ]• あさ蜜(2018年3月23日、発売:グリーンアンドウォーター、販売:)• ファンファーレ(2019年5月1日、発売:マイロール、販売:)• 脚注 [ ] []• アクトレスガールズ Actress girl'Z. 2016年10月20日閲覧。 東スポWEB. 2016年10月26日. 2016年12月18日閲覧。 エキサイトニュース 2019年12月17日. 2020年1月10日閲覧。 アクトレスガールズ Actress girl'Z. 2016年11月11日閲覧。 日里麻美オフィシャルブログ. 2015年11月29日. 2016年11月11日閲覧。 スポーツ報知 2016年2月18日. 2016年11月11日閲覧。 2016年11月11日閲覧。 スポーツ報知 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 2016年12月9日. 2016年12月9日閲覧。 T-SITEニュース エンタメ[T-SITE]. 2016年12月10日. 2016年12月18日閲覧。 2016年12月14日. 2016年12月19日閲覧。 actwresgirlz. 2017年5月15日. 2017年5月15日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 グラゼニ女子 オフィシャルホームページ. 2016年11月11日閲覧。 MAIA STARSHIP-舞台 2016年10月6日. 2016年10月6日閲覧。 モーニング公式サイト - モアイ. 2016年2月18日. 2016年11月11日閲覧。 エムティーアイ. music. 2019年5月12日閲覧。 東スポWeb — 東京スポーツ新聞社 2019年5月2日. 2019年5月12日閲覧。 「」『東スポWeb - 東京スポーツ新聞社』。 2018年4月8日閲覧。 東スポWeb — 東京スポーツ新聞社 2019年5月2日. 2019年5月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - Is. Field• - (2017年10月6日アーカイブ分)• asaminoir - この項目は、に関連した です。 この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。 この項目は、およびその選手に関連した です。

次の

銀座 あさみ (ぎんざあさみ)

ひさ と あさみ

略歴 [ ] 、卒業後、に進む。。 、宝塚歌劇団に入団。 宝塚入団時の成績は17人中9位。 、と共に『 東京の三羽烏』と呼ばれた。 相手役だった淡島千景が松竹入社したことなどに刺激を受け、、宝塚を退団。 と出演契約を結び『愛染香』で映画デビューする。 、と専属契約を結び、主演した『恋人』『ブンガワンソロ』『女豹の地図』等の主題歌を歌う。 『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』で歌った「チャッカリマンボ」等のヒットの他、NHKにも2回出場し、「ボタンとリボン」と「デッカメン・ソロ」を歌う。 、と専属契約を結び1971年にフリーになるまで活躍した。 では社長の恐妻として28本にレギュラー出演している。 『俺の空だぜ! 若大将』が最後の映画出演。 以降はフリーでテレビや舞台での活躍を続ける。 に74歳で亡くなる。 東京・神田ののに感銘をうけでを受けてとなっており、場・遺骨安置先はともにニコライ堂であった。 死後、に古巣・宝塚歌劇団100周年記念で創設された「宝塚歌劇の殿堂」最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たし、前述の「東京の三羽烏」と言われた淡島・南とともに殿堂入りとなった。 出演作品 [ ] 宝塚歌劇団所属時代の主な舞台 [ ]• 桃太郎の凱旋(1942年5月26日 - 6月24日、月組公演、)• (1942年11月26日 - 12月28日、月組公演、)• 大空を継ぐもの(1943年8月26日 - 9月24日、月組公演、宝塚大劇場)• 翼の女子挺身隊(1944年1月1日 - 1月24日、月組公演、宝塚大劇場)• ボレロ/(1946年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)• /アリババ物語(1947年3月1日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 運つく男/(1947年5月1日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)• /(1947年7月1日 - 7月30日、月組公演、宝塚大劇場)• /(1947年10月1日 - 10月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 悪たれ/ヴェネチア物語(1948年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 陽気な街/春のをどり 大津絵 (1948年4月1日 - 4月29日、月組公演、宝塚大劇場)• 香妃/ブルーヘブン(1948年9月1日 - 9月20日、月組公演、宝塚大劇場)• アロハ・オエ(1948年11月6日 - 11月29日、月組公演、宝塚大劇場)• ロマンス・パリ(1949年3月11日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)• アレキサンドリアの舞姫/春のをどり(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)• リオでの結婚/東京・ニューヨーク(1949年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)• ヴギウギホテル/宝塚花くらべ(1950年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)• 西施/ステイジランド(1950年5月2日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)• (1950年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場) 宝塚歌劇団退団後の主な舞台 [ ]• 大忠臣蔵(1970年)• 佐渡島他吉の生涯(1981年)• 大奥最後の日(1983年) 映画 [ ]• 愛染香 (1950年、新東宝) 監督: 共演:、、• 夜来香 (1951年、新東宝) 監督: 共演:、• (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、• 盗まれた恋 (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:、川喜多小六• (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、藤田進、• 女豹の地図 (1951年、新東宝) 監督: 原作 : 共演:• 大空の誓い (1952年、新東宝) 監督:阿部豊 共演:上原謙、• (1952年、新東宝) 監督: 共演:、香川京子• (1952年 大映)横溝正史原作 共演:、森雅之• シリーズ第三部~第七部 (1953年、東宝) 監督: 森の石松()が恋こがれる投げ節お仲役。 囚われのお仲を助けようとして石松は片眼を切られる。 花と波涛 (1954年、新東宝) 原作: 監督: 共演:上原謙、• 北海の叛乱 (1956年、新東宝) 監督:渡辺邦男 共演:上原謙、藤田進、• (1956年、東宝) 監督:渡辺邦男 社長・森繁久彌の夫人役• (1958年、東宝) 監督: この作品から「続社長学ABC」(1970年)まで社長シリーズに連続27本、「はりきり社長」と合わせて28本に、社長・の夫人役でレギュラー出演。 (「へそくり社長」「続へそくり社長」「社長三代記」の社長夫人役は)• (1958年、東宝) 監督: 共演:、上原謙• (1959年、東宝)• (1959年、東宝)• (1959年、東宝)• (1960年、東宝)• (1960年、東宝) 監督: 大石専務・森繁久彌の夫人役。 (1961年、東宝)• (1961年、東宝)• (1961年、東宝)• (1962年、東宝)• (1965年、東宝)• (1970年、東宝) テレビドラマ [ ]• 太陽の丘 (1966 - 1967年、)八代栄 主人公一家の妻 役。 共演:森繁久彌• 第513話「その夜の女」(1971年)• 第542話「男子禁制」(1972年)• 第572話「二十七年目の女」(1972年)• 第23話「津の国屋」(1972年、テレビ朝日)• (1973年、)• ・「女の河」(1977年、)• 第779話「憎まれ天使たち」(1981年、フジテレビ)• (1981年、) 皇子役• 第17話「慰問袋のマドンナ」(1981年、テレビ朝日) 深田加代子役• (読売テレビ)• 「非行主婦・アル中の女」(1982年) 共演: 、• 「仮の宿なるを」(1983年)共演:浅丘ルリ子• 「長い道IV」(1989年)共演:池部良• ・「熊さんの警察手帖」(1984年、)共演: 、• ・「幻の結婚式」(1985年、テレビ朝日)共演:、• ・「母の誤算」(1984年、テレビ朝日)共演:• ・「この子だれの子」(1986年、TBS)共演:• ・「老人病棟の仲間たち」(1989年、)共演: 、 その他 [ ]• ~1973年11月29日? ~1975年1月30日) - (1975年1月31日~1976年6月22日) - (1976年6月23日~1982年7月31日、1982年8月1日専科へ組替 - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1993年7月31日) - (1993年8月1日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1997年4月30日) - (1997年5月1日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年3月21日) - (2004年3月22日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2016年9月4日) - (2016年9月5日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 この項目は、に関連した です。

次の