年金 払えない。 国民年金保険料を納められないときはどうすればいい?|公益財団法人 生命保険文化センター

正直、年金払いたくないです。

年金 払えない

年金の支払いを放置し続けると催促、延滞金、差し押さえになります。 国民年金加入者の中の 3~4割 は、年金の支払いが難しく、未納になっています。 こういった人がどういった末路を歩むのか話します。 年金を滞納すると支払いの催促があります。 まずは郵送や電話で支払いを催促されます。 これは「支払っていない」のか「本当に支払えない」のかを確認するためです。 この時点で免除申請をすれば特に問題ありません。 ここからさらに支払わないまま放っておいてしまうと、最終催告から督促へと進みます。 督促状からは本人だけでなく世帯主や配偶者にも通知がいきます。 督促状の支払期日を超えると延滞金が発生します。 年金が納付期限を超えて未納の場合、納付額に加えて延滞金が発生することがあります。 例えば、月々1万6000円の年金を1年間支払わないと延滞金は、19万2000円です。 したがって支払っていない19万2000円と延滞金10万円の29万2000円の支払いが必要になります。 督促状を無視すると強制徴収してきます。 督促状を無視して年金を支払わないでいると、強制徴収が行なわれることもあります。 確かにほっといてもわざわざ催促に来ないですが、年金を払わないでずっといると、額が大きくなってから急に多額のお金を請求される可能性があります。 強制徴収の目安は2018年時点で所得300万円以上、年収にすると450万円程度です。 強制徴収の対象になるのは、給与、自動車や貴金属、株式などの有価証券など、なくても困らない換金性の高い物が中心になります。 延滞金が発生する前に催促にしっかり対応してください。 もし忠告が来たり、年金が払えないと思ったらすぐに年金事務所や自治体に相談しましょう。 年金を免除、もしくは猶予すれば延滞金は発生しません。 年金を払えなくて、困っているのに延滞金が重なれば支払いが大変です。 そもそも国民年金は、かなりお得な制度です。 払った方が良いですよ。 国民年金は、かなりお得な制度です。 なので年金の支払いが厳しい場合は、猶予か免除の申請をしましょう。 国民年金の保険料の支払額は、令和元年で月額16410円です。 1年だと19万6920円です。 これを20歳~60歳までの40年間払うと合計787万6800円(年金総支払額)です。 日本人の平均寿命は、84歳です。 国民年金の受け取り開始年齢は65歳です。 そうなると老後死ぬまで、19年年金をもらえることになります。 したがって、 1482万1900円 (年金総受給額)ー 787万6800円(年金支払い額) =695万4510円の利益になります。 投資対効果を考えると年金は、かなり良いと思います。 障害年金の2級だと1年で約78万。 1級だと約98万円もらえます。 子供がいればさらに多くの額がもらえます。 障害基礎年金1級は、身の回りのことは、かろうじてできるが日常生活に他人の介助が必要な場合。 障害基礎年金2級は、 他人の介助が必要ではないが生活に困難があり、収入を得ることが難しい場合です。 予測できない ケガや病気で、急に障害を負った場合でも、年金が未納だと障害年金が受け取れない場合があります。 障害年金の受給資格は、加入期間の3分の2以上納付または免除があること。 または、初診日月の前々月から過去1年の間に未納がないことのどちらかになります。 今現在結婚していなくても、将来結婚したいと思うかもしれませんし、子供が欲しいと思うかもしれません。 国民年金の遺族基礎年金は受給資格期間が25年以上です。 2026年4月1日以前であれば、特例により死亡の前々月から過去1年間の間に未納がない場合、支給を受けることができます。 なので支払いをしておきましょう。 年金を払えないフリーターは、猶予、免除をしましょう。 年金の支払いは、日本に住む20歳以上60歳未満の人の義務です。 しかし年金の支払いが厳しい場合は、免除、猶予制度が使えます。 年金免除額は、全額、4分の3、2分の1、4分の1です。 年金を免除できるかは、本人、本人の配偶者、世帯主の3名で決まります。 免除の場合は、その3名の中で前年所得が最も多い人を基準に考えます。 実家にいる場合は、親が世帯主となり、年金の免除は難しいかもしれません。 保険料免除制度により定められる、所得ごとの免除可能金額は以下のとおりです。 また免除の基準が前年の所得となっています。 所得というのは、収入ではありません。 フリーターなどの会社に勤めている人も、給与所得控除という形で収入から経費を引いた額が所得です。 給与所得控除の決まり方は以下です。 会社からもらえる給料 控除される金額 収入が180万円以下 65万円 収入が180万円~360万円 30%+18万円 以上の額が、わざわざ申請しなくても、必要経費だと考えてくれます。 分かりやすくするために、例を挙げると年収がもし115万円で世帯主の中で最も高い所得なら、全額控除です。 所得=115万円(収入)-65万円(給与所得控除)=50万円。 子供がいなければ、扶養している人はいませんので、全額控除の額は、57万円です。 その範囲に入るので全額控除です。 実家暮らしなどで年金が免除にならなくても、猶予がうけられる可能性はあります。 年金免除の場合、所得額が世帯主なので、実家暮らしの場合は免除されることがない場合もあります。 ただそういった人でも保険料納付猶予制度には、当てはまるかもしれません。 保険料納付猶予制度(若年者納付猶予制度)とは、前年所得が少ない場合に国民年金の納付を待ってもらえる制度です。 2016年6月までは対象年齢が20歳から30歳未満であったため、若年者納付猶予制度といわれていましたが、2016年7月からは上限が50歳に拡大され、若年者以降も対象となっています。 条件は、以下です。 20歳から50歳未満の方• 年金を猶予、免除するメリットとデメリット 話を整理するために、再度猶予と免除のメリット、デメリットについて話します。 年金猶予、免除のメリット 年金受給資格を得るが、今すぐ年金を払わなくても良い。 年金の免除申請をしていれば、免除期間、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金を受け取るために必要な受給資格期間にカウントされます。 老齢年金の場合、受給資格は10年以上国民年金を納付した人のみですが、しっかり免除の申請をしていれば、納付猶予中も受給資格期間に含めることができます。 また強制徴収の不安もなくなります。 年金を免除して将来年金の半分はもらえる。 年金を全額免除して、年金の支払いを1円もなくても、年金受給額の2分の1は受け取ることができます。 国民年金のマックス支給額が約6万5000円なので、2分の1の3万円くらいは支給されます。 年金猶予、免除のデメリット 追納しなければ、将来もらえる年金が減る。 年金は、支払いを待ってもらうことや免除することもできます。 しかし年金の免除を申請すると、将来もらえる年金の金額も減ってしまいます。 以下が免除パターン4種類に対する、受け取ることができる年金の割合です。 全額免除:半分• 国民年金を満額払うと、月々65,000円もらえます。 その月々の額が減ってしまうのでは、結構大きい気がします。 年金は、社会保険料で税金が控除されることもあるので、お金に余裕が出来れば、払うと良いと思います。 年金が支払えないフリーターは、免除、猶予の手続きをしましょう。 申請は、自治体の国民年金窓口か年金事務所に提出しましょう。 免除、猶予の申請は、住民票が置いてある市区町村の役所の国民年金担当窓口か、年金事務所に相談が必要です。 申請は窓口に直接行っても構いませんし、必要書類を用意すれば郵送で申請することもできます。 申請は役場が利用可能な時間帯ならいつでもできます。 申請に必要な書類• 国民年金保険料免除・納付猶予申請書(申請書は申請窓口にも用意してあります。 年金手帳 書類に関しては、のHPを参考にしてください。 将来的なことを考えるとフリーターから正社員に転職した方が良いです。 フリーターが国民年金だけ払っても、結局老後お金に困る可能性が高い。 以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。 非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。 この差は結構大きいです。 というのも、国民年金(老齢基礎年金)を満額払ったとしても、月々6万円くらいしかもらえません。 85歳~65歳の間月々6万円で生活できますか? 正社員は厚生年金も払っていて、平均14万円年金をもらう。 正社員の方は、国民年金のほかに厚生年金にも入っています。 厚生年金の平均受給月額は、約14万5,000円です。 実は、正社員とフリーターでは年金の受取額が全然違います。 というのも厚生年金の場合会社が半額負担してくれます。 収入も多いし、年金も多いのです。 正社員の方がよくないですか? 就職活動のやり方を知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

次の

国民年金保険料が払えないときは「免除」「猶予」の手続きをしましょう

年金 払えない

海外で生活するといいですよ。 しかし、アメリカ・シンガポール等は医療費は100%負担ですし、将来の保障もありません。 先進国で就労ビザを取得するのは、かなり難易度が高いです。 日本が幸せすぎます。 払いたくなければ、払わない裏技はあります(生活が困窮になれば免除)が、一度大きな病気をして働けなくなれば払う気になります。 自殺したいならという人に限って絶対しませんね。 あなたの文章を見てると絶対に生きたいという感じです。 死にたかったらとっくに死んでますよ。 あと、国民年金より、社会保険がいいです。 会社を作って社会保険に加入する方法もありますよ。 ただし、設立費も沢山かかるし、社会保険(年金とセットです)は100%負担です。 就職すれば50%の負担で済みます。 だから、みんな就職したいのです。 その方がお得だからです。

次の

国民年金未納の恐ろしい結末とは?当てはまる人は急いで対策を

年金 払えない

記事の目次• 国民年金基金とは 国民年金基金とは、自営業者やフリーランスの人が国民年金にプラスアルファで支払うことで、将来受け取る年金額を上乗せできる制度のことです。 サラリーマンの年金は国民年金 老齢基礎年金 に老齢厚生年金が加算される2階建ての年金で、勤務先によってはさらに厚生年金基金 企業年金 の3階建てになっています。 それに対して自営業者やフリーランスは、国民年金 老齢基礎年金 だけの1階建ての年金ですね。 上乗せされる年金の種類が多いほど将来受け取る年金の額が大きくなります。 しかもサラリーマンは社員と会社との折半で年金を支払っているため、費用負担も少なくそして受け取る年金額が多いですね。 しかし、国民年金にしか加入していない自営業者やフリーランスは、国民年金しかもらうことができないのです。 さらに、サラリーマンのように会社に年金保険料の半分を負担してもらえないので、納める年金保険料は全額自己負担です。 したがって、自営業者やフリーランスは、年金でもらえる金額はサラリーマンよりも少なく、支払う金額はサラリーマンよりも多いという状態になっています。 そこでできたのは国民年金基金制度です。 国民年金と国民年金基金の2階建てとなることから、将来受け取る年金の額を増やし、しかも国民年金基金の掛け金は全額所得控除される特典も付いています。 確定申告で国民年金基金に納付した保険料の金額を申請すれば、住民税や所得税の金額が軽減されるのです。 国民年金基金は、自営業者などとサラリーマンとの年金額の差を少なくするために設立された年金制度です。 国民年金を本体として国民年金基金分を納入することで、老後の所得を安定させる役割を持っています。 ちなみに、個人事業主の年金対策と言えば国民年金基金の知名度が高いですが、小規模企業共済で積み立てるという選択肢もあります。 こちらのページでは、漫画を使って小規模企業共済のメリットをとても分かりやすく解説していますので、興味がある人は読んでみてください。 国民年金基金の加入条件や資格 国民年金基金に加入できるのは、次のような場合です。 年齢が20歳以上60歳未満の自営業者やフリーランス• 上記の家族• 学生などの第1号被保険者• 60歳以上65歳未満の人• 海外居住で国民年金に任意加入している日本人 したがって、厚生年金保険に加入しているサラリーマンや、そのサラリーマンの妻は国民年金基金に加入できません。 また、国民年金の加入者であっても国民年金の保険料が免除されている人や、農業者年金の人は法定免除である場合以外は加入することができません。 さらに、基本的な年金制度の本体である国民年金に加入していなければ、国民年金基金に加入できないことにも注意が必要ですね。 掛け金は年齢や性別によって異なる 国民年金基金の掛け金は、国民年金基金に加入する年齢および性別によって異なります。 また加入口数は最高6口まで増やすことができことから、収入に見合った加入が可能です。 例えば20歳の男性の場合、国民年金基金に加入すると1口目はおよそ月額7000円、2口目以降はおよそ月額3,000円です。 しかし年齢が40歳になると1口目の掛け金は月額およそ1万2,000円、2口目以降は4,000円と増えていきます。 さらに加入する年齢が上がり、50歳になると1口目の掛け金は月額およそ1万8,000円、2口目以降は月額およそ9,000円と高くなってしまいます。 国民年金基金は加入年数によって受け取ることのできる年金額が異なるため、加入する時期が早ければ早いほど掛け金が少ないわけですね。 なお、加入者の性別が女性の場合は、男性の掛け金におよそ1,000円加算した金額が毎月の掛け金になります。 国民年金基金の掛け金は最大月額6万8,000円と決まっており、その金額の範囲内で2口目以降の加入口数を選択することができます。 保険料の掛け金はどのくらい 国民年金基金の掛け金は、契約者の年齢や契約口数によって異なります。 確かに加入口数が多ければ将来受け取る年金額を増やすことも可能ですが、40歳や50歳になってから脱サラし、自営業やフリーランスを始めた人にとって毎月の掛け金は大きな負担になりますね。 例え加入口数が基本となる1口であっても、1万2,000円や1万8,000円の金額を毎月納入していくことは、よほど所得がない限り難しいでしょう。 さらに加入口数は最大で月額6万8,000円以内で増やすことができるため、事業を始めた当初は順調な売り上げで安定した収入があっても、途中で売り上げが激減することや病気や怪我などで、当初の予定通りに納入することが難しくなってしまう可能性も出てきます。 さらに国民年金保険料の負担も毎月1万6,410円 2019年度 を納入しなければならないため、国民年金基金とセットで納入するとなると、最低でも毎月2万8,000から3万4,000円の掛け金が必要です。 自営業者やフリーランスなどで、配偶者や家族と同じ仕事をするとなると、さらに人数分だけ納入する金額が増えてしまいます。 掛け金の納入方法は? 国民年金基金の納入は、契約者が指定した金融機関の口座から振替で支払います。 掛け金の引き落とし日は、基本的に毎月1日で金融機関の休業日(土日祝日など)は翌営業日になります。 国民年金基金と国民年金保険料を合わせて口座振替で納入する場合は、前月の月末が引き落とし日です。 仮に、引き落とし口座にお金がなった場合は、翌月の引き落とし日に2か月分の保険料がまとめて引き落とされます。 この場合は、事前に国民年金基金から連絡が来るので、慌てずに対処しましょう。 加算される年金はいくらくらい? 国民年金保険だけに加入している場合、年間に受け取ることができる金額は満額で78万100円 2019年度 です。 月額にするとおよそ6万5,000円ですね。 厚生年金保険が加算されるサラリーマンに比べると、国民年金の受け取り額はその半分にも満たない金額です。 そこで国民年金基金に加入して、毎月保険料を納めることで少しでも受け取ることができる年金を増やそうとするわけです。 しかし基本となる1口の保険料を納入したとしても、受け取ることができる年金額は月額1万5,000円から2万円程度です。 国民年金保険と国民年金保険との2階建てにしたとしても、月額8万円から8万5,000円にしかなりません。 確かに加入口数を増やせば、2口目以降は1口当たり5,000円加算されることから、6口加入することで国民年金との合計額を月額11万円から11万5,000円に増やすことも可能です。 しかしそれでもまだ厚生年金の受給額に比べて見劣りする部分は否めません。 国民年金保険にも付加年金保険料を支払うことで、将来受け取る年金額を増やせる制度があります。 国民年金基金は納入した掛け金はすべて所得から控除されることから、国民年金にプラスして加入することで所得税や個人住民税などの軽減をはかることもできますね。 仮に国民年金基金の最大月額掛け金である6万8,000円を毎月支払っていれば、1年間の総支払額は81万6,000円です。 死亡時には遺族一時金が支給される 国民年金基金は契約者が死亡すると、遺族一時金が発生します。 支給額は契約者が国民年金基金に加入した年齢と死亡したときの年齢、掛け金の納付期間に応じて算出されます。 ただし、場合によっては契約者が国民年金基金に払い込んだ保険料よりも少ない支給額になる可能性があることを覚えておきましょう。 掛け金が払えなくなったらどうすればいいの? 自営業者やフリーランスは会社員と比較すると、決して安定した収入が毎月あるとは言えません。 長年営業していればある程度の貯金もあることでしょうから、たとえ今月の売り上げが少ないとしても国民年金基金保険料を納めることはできるでしょう。 しかし、営業を開始してから間もない自営業者やフリーランスにとっては、国民年金基金の毎月の掛け金が利益を圧迫してしまうこともないとは言えませんね。 何しろ国民年金だけはきちんと支払っていないと、老齢基礎年金として受け取ることができる年金額が少なくなってしまいます。 したがって、どうしても国民年金基金よりも国民年金保険料の支払いが優先になるのは当然ですね。 しかし実は、加入後に国民年金基金の掛け金が払えないとなった場合に、脱退することは難しいのです。 国民年金基金の脱退が認められるのは、基本的に次のような場合だけです。 加入年齢が上限を超えた場合• 国民年金の第1号被保険者で亡くなった場合• 他府県に転出した場合• 農業者年金に加入した場合• 加入者本人が死亡した場合 以上のようなケース以外だと国民年金基金の脱退はできません。 たとえ脱退ができないとしても、国民年金基金は掛け捨てではないため一時的に支払いをストップすることが可能です。 また、加入する口数が多い場合は少なくするなど減口手続きもできます。 国民年金基金は必ず保険料を納めなければならない国民年金とは違うため、金銭的な理由で保険料を払えないときは極端なことを言えば払わなければそれでOKなのです。 前述したとおり国民年金基金は掛け捨てではないため、途中で払えないとなったとしてもそれまで納めた金額で国民年金に加算して年金を受け取ることが可能です。 もちろん掛け金が払えないとなった場合は、加入している国民年金基金の事務局に連絡し、口座振替の手続きをストップするなど、相談やアドバイスを受けながら、最も良い選択ができるようにしましょう。

次の