河野 一郎 い だ てん。 河野一郎

大河ドラマ「いだてん」のキャラ紹介を孫の河野太郎外務大臣が「おじいちゃん」とRT | ガジェット通信 GetNews

河野 一郎 い だ てん

コメント: [ ご検討ありがとうございます。 良好状態の商品です。 また中古品である為、年数経過により色あせ・焼け・スレ傷・書き込み・付属品欠品など特有のダメージや使用感が残っている場合があります。 汚れは商品が傷つかない程度に可能な限り除菌クリーニングをしております。 配送は主にゆうメールの為ポスト投函(一部宅急便は手渡し)です。 着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。 上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。 安価商品の為再発送はご勘弁ください。 ご注意をお願い致します。 どうぞ宜しくお願います。 本書は、文芸翻訳志望者用の実践的な学習書である。 そのあとに、第1から第10まで、具体的な「おきて」の解説が並び、中ほどの「第7のおきて」の項では、「日本語運用能力」に関するチェックテストがある。 さらに「翻訳のBack Stage Tour(舞台裏見学)」という、小品訳出のゼミナールがついている。 自習を前提に、構成は懇切丁寧。 解説は初学者を意識して親しみやすい用語を使って書かれており、文体も柔らかく気取らないものだが、採用された英文例には実戦的で難しいものが多く含まれている。 カポーティなどの翻訳で高名な著者には、『翻訳上達法』(講談社現代新書)という、そのものズバリのタイトルを持つ、1983年に刊行されたコンパクトな名入門書がある。 本書は、『翻訳上達法』で著者が築き上げたノウハウや、初学者向けの翻訳のコツを、ほぼ20年後の世に合わせて書き直した新版といえるだろう。 しかも著者は、この間に多くの翻訳教育現場を経験している。 翻訳という作業に向くかどうか試してみたい人に、もってこいの本だ。 (玉川達哉) 内容(「BOOK」データベースより) 著者、河野一郎氏が名翻訳者であることを疑う人はいないであろう。 本書は「誤訳をしないための翻訳英和辞典」と同じで、読んでためになる1冊である。 しかしながらところどころに硬い翻訳も見られる。 一例をあげると"The element radium has given the physicist a tool that has enabled him to pick the lock of a safe containing many of the secrets of atomic structure" p. 23 を「ラジウム元素によって、物理学者は原子構造の多くの秘密を納めた金庫の錠をこじあける道具を手にした」と訳されている。 この直訳でも確かに意味は通じるが、原文の"pick the lock of a safe"が比喩的であることを考慮すると、「ラジウム元素は物理学者が原子構造について多くの謎を解く鍵を与えた」と訳すほうが自然であろう。 同様に55ページの"His wife, if anything, was rather stingy"も「あの男の女房はどちらかというとかなりケチだった」よりも、「あの男の女房は強いて言うならケチな方だった」がニュアンス的には言語に近いのではなかろうか? こうしたマイナーな点が散見されるものの、面白い1冊であることには間違いない。

次の

「せわしなく動き回る田畑と、落ち着きがあって重心の低い河野の対比が面白い」桐谷健太(河野一郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

河野 一郎 い だ てん

6月30日から「第2部 田畑政治篇」がスタートするNHK大河ドラマ「いだてん」。 6月20日に番組の公式Twitterが新キャラクターの桐谷健太さん演じる河野一郎を紹介すると、河野一郎の孫である河野太郎外務大臣が「おじいちゃん」と引用リツイートし、話題になっています。 大河ドラマ「いだてん」の公式Twitterではこの日、新キャラクター紹介と題して、阿部サダヲさんが演じる田畑政治の同僚の記者、河野一郎(桐谷健太さん)を紹介。 河野一郎は金栗四三を師と仰ぎ、早稲田大学時代は弟の謙三(のちの参議院議長)とともに競争部の長距離で活躍し、箱根駅伝で優勝した経験を持つ人物。 朝日新聞に入社後は、3歳上の先輩である田畑の良きライバルとして切磋琢磨していきます。 しかし、報道の無力を痛感して政界の道へ。 1937年の衆議院議員選挙に神奈川県の選挙区から立候補して当選すると、戦後は建設大臣や農林大臣(いずれも当時)といった閣僚ポストを歴任。 1964年の東京オリンピックでは、副総理兼オリンピック担当大臣として開催に尽力しました。 そして現在、外務大臣を務める河野太郎さんの祖父でもあります。 ちなみに、河野一郎さんは馬主でもあり、菊花賞馬のナスノコトブキや桜花賞馬のナスノカオリ、オークス馬のナスノチグサを輩出した「那須野牧場」を栃木県に開設し、競走馬の生産まで行っています。 そのためか、国会の審議中、隠れて所有馬のレース実況をラジオで聴いていた!?なんていう逸話も……。 ちなみに那須野牧場は河野一郎の死後、長男の河野洋平さん(元自民党総裁・衆議院議長)が引き継ぎ、現在は河野外務大臣の弟である河野二郎さんが社長を務めています。 そんな祖父が大河ドラマ「いだてん」に出演するということで、テンションが上がったのでしょうか……?河野太郎さんは6月20日、大河ドラマ「いだてん」公式Twitterのツイートを、「おじいちゃん」というコメントと共にリツイートしました。 おじいちゃん。 — 河野太郎 konotarogomame このツイートに、「ちゃん呼びなのが親近感。 」「ちゃん呼びがキュート」など、「おじいちゃん」とちゃん付けで呼ぶ河野太郎さんを微笑ましく感じる人や、桐谷健太さんが演じるということで、「男前のおじいちゃんですねー」「おじいちゃんもかっこいいですね」とコメントするファンも多くいます。 河野太郎さん……今、けっこうお忙しいと思うのですが、こういうところもしっかり見ているのですね。 (佐藤圭亮) 関連記事リンク(外部サイト).

次の

大河ドラマ「いだてん」のキャラ紹介を孫の河野太郎外務大臣が「おじいちゃん」とRT(2019年6月20日)|BIGLOBEニュース

河野 一郎 い だ てん

一時期日本はインフラ輸出を重視していて新幹線を外国に売り込もうとしていたが、どこへ輸出するにも必ず中国が競合して自国の高速鉄道を売り込んでいる。 中国の高速鉄道は見た目も規格も日本と同じものであり、品質だけが違う。 中国に新幹線の技術支援を無償で行ったのはJR東日本や川崎重工業で、日本政府が命令して支援させました。 その時、地位を利用して日本の技術を無償で引渡させて、見返りを受けたのが衆院議長の河野洋平でした。 彼は江沢民の忠実な部下である事から「江の傭兵」などと呼ばれていた。 新幹線の技術の全てをタダ同然で売却する計画を政府主導で強引に推し進め、国内の猛反対を推しきって実行させました。 当事者のJR東日本と川崎重工は反対したが、「日本は中国を侵略したのだから国際貢献する義務がある」と言って民間企業の経営に介入してまで協力させた。 中国から支払われるのは車両の代金だけで、日本側が渡すのは「新幹線の技術の全て」という空前絶後の契約が交わされた。 その陣頭指揮に立ってごリ推ししたのが衆院議長の河野洋平でした。 中国は新幹線技術を受け取った後、自国で開発した独自の技術だと主張し、国際特許を取得して「日本が新幹線技術を盗んだ」と主張した。 中国の高速鉄道は最初から、日本の新幹線を走らせるため幅を広く確保してあり、最初から技術を盗用するつもりだったのが分かる。 幅の狭いフランスやドイツの車両を走らせるには不都合な設計がされていた。 2003年に入札がされ、ドイツやフランスの車両も一応購入したがこれはブラフで、線路の設計段階から、日本の左翼政治家と合意がなされていた。 2003年には既に小泉政権で、左翼の橋本龍太郎や野中弘務は主流派ではなくなっていたが、河野洋平は2003年から2009年まで衆院議長を務めていた。 小泉政権の自民党は少数与党であり、公明党との連立で政権を保っており、しかも参議院では過半数割れになる事があった。 自民党で最も中国寄りの左翼政治家である河野洋平は、野党とのパイプ役として絶大な権力を振るった。 小泉首相は河野洋平に逆らったら議会運営ができなかったので、靖国参拝で憂さ晴らしするのが精一杯だった。 「天皇を謝罪させた」と自慢した男 河野洋平の悪行の中でも最悪のものが、1992年の(平成)天皇訪中である。 当時中国は1989年の天安門事件で世界から経済制裁を受けて、経済が挫折していた。 自民党左翼グループは、中国への制裁を解除し、天皇を訪問させる事で中国に貢献しようと考えた。 首相は宮沢喜一だったが、この人はどうしようもないお人形さんで、首振り人形のようにうなずいているだけだった。 野中広務と共に自民党きっての親中国派だった河野らは、中国に行って天皇訪中を勝手に約束してきた。 河野と中国側が決めた日程では、天皇は南京市を訪問し市民の前で、土下座して謝罪する事になっていたが宮内庁が拒否した。 天皇自身が拒否したのが、周辺がそうしたのかは伝わっていない。 この後、河野は江沢民に「私が天皇を謝罪させた河野洋平です」と自分を売り込み、日本でも「俺が天皇を謝罪させた。 俺は天皇より偉いんだ」と言いふらした。 河野洋平は宮沢内閣で官房長官を勤め、村山内閣で外務大臣を務め、小泉内閣から鳩山内閣まで衆院議長を務めた。 自民党は下野したのにこれほど長く権力の座に居た理由は、言うまでも無く中国の強い推薦があったからである。 中国は80年代から2000年代まで、日本の閣僚人事に難癖をつけて「侵略を反省していない」「帝国主義者」「平和主義者」などとレッテルを貼って問題にした。 中国と韓国に非難される事で辞任した閣僚は何人もいて、自民党総裁選挙にまで堂々と介入していた。 河野は外務大臣だった村山内閣でも有名な事件を起こしていて、タイから日本に帰国するとき台風で台湾の飛行場に緊急着陸したのに、飛行機から一歩も降りなかった。 空港のロビーでお茶でも飲んだらどうかと思うが、降りなかった理由は「中国との関係を損なう」というものだった。 その後中国を訪問した河野は「私は台湾の空港では飛行機から降りませんでした」と江沢民に報告した。 これが河野洋平の『全盛期』だが騒動は意外な場所で続くのである。 鈴鹿F1は唐突に富士に変更された。 当時の衆院議長は河野洋平だった。 河野洋平は富士スピードウェイを建設し、運営会社の副社長だった事がある。 static. flickr. jpg 富士F1の醜態 日本には鈴鹿サーキットというサーキットがあり、もう一つ「富士スピードウェイ」というサーキットがある。 この「富士スピードウェイ」を建設大臣の権限で建設したのが、洋平の父である河野一郎でした。 1962年に本田宗一郎が鈴鹿サーキット(日本初の本格的サーキット)を完成させ、1963年に第一回日本グランプリを開催すると大ブームになった。 初代スカイラインGTが一周だけポルシェを抜いて伝説になった頃の事でした。 それを見て気に食わないと思ったのが河野一郎(建設大臣)で、自分のサーキットを作り大臣の権力を利用して鈴鹿GPを中止させて富士で開催させた。 河野一郎は完成前に急逝したため息子の河野洋平が富士スピードウェイの建設を指揮した。 河野スピードウェイと呼んでも良いほどの深い関係があり、河野洋平は富士スピードウェイの運営会社の副社長をしていた事もある。 鈴鹿で開催されていた日本グランプリは第3回から不可解な理由で富士に変更されたが、コースが不出来で危険であり、排ガス規制の影響で廃止された。 1976年と1977年に富士でF1が開催されたが、レース中に事故が発生し、F1そのものが日本から消える原因になった。 富士が危険なのは完成前から指摘されていて、日本GPやF1が開催された理由は河野家の政治力の影響があったとされている。 その後F1を巡って、30年後にまったく同じ出来事が繰り返される事になった。 1987年から鈴鹿サーキットで再びF1が開催され、アイルトンセナとマクラーレンホンダで大ブームになった。 こうなると気に食わないのがやっぱり河野洋平であり、2007年と2008年のF1は富士で開催された。 もっとも公式には「河野洋平の圧力に屈してF1は富士に移転した」などとはどこにも書かれていない。 2007年に富士で開催されたF1は歴史に残る酷いもので、多くの観客はサーキットまで辿り着けず、レースを見れなかった。 コースはいつ大事故が起きても不思議でないほど危険な状態で、設計上の問題は解決していなかった。 「大事故が起きないうちに」と考えたのか富士のF1は2年間だけで鈴鹿に開催権を返上した。 これらは単なる偶然とも取れるが、河野洋平の人間性を考えると、権力を振るって介入したのは確実に思える。

次の