こ なぐ すり 飲み 方。 錠剤が一口で飲みにくいので、砕いて飲んでもいいですか?|お薬の服用|よくあるご質問

赤ちゃんのコップ飲みの練習方法は?上手にできる8つのコツとおすすめベビーマグ7選│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

こ なぐ すり 飲み 方

薬はきちんと使ってくださいね 薬は、開発時に正しく飲むことを前提としてデータを取っています。 そのため、正しい効果を得るためにも、思いがけない副作用を避けるためにも、正しい薬の飲み方の基本を理解しておきましょう。 コップ一杯の水 白湯 で飲む 薬を水 白湯 と一緒に飲む理由は、「薬を水で溶かして吸収を促す」ためです。 水なしで薬をそのまま飲む人がいますが、薬がのど(食道)に引っかかったまま溶け出し、食道の炎症を起こして潰瘍になることもあります。 また、薬によっては、水なしで飲むと溶けずにそのまま排泄されることがあります。 必ず、コップ一杯ぐらいの水は飲むようにしてください。 以前は、緑茶、ウーロン茶などのお茶で飲むと、一部の薬の成分(鉄剤)がお茶のタンニンと反応してしまい、吸収されづらくなると言われてましたが、今は特に影響がないとされています。 詳しくはこちらをご覧ください。 また、あまり知られていませんが、何を食べたかによって、薬の吸収に影響をもたらすことがあります。 例えば、バナナやパイナップル、納豆は、抗生物質や高血圧のお薬、お肉などの高たんぱくの食事は高血圧のお薬、揚げ物など油分の多い食事は、喘息薬や抗生物質など、影響を受けることがあります。 その他、魚やアルコール、カフェイン、タバコなどもお薬の効果に影響を与えてしまうことがあります。 詳しくはこちらをご覧ください。 薬を飲むタイミング お薬の袋や外箱には、薬を飲むタイミングが書かれています。 実際、食事をしてからどのくらいで飲めばいいか、食事ができない場合はどうすればいいかなど、よく分からないという方も多いようです。 食前……食事の30分前ぐらいに飲みます。 食直前……食事を取る10分ぐらいを目安に服用します。 食後……食事が終わった後、大体30分以内に飲んでください。 抗生物質など決まった時間に飲まなくてはならないものは、簡単なスナックを食べてから飲むか、食事が取れなくても服用することができます。 食間……食事の前、または食事の後2時間以内に飲みます。 A:朝食前2時間、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間 B:朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食の後2時間後 どちらに該当するかは、かかりつけの医師・薬剤師さんに相談してみてください。 頓服(とんぷく)……病気の症状に応じて、その都度飲む薬です。 病気や体質によって違いますので、窓口で確認してください。 詳しい理由などは、こちらをご覧ください。 薬が入っている袋を見ていただければわかるように、「食後」以外にも飲むタイミングは色々あります。 薬は食後と思い込まず、必ず確認するようにしましょう。 安全性と効果を確かめて開発されている薬ですが、どうしても副作用が起こる場合があります。 しっかり理解しておくことが大切です。

次の

くすりの飲み合わせ

こ なぐ すり 飲み 方

「食前」「食間」「食後」とは? 薬局で処方された薬が入った紙袋には薬を飲むタイミングを指す言葉として「食前」「食間」「食後」と書いてあります。 ここではそれぞれの言葉の持つ意味を簡単に説明します。 食前 胃の中に何もない状態の時に飲むと効果が高くなる薬は「食前」に飲みます。 例えば漢方薬などがそうです。 胃の中に食べ物がある状態で薬を飲むと薬の効果が弱まってしまうので胃の中が空に近い状態で飲むのに適しています。 この場合薬を飲んだ後30分ほど空けた後に食事をしましょう。 食後 胃を荒らすような刺激の強い薬の場合、胃に食べ物が入っている状態の時に飲んで胃が荒れるのを防ぐために「食後」に飲むように指示されます。 食事が終わった後胃に入った食べ物が消化されるまでの30分以内に薬を飲みましょう。 食間 食事をしてからおよそ2時間経過してから飲む薬です。 食事の影響を受けやすい胃腸薬などに「食間に服用」と記載されていることが多いです。 スポンサーリンク 薬の正しい飲み方 薬の効き目を最大限にするためには、正しい飲み方で薬を飲む必要があります。 飲み薬は水と一緒に飲む 飲み薬は、特に指示がない場合は水と一緒に飲むのが正しい飲み方です。 水なしで飲むと薬がのどや食道にひっかかって食道炎や潰瘍を起こす可能性があります。 特にくっつきやすいカプセルは要注意です。 また、水の量が少ないと薬の吸収が遅くなったり低下するなどして効き目が悪くなります。 水以外のものと一緒に飲まない お茶、ジュース、アルコールなどと薬を一緒に飲むと、飲み物に含まれる成分と薬が混ざることで薬の効果が変わったり副作用を起こす心配がありますので、それらの飲み物と一緒に飲まない事が鉄則です。 体を横にした状態で飲まない 具合が悪くて寝込んでいても薬を飲む時だけは身体を起こして飲みましょう。 横になった状態で薬を飲むとのどに引っかかりやすくなり、のどや食道を傷める可能性があるからです。 薬の飲みあわせに注意! 薬を処方された時、症状ごとに1種類ずつ薬を処方される場合が多いですが、持病があるなどの理由で複数の医療機関にかかっている場合は、薬と薬の飲みあわせの悪さから薬疹などの副作用が出る事を避けるため、必ず他の医療機関でどんな薬が処方されているかを病院や薬局に知らせる必要があります。 お薬手帳を持って行こう 過去の薬歴がわかる「お薬手帳」があると、現在どんな薬を飲んでいるかがすぐにわかるため、飲みあわせを考えて薬を処方してもらえます。 できれば市販の薬を飲んだ時も記録しておくとよいでしょう。 また、万が一地震などの大きな災害に遭って手元に薬がなくなってしまった場合にも、お薬手帳があれば自分に必要な薬を正確に把握できて安心です。 なお、2016年4月より薬事法が変わり、お薬手帳を薬局に持って行った方が薬の代金が30円~40円安くなりますので、お薬手帳がある人はそれを持参し、持っていない人は薬局で発行してもらいましょう。 食べ物との組み合わせにも注意しよう 薬は食べ物との組み合わせによって薬の効果が低減したり副作用を起こすものがありますので注意しましょう。 頭痛薬とアルコール アルコールは血行をよくして薬の作用を強めてしまう働きがあります。 特に痛み止めの「ロキソニン」は記憶障害を起こす恐れがあるため要注意です。 鼻炎薬と甜茶 花粉症などのアレルギー症状に効く甜茶と鼻炎薬を併用すると、手足のしびれ、腹痛、吐き気、めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。 胃腸薬とコーヒー カフェインを多く含む飲み物 胃腸薬の中にはコーヒーなどカフェインを多く含む飲み物と一緒に服用すると体内のカフェインの排泄が遅れ、イライラ、動悸、全身けいれんを起こす恐れがあります。 風邪薬 イブプロフェン とニンニク イブプロフェンを含む風邪薬とニンニクを一緒に摂取すると胃を荒らして胃痛の原因となります。 葛根湯とマグロ 青魚・鶏肉 マグロ、青魚、鶏肉などを食べた直後に葛根湯を飲むと体内のヒスタミン量が増加し、食中毒に似た症状を起こす事があります。 「薬の副作用かな?」と思う症状が出たら? 処方薬でも市販の薬でも、飲んだ後体調が悪くなったり発疹などが出た場合は、それが薬の副作用である可能性があります。 その時はすぐに医師、歯科医師、薬剤師に相談しましょう。 薬を処方してくれた医院や薬局などに相談するのがベストです。 副作用の種類によって薬の服用をやめる、減らす、または同じ効果のある別の薬を服用するなどの対処がなされます。 薬の副作用であるかどうかの判断は素人では難しいため、症状が出ても自己判断は厳禁です。 そのままにしておくと薬アレルギーによるアナフィラキシーショックなど命に係わる事態になる可能性もあります。 また、副作用が軽い場合やはっきりしない場合はまずインターネットで自分の症状が副作用であるかどうかを検索してから相談するという方法もありますが、そのようなケースでも決してそのままにせず、おかしいと思ったらまず病院に行って相談しましょう。 その際はお薬手帳を忘れずに。 まとめ ここまで薬の正しい飲み方や万が一副作用が起きた時の対処法などについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか? 病気による辛い症状を軽減させるために薬は必要なものですが、飲み方次第では毒になってしまう怖さもあります。 ですから自己判断で適当な飲み方をするのではなく、必ず用法、用量を守り正しく飲みましょう。 また、飲み方がわからない場合や薬で具合が悪くなったときなどは、まず病院や薬局などに相談して飲み方についての指導を受けるようにしましょう。 そうすれば安全に効果的に薬で病気による症状を軽減したりなくす事ができるでしょう。

次の

薬の上手な使い方・飲ませ方|赤ちゃん&子育てインフォ

こ なぐ すり 飲み 方

病院・薬局でくすりを受け取った時、必ず確認しましょう!! 街の薬局で自由に買えるくすり(一般薬)とは違います。 他の人にくすりをあげたり、他の人のくすりをもらって飲んではいけません。 指示を守って服用しましょう。 食 前 食事の30分前に服用してください。 空腹の状態です。 食物の影響や胃酸が多い状態では吸収が悪くなるくすりなどは食前に服用します。 血糖値をコントロールするくすりを食前に服用した場合は必ず食事を摂りましょう。 食直前 食事を始める時に服用してください。 食卓につき、最初の一口を食べる前に服用します。 血糖値をコントロールするくすりなどが該当します。 食直後 食事のすぐ後に服用します。 食事の最後に、食卓を離れるときに服用します。 食事を始める時、テーブルの上に準備しておくと忘れません。 食 後 食後30分くらい(一息ついてから)服用してください。 食事の消化が一段落した頃合いです。 消化された食物が胃の中にあるため、胃壁に対するくすりの刺激が少なく、胃荒れを防いでくれます。 大部分の薬が食後に飲まれます。 食 間 食事のおよそ2時間後に服用してください。 食事の途中(食事の間)に服用するのではありません。 胃の内容物が腸に移行して、空腹の状態です。 食前と同じ様に食物の影響で吸収が減少する薬や、空腹時の胃壁を保護するくすりなどが該当します。 寝る前 寝る直前か、およそ30分前に服用してください。 くすりを飲み込んですぐに横になると、食道にくすりが停滞してしまうことがあります。 注意しましょう。 6時間毎、8時間毎、12時間後となど指定された時間間隔を置いて服用します。 一定時間毎に服用することで血液中のくすりの濃度を一定に保ちます。 抗生物質や喘息予防薬がこの方法で飲まれます。 頓 服 必要に応じて服用してください。 痛みがある時、発熱時、頭痛時、便秘時、嘔気時などのように、症状がある時に服用します。 食事に関係なく服用します。 前回の服用時間を覚えておきましょう。 一般的に、6〜8時間の間隔を開けて服用します。 ごく少量の水で服用した場合、食道に留まってしまったり、胃で速やかに溶けない場合などがあります。 アルコールで服用することは、絶対にやめましょう。 牛乳と一緒に飲むと効果がなくなるくすりもあります。 舌下錠は、吸収を早めるために、飲み込まずに舌の下などに入れて溶かして服用します。 また、最近、水なしで服用できるくすりもあります。 「口腔崩壊錠」といいます。 水がないところでも服用できるように工夫されたくすりです。 これを主作用といいます。 しかし、くすりには、治療に必要のない作用や好ましくない作用もあります。 これを副作用といいます。 副作用は、くすりを服用する全ての人に起こるわけではありません。 また、いつも起こるわけでもありません。 医師や薬剤師の指示とおり服用しても、副作用がでる場合があります。 服用を続けてもあまり問題にならない副作用もありますが、中には、くすりを変更したり、すぐに中止しまれにですがあります。 くすりを服用して、 発疹、水ぶくれ、かゆみ、発熱、息苦しさなどの症状が現れた場合には、医師・薬剤師に相談してください。 いままでに、どんなくすりを飲んできたか、副作用の記録、アレルギーの有無や、自分で購入したくすりの記録、くすりを服用していて気がついた事などもメモしておきましょう。 病院、薬局へ行く時は持参して、医師、薬剤師に見せましょう。 くすりの飲み方Q&A Q:薬を飲み忘れてしまいました、どうしたら良いですか? A:飲み忘れに気がついたのが、服用時間に近い場合には、気がついた時にすぐ服用しましょう。 同じ日にもう1回以上服用する場合には、次回服用時間を少しずらすと良いでしょう。 飲み忘れに気がついたのが、次回の服用時間に近い場合には、1回とばして次回分から正しく服用しましょう。 飲み忘れたからといって、2回分を一緒に飲んではいけません。 自分で判断が付かない場合には、くすりをもらった病院・薬局の薬剤師に相談してください。 Q:食事をしてないときはどうするの? A:食事をしなくても、原則くすりは飲んで下さい。 但し、糖尿病薬を服用する場合には必ず食事をとることが必要です。 低血糖が起こりやすくなります。 Q:違う診療科や違う病院でもらったくすりを一緒に飲んで良いですか?: A:2つ以上の診療科や病院に受診する場合、必ずその旨を診察の際に医師に伝えるようにしてください。 他の診療科から処方されるくすりを医師が知らないと、同じ成分のくすり、同じ効果を持つくすり、又はお互いに作用を弱めあうくすりが処方され、くすりが強く効き過ぎたり、期待するほど効かなかったりすることがあります。 薬剤師に相談してください。 また、こんな時、 「お薬手帳」が約に立つことがあります。 Q:症状が良くなったら、くすりをやめても良いですか? A:痛み止めや解熱剤は、症状がなくなればやめても良いといえますが、 一般的には自己判断で止めずに、必ず医師・薬剤師に相談して下さい。 Q:病院でもらったくすりを、後日、同じような症状の時に使用してもよいでしょうか? A:病院でお渡しするくすりは、診察を受けたときの状態にあわせたものです。 再び、同じ症状が現れたからといって、以前に渡されたくすりを自己判断で使用してはいけま せん。 そのような場合には、あらためて医師の診察をお受け下さい。 病院でお渡しするくすりは、残ったからといって保管し、別の機会に使ってはいけません。 治療が終わ った時点で残ったくすりは、原則として、廃棄して下さい。 薬剤師に相談しましょう!!

次の