うつ病 カフェイン。 カフェインとうつ

うつ病で避けたほうがいい成分~カフェイン~

うつ病 カフェイン

うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。 つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。 私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。 不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。 しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。 時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。 そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。 以下に簡潔に説明します。 なお、新型うつ病や現代型うつ病といったものは、専門家の用いる診断基準には存在せず、そのため定義もありません。 「軽症」は、仕事や日常生活、他人とのコミュニケーションに生じる障害はわずかで、周囲の人はあまり気がつかないことも多いレベルです。 一方「重症」は、仕事や日常生活、他人とのコミュニケーションが明らかに困難なレベルです。 「中等症」は、「軽症」と「重症」の間に位置します。 「反復性」の場合は、特に再発防止に対する対応が重要になってきます。 「メランコリー型」は、典型的なうつ病と言われることの多いタイプです。 さまざまな仕事や責務、役割に過剰に適応しているうちに脳のエネルギーが枯渇してしまうような経過をたどるものを指しています。 特徴としては、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝(通常の2時間以上前)に目が覚める、過度な罪悪感、などがあります。 それに対し「非定型」ですが、特徴としては、良いことに対しては気分がよくなる、食欲は過食傾向で体重増加、過眠、ひどい倦怠感、他人からの批判に過敏、などがあります。 「季節型」は「反復性」の一種で、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復がみられます。 どの季節でも起こりうるのですが、冬季うつ病が有名で日照時間との関係が言われています。 「産後」のうつ病は、産後4週以内にうつ病を発症するものです。 ホルモンの変化、分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足など、不健康要因が重なることが影響していると考えられています。 (3)うつ病の原因 さまざまな研究によって分かっていることは、「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ということです。 非常につらい出来事が発症のきっかけになることが多いのですが、それ以前にいくつかのことが重なっていることも珍しくありません。 そのため原因というより、要因というほうが考え方としてなじみやすいでしょう。 生活の中で起こるさまざまな要因が複雑に結びついて発症してしまうのです。 まず、最もきっかけとなりやすい「環境要因」ですが、大切な人(家族や親しい人)の死や離別、大切なものを失う(仕事や財産、健康なども含む)、人間関係のトラブル、家庭内のトラブル、職場や家庭での役割の変化(昇格、降格、結婚、妊娠など)などが要因となります。 こうして見るだけでもさまざまな出来事が要因となりうることが分かります。 また「性格傾向」も発症要因のひとつです。 「(1)うつ病とは」で説明したように、脳のエネルギーが欠乏した状態をうつ病と考えると、義務感が強く、仕事熱心、完璧主義、几帳面、凝り性、常に他人への配慮を重視し関係を保とうとする性格の持ち主は、エネルギーの放出も多いということになります。 努力の成果が伴っているうちはエネルギーの回復もみられますが、成果が出せない状況が生じたり、エネルギーの枯渇が起これば発症の危険が高まります。 その他、「遺伝的要因」、「慢性的な身体疾患」も発症要因のひとつです。 これらの要因によってうつ病を発症している時、脳の中はどうなっているでしょうか。 最近の研究では、脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じているという考え方で一致してきています。 脳の中では神経細胞から神経細胞へさまざまな情報が伝達されます。 その伝達を担うのが「神経伝達物質」というものです。 なかでも「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といわれるものは、人の感情に関する情報を伝達する物質であることが分かってきました。 前述のさまざまな要因によって、これらの物質の機能が低下し、情報の伝達がうまくいかなくなり、うつ病の状態が起きていると考えられています。 (4)うつ病の前兆の状態 まず、うつ病の主要な症状である「憂うつ感」の特徴を確認しておきましょう。 何をしていても憂うつな気分を感じてしまいます。 うつ病になっていると楽しめないどころか、疲労感ばかりが増してしまいます。 うつ病はこうした症状が2週間以上継続する状態をいいます。 早い時点で自覚できれば、発症を未然に防げる可能性も高くなります。 ただ、こうしたうつ病を代表とするメンタルヘルス疾患は、生活習慣病にもたいへん類似しており、日々生活をしている中でなかなか自覚しにくいという難しい点があるのも確かです。 そんな中で、自覚しやすい症状に注目するという考え方があります。 そもそも生命体にとって、たいへん大切なものがふたつあります。 ひとつは食べること。 エネルギー補給です。 そしてもうひとつが、エネルギー充電である睡眠です。 「疲れているのに眠れない」となると、充電は底をつき自然治癒力が減少し不健康な方向へ進んでしまいます。 最近では、現在不眠がある人は不眠のない人に比べ、3年以内にうつ病を発症するリスクが4倍になるなど、不眠とうつ病の関連性を示す研究報告が多く、注目されています。 睡眠に注目する利点は、自覚しやすい点です。 寝つきに30分以上かかる、途中で何度も目が覚める、朝やたら早く目が覚める、熟睡感がなくなる、などに気がついたら、まずは生活習慣を見直してエネルギーが底をつくのを防ぎましょう。 具体的には、仕事の仕方を再検討する、就床前4時間のカフェイン摂取を避ける、ぬるめのお湯での入浴や音楽などでリラックスする、目覚めたら日光を取り入れる、趣味など自分のための時間を確保する、休日の過ごし方を工夫する、などがあります。 (5)うつ病の治療 うつ病の治療には、「休養」、「薬物療法」、「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱があります。 こころの病気の治療は特別なものと考えがちですが、じつはこの治療の3本柱は身体疾患と基本的に同じです。 たとえば骨折を例にとってみますと、骨が折れてしまった場合には、患部をいたわりギプスを巻いてあまり使わないようにします。 これが「休養」にあたります。 しかし腫れや痛みといった症状がひどい場合には、休養もしっかり取れません。 そこで鎮痛剤を服用することになります。 このように苦痛な症状を軽減し休養を有効に取りやすくすることによって、自然治癒力を引き出そうというのが「薬物療法」です。 最後に、骨がまた折れることがないよう、再発予防を考えます。 強い骨にするために日常生活でもカルシウムを多く摂取するように心がけるなど、生活習慣上の対応を考えていくのが「精神療法・カウンセリング」にあたります。 では、治療の3本柱について具体的にみていきましょう。 うつ病は脳のエネルギー欠乏によるものですので、使いすぎてしまった脳をしっかり休ませるということが治療の基本といえます。 先ほど骨折を例にあげましたが、骨折でも軽いひびが入っている状態と完全に折れている状態では休養の仕方が違うのと同様に、うつ病の治療における休養も、仕事を軽減する・残業をしないというレベルから、仕事を休んで療養する、というレベルまでさまざまです。 自宅療養をしていても家族に申し訳ない気持ちで過ごしていると落ち着かない、というような場合には、軽症であっても一時的に入院するのがよいこともあります。 また、「(3)うつ病の原因」の最後に述べたように、脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じています。 そのため、脳の機能的不調を改善し、症状を軽減するために薬物療法が行われます。 薬に頼ることに抵抗感をお持ちになる方もいらっしゃいますが、身体の病気と同様に、「脳という臓器」がエネルギー欠乏の状態による障害が起きているため、薬を使用すると考えてみてはいかがでしょうか。 うつ病には、「抗うつ薬」という種類のくすりが有効であると考えられています。 抗うつ薬によって、「人格が変わってしまうのでは」、「自分ではなくなってしまうのでは」という不安や恐怖を感じる方がいらっしゃいますが、もともと自分が持っているセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が有効に機能するようサポートするのが、抗うつ剤の役割です。 具体的には、もともと自分の脳内の神経細胞内にあるノルアドレナリンやセロトニンなどが、神経細胞と神経細胞の間で多くなるよう働きかけます。 ただ、抗うつ薬は即効性のある薬ではないため、効果が現れるまでに少し時間がかかります。 効果の発現にはおおむね2週間くらいとお考えください。 時にすぐに効果が現れないからと服薬を中断してしまう方いますが、主治医の指示に沿って一定期間継続することが大切です。 最近の抗うつ薬は副作用も少ないものが開発されていますが、眠気、胃腸症状などを自覚することがあります。 副作用の特徴としては服薬開始の1週間ほどに感じやすく、徐々に軽減することがほとんどです。 ですから最初の1週間は効果の発現も明らかでないので、副作用のみを感じやすい時期ですが、副作用がつらい時には専門医に相談してください。 前記の「(4)うつ病の前兆の状態」でも述べましたが、多くのうつ病患者さんは不眠を伴っています。 また、不安感や恐怖感などで苦しんでいる方もおられます。 これらの症状には睡眠導入剤や抗不安薬(精神安定剤)などが併用されることは珍しくありません。 これらの薬物は抗うつ薬と違って即効性がありますので、服用後から効果が現れます。 抗うつ薬で環境要因は解決しませんし、ましてや性格傾向も変わりません。 精神療法・カウンセリングは、主に再発予防という観点が中心となります。 同じような状況の中で、うつ病が再燃・再発しないように、ご自身の思考パターン・行動パターンを見直すということになります。 精神療法・カウンセリングの中には「認知行動療法」、「森田療法」、「内観療法」などさまざまな治療法がありますが、共通している点はご自身の中にある「生きる力」を見出す点です。 重要なこととして、精神療法・カウンセリングは心の専門家が一方的に行うものではなく、患者さんが専門家とともに考えていくという自主性が必須となります。 骨折を例に前述しましたが、医師が食事指導を行った際、大切なのは患者さんが食生活習慣を改善する意志と行動であるのと同じです。 (6)うつ病の予後 うつ病は治療を始めればすぐに治療が終わるというものではありません。 骨折など病院に通う必要のある身体疾患と同じように、治癒していく過程にはある程度の期間が必要になります。 治っていく経過も、良くなったり、悪くなったりという小さな波をもちながら、階段をゆっくりと1段ずつ上るように改善していきます。 そして、うつ病の8割ほどはほとんど以前の元気が回復している状態=「寛解」状態を迎えることができるとされています。 治療の期間は、「急性期」、「回復期」、「再発予防期」と大きく3つの期間に分かれると考えられます。 急性期にいちばん重視すべきなのが休養、回復期は薬物療法、再発予防期は精神療法・カウンセリングとなります。 つまり、それぞれの期間の重点は治療の3本柱にも相当すると考えてよいでしょう。 「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ので、3つの期間がそれぞれどれくらいの時間を要するかは、状況によってたいへん幅があります。 急性期が1か月~3か月、回復期が4か月~6か月、再発予防期が1年~、というのが典型的なうつ病の場合の大まかな目安となります。 もちろん軽症で早期に治療を開始した場合には、より早く再発予防期に移行することが可能となります。 生活習慣病と同様、早期に対応することが重要であることは変わりありません。 最後に大切なことをひとつ述べます。 それは「元気が回復してもすぐに薬は止めない」ということです。 「回復期」の途中で寛解の状態を迎えます。 その時自己判断で薬を止めてしまう方が珍しくありません。 その結果せっかく寛解まで来たのに再発してしまうことがあるのです。 薬を減らしていくタイミングは主治医の先生によく相談することが大切です。 長期の服用は心配だと思いますが、この点は、血液のデータが改善しても生活習慣が改善していなければ、服用を止めると生活習慣病は再発するのと似ています。 根気強く「再発予防期」を過ごすことが大切なのです。

次の

うつ病になっても楽しめたもの

うつ病 カフェイン

Contents• 普段飲んでるコーヒーの凄さ 僕たちが普段何気なく飲んでいるコーヒーって、実は色々と効能や効用があるんです。 コーヒーは、風邪をひいた時に飲むと良いと言われているぐらいなんです。 それぐらい効用が効能があります。 前にテレビ番組でやっていたんですが、エジプトではコーヒーにレモンを入れて飲むと腹痛や下痢をした時に効くと言われています。 色々な症状緩和ができるので、万能薬と言っても過言ではありませんね! 僕もコーヒーが大好きなので、1日1杯は飲んでいるぐらいです。 コーヒーってすごいですよね! なぜ、ここまでコーヒーがすごいのかを解説します! 主にカフェインがもたらす作用だ。 それでは、なぜ危険なのかを解説しますね。 覚醒作用 コーヒーを飲むと眠気が取れますよね? このカフェインの覚醒作用は、仕事を頑張る人や寝てはいけない時には非常に有効に作用されます。 しかし、僕の様なうつ病患者にとって覚醒作用はデメリットになります。 僕もコーヒーが大好きなので、時間も気にせず飲んでしまって、夜眠れなくなってしまうなんてこともあります。 1日だけならまだしも、毎日コーヒーを飲んでしまうと寝れない日が続きます。 これが 危険なんです。 うつ病患者にとって、睡眠はセロトニン生成をする時に欠かせないものなので、睡眠の質を落としてはいけません。 睡眠の質を落とさない為には規則正しい生活と、6時間以上の睡眠、リラックスした状態での入眠が必要なんです。 コーヒーを飲むと覚醒作用が起きて、リラックスした状態での入眠が出来ず、眠気も無くなって6時間以上の睡眠も取れなくなり、規則正しい生活ができなくなります。 そうなれば、うつ病の回復も遅くなりますし、場合によっては悪化なんてこともあります。 ものすごく危険ですよね? 興奮状態 コーヒーを飲むと神経を刺激して興奮状態になりやすくなります。 うつ病は脳の病気なので、神経が不安定なんです。 不安定な神経が興奮状態になると、自分の体調が悪いのに気づかず、無理をして行動したりしてしまうこともあります。 興奮状態が覚めたら一気に脱力して動けなくなったりと。 自分のリズムを作れなくなる可能性があります。 自分のリズムが取れなくなると、規則正しい生活ができなくなるので、うつ病の悪化に繋がります。 もうコーヒーを飲むなってこと? うつ病患者はコーヒーに危険な作用が含まれているということを認識しないと危ないと思います。 コーヒーを飲まないって選択も取らざるを得ないかもしれません…。 これで安心してコーヒー飲めるね。 時間 コーヒーを夜飲むと寝れなくなりますよね? うつ病患者が怖れているのは、コーヒーの覚醒作用で寝れなくなり、 質の良い睡眠が取れなくなると言うところです。 「だったら、覚醒作用の持続時間を調べて逆算すればいいじゃん!」 ということで、コーヒーの覚醒作用の持続時間を調べてみました。 持続時間は、 なんと5時間~7時間ぐらいです。 けっこう長いんですね! 例えば、僕は夜10時に寝ますw (健康優良中年) そこから逆算すると、「午後3時までは、コーヒーを飲んでよし!」ということですね。 コーヒーを飲むなら、朝~午後3時までに飲めば、コーヒーの覚醒作用で睡眠の質を落とすことは無いということです。 結論:うつ病の人がコーヒーを飲むなら、寝る7時間以上前に飲みましょう! 量 うつ病の発症リスクは、コーヒーを飲めば飲むほど低減することは研究で知られています。 しかし、既にうつ病の人は逆です。 飲めば飲むほど体調が悪化する可能性があります。 もちろん、コーヒー自体も効用や効能があり、すごく身体に良いものではあるんですが、飲み過ぎはよくないです。 「じゃあ、実際にどれ位の量なら良いの?」と疑問を感じますよね? 実際に、コーヒーは杯なら大丈夫なのかですが、結論から言えば、3杯までです。 僕は朝、昼とコーヒーを飲みますが、3杯以上は気持ち悪くなります。 ちなみに、コーヒーについて調べてみたら、コーヒー一杯のカフェインの含有量は60mgらしいです。 気をつけるべきは飲む時間と量だね! 終わりに うつ病でも、僕の様にコーヒーが好きな人はたくさんいるはずです。 しかし、コーヒーは飲み方を間違えてしまえば、僕たちにとって驚異になることは知っておくべきです。 コーヒーの香りはリラックス効果があるので、うつ病には効果ありそうですが、カフェインやその他に含まれている成分がうつ病との相性はあまり良くないんです。 知らずに、コーヒーを飲んでいて、うつ病が悪化して不安や動悸などが出てしまってたなんてこともあります。 今回も閲覧頂きありがとうございました。

次の

カフェインは、自律神経失調症・うつにとって悪の成分なのか?

うつ病 カフェイン

カフェイン中毒(カフェインちゅうどく、: caffeine Poisoning)は、によって引き起こされるである。 カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つによって引き起こされる。 精神性の症状は『』 DSM-IV-TR では、同じく カフェイン中毒 caffeine intoxication として診断コード305. 90に分類される。 死亡例は少ないが、まれに報道される。 カフェイン依存 caffeine addiction は、カフェインの使用を止められない状態である。 DSM-IV-TRでは実際にやを満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 過剰摂取によって深刻な急性中毒が生じることがあるが、、、、、、などカフェインを含む食品の常用によることが多い。 カフェインを含有するこれらの飲料からカフェインを除去した「」が存在する。 軽微な中毒 [ ] 精神障害に分類されるカフェイン中毒 intoxication について記す。 しかし、さらに診断基準Cの著しい苦痛や社会や職業的な機能の障害があるという、な場合がカフェイン中毒である。 世界保健機関による『』ではF15. 0カフェインや他の精神刺激薬による急性中毒で、診断基準はない。 症状 [ ] 次に、毒性作用による中毒 Poisoning について記す。 一般的な成人では、1時間以内に 6. 後者の場合、重症になる確率が高い。 神経圧迫による視覚異常や聴覚異常は確認されている。 カフェインが体内から、され、効力を失えば症状は改善する。 カフェインを分解する酵素(CYP1A2や)を阻害する薬物などと併用した場合、カフェインの代謝が遅れ、症状が長引くことや悪化することがある。 通常死亡には至らない。 しかし、短時間の過剰摂取、および急性中毒で緊急搬送されたり、それにより稀に死亡するケースが報道されている。 常用中毒による日本最初の死亡報告例として、2015年にはの20代男性がカフェイン中毒とみられる症状で死亡していたことが報道された。 日本中毒学会の調査によると、2011年-16年の5年間に日本国内で3人がカフェイン中毒により死亡している。 精神症状 落ち着きがなくなる、緊張感、感覚過敏、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、一時的なを生じる。 重症になると、精神錯乱、妄想、幻覚、幻聴、パニック発作、取り乱す、衝動性などが現れ、酷いと行為に及ぶ場合まである。 神経質な人や、、などを患っている人は重症化しやすく、症状の悪化をきたしやすい。 身体症状 胃痛、胸痛、、などの症状、の増加(時に) 、収縮の促進、、血流増大、動悸、呼吸が速くなる、頻尿など、の症状のほか、一時的な筋骨格の持久力増進、、むずむず感を生じる。 重症化すると、足がつるなどのを起こし、歩行が困難になる。 また、拡大や顔が赤くなったり、頭痛を引き起こす。 治療 [ ] 重篤な状態に陥るのは、などによって急性中毒を起こした場合である。 カフェインには特異的な解毒剤や拮抗薬はないため、血中濃度を低下させるを行って時間と共に回復を待つ。 重症で緊急を要する場合は救急病院に搬送後、または冠疾患集中治療室にて全身管理を行い、各致死的症状に対応しなければならない。 および 、 が有効な場合もある。 危機的中毒量を摂取している場合、全身痙攣や重度の不整脈、精神運動の過剰亢進でやを起こしていることが多い。 まずの痙攣による呼吸不全を防ぐため、や薬の投与と酸素吸入で急速対応する。 また、重い不整脈に対しては心拍を監視して心室細動に注意を払うほか、各精神症状を緩和する。 中毒患者にとってはこの症状が最も不快であることが多く、興奮や不安などの症状には静注などで緩和すると良い。 それでも十分な効果を得られない場合は、などの追加投薬などで対応する。 この際、ドパミン拮抗型の鎮静剤()は使用しない。 バイタルが正常に戻り、医師が大丈夫と判断した場合は対症療法は終了するが、入院して十分に体を休め、点滴静注で栄養補給や心身のバランスを整える。 予後 [ ] 重症に至らず、中毒者の心身から不快感が消失したならば、経過観察と休養で良い。 多くの場合、精神的、肉体的に状態となっていることが多いため、栄養を取って心身を休ませることが第一である。 嗜癖 [ ] カフェインの強迫的な使用は、ほぼ無害であるため、ほぼ正常の範囲である。 DSM-IV-TRでは、強迫的な使用の兆候はあるが、実際にやを満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 市販の鎮痛薬に含まれるカフェインや他の成分の依存や離脱症状がの発症に寄与する。 離脱症状 [ ] 摂取を中断した場合のとしては頭痛が一般的であり、12 - 48時間以内に出現し、2 - 4日以内に消退する。 他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安、抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、吐き気 嘔気 、カフェイン摂取の渇望などがある。 禁断性のに対しては鎮痛薬で対応できるが、通常短期間(数日)のうちにすべて治まる。 のには、カフェインも含まれている場合がある。 DSM-IV-TRでは、実際にデータが集まってきてはいるものの、離脱の診断名は用意していない。 言い換えれば、より以前のDSM-IIIには、カフェインをなしにするのが困難となるのはごく少数なので、診断分類はないとしている。 しかし、離脱中の日中の眠気など、カフェイン誘発性過眠症については記載されている。 カフェイン離脱は、における診断名である。 薬理 [ ] カフェインは受容体に拮抗するために覚醒作用を起こす。 神経細胞へ直接刺激するのではなく、脳中枢の抑制回路を弱めることで覚醒作用を起こすため、と違って間接的である。 心筋や骨格筋を刺激し、運動機能を亢進する働きがある。 腎血管を拡張させ、での水分の再吸収を抑制するので、利尿作用を起こす。 また、に取り付いてその作用を抑制しているアデノシンの働きを、カフェインが妨害するために頻尿になるという説もある。 カフェインを摂取してから血中濃度が最高に達するまでは0. 5 - 2時間、血中消失半減期は4. 5 - 7時間である。 中毒症状発現量と致死量の差が狭く、生物に対する毒性は強いとされるが、ごく普通に身近に存在し、さまざまな用途や場面で人体に摂取されている。 これは猫などの一部の生物や哺乳類に対する毒性は極めて強いが、ヒトに対しての毒性は低いためである。 228-231. 2014年6月25日閲覧。 2015年12月21日. の2016年5月23日時点におけるアーカイブ。 2018年5月15日閲覧。 、 世界保健機関 1992 pdf. World Health Organization. 2017年6月13日. 2018年4月13日閲覧。 Am J Clin Nutr March 2005 vol. 81 no. 3 p. 539-540• 日本臨床救急医学会雑誌 Vol. 17 2014 No. 5 p. 711-715, :• 日本救急医学会雑誌 Vol. 20 2009 No. 12 P. 941-947, :• 柴田護、鈴木則宏「」 pdf 『日本内科学会雑誌』第96巻第8号、2007年、 1634-1640頁、 :。 小川直志、植木啓文、『カフェイン依存 特集 薬物依存症--薬物依存症のトレンド 』 日本臨床,68 8 :1470-1474,2010,• 『DSM-III-R 精神障害の診断、統計マニュアル』、高橋三郎訳 、1988年、151頁。 , pp. 625. Matt Peckham 2013年5月31日. Time. 参考文献 [ ]• 、 翻訳 高橋三郎、、染矢俊幸『DSM-IV-TR 精神疾患の診断、統計マニュアル』、2004年、新訂版。 関連項目 [ ]•

次の