草野マサムネ 甥。 草野マサムネ、炊飯器の『タイガーらんらんら~ん炊き立て♪』が楽しみ?ファン「かわいすぎない?」と悶絶

スピッツの現在【メンバー,ボーカル草野マサムネ】年収,病気,結婚,死亡,崎山龍男,三輪テツヤ,田村明浩

草野マサムネ 甥

spitz(スピッツ)とは スピッツって、どんなバンドかというと。 草野マサムネ Vo 、三輪テツヤ Gt 、田村明浩 Ba 、崎山龍男 Drms の4人バンド。 1991年にメジャーデビューし、以来 「空も飛べるはず」、「ロビンソン」、「チェリー」などのヒット曲をリリースしている 日本を代表するロックバンドのひとつです。 チェリーなんて、いまだによく歌われたりするもの。 練習曲としてもいいと思います。 コードも簡単なので、弾き語りにも。 2007年に20周年を迎え、 2011年にメジャーデビュー20周年となったとのことで、 すると、今年(記事更新時は2017年)は30周年! ということで、30周年記念ライブのDVD、Blu-rayも発売されていたり。 最低音がmid1F (Aメロ「『か』わらの道をー」) 最高音がhiC (サビ「『ル』ーララー」裏声で) ですね。 裏声でhiC の最高音ですが、 地声でもhiBあたりまで出している(サビ「ふた『り』だけの『く』に」) という、どっから声出してるんだぐらいの声です。 これだけの高い声を、それほど力を入れずに出せているような声をしているので、 僕も子供ながらに衝撃を受けて、声変わりして高い声が出せなくなったことを嘆いたりしました。 草野マサムネさんの歌唱力1 高い声の出し方? どうやってこんな高い声を出すんだ、ということなんですが。 Bメロからサビに上がっていくところ「作り上げたよ」、そしてサビの入り「誰も触れない」にかけて、 それまでのAメロ、Bメロよりも声のトーンが上がっています。 Aメロ、Bメロはほんとに力を抜いて歌っている感じがありますが、 サビに入ってからは声の張りが出てきているような。 要は、声の出し方が明らかに変わっているわけですね。 世間に通りやすい言葉でいうと「ミックスボイス」が出せている、ということになるでしょうか。 無理にのどを締めずに、芯のある響きが豊かな声です。 例えばこれを、声を当てる位置、ということで説明すると。 Aメロ、Bメロは顔の前に声を当てるように、 目の前の人に語り掛けるような感じで声を出しているのに対し、 サビに入ってからは頭のてっぺんに声を当てるイメージ。 天井に声を響かせて、反響させて周りに声を届けようとするイメージで出す。 そんな感じでしょうか。 ロビンソンという曲の凶悪さ この曲の何が凶悪って、 サビの「誰も触れない」のひとフレーズ取ってみても、 「だ」が高音になったと思いきや、「れも」が下がって「触れない」でもう一回上がってくる。 音程の上下運動の激しさよ。 あげく、hiBが何度も出てくるから裏声に逃げよう!と思っても その後すぐに低音に落ちるから、裏声に逃げるのも難しいという。 よくこんな歌作ったわ。 神か! 草野マサムネさんの歌唱力2、アンニュイな歌い方 草野マサムネさんのもう一つの特徴として、アンニュイな雰囲気の歌い方です。 特にAメロ、Bメロは力を抜いているように歌っている、と書きましたが、 気だるい、悪く言うとぼんやりとした歌い方になっています。 これは、いい感じに 息を漏らしているのと、声の響きを こもらせていることによります。 そのあたりは、こちらの記事も参考にしてみて下さい。 声を出す際に多めに息を吐くことで、声質を柔らかくしてあげている、というのと、 口の開け具合によって、明るく響くような声というよりも少し暗めに響く開け方をしている、ということです。 フォールの多用 アンニュイな歌い方に付随してですが。 フォールを多用しています。 これ、マサムネさんの歌い方でよく勘違いされがちなんですが、 全部が全部フォールしているわけではないということです。 また、次の音へなめらかにつなげているため、不自然なフォールになっていません。 この絶妙な落とし具合、繋ぎ具合も、草野マサムネ流という感じがします。 最近の草野マサムネさん 最近の曲でいうと 「醒めない」 ロビンソンの頃ほど高音!!という印象は最近はなくなったような気もしてます。 最低音:mid1D (出だし「『お』ぼえていて」) 最高音:mid2G (サビ「まだまだ『さめな』いあた『まん』なかで」) という感じですね。 昔ほど高くはない、とは言え、 それでもmid2G は低くない音程です。 一般男子にはなかなか届かない音域。 ずっと30年近く、印象変わらず歌い続けられる草野マサムネさんがスゴイ。 と僕は思いますです。 どうやったらこんな高い声がでるの? さて、どうやったらこんな高い声が出せるねん、 という話ですが。 まぁ、極論をいうと「練習しろ!」という話ですがw 声の当てる場所を工夫しつつ、 できるだけ喉に力を入れずに 声を出せるように練習してみるのが良いと思います。 例えば、 こういう発声練習で、 段階を踏んで高い音を出していく、とか。

次の

スピッツ草野マサムネが「ズルいなと思っていた」バンド名…90年代後半「危機感を持った」楽曲とは!?

草野マサムネ 甥

草野マサムネの現在は活動休止って本当!?画像はあるの? 草野マサムネさんが所属するスピッツはテレビに出演されることが少ないので、活動休止の噂が立ってしまうこともあるようです。 もちろん活動休止したという情報はありませんが、現在どのような活動を行っているのでしょうか? まず、スピッツとしては2016年以降シングルは発売していません。 2016年4月27日、41stシングル「みなと」を発売し、7月27日には15thアルバム『醒めない』をリリース。 スカンジナビアvol. 草野マサムネ from SPITZ、Dr. 鈴木英哉 from Mr. Children、Gt. 喜多建介 from ASIAN KUNG-FU GENERATION、Ba. 是永亮祐 from 雨のパレード 現在も精力的に活動されているんですね!! 草野マサムネさんの現在の画像がこちらです。 こうした歌詞を書くためには、人生で多種多様な経験をしていなければ書けないことが多いのですが、草野マサムネさんの書く歌詞はとてもセンスが良いという特徴がありますよね。 しかも、センスの良い歌詞がメロディと一緒に心地よくスッと耳に入ってくるので、聞いている人を虜にしてしまうというわけです。 その 唯一無二の歌声は、スピッツが長きにわたって愛される要因でもあります。 でもそれでは伸びやかな高音はどうしても出づらくなってしまいます。 草野マサムネさんの歌う姿をみると、どんな時も自然体で歌っているように見えますよね。 これは、肩の力が抜けてリラックスしているのです。 確かに無理して声を出している感じは全然しないですよね!! 草野マサムネの声の秘訣:アンニュイさ さらに草野さんの歌い方の特徴としては、息を多く吐いて、声を全身に響かせるイメージで発声しているということ。 これにより、草野さんならではの自然なヴィブラートがかかったアンニュイな歌声になるのです。 しかし、草野マサムネの口からは特別意味があるものではないことが明かされており、 結婚指輪ということは否定されています。 確かに結婚指輪だったら一般的には左手の薬指にはめますよね。 そのため、この指輪も複数の種類が確認されているようです。 また、 指輪の中には過去の彼女からもらったという噂や祖父の形見という話もあるようです。 ずっと同じ指輪をはめているわけではないんですね。 スピッツのライブなどで必ず指輪をつけているというわけではなく、スピッツとしてステージに立っていても つけないことはあるようです。 複数の指輪があることから、おしゃれなのかそれぞれ何か縁があるものなのか気になるところです。 草野マサムネさん自身も特別意味があるわけではないとおっしゃっているように、単にファッションとしてつけている可能性が高そうですね!! これからも、草野マサムネさんに注目ですね!!.

次の

草野マサムネはどんな高校時代を過ごしていた?草野の母校の高校偏差値は?

草野マサムネ 甥

軽やかで息っぽい声 なんとなく常に息をまとったような声じゃないでしょうか。 平たく言えばちょこっとハスキー。 声帯をほんの少しだけ閉じて、通常よりほんの少しだけ息を吐くことで、ちょこっとハスキーになります。 声質は「重い・硬い」というよりは、「軽い・柔らかい」感じなので、喉仏は下げないようにしましょう。 もう喉仏はほったらかしで良いです。 あと低音域においては声を口の中で留めるイメージで、高音域へ向かうに従って鼻の後ろ目掛けて声を流すとマサムネさんっぽくなるように思います。 ちなみにマサムネさんの歌声は話し声とさほど変わらないので、マサムネさんの話し声が聴ける動画を頼りに、話し声を真似ることから始めても良いかと思います。 無駄な力が入っていない マサムネさんの歌声を聴けば分かりますがCDにせよライブにせよ、声を振り絞ったり、叫んでいるような声の出し方をしている様子は一切無いですね。 映像を観ても眉間にシワ寄せたり、体をブンブン動かしたりせず、いつも涼しい顔で歌っています。 なので熱っぽくならずに、極力クールな姿勢を保つことが必要です。 具体的に言えば声は決して張らないよう心掛けましょう。 マサムネさんはダイナミクスの変化がほとんど無いので、声量を一定にすることが大きなポイントかと思います。 それと口の開きを最小限にすること。 映像を観ると分かりますが、マサムネさんはどんなフレーズや音域においても、口の開き具合が狭いです。 口の開きを抑えることによって、過剰な呼気を抑えやすくなりますし、過剰な呼気を抑えることで、発声が安定しますし、発声が安定することでクールなテンションを保ちやすくなります。 これに関しては、1番サビ「ささやかな よろこびを」のフレーズが練習に最適です。 「 よろこ」は母音が同じなので口の開きを抑えやすいのと、スピッツ最大の課題である高音域の部分なので、「口の開きが抑えられない。 抑えられても肝心の高音域では開きが大きくなってしまう」と言う場合は、このフレーズを足掛かりにすると良いかと思います。 実際、映像においてこのフレーズを歌っているマサムネさんの映像を観てみてください。 口が全く動いてない様子が観られます。 あと細かい点ではありますが、上唇(上顎)がほとんど動かず、基本的に下唇(下顎)を動かすことで口を開けているように見えます。 なので口の開き方としては、上唇(上顎)を使わず下唇(下顎)を使いましょう。 平たく言えば、上の歯が見えたり隠れたりしないようにしましょう。 見えたり隠れたりするってことは、上唇(上顎)が動いているってことなので。 浅めの発音 どの子音も口先の方というか、前歯の近くというか、口の中の浅いポジションで作られているイメージです。 分かりやすい子音だと「t」「d」でしょうかね。 「t」と「d」は舌の前辺りを上顎に付けて息をせき止め、解放することで生じた息の勢いに母音が乗ることで発音される子音です。 そのため息が勢いよく飛び出すことで、破裂音のような音が生じるかと思います。 マサムネさんの場合、この破裂音が比較的小さいように聴こえます。 このことから舌の動きが少なめかと思われます。 そのほか舌の動きが大きい「r」も、割合発音が弱いような気がします。 「n」も舌が上顎にくっつく子音ですが、「t」や「d」に比べ浅いポジションなのでそれほど影響は出ていないように思います。 試しに「た」と「な」を発音して、舌のポジションの浅さと深さを比較してみてください。 逆に舌が大きく動かない「k」や「s」では、「k」の破裂音や「s」の息の流れている音がよく聴こえます。 これら舌のポジションの件はとても微妙な点なので、聴いてもはっきりとは分からないかと思います。 なのでつべこべ言わず、実際に口の前辺りで発音をするつもりで歌ってみてください。 各子音を発音する際に生じる動作を大げさに動かしてハキハキと発音するよりは、遥かにマサムネさんっぽくなるはずです。 いわゆるフォールというやつですね。 ただしサビにおいてはこの特徴がほとんど見受けられません。 なので曲調が落ち着いている部分や低音域において、フォールさせると良いかと思います。 (どこでフォールするかは曲やライブによって変わりそうですが) 語尾の処理としてフォール以外にビブラートやブツ切り、フェードアウトなどもされています。 語尾を裏声にして音程を上昇させる「ヒーカップ」は使っていないので、別の言い方をするならば「語尾の処理にはヒーカップ以外を使う」とも言えます。 まとめ• 声帯をゆるく閉じて呼気をゆるく流す• 声量を一定にする• 口の開きは最小限• 舌の動きは抑えめ• 語尾の処理はフォールを多めに.

次の