御社 貴社 違い。 「御社」と「貴社」の違いと使い方の例文|ビジネスメール/就活

【御社と貴社の違いとは】就活生が知っておくべき使い分け方を紹介

御社 貴社 違い

エントリーシートを書くときに、「御社」か「貴社」なのか戸惑うことは就職活動を始める上で、一度は経験するものです。 この2つの言葉は、意味合い的には同じなため、厳密にはどちらも間違いではありません。 しかし、正式には「貴社」という言葉が古くから相手を敬う言葉として扱われてきました。 そのため、エントリーシートといった書類上では、「貴社」という言葉を用いましょう。 もちろん、書類上でも「御社」という言葉を使用することは、間違いではありません。 「御社」と書類上に記載したため、選考に落ちることも心配する必要はありません。 ただし、採用担当者も、書類上では「貴社」という言葉を見慣れているはずです。 読み手への配慮という意味でも、やはり「貴社」を使用する方が無難です。 よほど、何らかのこだわりがない限りは、書類上では「貴社」と書きましょう。 使用する言葉を統一させることが重要 「御社」と「貴社」が、言葉として同じ意味を持っているため、エントリーシートではどちらを使用しても間違いではありません。 しかし、この2つをエントリーシートの文章内で同時に使用してはいけません。 どちらの言葉を使用するにしても、書類内で表記を統一させるように注意しましょう。 大前提として、同じ書類内で「御社」と「貴社」が使用されていては、とても読みにくい文章になります。 また、「御社」と「貴社」という2種類の言葉を使用することで、何を示しているのか分かりにくくなってしまいます。 一般的に、この「御社」と「貴社」は、選考を受ける企業に対して使用する言葉です。 読み手である採用担当者からすれば、意味が同じ別の言葉を同時に使用しているのは、別の企業のことまで示唆しているのかと不必要な勘繰りまでしなくてはならなくなります。 昔は「御社」という言葉は存在しなかった もともと相手の会社を表現する尊称は「貴社」でした。 しかし、「きしゃ」という言葉には「帰社」や「記者」など同音異義語が多いため、混同や聞き間違いを避けるために「御社」という言葉が使われるようになったのです。 つまり「御社」は、その発生から考えても「話し言葉限定」ということになります。 一方「貴社」は、もともと相手の会社の唯一の尊称だったわけですから、当然、話し言葉にも書き言葉にも使われていました。 ですから、主にエントリーシートや履歴書などの書き言葉として使われるようになった現在でも、話し言葉に使ってもOKということなのです。 人気企業内定者のESを覗き見! 人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。 内定者の回答から、 考え方、アピールポイントを学んでみましょう。 では、なかなか見ることのできないESを100社分掲載しています! ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、資生堂など、就活でも人気が高い企業のESを見ることができるため、内定者の回答だけでなく設問確認がしたいという就活生にもおすすめです。 エントリーシートで相手の会社を表現する際は「貴社」を使うのが基本になります。 しかし、実は「貴社」は万能な言葉ではないのです。 というのも、「貴社」の「社」が会社を表現しているからです。 つまり、「会社以外の団体や組織を『貴社』と呼ぶのはおかしい」ということなのです。 「貴社」は書き言葉 「貴社」という言葉の「貴」は、相手に対する尊敬や尊重を示しています。 そこに相手の属する言葉を添えることで、相手に対する敬いを表現しています。 相手の所属する組織によっては、添えられる言葉が変化します。 そのため、どのような場面でも、「貴社」という言葉が万能に使用できる訳ではないことも覚えておきましょう。 例えば、銀行であれば「貴行」、学校であれば「貴校」といった変化をします。 就職活動中や社会に出た後にも、こういった言葉の変化がされることは覚えておきましょう。 民間企業であれば、「貴社」でほとんど通じます。 しかし、民間企業と同時に公務員の試験を受けることを希望している人は、特に注意しておきましょう。 公務員は、企業ではないので、志望先ごとにどのような言葉が当てはまるのか調べれなければなりません。 「御社」は話し言葉 「貴社」が正しい敬語の言葉として、長く使用されてきました。 しかし、「貴社」という言葉との同音異義語が多く、混同してしまいがちです。 そこで、間違いをなくすために生み出されたのが、「御社」という言葉です。 そのため、話し言葉として「御社」を使用するのが、現在の一般常識になっています。 これは、就職活動でも当たり前のことになっており、面接中に企業について言及する時は、「御社」と言いましょう。 面接中に「御社」と「貴社」を間違えて言ってしまわないか、心配な人が出来る対策方法が、1つだけあります。 それは、繰り返し「御社」という言葉を口に出してみるということです。 「御社」と「貴社」という言葉に共通するのは、どちらも普段から口にする機会の少ない言葉であるということです。 そのため、面接を迎える前の期間に、入浴中や就寝前といった一人の時間に「御社」と声に出して口と耳で慣れておきましょう。 面接の事前に「御社」という言葉を慣れさせておくことで、自然と「御社」と「貴社」を間違える心配がなくなります。 人事は黙って切り捨てる!あなたのマナーは大丈夫? 就活ではエントリーシートの書き方以外にも、細かいマナーが沢山あります。 マナー違反をすると、 指摘されることもなく、黙って落とされてしまうでしょう。 そこで活用したいのが、「」です。 マナー力診断を使えば、 24の質問に回答するだけで、「身だしなみ」「電話・メール」「履歴書の書き方・送り方」など、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。 「貴社」という言葉なしに、エントリーシートを書くことは難しいです。 特に、志望動機などでは、必ず相手企業のことを指し示す意味の「貴社」を使用することになります。 上手に「貴社」を使いこなすためには、様々な例文を参考にして自分なりに活用する方法を身に付けるしかありません。 もちろん、志望動機をそのまま真似するようなことをしてはいけません。 しかし、他者が書いた文章を参考にして、どのような文章を書くことが出来れば採用担当者に評価されるのか知る意欲は大切です。 エントリーシートの志望動機1 地方活性を第一の目標に掲げる貴社の考え方や事業内容に興味を持ちました。 特に、若者が都市部で働くだけでなく、地方で働く選択肢を見出すための活動に積極的に取り組んでみたいです。 私自身、高校生まで地方に住んでおり、大学から都市部に引っ越してきました。 確かに、都市部は魅力的なことがたくさんありました。 しかし、負けないぐらい地方にも魅力的なことも実感することが出来ました。 また、今後インターネットの発達によって、都市部だからこそという価値観も徐々になくなっていくと考えています。 この経験から、日本の若者が都市部ばかりに目が行ってしまう状況を打開し、地方で生きることにも魅力を感じることが出来るような社会を貴社で実現したいです。 エントリーシートの志望動機2 私は、扱う商品に応じて、全く想像も出来ないような広告を作成する貴社が持つ独自の発想力に感銘を受けました。 街中を歩いている時や、電車に乗っている時に私たちはたくさんの広告を見ています。 どれも似たような広告ばかりで、意識してみることは稀なのではないかと思います。 しかし、貴社の作成する広告だけは違います。 道行く人が、思わず2度見てしまうような魅力を放っています。 貴社の広告は、ただ宣伝を行うのではなく、どうすればその商品が人々の手に取ってもらえるのかまで考え抜かれているからこそだと思います。 私も細部にまで意識が渡るような広告を作成することが目標です。 そのために、貴社に入社し貢献することで、成長したいと考えています。 エントリーシートでは書き言葉の「貴社」を使おう 企業側がチェックするのは、ESの内容だけではありません。 内容と同時に、文字の丁寧さや言葉の使い方も、細かくチェックされます。 ESや履歴書では書き言葉の「貴社」、面接時は話し言葉の「御社」という点を把握して、正しく御社と貴社を使い分けましょう。 キャリアパークでは、人気企業内定者のES回答集を用意しました。 掲載企業数は100です。 内定を掴むためのヒントが多く隠されたES回答集は、無料で入手できます。 下記の資料を活用して、最強のESを作成しましょう。

次の

【メールの時はどっち?】御社と貴社の違い&使い分けについて!間違えたらどうなる?

御社 貴社 違い

貴社と御社と弊社と当社の違い 貴社と御社と弊社と当社の違いを分かりやすく言うと、 貴社は「あなたの会社」を意味する書き言葉で、御社は「あなたの会社」を意味する話し言葉で、弊社は社外の人に対して使う「自分の会社」で、当社は「自分の会社」を意味しているという違いです。 一つ目の「貴社」は書き言葉です。 貴という字を使うことから分かるように、相手を敬う気持ちが込められています。 「きしゃ」と読む言葉は他にも多くあり、話し言葉では混乱を生ずる可能性があることから、主に書面で使われるのが「貴社」という言葉です。 例えば、履歴書などの志望動機欄に「貴社に貢献できると考えております」と記載したり、また取引先に送付する書面などで使われる言葉です。 二つ目の「御社」は話し言葉です。 御という字は、単語を敬語にする働きを持っている接頭辞です。 意味は貴社と変わりません。 敬う気持ちで使われる言葉ですが、主に話し言葉で使われる傾向があります。 例えば就職面接で志望動機を聞かれた際に「御社を志望いたしましたのは・・・」と答えるのは定型文のようでもありますし、また取引先との商談で使われるのは貴社ではなく御社です。 三つ目の「弊社」は社外の人に対して自分の会社を言う時に使う言葉です。 弊という字は総じて悪い意味を持つ言葉ですが、その悪い意味が転じてへりくだる意を表すために用いられています。 悪い意味の字がへりくだる気持ちを表すために使われている別の言葉には「拙者」(読み方:せっしゃ)などがあります。 拙の字は「つたない、未熟な」という意味ですが、本当にそう思っているというよりも、自分を卑下して相対的に相手を高めようとしています。 四つ目の「当社」は自分の会社です。 丁寧な言葉ではありますが、当の字は「この」や「その」を意味する接頭辞なので、相手に対する謙遜の意味を含ませた言葉ではありません。 「弊社は社外の人に対して使い、当社は社内で使う」という説明をしばしば目にしますが、必ずしもそうではありません。 弊社はへりくだった意味を持つので社外の人に対して使う言葉ですが、当社も社外の人に対して使うことが出来ます。 そのため二つの言葉には厳密な使い分けはありません。 例えば「故障の際は弊社カスタマーセンターまでご連絡下さい」も「当社カスタマーセンターまでご連絡下さい」も、どちらの表記もよく見かけるものです。 また、弊という文字が日常ではあまり使われないことから「弊社は上から目線の気取った言い方だ」と誤解する人もごく僅かですが存在します。 貴社の意味 貴社とは、 「あなたの会社」を意味する書き言葉を意味しています。 御社と意味は変わりませんが、使う場面が違います。 貴社という言葉を使う場面としては、例えば履歴書に受けようとする会社のことを書く時や、取引先の企業に文書を送付する時などが挙げられます。 貴社は相手の会社を敬う念を持って使われる言葉です。 このことは、同じ貴の字を使った別の単語に、身分の高いことを意味する「高貴」、特権階級を意味する「貴族」、産出量が少ないため貴重な金属を意味する「貴金属」などがあることからも分かります。 貴社は同音異義語が多い言葉です。 例えば「記者」「汽車」「帰社」などがあります。 そのため、話し言葉では万が一の混乱を避けるために使用を控えるべきだと考えられていて、書き言葉で用いられる言葉になっています。 ただし話し言葉で使っても間違いだという訳ではありません。 貴社と御社を混在させなければ間違いではありません。 例えば「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」と書き出した文章で「御社」という言葉を使うと、統一がなくなり悪印象です。 とはいえ、貴社は書き言葉だと信じて疑わない人もいるので、そうした人達に誤解されないためにも貴社という言葉は書き言葉の中だけで使うのがベストです。 御社の意味 御社とは、 「あなたの会社」を意味する話し言葉を意味しています。 貴社と意味は同じですが、貴社は書き言葉で御社は話し言葉で用いられるという、使い方の違いは存在します。 御社の御の字は、単語を敬語にする機能を持つ接頭辞です。 この字は「お」「おん」「ご」と読まれます。 豪華な食事を意味する「御馳走」(読み方:ごちそう)や天皇の居住地を意味する「御所」(読み方:ごしょ)などに使われています。 また「お父さん」「お母さん」の「お」も、この御という字から来ています。 「御社は話し言葉で使い、貴社は書き言葉で用いる」という使い分けが一般的ではありますが、御社を書き言葉で使っても間違いではありません。 大切なのは、一貫性を持つことです。 「御社」を使って話していたのに、途中で「貴社」を使うことなどは避けましょう。 弊社の意味 弊社とは、 社外の人に向けて言う時の「自分の会社」を意味しています。 この言葉は話し言葉でも書き言葉でも使われます。 弊社の弊の字は、総じて悪い意味を持つ言葉です。 弊の字を使った言葉としては、例えば疲れて弱ることを意味する「疲弊」(読み方:ひへい)や他の物に悪影響を及ぼす物を意味する「弊害」(読み方:へいがい)などがあることを考えてみて下さい。 ただし弊社の場合、弊の字は悪い意味では用いられていません。 悪い意味が転じて、謙遜の念を表現するために用いられています。 弊は謙譲の表現を作る接頭辞です。 悪い意味の言葉を使ってへりくだる気持ちを込められている別の言葉には、自分の書いた文章を意味する「拙文」(読み方:せつぶん)や、自分の息子を意味する「愚息」(読み方:ぐそく)などがあります。 弊、拙、愚は、謙譲を示す様々な言葉に用いられています。 謙譲の意を持つ言葉なので、弊社は使い方が限定されています。 弊社は、必ず社外の人に対して使う言葉です。 例えば商談の際に自分の会社のことを表現するために使われたり、取引先の企業に送付する文面の中で用いられたりします。 当社の意味 当社とは、 「自分の会社」を意味しています。 当社は丁寧語と考えることは出来ますが、へりくだった気持ちは込められていません。 当の字は「この」や「その」を意味するだけです。 この言葉は話し言葉でも書き言葉でも使われます。 当社は身内、つまり自分の会社の従業員に対して使う言葉だと説明されることが多いです。 例えば、社長が新入社員に対して「創業以来、当社は一貫して・・・」とスピーチをするような場面や、社内に向けた通達の書面などで使われます。 しかし、社外の人に向けて当社という言葉を使うことも間違いではありません。 相手にへりくだる言葉ではありませんが、失礼な言葉ではないからです。 謙遜することがかえっておかしいと感じられる場合には、当社という言葉が使われることがあります。 当社が相手に向けて使うことが出来るということは、当社の類義語の「自社」を考えてみると分かりやすくなります。 当社と自社は指すものは変わりませんが、自社は自分の目から見た自分の会社、当社は相手の目から見た自分の会社というニュアンスを持ちます。 貴社の例文 3.末筆ではございますが、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。 この言葉がよく使われる場面としては、書き言葉で相手の会社を敬ってを表現したい時などが挙げられます。 貴社は書き言葉だと考えられています。 同じ「きしゃ」と読む言葉がいくつもあり、音声だけだと誤解される可能性があるからです。 そのため、例文1は面接ではなく履歴書に書かれた文面だと考えることが出来ます。 また例文3のように、手紙文で用いられるのも御社ではなく貴社であることが多いです。 ただし、貴社と御社は意味上の違いはありませんので、話し言葉で貴社と言っても間違いにはなりません。 とはいえ、貴社は書き言葉だと信じて疑わない人もいますので、貴社は書き言葉と覚えておくのがベストです。 御社の例文 3.弊社といたしましても、貴社とは今後とも共同で開発を行ってゆきたいと考えております。 この言葉がよく使われる場面としては、社外の人に向けて自分の会社を表現したい時などが挙げられます。 弊社は話し言葉でも書き言葉でも使われる言葉です。 弊社の弊の字には謙遜の念を込めるという使い方があるので、必ず社外に向けて使われる言葉です。 従業員向けの通達などで弊社という言葉は使われず、当社は自社といった言葉を使います。 逆に、ホームページなどで告知をする際には弊社を用いるのが通常ですが、当社や自社が使われることもあります。 また弊の字は日常あまり見ることのない言葉なので、弊社という言葉を見て「気取っていて上から目線」と誤解する人もごく僅かながら存在します。 そのような誤解を避けるために当社や自社などが場合によっては使われます。 当社の例文 3.自社ホームページの当社紹介ページを最新化する。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の会社を表現したい時などが挙げられます。 当社という言葉は丁寧語ではありますが、弊社とは違って謙譲の意味を持ってはいません。 そのため自社内で使われる言葉だと説明されることもしばしばあります。 しかし実は、社外の人に対しても使うことは出来ます。 例えば、「弊社カスタマーセンター」も「当社カスタマーセンター」も同じくらいの頻度で見かける言葉です。 当社という言葉を社外の人に対して使うのは、過度の謙遜を避けるためです。 丁寧なのは良いことですが、度を過ぎると都合が悪くもなります。 弊社という言葉はある意味で自分の会社を貶める言葉なので、当社の方が良いと考えることも出来ます。

次の

【間違いやすい】御社・貴社の違いと使い分け例文

御社 貴社 違い

「御社」と「貴社」の違い 御社と貴社が同じものを指しているということは先にお伝えしました。 次は「御社」と「貴社」の違いについて解説します。 同じものを指すのに、なぜ2つの言葉が必要なのかということがわかれば使い分けに迷わなくなります。 「御社」は話し言葉 「御社」は話し言葉として相手の会社を指す場合に使います。 この場合の話し言葉とは、相手が目の前にいる、もしくは電話の向こうに相手がいて、その人が勤めている会社のことを表すときに使う言葉のことです。 目の前の人に、その人が勤めている会社のことを話すときに「御社」という言葉を使います。 「御社では新商品が大変好調と聞いております」「本日御社へ伺います」などと使われる「御社」には、「御会社(おんかいしゃ)」という意味があります。 ただし現代のビジネスシーンでは、やはり「話し言葉は御社、書き言葉は貴社」という認識の方が広く浸透していますので、この認識に従った方が相手に誤解されることもないでしょう。 御社・貴社と似た意味を持つ類語 「御社」「貴社」という言葉は「一般企業」に対してのみ使います。 一般企業以外の病院や役所、学校や銀行には違う表現を使うので、一緒に覚えておくと便利です。 病院は「御院」「貴院」 病院は話し言葉では「御院(おんいん)」、書き言葉では「貴院(きいん)」です。 御社・貴社と同じように、御と貴で相手への敬意を表しています。 しかし「御院」は音が言いにくいこともあり、口頭でも「こちらの医院」「おたくの病院」などと言うことがほとんどです。 学校は「御校」「貴校」 学校は話し言葉では「御校(おんこう)」、書き言葉では「貴校(きこう)」です。 これも御社・貴社と同じように考えることができます。 書き言葉で使う「貴校」は漢字を「貴行」と間違いやすいので、その点には注意をしておきましょう。 銀行は「御行」「貴行」 銀行は話し言葉では「御行(おんこう)」、書き言葉では「貴行(きこう)」です。 それぞれの読み方が学校の「御校・貴校」と同じですので、音だけでは銀行か学校かを判断することができません。 書き言葉として使う場合は「貴校」と間違えないように注意しましょう。 役所は「御庁」「貴庁」 市役所や区役所は、話言葉では「御庁(おんちょう)」、書き言葉では「貴庁(きちょう)」です。 御社の例文.

次の