自律 神経 を 整える 曲。 癒しのモーツァルト~自律神経を整える4000Hz(監修:和合治久)[CD]

「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

自律 神経 を 整える 曲

このように音楽を聴くことで「気分が変わる・心地良くなる」というのは皆さん経験上で分かっているので、何かに付けて音楽を聴くことが当たり前という人も多いですよね。 ではどうして音楽を聴くことで気分が変わるのでしょう? その答えは「音楽は自律神経に働きかける」からだったのです。 ここでは音楽によって自律神経が整う「その効果」から「効果的な音楽」や「おすすめのタイミング」まで紹介していきます。 音楽が自律神経を整える「その効果」 現代の生活環境ではストレスが多すぎるので自律神経が「交感神経優位 興奮モード 」に偏りがちです。 という事はなかなか「休息モード」になれないので身体が休まる時が作れません。 これでは睡眠中でも休憩中でも、疲れた心身を回復・修復しにくいという訳です。 そのせいで色々な機能が上手く働かなくなって不調が現れ、悪化すると自律神経失調症を招くおそれもあります。 または関節や筋肉に掛かった負担が回復できなくて痛みに変わることもあるでしょう。 そんな自律神経に対して音楽はダイレクトに働きかけることができるのです。 好きな音楽や心地良い音楽を聴いて心も体もリラックスモードに入ると副交感神経 休息モード の働きが高まります。 すると乱れていた自律神経を整える効果があり、体調にも良い影響があるのです。 音楽は「自律神経失調症」にも効果的 先ほど出てきた自律神経失調症とは、自律神経が乱れてしまう・もしくは自律神経の働き自体が弱まる事で様々な不調をきたすものです。 詳しくはをどうぞ。 そもそも自律神経とはカラダの色々な機能の「アクセル・ブレーキ」を調整することで健康を保ってくれています。 「血液を流す・体温調節・内臓の働き」など私たちの意志では動かせない機能のほとんどがこの自律神経によるものです。 つまり生きていく為には自律神経が正常に働くことが大前提という訳ですね。 ところが現代の生活では「ストレス過多・情報過多・労働過多」などに耐えるために「自律神経がアクセルを踏みっぱなし」の状態が続きます。 すると本来はブレーキを踏んでエネルギーを蓄える時間までもアクセル状態でエネルギーを消費するばかりになるので「自律神経の働きが乱れる・働き自体が弱くなる」となり、自律神経失調症へと繋がるのです。 そしてこの自律神経失調症は「自律神経を整える」ことで少しずつ改善に向かうからこそ、音楽によってリラックスすることも効果的なのです。 ただし音楽だけで完治というのは難しいので、最後に紹介する他の11の方法と合わせて自律神経を整えていって下さいね。 「効果的な音楽」とは 最近は「ヒーリング音楽」という言葉もよく耳にしますよね。 実際に聴いてみると、自然の音が流れていたり、中には何物とも説明できない音が流れているものもあります。 確かに副交感神経を直接刺激できる周波数があると言われているので、そのような音楽を聴いて心を落ち着けるのも良い事でしょう。 実際に動画サイト等で聞いてみて自分に合うかどうか試してみる事もおすすめです。 ただしそれに捉われる必要はありません。 あなたが聴いていて「心地良いなぁ」「癒されるなぁ」と感じる音楽があれば、それがオルゴールでも、クラシックでも、Jポップでも構いません。 あくまでもあなたが聴いていて「気持ち良い」と感じる事が一番なのです。 自律神経に効果的な「聴き方」 4-1. 寝る前には「静かな音楽」 やはりおすすめは寝る少し前に音楽を聴くことです。 ただし気を付けて欲しいのは「なるべく頭を使わずに聴ける音楽」にするという事。 そうすると無意識のうちに頭の中で反応してしまいます。 寝る前に限って言えば、思い入れのある歌や日本語の歌よりも自然の音・オルゴール・歌詞の分からない洋楽の方が良いかもしれませんね。 夜はパソコンやスマホを控え、就寝の1~2時間前に入浴 熱くない温度 で副交感神経を刺激して、寝る前に静かな音楽を聴きながらゆったりとした呼吸を意識してみると睡眠の質が良くなります。 面倒くさいなと思うかもしれませんが、慣れれば大変なことは一つもありません。 これを毎日続けると体調が良くなり、体も頭もスッキリしてくるのが実感できるはずなので、体調に悩みを感じている人にもおすすめですよ。 4-2. それ以外の時はやっぱり「好きな音楽」 また寝る前以外の時はロックだろうが、演歌だろうが、クラシックだろうが、レゲエだろうが構いません。 軽快なリズムで「心がウキウキ」することでリラックスする人もいるでしょうし「悲しい歌にどっぷり浸る」ことがリフレッシュになる人もいるでしょう。 出勤前に聴いて気持ちを盛り上げるもよし、休憩時間に聴いて疲れた気分を切り替るもよし、それぞれのルーティンを作ってみて下さいね。 「音楽の自律神経効果」まとめ リラックスしようとして音楽を聴くはずなのに「何が良いのかな」とあまり神経質になっては本末転倒です。 寝る時間が近い時だけは静かな音楽を意識したほうが良いですが、他は自分の好きな音楽を聴くのが一番です。 「音楽なんて全然聴かないなぁ」という人は、心地良い音楽を見つけて生活に取り入れることで毎日が少し健やかになるはずなので試してみて下さいね。 また音楽だけでなく他にも簡単に自律神経を整える方法があるので「」を参考にしてみて下さい。 そして自律神経についてよく分からない人は「に分かりやすく解説してあります。

次の

“自律神経を整える” おすすめの音楽3選

自律 神経 を 整える 曲

そもそも、自律神経が乱れるとはどのような状態をさすのでしょう? 自律神経とは、体内活動に必要不可欠な器官の活動を、意思と関係なく自動的に調整している神経のことです。 そして、自律神経失調症とは、この機能が乱れて体にさまざまな不調をきたしている状態を指します。 『自律神経は引き算で整える』12ページより引用 自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、自律神経失調症になるのだと著者は説明しています。 交感神経には心と体を緊張させて興奮状態に導く役割があり、副交感神経には興奮を鎮めてリラックス状態に導いてくれる役割があります。 故に、双方のバランスが鍵になってくるのです。 自律神経失調症は、悪化するとパニック症状やうつ病につながるのだとか。 自己判断で放っておくと、こわい症状であることがわかります。 自律神経の乱れにつながる生活習慣とは、いったいどんなものがあるのでしょうか。 たとえば、 運動不足、睡眠不足、甘いものやカフェインなどといった嗜好品の過剰摂取、スマホやパソコンの使用頻度の高さなどが挙げられています。 調子が悪いときに、朝一でブラックコーヒーを飲んで頭を覚醒させようとしたり。 寝る前に、SNSチェックでスマホをずっと眺めていたり。 日ごろ何気なくしている色々なことが、自律神経の乱れにつながってしまうようです。 猫背の時間を引き算する 自律神経が乱れている人が、新しくあれこれ始めることはストレスになり、かえって逆効果に。 自律神経を整えるためには、今している あまりよくない習慣を引き算していくことが大事であるといえるでしょう。 自律神経を整えるにあたって、非常に重要なのが「姿勢」です。 (中略)現代人の体調不良のとりわけ大きな原因として、「猫背」が挙げられます。 『自律神経は引き算で整える』22ページより引用 正しい姿勢をしているときは、背骨がS字のようなカーブを描いています。 しかし、 猫背のときは、C字のカーブになってしまいます。 頭の重さを首や背中、腰の骨や筋肉全体で負担しているところを、C字では部分的に負担が強くかかってしまう。 すると、神経が圧迫されるなどの現象が起きて、自律神経の症状に変化が現れてしまうのです。 そして、筋肉のこりや張りは、交感神経を活発にしてしまうことにもつながるというから、姿勢の悪さがいかに要注意事項であるかがわかります。 正しい姿勢を意識することは、そもそも大事なことではありますが、 時間を少し引き算するだけでも症状が緩和するとのこと。 たとえば、パソコンやスマホを使用する時間、ソファに座っている時間など。 猫背になる時間を少し引き算するだけでも、自律神経への影響は減っていくといえるでしょう。 また、食事の引き算についても著者は紹介しています。 自律神経が乱れている人は、内臓の働きが弱くなっているのだとか。 薬やサプリメントの飲みすぎ、カフェインやアルコール、自分に合わない食べ物(アレルギーのあるもの)の摂りすぎを引き算。 内臓への負担を緩和することが大切になります。 自己否定を引き算する 物理的なことだけではなく、考え方を引き算することも大事であると著者は語っています。 精神的ストレスがかかると脳や体は緊張し、交感神経が高まります。 精神的ストレスはものの考え方や捉え方により生み出されるため、考え方を変えて精神的ストレスをなくすことが必要不可欠です。 『自律神経は引き算で整える』153ページより引用 精神的ストレスを軽くすると、不快な症状が軽くなるといったことはよくある話です。 自律神経と物事の考え方や捉え方が密接につながっていることは理解できるところです。 たとえば、 情報を引き算する。 インターネットで情報拾集していると、たくさんの情報の中から正しい情報を選び出そうと、迷走してしまうことがあります。 情報拾集は慎重に引き算しながら行うことが大事であるといえるでしょう。 自己否定を引き算することも、本著では紹介されています。 自己肯定感が低いと、何をやってもストレスを感じるようになってしまいます。 自分はダメだと否定するクセを引き算することを意識していきたいものです。 日常の中で、ついしてしまっている自律神経によくない習慣を少しずつ引き算してシンプルに。 無駄のないすっきりした心身で、過ごしていきましょう。

次の

「音楽で自律神経を整える」その効果とたった1つの秘訣

自律 神経 を 整える 曲

ここから本題です。 自律神経を整える音楽について、その 目的や効能、 NGな聴き方、そして 効果的な聴き方までをご紹介します。 自律神経を整える音楽とは? そもそも自律神経を整える音楽って?という方は、インターネットで「自律神経 音楽」で検索していただくと、たくさん出てきます。 YouTubeや通販の検索結果が多いみたいですね。 もちろんCDショップでもコーナーが作られていたり、スマホのアプリでも、そういった類のものがたくさんあります。 目的はリラックス こういった音楽の目的は、身体と心を リラックスさせることです。 なので、基本的に静かで、何処か神々しい雰囲気の音楽が多いです。 自然の風や水の音、オルゴールの音、などが入っていることが多いように思います。 BGMのように深く聴き入ることがない作りになっているようです。 聴き入ったりリズムに乗ってしまうようでは、気分転換はできても、リラックスするのは大変です。 副交感神経を優位にしてくれる 上記の通り、こういった音楽を聴くことで、身体と心がリラックスします。 すると、 副交感神経が優位になります。 副交感神経は休息時に優位になるものです。 自律神経が乱れている方は、交感神経が優位になりがちです。 交感神経が優位になると、身体は緊張状態になります。 つまり、 自律神経を整える音楽には、 副交感神経を優位にさせることで、この緊張状態を緩和する効果があるのです。 聴くタイミングは就寝前がオススメ 繰り返しになりますが、こういった音楽の目的は副交感神経を優位にし、 心身ともにリラックスさせることです。 つまり、 就寝前に聴くのが最も良いと、私は思っています。 しかしこれには様々な意見があります。 朝がオススメという方もいらっしゃいます。 もちろん朝でも昼でも、ちょっと疲れたなというタイミングで聴くのでも効果はあると思いますが、夜寝る前に聴くと、リラックスしたまま眠れるため、 睡眠の質が良くなります。 自律神経を整える最良の方法は、 良質な睡眠を取ることだと思いますので、やはり眠る前が最も効果的なのではないでしょうか。 2018-09-30 22:29 NGな聴き方 さて、既に書いてしまいましたが、自律神経を整える音楽は、眠る前に聴くのが最も効果的だと思います。 しかし、 ここで 大きな落とし穴がありました。 私はこれに気づかず、眠る前に聞いているにも関わらず、 逆に自律神経が乱れるという経験をしました。 イヤホンで聴いてはいけない これが落とし穴でした。 私は元々音楽好きなのもあり、イヤホンで音楽を聴きながら寝ることが良くありました。 その習慣で、自律神経を整える音楽もイヤホンで聴いていました。 しかし、 イヤホンで聴いてしまうと、自律神経は大いに乱れることがわかりました。 その理由を列挙します。 リラックスできない イヤホンを付けながら寝ると、 寝返りを打ちづらいです。 横向きになると、圧迫されて耳が痛くなりますし、ごろごろ動くと、コードが腕や首に絡んだり、耳から外れたりします。 すると、寝返りを打たないようにしたり、体勢を変えたい時は、ゆっくりと気を使いながら動いたりすることになります。 こんな風に気を使っているのでは、 最大限にリラックスできません。 首のコリに繋がる ようやく眠りに落ちたとしても、気持ちの何処かで「イヤホンが外れないようにしよう」と思っているためか、結局身体は 緊張状態のまま眠ることになります。 特に顔を動かさないようにするため、首や肩の筋肉が凝ってしまいます。 首のコリは自律神経の大敵ですので、ここが疲れるのは最悪です。 このことが、イヤホンを付けて眠ることにより、 自律神経が逆に乱れる最大の原因だと思います。 なお、こちらの記事で、首のコリを取るストレッチをご紹介しています。 首が凝っている方は是非ご一読ください。 2018-09-28 23:42 効果的な聴き方 そんな落とし穴に気づいてから、考えた私が思う 「自律神経を整える音楽の効果的な聴き方」をご紹介します。 スピーカーで聴く イヤホンがNGなのですから当然ですね。 スピーカーであれば、寝返りを気にすることなく、最大限にリラックスしながら聴くことができます。 音量は小さめにしましょう。 大きすぎると、結局音楽に集中してしまいます。 タイマーを活用する 聴くタイミングはやはり 眠る前でOKです。 しかし、眠る前に聴くと、朝まで流れ続けることになります。 イヤホンで聴いていた頃は、朝には結局耳から外れているため、気にならなかったのですが、スピーカーだと延々流れてしまいます。 CDやプレイリストが一巡するまで流していても良いのですが、眠りに落ちてからは、無音が一番だと思います。 どんなに良い音楽でも、睡眠時にはやはりノイズでしかありません。 そこで、今時の再生機器には大抵 タイマー機能が付いているので、それを活用してください。 アプリの場合もタイマー付きのものが多いです。 音楽を掛けてから大体どれくらいで眠るかを考え、 少し余裕を持って予約してください。 私は30〜40分にしています。 今では15分くらいで眠りに就けるのですが、「眠る前にCDが終わってしまったらどうしよう」と不安になって結局眠れないことに気づき、余裕を持ってタイマーをかけることにしています。 眠る少し前から流す 眠る体勢になって、電気を完全に消してから音楽を流すと、 「なんだか寝なきゃいけない」という謎の焦りに苛まれる可能性があるので、眠る少し前から流すのがベターです。 具体的には、一旦 間接照明にして、音楽とタイマーを掛け、 おやすみ前のルーティーン(私の場合、糸ようじと ハーブティー)をしてから、照明を落として寝ます。 すると、 ハーブティーの効果も相まって、最高にリラックスして眠ることができます。 私がオススメするハーブティーの飲み方はこちらを参考にしてください。 2018-08-20 22:47 あくまでサポートと考える これは心がけの問題なのですが、 こういった音楽は、 あくまで睡眠導入をサポートするものでしかない、と考えることが大切です。 この音楽を聴けば絶対大丈夫!などと思うと、いざあまり効果がなかった時に、どうして効かないんだ!と焦ってしまい、余計に眠れなくなります。 あくまでサポートです。 結局は、 良質な睡眠が取れればそれでOKなのです。 ですから、今日は音楽がうるさく感じるな、という日は潔く止めましょう。 その方が良く眠れます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 自律神経を整える音楽は、世の中にたくさんありますので、気軽に試してみてください。 また、上記の通り、 こういった音楽は あくまで睡眠導入のサポートですので、無理に聴くのは止しましょう。 「効果があったら儲けもん」くらいの気持ちが大切です。 良質な睡眠を取る方法は他にもいくらでもあります。 自分に合う方法を探していきましょう! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の