ロボトミー コーポレーション アブ ノーマ リティ。 Architecture Team

Steam:Lobotomy Corporation

ロボトミー コーポレーション アブ ノーマ リティ

このゲームにおけるメイン要素。 このアブノーマリティに作業をすることによって生産されるエネルギーを集めるのが管理人 プレイヤー の使命となる。 彼らは Lobotomyという企業によって確保、収容されて始めて作業を行うことができる。 管理日数を重ねていく毎に収容されるアブノーマリティが多くなっていき、その分管理も忙しく、全体的な難易度も上昇する。 ゲーム内では数多くのアブノーマリティを収容することができるが、それぞれが非常に個性豊かで、会社で働く職員に肉体的、精神的ダメージ与えることはもちろん、そのまま 殺害してしまったり、 パニックに陥らせたり、 脱走したり、 変異させてしまったり、 操ったり、 捕食したりと、様々な手段を用いて企業に損害を与えてくる。 その一方で、エネルギー生産以外にも職員を 癒したり、 強化したり、 脱走したアブノーマリティの鎮圧を手伝ってくれたりと、施設に恩恵をもたらすものも存在する。 アブノーマリティ毎に作業に好みが存在しており、上記の行動や特殊能力は、彼らが嫌いとする作業を実行することが原因、理由となって発動することが多い、• しかし、作業結果が良い(=そのアブノーマリティの好きな作業をする)ことによって特殊能力が発動したり脱走したり、果てには選択した作業や職員のステータスなどの条件によって職員を即死させる奴らもいるため、初見で作業するときはとても疑心暗鬼になりやすい。 まあそういうのがこのゲームなのだが ツール型アブノーマリティ• 普通のアブノーマリティとは違った、ツール型アブノーマリティーという種類がある。 この種類の特徴としては、• 道具として利用できる• クリフォトカウンターが存在しない• 作業命令ができないが、代わりに使用命令ができる• そのためE-Boxもなく、PE-Boxによる情報開示ができない• 観測レベルは総使用回数、総使用時間によって解放される• EGOが存在しない• 一部門につき一つ、部門の中で一番最後に追加される といったものが挙げられる。 危険度が低い階級であっても、即死条件もかなり引っかかりやすい。 というか、ZAYINのくせに滅茶苦茶なやつや、逆にHEくらいなのに凄く使いやすいパターンもある HE• 5段階の中で中間の危険度に位置する階級。 作業におけるダメージ、脱走した際の鎮圧難易度、管理方法の面倒さなど、ZAYINやTETHなどに比べて全体的に強化されている。 職員を即死させるアブノーマリティが少し多いのが初見では厳しいところか。 しかし、HEとは思えないほど管理方法が易しかったり、または絶対に収容したくないくらい面倒な奴らもいたりと、同じ階級でも管理難易度に大きな差があるのも特徴。 Oも実用的なのがちらほら見受けられる。 特にパニック中の職員を楽に鎮圧できるwhite属性武器が中盤では嬉しい。 微妙なものからHEにしては極めて優秀なもの、強力だがデメリットが厳しいものまで様々である。 ちなみに読み方「ヒー」ではなく「へー」。 ALEPH• 五段階の中で最も危険な段階に位置する階級。 にも関わらずひょっこりと現れては猛威を振るい、初心者~中級者管理人をリスタートに追い込む。 しかもなんと弾丸研究、ラビットチーム、セフィラ同期などの研究がままならない10日目~でも普通に抽選対象に入ってくるから恐ろしい。 とんでもない数のE-BOX、高い作業ダメージ、(一部除き)非常に面倒くさい管理方法と、管理難度も他とは頭一つ抜け出ている。 しかも現在実装されているものは全員脱走することができる。 脱走してもうまくエージェントと接触しないよう移動させれば、一応回避はできるが、そもそもそれが通用しない奴もいる。 演出面も非常に派手なものが多く、画面を乗っ取ったり、特殊な操作があったり、最終的には 時間やメニューに対する操作を制限されたりと、画面越しの精神攻撃も非常にキツいものになっている。

次の

カテゴリ:Abnormalities

ロボトミー コーポレーション アブ ノーマ リティ

40秒以内に作業が完了しなかった場合、寸法屈折変異体のクリフォトカウンターが減少する• 脱走した寸法屈折変異体に接触した職員は、強物理ダメージを受ける 管理方法• 狂研究者のノート を装備して作業を行うと40秒以内に作業が完了できる確率が上がるが、狂研究者のノートにより爆死する危険を伴う。 注意すること。 鎮圧ガイド• 攻撃らしい攻撃は行わず、収容されているチームのどこかから発生して施設内全域をもやもやと漂う。 ただし、重なってしまうと強力なRダメージを受けてしまう。 寸法屈折変異体の進行方向の逆から攻撃したい所だが、ちょくちょく引き返したりするので近距離武器だとダメージをくらいやすい。 実体がないだけあって、こちらのR攻撃はまったく効かない。 R攻撃しかしてこないので物理耐性弾が有効。

次の

画像付き一覧

ロボトミー コーポレーション アブ ノーマ リティ

Plague Doctor(O-01-45、ペスト医師)は、黒い帽子と外套、ペストマスクを着用した人型アブノーマリティ。 リスクレベルはZEYIN。 収容選択時のフレーバーテキストは「あなたのあらゆる病を治し、あなたを治療しましょう」 病を治療しに来たというペスト医師は、ペスト医師に作業を行った職員に「洗礼」を施す。 洗礼が完了すると、古い時計が画面に現れ、時計の針が動き出し、洗礼を受けた職員の名が時計に刻まれ、画面下部に専用の文章が表示される。 時計の針が進むに従いペスト医師の姿も徐々に変化していき、12人の職員に「洗礼」を与えると、アブノーマリティ「白夜」に変化する。 白夜に変化した後はたとえニューゲームを選んだとしてもずっと白夜として登場し、観測データなどをオールリセットしなければペスト医師に戻ることはない。 WhiteNight(白夜) WhiteNight(T-03-46、白夜)は、非常に強力な天使のアブノーマリティである。 リスクレベルはALEPH。 収容選択時のフレーバーテキストは「我が使徒たちよ、目覚めよ。 そして我を迎えるのだ」 ペスト医師から変化し白夜が出現すると、ペスト医師が洗礼を施した時に出る時計の演出が再度挿入され、鐘の音がするごとに洗礼を受けた職員が使徒に変異する。 11人の使徒は施設内を徘徊して職員やアブノーマリティを襲うようになり、12番目に洗礼を受けた職員はペストマスクをつけた専用のグラフィックに変化する。 ペストマスクをつけた12番目の使徒が「たった一つの罪と何百もの善」に対し懺悔を行うと白夜は死亡し使徒が消滅する。 これは白夜がイエス・キリストをモチーフにしているためである。 「十二使徒」、「罪を赦す」、「祝福」、白夜による「教え」、そして使徒の1人に裏切られて打ち負かされる(キリストは使徒の1人である「ユダ」に裏切られ、磔刑に処された)ことなど、幾つもの共通点がそれを証明している。 なお、使徒出現中、プレイヤーは一時停止やゲーム速度変更、メニュー起動の機能を封じられる。 いったん一時停止して状況を整理することも、1日をやり直すことも、メニュー画面からゲームを終了することもできなくなる。 一時停止やメニュー起動をしようとすると「私を否定してはいけない。 私はあなたの目の前にいるのだから」と字幕が表示される。 鐘の音の威圧感や、使徒によってどんどん職員が殺されていくどうしようもない光景などと合わさって、プレイヤーのトラウマとなっている。 Don't Touch Me(O-05-47、触れてはならない)は、中央に黒い帯状のストライプ模様のある黄色い箱型のアブノーマリティである。 リスクレベルはZEYIN。 収容選択時のフレーバーテキストは「何度も押してきましたが、まだ知りたいことがあるんですか?」 箱の中央部には「クリック」と書かれており、それが禁止マークで潰されている。 (=触れてはならないという警告) 「触れてはならない」はスイッチの形をしたアブノーマリティで、触ると不幸が起きるという設定を持っている。 これは単にフレーバー的なものではなく、実際に「触れてはならない」に何らかの操作を行うことで、職員の全滅や全アブノーマリティの脱走などまさにプレイヤーにとっての「不幸」が起きる。 作業を行うため「触れてはならない」が収容されている部屋をクリックすることも、エンサイクロペディアを開くためにクリックすることもしてはいけない。 もしクリックしてしまうと、画面が揺れて「押すな」と叫ぶ音声が流れる専用の演出が入る。 それを無視してさらにクリックすると、反転したLobotomy Corporationのロゴが画面に現れゲームが強制終了する。 職員の死亡やアブノーマリティの脱走というゲーム内の現象だけでなく、ゲームそのものにまで影響を及ぼすまさに「触れてはならない」存在である。 Rudolta(そりのルドル・タ) Rudolta(F-02-49、そりのルドル・タ)は、ルドルフ、サンタ、そりの三つの部分で構成されたアブノーマリティである。 リスクレベルはHE。 収容選択時のフレーバーテキストは「私の計り知れない憎悪を込めて、あなたにプレゼントを贈ります」 ルドル・タの詳しいバックストーリーは明らかになっていないが、エンサイクロペディアの内容から以下のような説が推測されている。 (親がいないなどで)何かしらの原因によってクリスマスプレゼントがもらえない子供は、サンタそのもの、クリスマスという行事に対して憎しみを抱くようになった。 その子供はクリスマスを憎むあまり、クリスマスの日にサンタを殺害、バラバラになったサンタの遺体から、ルドル・タという怪物を創り出した。 作り出されたルドル・タは、平等にプレゼント(という名の殺戮)を配るサンタとして夜空を駆けるようになった。 Queen Bee(T-04-50、女王蜂)は、大きく変異したマルハナバチのアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「首への痒み、腹痛を感じたら、できることは、もう二度と見ることの出来ない最後の青空を見ることだけです」 女王蜂は巨大な蜂の巣と蜂が合体したような姿をしている。 巣と合体しているため女王蜂は自ら動くことはできないが、その代わりに周囲に蜂の卵が含まれている胞子をばらまく。 胞子を吸入した職員は頭や腹に痛みを感じ首が痒くなるという症状をみせはじめるようになる。 そこからさらに時間が経つと、体内で成長した蜂が職員を蛹にして「羽化」する。 Bloodbath(血の風呂) Opened Can of Wellcheers(F-05-52、蓋の空いたウェルチアース)は、音楽を鳴らす派手なグレーの自動販売機と、オレンジ色のエビのような見張り人から成るアブノーマリティである。 リスクレベルはZEYIN。 収容選択時のフレーバーテキストは「どこか遠くで、カモメの声が聞こえる」 バックストーリーでは、ウェルチアースという飲料を飲んだ職員が飲料に仕込まれていた睡眠薬によって眠らされ、目が覚めたときには遠洋漁業船の上であったということが語られる。 これは韓国のネット上にある都市伝説を参考にしたものである。 蓋の空いたウェルチアースの特殊能力名「別世界のソーダ!」の元ネタも90年代の韓国のコーヒー広告「別世界のコーヒー!」からとられている。 Alriune(アルリウネ) Alriune(T-04-53、アルリウネ)は背が高く、全身ピンク色で馬に似たアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「塵に帰りたいという彼女の願いは、 生きようとするものすべてを死に場所へと返すでしょう」 アルリウネは人間になりたいと切に願った人形が元になったアブノーマリティ。 多くの人々に愛されていた人形だったが、月日がたち、捨てられたことで彼女の精神、心、命が次第に崩壊していった。 アルリウネは自分が土に還っていくことを実感しながら、生まれ、土に還るという自然のサイクルを理解する。 アブノーマリティとして覚醒したアルリウネは、自然のサイクルを自らで繰り返そうと、人々を殺し土に還そうとする。

次の