大阪 卵 かけ ご飯。 絶品!卵かけご飯のアレンジアイデア!簡単、美味しい、究極のTKGレシピをご紹介

コーヒーと一緒に楽しむ「卵かけご飯」専門店|【zawa 珈琲とたまごかけごはん】大阪・福島

大阪 卵 かけ ご飯

2012年09月07日 22時00分 山奥にある卵かけ放題な「卵かけご飯専門店」で新鮮で甘みのある濃厚な卵を好きなだけ味わってきた 京都府亀岡市の山中にひっそりとやっている、とれたての卵がかけ放題の「たまごかけご飯の店」があるということで、実際に行ってみることにしました。 場所は「 京都府亀岡市西別院神地御手洗8」で「ふるさと産品西別院店」に併設されています。 国道423号線のクネクネした山道をひた走ると、道路沿いにお店が見えてきました。 「たまごかけご飯の店」という看板が目印。 「弁天の里」と書かれたのれんがかけられているのが、お店。 「たまごかけ放題」というのがこのお店の特徴で、「」好きにとってはたまらない内容。 では、早速中に入ってみます。 店内の様子はこんな感じで、机は6つで23席。 こちらのカウンターから注文を伝えます。 今回は「たまごかけごはん並盛 税込400円 」と「たまごかけごはん大盛 税込450円 」をチョイス。 注文をするとすぐに出てきたのがこちらで、ご飯にみそ汁、高野豆腐、漬物がついています。 「今日の朝にとれた卵です」と、バスケットに入れられた卵も登場。 亀岡の養鶏場のものだそうです。 まずは卵を割ろうとしたのですが、いつもの感覚でコンッとやっても跳ね返されてすぐには割れないほどに殻は固め。 次は醤油なのですが、「にんにく醤油」「たまごかけ醤油」「山椒しょうゆ」の3種類から好きなものを選びます。 卵はかけ放題なので、いきなり2個の卵でチャレンジしてみることに。 一般的なスーパーに売っている卵とは、黄身と白身の弾力が全然違い、かき混ぜてもなかなか混ざらないほど。 ご飯に投入し…… 完成です。 黄身は濃厚でご飯によくからみ、また白身にはまるで納豆のように粘り気があります。 味は黄身の甘みのある味が非常に濃く感じられ、一緒に入れたしょう油の味がかすんでしまうほど。 3種類のうち一番味が濃い「にんにく醤油」を使うと調度良いくらいです。 なお、左が並盛のご飯、右が大盛のご飯です。 ご飯が並盛だと卵2つくらいが丁度良いぐらいになっているので、「とことん卵を堪能したい!」という人は大盛を注文するといいかも。 卵だけでも十分に濃い味だということで、今度は直接そのままご飯にかけて食べてみることに。 ご飯に乗せた瞬間にペチャッとなりそうですが、弾力があるためそんな心配も無用。 横から見てみると、黄身の盛り上がりが一般的な卵とは全然違います。 しょう油がなくても全然いけるほどに味が濃く、甘みがダイレクトに感じられ、これはこれでアリかも。 もし、かけるしょう油を変えたりトッピングをしたりしていろいろな味を楽しみたい場合は、卵を混ぜるお皿の方に少しずつご飯を移して食べるのが良さそうです。 また、その際、卵:ごはん=7:3ぐらいにするとツルツルとした卵の舌触りや甘みがよく感じられるので、オススメ。 また、9月初めのこの時期ならばお米は新米とのこと。 ということで、十分過ぎるほどに卵を堪能できました。 ごちそうさまです。 なお、お店の周りは山や…… 田などの緑がいっぱいに広がっていて、ほのぼのとした情景を眺めながら食後の余韻が楽しめます。

次の

TVで紹介【卵かけご飯】の超絶人気店!関東からもファン来店!

大阪 卵 かけ ご飯

階段を上り3階にあるドアの向こうに広がるのが、卵かけご飯の専門店【zawa 珈琲とたまごかけごはん】です。 卵かけご飯専門店としてはもちろん、ショップ、ギャラリーといった色んな顔をもつ一軒 洗練された空間の一角には洋服がディスプレイされているなど、ギャラリーやカフェを思わせるモダンな雰囲気が素敵です。 店主のざわさんはアパレル業界出身。 ビジュアルマーチャンダイザーとして商品の見せ方や演出をデザインし、空間と商品が密接に共鳴し合うお店づくりに関わってきました。 卵かけご飯愛にあふれる店主のざわさん 店名のとおり当初はコーヒー店を始める予定でしたが、ふと思いだしたのは元々卵かけご飯が好きだったこと。 「色々な卵かけご飯を食べられる専門店ができたらいいなぁと」と考えていたことを思い出し、コーヒーと卵かけご飯という意外な組み合わせで提供することになりました。 箸でつかめる黄身や、白い黄身まで! 個性的な4種の卵 『森の宝石』1,000円+『鰹節』100円(すべて税込) 炊きたてのご飯に生卵を乗せるだけのシンプルな料理ですが、シンプルだからこそ素材の味が大事になってくるもの。 主役となる卵は、厳選された4種類を楽しむことができます。 箸でつまんでも身が崩れないプリプリの弾力感! まず高知県・四万十の『森の宝石』と『神果卵(しんからん)』は、プリップリで摘んで持ち上げられるほどしっかりとした黄身が特長。 オーガニック野菜を飼料に、広々とした農場で育てられた鶏から生まれる卵は、雑味や臭みは一切なし。 醤油をかけなくても、コクのあるおいしさを存分に堪能できます。 白い黄身に驚かされるお米たまご。 『白玉』900円(税込) 上記2種とあわせ、黄身が白く上品な甘みが楽しめる愛媛県の『白玉』と、ゆずの皮を飼料に混ぜ込むことでほんのり柚子が香る『ゆずたま』、この4種からお好みの卵を選べます。 4種類の卵が楽しめる。 殻の色からも違いがくっきり そして土台となるご飯は丹波篠山産のコシヒカリを使用。 土鍋で少し硬めに炊いたご飯は、粒が大きめでしっかりと卵と絡むので、最初に卵の味を感じ、噛んでいくうちにお米の甘みとまじりあいます。 見た目もかわいい! 人気のトッピングをご紹介 メレンゲをトッピングするとふわふわ食感のTKGに!『神果卵』1,200円+『ぼたたま(メレンゲ)』250円(すべて税込) またオプションで、卵白をメレンゲにする『ぽたたま』、鶏モモ肉を乾燥&スモークさせて削り節にした『鶏節』の追加など、新しい卵かけご飯の形も卵かけファンの心をキャッチしています。 鶏節を加えると、鶏の風味が加わって美味。 『神果卵』1,200円+『鶏節』200円(すべて税込) テーブルの上には、醤油の香りやコクはそのままに見た目がクリアな「透明醤油」のほか、カツオとさばの「出汁醤油」、「牡蠣醤油」、カツオをベースにした「万能醤油」があり、味の変化が楽しめます。 お好みの醤油を少しずつかけて、味の変化を楽しむのもオススメ そして食後はコーヒーを忘れてはいけません。 コーヒー豆は大正区にある【井尻珈琲焙煎所】や中崎町にある【HAIKU COFFEE ROASTERS】のものを使用。 「【井尻珈琲焙煎所】の月替わりブレンドは深煎りながら喉にスッと通る一杯。 ブラックが苦手な方もお楽しみいただけると思います」とざわさん。 『月替わりのブレンド』500円(税込) さらに暑い季節にぴったりの水出し珈琲もメニューに登場しました。 豆本来の旨味を感じることができ、まろやかでスッキリした味わいが楽しめます。 さらに今後は、ミネラル豊富でデトックス効果のある炭パウダーを使用した『炭サイダー』や白玉を使用した数量限定の『炭プリン』も加わるそう。 HAIKU COFFEE ROASTERS『グアテマラと東ティモールのブレンドの水出し珈琲』550円と『炭サイダー』400円(どちらも税込)• 濃厚なたまごの甘さと、ほろ苦さのあるカラメルが相性抜群の『炭プリン』500円(税込)• こだわりの産みたて卵とほかほかのご飯が生み出す、シンプルながらもとびきりおいしい卵かけご飯とこだわりの珈琲。 ぜひ一度みなさんも味わってみてください。 【zawa】営業情報(6月5日現在) 二部の予約制とさせて頂きます。 11:00~12:30(4組まで) 13:00~14:30(4組まで) 18:00~20:00(金、土のみ三部) 下記URLからご予約承ります。 ご質問等気兼ねなくDM下さいませ。

次の

絶品!卵かけご飯のアレンジアイデア!簡単、美味しい、究極のTKGレシピをご紹介

大阪 卵 かけ ご飯

おいしい卵かけご飯が食べたい! 白いホカホカご飯の上に、黄金色の生卵がのっかったビジュアルが食欲をそそる「卵かけご飯」。 「TKG」の愛称でも親しまれている、日本の国民食です。 ご飯と卵、しょう油などの調味料さえあれば簡単にできる「ズボラ飯」の代表格でもあり、時間がない時や料理を作る気力がない時、給料日前など、自宅で手軽な食事として楽しんでいる人は多いですよね。 自分でも作れるとはいえ、たまにはふっくら炊き上げられた一粒一粒が立ったご飯に、ちょっとお高めのブランド卵、そしてこだわりの調味料をかけた、専門店の「ごちそう卵かけご飯」が食べたくなりませんか? 今回は、卵をはじめこだわりの素材を使った、卵かけご飯の専門店をご紹介します。 大都市の近くだけでなく全国各地のお店を取り上げますので、旅行や帰省の際に立ち寄るお店選びの参考にしてくださいね! 東京の卵かけご飯専門店 喜三郎農場【千石】 都営三田線の千石駅から徒歩2分の位置にある「喜三郎農場」は、卵のソムリエ「タマリエ」に認定された店主が実際に食べ歩いて厳選した、全国各地の卵が取り揃えられています。 名物の「こだわり卵の卵かけご飯」は、群馬県倉渕町産の「ゆうやけ卵」、山梨県北杜市産の「アローカナ卵」、高知県南国市産の「ゆずたま」など8種類の卵からひとつ選んでご飯にかけられます。 味噌汁付きで、価格は450円となっています。 ランチタイムには、味噌汁・小鉢・お新香付きで、卵食べ放題の「卵かけご飯御膳」、卵とご飯が食べ放題で、しらすやチーズなどのトッピングも選べる「TKGおおまくれ御膳」が登場!卵かけご飯でお腹も心も満たされそうです。 ほかにも、山梨県の地鶏「甲斐路軍鶏」と「ゆうやけ卵」を使った「ゆうやけ親子丼」や、鍋の上にふわふわのメレンゲがのった、インスタ映え確実の「喜三郎特製ふわふわたまご鍋」などのメニューがあります。 店舗名 喜三郎農場 住所 東京都文京区千石1-23-11 電話番号 03-3943-3746 営業時間 【ランチ】月~金 11:30~14:30 土・日 11:30~17:00 【ディナー】17:00~23:00(L. 22:00) 定休日 年末年始 公式サイト 公式SNS 赤坂うまや うちのたまご直売所【羽田空港第1ビル・赤坂】 歌舞伎俳優の三代目市川猿之助さんがプロデュースする飲食店「うまや」が展開する卵料理の専門店で、羽田空港第1ビル内と赤坂Bizタワー内の2店舗あります。 グループ企業が経営する福岡・内野の養鶏場で育てられた、安心・安全かつ卵殻・卵黄を5つ星級までグレードアップした高級褐色卵「うちのたまご」をすべての料理に使用しています。 卵のおいしさをシンプルに楽しむ「たまごかけごはん」や「たまご丼」をはじめ、ガッツリ食べたい人向けに「佐賀 ふもと赤鶏 親子丼」が提供されています。 食後に甘いものが食べたくなった時には、自家製のミルクセーキも提供されています。 親子丼、たまご丼、ミルクセーキ(赤坂のみ)がテイクアウトできるほか、羽田では「うちのたまご」そのものや、「うちのたまご」を使ったミニケーキ、「うちのたまごによくあう醤油」が店内で販売されています。 旅行や出張の出発前・到着後に、お仕事の合間に、卵料理でホッと一息つきませんか? 店舗名 赤坂うまや うちのたまご直売所(羽田) 住所 東京モノレール羽田空港第1ビルB1F(大田区羽田空港2-3-2) 電話番号 03-5756-7766 営業時間 8:00~21:00 定休日 年中無休 公式サイト 公式SNS 関西の卵かけご飯専門店 大阪 美味卯【恵美須町】 — 2016年11月月18日午後6時33分PST 「美味卯」は、大阪・日本橋に店を構える卵かけご飯専門店です。 看板メニューは、大分県産他の卵「白がんこ村」か「桜がんこ村」いずれかひとつと、ご飯・味噌汁・香物がセットになった「美味卯セット」。 アイドルグループ「アンジュルム」の「かななん」こと中西香菜さんと、店主の「うめちゃん」こと梅田梨江子さんがインターネット番組で共演したことから、アンジュルムファンの聖地としても人気を博しています。 中西さんお気に入りというスペシャルメニュー「かななんセット」は、美味卯セットの卵を「赤玉花恋」にアップグレードしたもので、鶏のから揚げとウーロン茶も付きます。 夜の営業では、さまざまなアルコールが提供されるほか、おつまみセットや刺し身、肉料理、揚げ物など、居酒屋メニューも豊富。 昼は卵かけご飯定食でお腹を満たし、夜はお酒をたしなんだ後に卵かけご飯でシメ、なんて楽しみ方もよさそうですね。 店舗名 美味卯 住所 大阪市浪速区日本橋5丁目15-2 電話番号 06-6599-8829 営業時間 月、水~土11:30~14:30 L. 14:00 18:00~21:30 L. 21:00 日曜11:30~15:00 L. 14:30 定休日 火曜日 公式サイト 公式SNS 兵庫 たまごや【姫路】 姫路城の門前という絶好のロケーションに店を構える「たまごや」は、姫路市夢前町で卵農場を経営する「藤橋家」が展開する卵かけご飯専門店です。 藤橋家の卵農場で採れる「夢そだち卵」は、リラックス効果のあるモーツァルトの曲を聴きながら、魚粉・ヨモギ・木酢液など十数種類の原料をブレンドしたエサで育った親鳥が産んだこだわりの卵です。 そんな「夢そだち卵」と、夢前川の豊富なミネラルと自家製有機肥料で育てられた「夢そだち米」を使ったご飯が食べ放題で、生のりの播州赤だし味噌汁、お新香も付いた「玉かけめし」が580円でいただけちゃいます。 徳島県の「天真醤油」と共同開発した、保存料、人工添加物を使っていない「玉かけ醤油」をかけてどうぞ。 ほかにも、姫路和牛を使った、卵とご飯食べ放題のすき焼膳、焦げ目を巻き込んだ虎模様の切り口が食欲をそそる「特製寅巻き厚焼玉子」など、新鮮でおいしい卵をさまざまなメニューで堪能できます。 店舗名 たまごや 住所 兵庫県姫路市本町68番地 家老屋敷館「は」の屋敷 電話番号 079-289-0058 営業時間 11:00~17:00 定休日 年末年始 公式サイト 公式SNS らんまる【相野】 兵庫県三田市の相野駅からバスで5分の位置にある「らんまる」は、養鶏場から急冷直送された産みたての卵をご飯にかけて楽しめるお店です。 人気No. 1の「卵かけご飯定食」は、生卵が食べ放題。 ご飯、卵焼き、お漬物、汁物が付いて、破格の500円です。 ほかにも、箸を入れるとお出汁があふれ出す、あっさりした上品な味わいのふわふわな出し巻き玉子や、こだわりの卵と厳選した牛乳、砂糖で作ったなめらかな玉子豆腐が提供されています。 店内には卵の直売所もあり、「卵かけご飯最適赤小玉」が15個以上入り300円で、「元気卵」は30個入り800円、「特ええ卵」は30個入り650円と、比較的リーズナブルな価格でおいしい卵が購入できます(価格はすべて税込)。 友達同士やデート、家族で利用しやすい掘りごたつのテーブル席をはじめ、ひとりでも気軽にふらっと立ち寄りやすいカウンター席があるのもうれしいポイントです。 公式サイトには、卵かけご飯定食を注文するとお店が選んだ一品がサービスされるクーポンもあるので、是非チェックしてみて。 店舗名 らんまる 住所 兵庫県三田市下相野2295 電話番号 079-568-1375 営業時間 火~金、祝前日: 11:00~15:00 土、日、祝日: 11:00~16:00 定休日 月曜日(月曜祝日の場合翌日休み) 公式サイト 公式SNS 中国地方の卵かけご飯専門店 岡山 びれっじみーる【総社】 岡山県の総社駅から県道80号線を車で西に15分ほど走った位置にある「びれっじみーる」は、農林水畜産・自然エネルギーの総合コンサルタント企業「農村エナジー」が運営する卵の専門店です。 ランチタイムの定食に使われている卵は、1ゲージに1羽だけ入れてストレスなく飼育された鶏「岡崎おうはん」が産んだ、卵黄が大きく濃い味わいの卵「おひたま」です。 他にも卵かけご飯に日替わり鶏料理が付いた「『おひたま』お試しセット」、さらにおひたまを使ったデザートとドリンクが付いた「『おひたま』味わいセット」などがありたまご好きにはたまらないメニューとなっています。 岡山県産の純国産地鶏「美膳軍鶏」の鶏ガラから抽出した出汁と白醤油で作った「美膳軍鶏鶏ガラ出汁醤油」をかけて召し上がりましょう! ほかに、岡崎おうはんの親鶏の肉と「おひたま」を使った親子丼もあります。 お土産として、卵10個に美膳軍鶏鶏ガラ出汁醤油1本がセットになった「おひたま お土産セットA」、卵20個の「おひたま お土産セットB」も販売されていますので、近辺に住んでいるのであればぜひチェックしたいお店です。 店舗名 びれっじみーる 住所 岡山県総社市新本7116 電話番号 0866-96-1118 営業時間 11:00~15:00 定休日 日曜・祝日 公式サイト 公式SNS 食堂かめっち。 【亀甲】 「卵」をキーワードに町おこししている岡山県の美咲町には、なんと西日本最大級の養鶏場が存在しています。 そんな町おこしの第1弾としてオープンしたのが、美咲町中央運動公園内にある卵かけご飯専門店「食堂かめっち。 」です。 美咲町で採れた産みたての卵を毎日入荷し、ご飯は町内の棚田で栽培した「棚田米」を、さらに醤油、みそ、漬物、器まで美咲町産にこだわった料理が楽しめます。 看板メニューは、卵とご飯が食べ放題で、味噌汁、漬物も付いた「黄福定食」。 食堂オリジナルの、しそ味・のり味・ねぎ味の3種類のタレで、ほかのお店とは一味違う卵かけご飯がお腹いっぱい食べられます。 ほかには、ふんわり食感と手作りのトマトソースが絶品の「黄福のオムレツ」、美咲町産の「美咲どり」のしぐれ煮とそぼろ、炒り卵がのった「美咲・どん」などが提供されています。 店舗名 食堂かめっち。 住所 岡山県久米郡美咲町原田2155 電話番号 0868-66-1123 営業時間 9:00~17:00(L. 16:30 定休日 年末年始 公式サイト 北陸の卵かけご飯専門店 新潟 我が家の卵【大沢】 新潟県の大沢駅から歩いて15分ほどの位置にある「我が家の卵」は、米どころ・魚沼の一風変わった卵かけご飯が味わえるお店です。 魚沼産のコシヒカリと地元の生産飼料で育てられた、黄身の色が白いのが特徴の魚沼地鶏の卵と、南魚沼塩沢産のコシヒカリを100%使ったご飯を使ったメニューが多数揃っています。 人気メニューは、納豆と刻んだ野沢菜漬けを混ぜた魚沼の郷土料理「きりざい」と、タレかつ、そして生卵をご飯にのせたどんぶりに、小鉢や汁物が付いた「大地丼定食」。 よりシンプルに、ご飯にきりざいと生卵だけがのったバージョンの「きり玉丼定食」もあります。 きりざいをふわふわの卵で包んだ「きりざいオムレツ」は食べやすいサイズで、もう一品食べたい時によさそう。 ほかにも、「だし巻き卵」や「鶏天」、「きりざい春巻」など、卵や鶏肉、きりざいを使ったさまざまな一品料理が楽しめます。 店舗名 我が家の卵 住所 新潟県南魚沼市南田中711 電話番号 025-783-6681 営業時間 9:00~15:00(15時以降は前日までに要予約) 定休日 火曜日 公式サイト.

次の