メンマ 値段。 業務用メンマ卸問屋(通販店)

メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

メンマ 値段

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の

純国産の美味しいメンマ創りで全国的課題の竹林整備を進めます!(日高栄治 2015/12/18 公開)

メンマ 値段

メンマってなに? ところで、皆さんはメンマが何かご存知でしょうか? メンマは マチク(麻竹)というたけのこを蒸してから、塩漬けにして発酵させたものです。 塩漬けの状態で売られているものもありますし、今回のように味付けされて売られているものもありますね。 ちなみに「メンマ」の名前の由来は、「ラー メン」の上にのった「 マチク」です。 業務スーパーのメンマの基本情報を見てみよう! それでは、ここから業務スーパーのメンマの基本情報を見ていきましょう。 内容量・価格 今回業務スーパーで購入したメンマは、 1㎏入りで598円です。 598円という価格は業務スーパーとしては高く感じますが1kg入りですから!100gあたりにすると、 59. 8円という驚きの低価格です。 原材料・原産国 業務スーパーのメンマの原材料は、以下の通りです。 賞味期限・保存方法 業務スーパーのメンマの賞味期限は、2020年5月20日でした。 購入したのが2019年8月ですので、約9ヶ月あります。 また、開封後は密封容器に入れ、食べる分だけを取り出しなるべく早く食べきるようにしましょう。 我が家では、ガラス容器に入れて保存しています。 ラー油の色も付かず、中身も見やすいのでおすすめですよ。 コリコリとした独特の食感がたまりません。 味は結構甘めですね。 ラー油っぽい色が付いているのでもう少し辛めかと思いましたが、甘いです。 お子さんでも食べられるという点で考えれば良いかもしれませんね。 きゅうりをもっと多めにすれば、サラダとしても食べられますよ 業務スーパーのメンマで作る絶品炊き込みご飯 お次は、業務スーパーのメンマで作る炊き込みご飯のレシピをご紹介します。 たけのこご飯って美味しいですよね!メンマも筍ですから、「炊き込みご飯にしても美味しいのでは?」と思い、炊き込みご飯にしてみました。 材料(2合分)• 業務スーパーのメンマ…100g• 枝豆…100g• 白だし…適量• お米…2合 作り方 1.メンマと油揚げは食べやすい大きさにカットし、枝豆はサヤから豆を取り出します。 2.お米を洗い、白だしと合わせて2合のラインまで水を加えます。 3.あとは具材をのせて、炊飯器をスイッチオンにするだけ! 4.炊きあがりが、こちら。 5.よーくほぐして器に盛り付けたら、出来上がりです。 メンマご飯、予想よりも美味しい!メンマはもう少し小さく刻むべきでしたが、枝豆との相性も良いし、これは完全に我が家の定番メニューとなりそうです。

次の

メンマ ランキングTOP10

メンマ 値段

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の