コントロール ヴァンプ。 【シャドバ】コントロールヴァンプ(昆布)のアンリミテッド最新デッキ【シャドウバース】

シャドウバース コンエルは勝てるのにコントロールヴァンプが勝てないのってなんで?←そんなんお前・・・

コントロール ヴァンプ

のカウントを進めて勝利するプランと、相手の攻撃を受け切って勝利するプランが存在する。 自身の手札や相手のデッキに応じて、リノセウスのカウントを優先するのか、回復を優先するのかを適宜決めていこう。 Point! など、長期戦では分が悪いデッキに対してはリノセウスプラン、アグロ〜ミッドレンジ系のデッキに対してはコンシード 降参させる プランを取ることが多いです。 プレイ回数が肝 コントロールエルフの除去カードはプレイ回数を参照するものが多い。 などは安易にプレイせず、やとセットで使うようにしよう。 除去カードの使い所が肝心 相手の展開に対して常にある程度の除去をこなせるような手札にしておくことが重要。 多少のダメージは受け入れて、次のターンにやアリアの旋風でまとめて処理するなど効率的な除去を心がけたい。 妖精竜の使い所 は、コントロールエルフの貴重なストッパー兼盤面処理カードとなる。 相手の疾走フォロワーが出てくる直前にプレイしたいカードとなるので、進化条件を満たすまでは手札に温存するようにしたい。 シャドウバース攻略の他の記事 ローテーションのデッキ ローテーションのTier上位デッキ.

次の

【シャドバ】ねぇねぇ、内緒なんだけど今の環境〝堕落の漆黒・アザゼル〟結構刺さるよ!1戦するのに23分かかる自然コントロールヴァンプ【Shadowverse / シャドウバース】 実況プレイ動画 ニコニコ動画のニコッター

コントロール ヴァンプ

のカウントを進めて勝利するプランと、相手の攻撃を受け切って勝利するプランが存在する。 自身の手札や相手のデッキに応じて、リノセウスのカウントを優先するのか、回復を優先するのかを適宜決めていこう。 Point! など、長期戦では分が悪いデッキに対してはリノセウスプラン、アグロ〜ミッドレンジ系のデッキに対してはコンシード 降参させる プランを取ることが多いです。 プレイ回数が肝 コントロールエルフの除去カードはプレイ回数を参照するものが多い。 などは安易にプレイせず、やとセットで使うようにしよう。 除去カードの使い所が肝心 相手の展開に対して常にある程度の除去をこなせるような手札にしておくことが重要。 多少のダメージは受け入れて、次のターンにやアリアの旋風でまとめて処理するなど効率的な除去を心がけたい。 妖精竜の使い所 は、コントロールエルフの貴重なストッパー兼盤面処理カードとなる。 相手の疾走フォロワーが出てくる直前にプレイしたいカードとなるので、進化条件を満たすまでは手札に温存するようにしたい。 シャドウバース攻略の他の記事 ローテーションのデッキ ローテーションのTier上位デッキ.

次の

【シャドバ】コントロールヴァンプ(昆布)のアンリミテッド最新デッキ【シャドウバース】

コントロール ヴァンプ

今回、Shadowverseというスマートフォン向けアプリのカードゲームの前情報から感じたことは、やはりその手軽さです。 従来のカードゲームは自分がゲームで使用するカードや対戦相手、プレイを行う場所などの環境が揃わなければプレイが困難でした。 しかし、スマートフォンでプレイできるこのゲームは、ネットワーク上に前述の要素を配置することで、 いつでもどこでもプレイできる手軽さを獲得しています。 更に、 電子端末を使用するのでカード一枚一枚に音声を付けたり、それぞれ異なった演出を付加することも期待できます。 このゲームの 機能として期待することはマッチング機能についてです。 対戦形式が主にオンライン対戦であることが予想されるので、オンライン対戦時にランクのステータスを加え、より自分のランクと近いプレイヤー同士を対戦させることができれば、 それぞれのプレイヤーがギリギリのバトルを楽しめるような、良いプレイ環境が生まれると思われます。 美麗カードを操り敵を倒す爽快なカードゲーム 進撃のバハムートの美麗カードを余すところなく使ったこの「Shadowverse」は 単に美しいというだけでなく、カードバトルゲームとしても爽快感がありそうでとても楽しみにしています。 カードゲームといえばデッキを組み立ててそのモンスターで敵を倒していくという単純なローディングだけだったのですが、この「Shadowverse」はそこに 派手なエフェクトを盛り込み、アクションゲームのような戦闘をカードゲームで体感できるようにしてくれております。 プレイは一人だけなのですが オンラインで他のプレイヤーと対戦したり、カードのトレードなんかも可能になればその面白さ、楽しさは無限に広がると思いますし、出来たら追加してほしい要素です。 進化するという育成要素もあるカードゲームというのも新鮮で、その要素によりデッキの組み合わせも色々考えられそうなのが実に面白い。 スマホゲームは、カードゲームはここまで進化したのか。 と驚くPVを見つつ、期待したいです。 ついにやってくる日本産本格TCGゲーム! Shadowverseがいよいよ始まりそうです。 TCGカードゲームが好きな身としては期待せざるを得ません。 過去に遊戯王をプレイしていて現在ハースストーンをやっている私ですがShadowverseももちろんプレイします! カードゲームはさくっと遊べますし、 デジタルTCGだとなにより対戦相手に困らないっていうのがいいですよね。 対戦時間も10分ほどのようなので空き時間にさくっと遊べそうです。 そしてShadowverseの魅力はやはり美麗なイラストでしょうか。 ハースストーンの洋ゲーチックな濃い絵柄もかっこいいのですが知り合いに勧めても絵柄が…といわれることが多かったので、その点 Shadowverseは日本人向けのイラストが多いので勧めやすいかなと思っています。 初期から400種類以上のカードが実装されるそうなのでカードを眺めているだけでも楽しめそうです。 現在テスト中なので正式サービス開始間近だと思います。 早く始まって欲しいですね! サイゲームスの新アプリ「シャドウバース」が最近気になる。 サイゲームスから新しいTCGアプリがでるらしいですね。 別にそれだけだったらふーん……って感じなんだけど、なんと 「神撃のバハムート」のカードゲームらしいじゃないですかっ! バハムートファンとしてはかなり気になる! 全部バハのカードなんかな?気になる…え、1万種類…ヒャッホーイ! 相変わらず綺麗なイラストですね~。 進化もあるみたいですね、でも対戦中の進化で戦闘が終わったら戻っちゃうみたい。 コミカライズとWebラジもあるみたいだからそっちもチェックと。 バハもアニメ化したし、こっちもアニメ化して欲しい。 ああ、バハムート卒業したと思ったのに……嬉しいやら悲しいやら。 いや、嬉しいに決まってるじゃないか! クラスで遊び方が変わる!?新作カードゲームShadowverse Shadowverseは色々なクラスがあり、 それぞれのクラスで使えるカードが違っています。 それによりクラスで戦い方がまったく変わっています。 例えばエルフなどは小型のフェアリーを手札に加えるカードが多く数で押していく戦い方が主流になると思います。 ドラゴンクラスは文字通りドラゴンを使うクラスなのですがこちらはとにかく大型のドラゴンを召喚していくようになるでしょう。 このように クラスによって戦い方がまったく変わってくる、というのは面白いですよね。 強いデッキが1つだけ、というのはやはり寂しいものです。 各クラスバランスが取れて色々なデッキを見ることが出来ればとても楽しくなると思います。 ちなみに クラスはエルフ、ドラゴン、ロイヤル、ウィッチ、ヴァンパイア、ビショップ、ネクロマンサーと豊富です。 春開始ということでもうまもなく始まるShadowverse、事前登録もまだ受け付けていますので興味を持った方はぜひ事前登録をしておいてくださいね。 あなたの自慢のデッキを当サイトで記事にてご紹介!デッキ投稿フォームからどしどしご応募下さい!• パック別カード一覧• 第1弾 スタンダード• ガチャシミュレーター• 構築済みデッキ一覧• 最新情報• おすすめツール• 戦歴記録ツール第1号として登場してから現在も絶えず進化しているブラウザツール! 登録されている戦歴データをなんと毎日更新で過去3日間の統計データを見ることが出来るので、よりリアルタイムに近い状態で環境調査が可能に!• 戦歴を記録できるブラウザツールで、カラフルで見易いグラフ化されたデータや、毎週行われるクラスごとのリーダー・デッキの使用率などはかなり便利!• シャドウバースをプレイしながら画面の端に戦歴記録アプリを常駐させることが出来るという超便利アプリ! Android限定ですが、いちいちタスクでブラウザを起動しなくてもワンタッチで自分のリーダー・デッキ、相手のリーダー・デッキ、先攻後攻、勝敗を記録出来ます!.

次の