原点投球。 『原点投球』査定・効果&コツをくれるイベキャラ・高校一覧|パワプロアプリ攻略 ぱわでび

菊池雄星 原点

原点投球

やっと体現できた「信念」。 秋山が、苦しみながら追いかけてきた理想の姿で粘り勝った。 「立ち上がりや点を取ってもらった後の失点など、反省点の多いピッチングだった」 初回2失点でつまずき、勝ち越した直後の5回に同点ソロを被弾。 納得はできなくても、1点リードの6回無死一塁では村上を二ゴロ併殺に仕留めるなど踏ん張った99球。 矢野監督も「100球前になってしんどいところでゲッツーでそのイニングを投げ切ってくれたのは、本当にアキらしく粘ってくれた」と価値あるクオリティースタートを称えた。 「やっぱりピッチャーは振りかぶって投げないと。 それが僕の理想なんで」。 野球を始めた時からグラブを頭上に掲げるワインドアップで腕を振ってきた。 原点であり譲れないもの。 そんな当たり前の姿が遠のく日々を送ってきた。 18年10月、慢性的な痛みを抱えていた右膝を手術。 「野球人生の分岐点」と口にしたように、それは苦闘の始まりだった。 メスを入れても患部の状態は上向かず、一進一退。 投げ込んでも、水がたまって腫れ上がる。 氷をテーピングで巻き、足を引きずる姿は珍しくなく、自費で購入したマッサージ器も手放せなくなった。 昨年は膝をかばって、無走者でもセットポジションでの投球が大半を占めた。 「手術しても全然、良くならない。 そんな甘くないですね…」。 今年もキャンプ序盤に違和感を覚えてペースダウン。 それでも、開幕延期の3カ月で走り込みを行えたことで膝の状態は良化。 不安なく、開幕を迎えられた。 「最低限の仕事しかできず悔しい。 ただ2回以降立ち直れたことをプラスに捉えて、次の登板に向けて頑張ります」。 悔しい今季初星が、復活の1年の推進力になる。 (遠藤 礼) 「阪神」をもっと詳しく.

次の

阪神・秋山 原点「ワインドアップ」で初勝利 18年手術の右膝に不安なしも次戦へは反省(スポニチアネックス)

原点投球

「最近学校の成績が良くないので、 原点回帰してがんばろう。 」 この場合はつまり、 「基本に帰って勉強をがんばろう」と言っているわけですね。 具体的に言うと、• 最初の方に学んだ内容を改めて勉強し直す。 当初のやる気や熱意を思い出して頑張る。 中学3年生であれば中学1年生の内容からやり直す。 といったことです。 このように、 物事の基本に戻り、一から何かをスタートするような時に 「原点回帰」を使うわけです。 多くは物事に対する 目標を設定してモチベーションを保つために使われます。 原点回帰の語源・由来 次に、この言葉の語源を確認しておきましょう。 まず「 原点」の「 原」は、 「原因」「原野」などの言葉があるように 「 はじめ・もと」という意味があります。 よって、この場合の「原点」とは 「 出発点」のことを指しています。 そして、 「 回帰」は「 回って 帰る」と書きます。 言いかえれば、 「 どこかをめぐって帰ってくる」ということです。 以上のことから、「原点回帰」という言葉は、 「 めぐってから、出発点に帰ってくる」 という意味が込められていること分かるでしょう。 つまり、ただ単に帰るのではなく、 「 何か経験や体験をしてから帰る」ということですね。 この時の経験は、 基本的に失敗や苦労が多いと考えてください。 したがって、多くの場合この言葉は 「色々失敗があったので、元の基本に戻ろう!」 という意味で使われます。 四字熟語で似ている言葉というのは比較的少ない印象ですね。 ことわざや慣用句などでは、 「 初心忘るべからず 」などもありますが、 あまり頻繁に使う表現ではありません。 一般的な語では、• 「 変革」• 「 改革」• 「 改善」• 「 再出発」• 「 新生」 なども「類語」と呼べるでしょう。 簡単な言葉だと、 「 やり直し・リセット」といったイメージですね。 原点回帰の対義語 「原点回帰」は「初心に戻る」という意味でしたが、 逆に「初心に戻らない」という言葉は存在するのでしょうか? 結論から言うと、 「原点回帰」の「対義語」と呼ばれるものはありません。 なので、反対語に関しては特に意識する必要はないでしょう。 あえて挙げるならば、 「 自暴自棄(じぼうじき)」は近い意味だと言えますね。 「自暴自棄」とは、 「やけくそになったり、投げやりになったりする様子」 を表した四字熟語です。 要するに、「原点に返るどころか、もう何もしない」 といった意味の言葉です。 原点回帰の英語訳 続いて、英語訳です。 「原点回帰」は、英語だと次のような言い方があります。 合わせることで、 「源(最初にいた場所)に戻る」という訳になります。 「基礎に戻る」ので、同じく原点回帰と訳すことができます。 例文だと、それぞれ以下のような言い方です。 I will return to the source at first. (私は原点回帰するつもりです。 ) He is going to back to the basics. (彼は原点回帰するつもりだ。 ) ちなみに、「原点回帰」の フランス語を 検索する人が多いのでフランス語訳も追記しておきます。 原点回帰を目指し、初心を忘れずにしよう。 弊社のスローガンは「 原点回帰」に決まりました。 原点回帰して、当初働いていた現場に戻ることにした。 彼女がたどりついた究極の答えが、「 原点回帰」だった。 モチベーションを保つために、 原点回帰することにした。 今私たちが目標とするもの。 それは「 原点回帰」だ。 原点回帰して、入団当初の投球フォームに戻した。 「原点回帰」は、 「初心に立ち戻るような時に使う」ということでした。 なので、基本的には前向きな場面で使うと考えてよいでしょう。 イメージ的には、 「上手く行っていた過去の頃を思い出す」そして「気持ちを新たに再び頑張る」といった感じですね。 「物事の始まり」は、 大抵の人が「忠実に」そして「丁寧に」 行っていることが多いです。 そのため、 「良い時の状態を思い出す」という意味でも この言葉を使うわけです。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると、 「 原点回帰」= 物事の出発点に帰ること・基本に戻ること。 「 語源」= めぐってから、出発点に帰ってくること。 「 類語」=「 体質改善・方向転換・伝統回帰」など。 「 英語」=「return to the source」 ということでした。 人生というのは様々な困難がつきまといます。 ビジネスやスポーツなど競争が求められる世界では特にそうでしょう。 時には何が答えなのか分からなくなってしまうことも多いはずです。 そんな時は、ふと立ち止まり 原点回帰することがも大事なのかもしれませんね。

次の

阪神・秋山 原点「ワインドアップ」で初勝利 18年手術の右膝に不安なしも次戦へは反省(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

原点投球

大谷翔平の出身? プロ入団後の成績は? 大谷翔平は岩手県奥州市で育ち、花巻東高校出身です。 高校卒業後メジャーリーグに挑戦するか悩んだ末、日本で戦うことを決意し、2013年に北海道日本ハムファイターズにドラフト1位で入団しました。 入団1年目から1軍で13試合に登板。 高卒1年目から13試合はものすごい数字だと思います。 ですが勝ち数は、たったの3勝で、なかなか厳しい結果となりました。 しかし、2年目から何かをつかんだのか一気に白星が増え、「11勝」と早くも1軍2桁勝利を成し遂げました。 そこから3年目、4年目と2桁勝利を続けましたが、メジャーリーグに渡る前最後の年には5試合しか投げられず、3勝という結果に終わってしまいました。 2018年にメジャーリーグに渡り、4勝しかできていないものの、内容が良い投球が続いていたように思います。 160キロを常に投げ続け、素晴らしい投球が多く見られましたが、やはり世界最高峰のメジャーリーグ。 甘いボールは見逃してくれません。 しかし、その中でも大谷翔平は力強く、あまり見られない160キロ越えの直球を連発していました。 体の変化で大きな変化? 大谷翔平は日本プロ野球に入るまでは、身長は193センチと高いものの、横幅や太さがプロに通用するようには見えない華奢な体型でした。 ですが、年を重ねるごとに体も大きくなり1年目で体の変化に気付く大きさになりました。 体が大きくなるということは単純にパワーが身につくということです。 力があれば球速や疲労感に影響して8割の力で今までの全力投球の球速が投げることもできるようになり、すると自然と体力も身に付きます。 しかし、体を大きくすることで心配なのは、筋肉を身に付けることによって動作の妨げになってしまう可能性もあります。 動作の邪魔になれば、腕が振りづらくなったり、体の回転範囲が狭まったりします。 すると、球速も制球も落ちていきます。 その中で大谷翔平は自分自身に合ったものだけを取り入れ、素晴らしい体をつくり、素晴らしい投球ができるようになったのだと思います。 トミー・ジョン手術 トミー・ジョン手術とは、肘の靱帯断裂に対する手術術式です。 大谷翔平は2018年のシーズン終了後にこの手術を受けました。 この手術は、野球界では基本的に投手が受けることが多く、過去には日本人でも松坂大輔や桑田真澄、ダルビッシュ有などが手術を経験。 昔では村田兆治が受けましたが、その当時は手術後復帰率5割未満でした。 しかし今では手術やリハビリの精度も上がり9割近くの選手が復帰しています。 そのため、手術を受ける選手が一気に増えたのでしょう。 この手術で大谷翔平に心配されるのは、意識と感覚のずれだと思います。 ケガから復帰していつも通り投球してみても、同じ投げ方をしようとしてもケガによってうまく使えない筋肉が出てきてしまい、全く違う投げ方になってしまう可能性もあります。 なおさら、大谷翔平は体を大きくして筋力をつけたので体の動作が変わりやすくなっていると思います。 体が大きく変わるごとに感覚は変わってくるので、ケガも重なり難しい状況に今現在なってしまっていると思います。 難しい状況を乗り切るには基本であるフォームが大切になってきます。 原点となる投球フォーム 調子やケガなどすべてを問わずに、常に大切なことは投球フォームです。 前述の通り、とにかくフォームは大切で、毎日同じ感覚、同じ動きで投げられれば何にも問題はないですが、実際不可能です。 皆さんは、毎日どんな時も同じ姿勢を続けられますか? 無理ですよね。 疲れれば横になったり猫背になったりといろいろ姿勢を変えますよね。 投球フォームも同じです。 疲労やケガで動きが少しでも変わってくると、敏感な選手は、すぐに制球が乱れることもあります。 しかし大谷翔平は乱れることがとにかく少ないです。 大谷翔平は、とにかくなかなかぶれません。 大きく調子を崩したのは、メジャーリーグに渡り、ボールがなじむまでの期間だけではないでしょうか。 体を変えても、ケガをしても、疲労が溜まってもぶれることのない大谷翔平の投球フォーム。 このぶれない大きな体、投球フォームがあるからこその今の活躍があるのではないでしょうか。 まとめ ・体がしっかり動く状態で大きく鍛え上げた ・ケガや疲労の感覚と意識のずれが難関 ・意識や感覚のずれ、乱れが少ない投球フォーム ・ぶれない体づくりから出来上がった疲労やケガに負けない投球フォーム 今までの経験すべてが詰まって今の活躍があると思います。 体をつくり、感覚などに敏感になり、乱れが少ないフォームを見つけて、最初の体づくりから出来上がった疲労やケガに負けず、感覚のずれを最小限に抑える投球フォームこそ今の活躍の原点となっていると思います。

次の