地質学 モンハン。 【モンハンワールド:アイスボーン】スキル地質学の情報まとめ【MHWI】

【MHWアイスボーン】地質学の効果と発動装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

地質学 モンハン

「採取」のスキルポイントが一定値以上になることで発動し、 同じ採取ポイントで2回目以降も採取できる確率が高くなる。 逆に-10以下になると採取-1となり、採取できる確率が下がってしまう。 主な用途は採取ツアー等で素材集めをする時はもちろん、アイテムを納品するクエストに 優先して発動させられることが多い。 また、MH3以降に於けるに就くハンター達は、 このスキルを発動させることがもはや暗黙の了解となっている。 注意しなければならないのは、採取ポイントが消えない 確率が上がるだけで、 採取できる 回数の上限そのものが増えるわけではないと言うことである。 例えば森丘や旧密林にあるハチの巣では逆立ちしても3回までしか取れない。 ちなみにも同じような仕組みである。 更に注意しなければならないのは、2回目以降も採取できる確率が上がるだけで、 最低2回まで採取できるようになるわけではないということである。 落ちているバリスタ、大砲の弾は常に採取上限まで入手できるのでこのスキルに意味はない。 ただし初期作などでは例外もみられ、途中で枯渇することがあるため 実用性はともかく 有効。 お守りに用がない場合ならおまハンも特に必要ではないが。 オンラインでHR1の初心者を見掛けたとして、 狩り装備なのに採取スキルがついていても不思議に思わないであげよう。 HR解放していても戦闘用装備にコレを付けているも度々見かけるが…… 植生学• 植物や虫などの採取ポイントが対象。 Lv1で薬草などの草系消費アイテム、Lv2で実、種系消費アイテム、 Lv3で虫系消費アイテム、Lv4でキノコ系消費アイテムの取得数が増えるようになる。 説明には「消費アイテム」と記載してあるが、植物系の特産品、つまり精算アイテムも実は対象内。 下記の地質学Lv2と併せると1ヵ所で計8個の精算アイテムが手に入る。 しかし、このスキル…Lv3だけ 明らかにおかしい。 MHW:Iではレベル4の装飾品に植学珠IIと植学珠IVが追加された。 後者はなかなか手に入らないレア物だが、入手できれば採取装備が組みやすくなる。 ちなみに装飾品一つでLv4まで発動できるのはこのスキルだけである。 地質学• 足を止めるタイプの採取ポイントが対象。 こちらは採取の 最大回数が1回増える効果で、従来の採取スキルの仕様に近い。 レベルは3までで植生学同様、レベルを上げるごとに回数が増える対象のアイテムが増える。 Lv1で骨系、Lv2で特産品、Lv3で鉱石の採取回数が増えるようになる。 瘴気の谷の「古い化石」は骨に、龍結晶の地の「青い宝石」及び「コハクのかたまり」は鉱石に それぞれ含まれるらしく、古い化石はLv2、宝石とコハクはLv3で 2回採取回数が増える。 増殖中のみ採れるレアな精算アイテムも一度に3回採れるようになるので調査ポイント稼ぎに役立つ。 また、Lv1の場合ラドバルキンの「竜骨塊」や導きの地のモンスターの「龍脈の~竜骨」、 Lv3の場合ウラガンキンの「溶岩塊」やマム・タロトの「爛輝龍の金塊」など、 落し物のラインナップに骨素材や鉱石素材がある場合は 2回拾えるようになる。 MHWorldでは火力の求められるマム・タロト追跡のクエストで発動させるプレイヤーは稀だったが MHW:Iの新フィールドではカスタム強化の素材が落し物で大量に手に入る上、 レベル1のスロットと装飾品さえあれば楽に発動できる為、発動させておくハンターも多いという。 また導きの地の鉱脈と骨塚も当然スキルの対象になっている。 特に骨塚は精算アイテムが採れる事から特産品扱いになっているらしく、Lv2以上で5回採取可能。 ただし巨大鉱脈・巨大骨塚は地質学の対象外で付けても1回しか採取できない。

次の

【PS4】外付けSSDでモンハンのロード時間が爆速に!おすすめのSSDを紹介します

地質学 モンハン

周回手順• 通常通り戦う• 時短のため、捕獲がおすすめ• 周囲に散らばった落とし物を回収 上記の手順でヴォルガノスでの装飾品集め周回を行います。 「我が名はヴォルガノス」ではレア7~8の装飾品が出る風化した珠を入手しやすく、周回装備を組めば1周3~5分ほどで回れます。 おすすめ周回装備 睡爆水冷ライト構成 部位 装備名 装飾品 武器• 頭 胴• 、 睡眠爆破と罠でハメながらひたすら水冷弾を撃つ構成です。 灼熱状態でなければダメージの通りが良くないため、爆弾は必ず頭に当てて部位破壊をしておきましょう。 立ち回りを工夫しなくても楽に狩れるので初心者におすすめです。 睡爆拡散ヘビィ構成 部位 防具名 スロット 武器 なし 頭• 上手くいけばライトよりも早いタイムを出せる反面、アンフィニグラの取り回しが悪く、慣れていなければ安定して周回できないのが難点です。 周回手順• エリア1の中央付近でドスジャグラスが来るのを待つ• ドスジャグラスがアプトノスを捕食したら腹部を攻撃• を着れば攻撃を避ける必要がなく楽• 体がしぼんだらを着て落とし物を回収• メニューを開いてクエストから帰還する 上記の手順でドスジャグラスでの装飾品集め周回を行います。 「窮賊、ハンターを噛む」ではレア5~6の装飾品が出る風化した珠を入手しやすく、専用装備を用意しなくても周回できるのがメリットです。 イベント未開催時は歴戦個体を周回 イベントクエストが未開催の時は、調査クエストの歴戦個体を周回して装飾品を集められます。 歴戦個体の痕跡は、上位の任務クエスト HR11 以降に発見できます。 アップデートで仕様が変更 アップデートVer3. 0から危険度1で「風化した珠」を入手できるようになり、危険度2以上に「輝く龍脈石」が混ざるようになったため、アップデート以前のように危険度2を周回するメリットはなくなりました。 その他の装飾品の入手方法 序盤ならドドド三兄弟も効率的 イベントクエスト「ドドド三兄弟」はHR13から挑戦ができ、序盤の装飾品集めに適しています。 排出される装飾品はレア5~6が主ですが、同時にお金も集められたりと利点が多いです。 上位クエストの報酬で入手 上位クエストのクリア報酬でランダムに装飾品がドロップします。 しかし、効率が良いわけではなく、高いレア度の装飾品が出づらいため、装飾品狙いでの上位クエストの周回は避けましょう。 一部の装飾品はマカ錬金で入手可能 装飾品の錬金 古代竜人の錬金術 解放条件 必要素材 装飾品 調査ポイント 装飾品 調査ポイント 龍脈石 入手装飾品 固定 ランダム マカ錬金の「装飾品の錬金」と「古代竜人の錬金術」を行うと不要な装飾品を別の装飾品に変換できます。 装飾品の錬金では特定の装飾品を、古代竜人の錬金術ではランダムに装飾品を入手可能です。 あわせて読みたい• 不要な装飾品は古代竜人の錬金術で変換 調査拠点でマカ錬金の「古代竜人の錬金術」を行えば、不要な装飾品をランダムな装飾品に変換できます。 「大龍脈石」を使えばレア8までの装飾品が排出される「古びた珠」を入手可能です。

次の

【MHWアイスボーン】地質学バグ?導きの地の素材集めは地質学で素材が2倍!修正不可避?

地質学 モンハン

属性解放で睡眠値が睡眠武器の中でも最強クラス• 低レア武器はパーツ強化できるので、最終的な睡眠属性値は800を超える• ガンナーでは睡眠弾の補充が必要だが、アイテム補充が必要ない 現在のアイスボーンの環境においてレア10武器である「ネスルラフィーク」は攻撃力だけに注目すれば、弱い太刀となってしまいます。 他のスラッシュアックスなどの睡眠武器や覚醒武器の睡眠太刀と比較しても睡眠の取りやすさでは上回る最強格の睡眠武器です。 太刀使いであれば導きの地用の睡眠太刀としておすすめであることは間違いありません。 どうして導きの地では睡眠武器がおすすめなのか? 睡眠武器が導きの地でおすすめされる理由は以下の通り。 未だに地質学Lv1で落とし物は2つ拾うことができるので導きの地での素材集めには必須スキル。 心眼と剛刃研磨について 好きな方のスキルを使用するべき。 私は「ネスルラフィークは寝かせるための武器」だと思っているので、手数を増やす意味で心眼を採用。 キレアジの上ヒレをアイテムポーチに入れることで、研磨珠は不要になる。 初心者でも安心の精霊の加護Lv5 真・会心撃【特殊】の陰に隠れがちだが、精霊の加護Lv5により回復カスタムが無くても安心で乙ることも少なくなる。 睡眠太刀や武器におすすめの装衣とネコ飯 睡眠武器や睡眠太刀を使用するときにおすすめの装衣は…• 不動の装衣• 化合の装衣 ネスルラフィークの場合パーツなどを最大強化して「化合の装衣」はあまり変化しない部分もあるかもしれません。 より安全にぶっ飛ばしを行いたい方は転身の装衣がおすすめです。 ネコ飯「ネコの特殊攻撃術」で状態異常値をさらに強化! ネスルラフィークは決して攻撃力が高くないので、肉6個で攻撃力を少しでも補います。 ネコの特殊攻撃術の使用により、ネスルラフィークの睡眠属性は800以上となります。 ネコの特殊攻撃術の付け方.

次の