コピック。 コピック初心者のための「色の選び方・塗り方」参考記事まとめ【保存版】

コピックって何?

コピック

塗り方のコツとか色の選び方など、具体的な使い方の前に、 「って聞いたことあるけど一体何?」 っていう方のためにについて書いてみたいと思います。 とは?. Too マーロダクツさんという会社が作っている、1本で2種類のペン先が使える アルコールインクのカラーマーカーです。 紙にイラスト描いて色を付けるための、 つまり「 ペンタイプの 画材」です。 全358色もあり、おそらく日本で手に入るマーカーでは一番色数が多いマーカーではないでしょうか。 引用元 どんな種類がある? 実はには種類が3種類あります 他にもあるのですが、今回はこの3種類で。 写真上から 四角くて角ばったデザインの クラシック 楕円柱の形の スケッチ 円柱でころころ転がっていきそうな感じのもの チャオ というふうになっています。 それぞれ見ていきましょう。 ・クラシック 角ばったデザインが印象的のクラシックは、実はの中では一番歴史が古いものになります。 今ではクラシックと呼ばれていますが、一番最初にとして販売されたのはこのコでした。 着いているペン先 ではこのペン先を「 ニブ」と呼びます は教科書に赤線ひいたりするマーカーのようなものと、ちょっと固めで細いニブの2種類です。 もともとはプロダクトデザインといって、企業が製品を作る前にデザインを考える段階で、紙にコピーしたデザインに色を付けるために「 コピーのトナーを溶かさないもの」というコンセプトで作られた用のもので、今みたいなイラストを描くためのものではなかったんですね。 でコピーされた線は本当に溶けないです プロダクトデザイン向けですが、あえてクラシックを使ってすごいイラストを描いている人もいます。 機会があればいずれブログでも紹介させていただきたいと思います。 ・スケッチ 楕円の形が手になじむ感じのスケッチは、クラシックをイラスト向けにしようという形で作られたもので、 イラストを描くうえで使いやすいペン先が付いています。 片方はクラシックと同じですがややクラシックより幅が細いニブと、もう一方は色が塗りやすい筆のような形のブラシニブになっています。 使いがって言った場合、だいたいこれのことを言っています。 多くの漫画家さんやーさんが使っているのもこのスケッチです。 ・チャオ 最後にチャオ。 円柱で転がってしまいそうな(転がらないよう突起があります)印象のです。 シリーズの中では一番最後に出たで、これから 初めてを使う人のためのエントリーモデルとして発売されました。 特徴はほぼスケッチと同じなのですが、 ペン自体が他の物より細くてキャップに色の番号が書いていないのが特徴です。 スケッチに比べて細いため、 複数本手に持って、持ち替えて塗るのに適しています。 つまり塗るのと逆の手がこういう風になるって事ですw また、 かさばらないため、持ち運びもしやすいです。 以上が3種類のの特徴となります。 付け加えるなら、3種類のはそれぞれ販売されている色の数が違います。 スケッチが最大358色、クラシックは全214色、チャオが全180色となっています。 3種類に共通の色もあれば、スケッチでしか出ていない色もあります。 お値段はクラシックとスケッチが380円(税別)、チャオが250円(税別)となっています。 全色揃えたい!というワイルドな方は、是非スケッチから買い始めていただいた方がいいでしょう。 の良いところ ・面倒な準備が要らない 僕は前にカラーインクを使っていて、紙が縮まないようにあらかじめ水で濡らして板に張り付ける「」という作業をやらないといけなかったんですが、はその必要がないので、水を用意したり筆を洗ったりといったのが嫌いな めんどくさがりな人に向いてる画材と言えます。 ・すぐ乾くので仕上がりが早い インクがアルコールなので、数秒で塗ったアルコール分が蒸発して、仕上がりがすぐ分かるっていうのがポイントです。 たくさん色を塗らない 簡単なイラストなら「あっ」という間に完成!というのも魅力です。 ・画材屋さんだいたいならどこでも売っている 人気のある画材なので、 だいたいどの画材屋さんでも置いています。 よっぽど小さい画材屋さんだとない場合もありますが。。。 画材は無くなった時にすぐに買えるかどうか、と言うのがとても大事で、遠くまで行かないと買えないような画材だとそれだけでマイナスポイントと言えますが、は取り寄せないと買えないっていうこともなく、某森林の 通販でも買えるので手に入らなくて困る、ということはないです。 ・繰り返し使える たまにインクがなくなったを捨ててしまうという方がいらっしゃると聞くのですが、実ははインクという詰め替えインクが存在します。 追記:どうも「 捨て方」といったワードで検索されてらっしゃる方がいるようですが、もしこの記事にたどり着いてここまでお読みいただけたなら、絶対に捨てないで、繰り返し大事に使ってあげてくださいね! いやそれでも捨てる!とおっしゃる方は、扱いとしてはの分類に入りますので、地域ごとに決まった所定の日に分類して捨ててください。 実際に描いていく上での利点として、 ・使っている人が多いため手本にできる人がたくさん居たり、またやメイキング本などの種類がたくさんある プロアマ関係なく、を使ってイラストを描いている人が本当に多く、ちょっと探せば塗り方を解説してくれるブログやなどの動画、などを利用してそういう発信をしている作家さんを簡単に見つけることができます。 デジタルが主流な時代であってこれは大変すごいことです。 ですと、会議さん( )というアカウントをフォローしていただくか、もしくは「 #会議」「 」というタグを是非検索してみてください。 今の時代はパソコンで描くデジタルイラストが主流で、紙に絵を描こうと思う人がなかなかいないんじゃないかなと思います。 「それでもやってみたいな」って思う人がいたら、前章で書いた理由からはすごいおすすめです。 手軽に温かみの感じられる世界でたった一つのイラストを描くことができますよ。 今回は導入という事でかなりについて書いてしまいましたが、別に僕はの中の人というわけではなく、あくまでに魅せられた絵描きの一人です。 記事を読んでくれる人に少しでもが面白いなと思ってもらえるよう、またこんな塗り方あったのかって思ってもらえるようなことを頑張って書いていこうと思いますのでよろしくお願いします😌 ここまでお読みいただきありがとうございました😊 yousko.

次の

コピック初心者のための「色の選び方・塗り方」参考記事まとめ【保存版】

コピック

イラストマーカーをよく見かけるようになった 2018年1月、Twitterを中心に話題となったダイソーのイラストマーカー。 人気すぎて約1年ほど売り切れ状態が続き、実際に店舗で見ることができたのはごく一部の地域の方のみ。 しかし2019年に入ると、今では普通にどこの店舗でもイラストマーカーを見かけるようになりました。 こちらの写真は2018年9月に某ダイソーでイラストマーカーが売られていたの時のものです。 この当時はまだ在庫が確保されておらず原色が売り切れてしまいモノクロカラーしか販売されていませんでした。 それでも私はこの時初めて店頭で見かけたので本当に嬉しくてテンションが上がりました。 それから数カ月後にはこの様に、どこの店舗でも全色販売されるようになり、誰でも気軽に買えるようになりました。 赤青黄色など華やかな色がズラッと並んでいます! 在庫も結構あるので、もしかしたら入荷したてだったのかもしれません。 ずっと欲しかった商品をようやく全色ゲットできてとても嬉しいので、さっそくレビューしていきます! ニブの形状• コピック…【左】ブロード【右】ブラシ• ダイソー…【左】ブロード【右】ファイン イラストマーカーの形状からすると、コピックスケッチというよりかは、 建築やファッション、インテリアなどデザイナーに支持されている【コピッククラシック】と似た書き心地になります。 ブロードタイプは広範囲をいっきに塗れるので便利。 ファインニブは細かい所をサササッと塗れるので便利。 ブロードタイプとファインタイプが1本のペンに両方ついてこのお値段、このクオリティーは本当に驚きです。 ブラシタイプじゃないのがデメリット そうは言っても イラストマーカーのニブはブラシタイプではないのでコピックの様に払って塗ると言う技が使えません。 そこがコピックとの一番の差だと思います。 クリアブレンダーがあればぼかしたり滲ませたりできるので多少はグラデーションが可能です。 もし払いやグラデーションの練習がしたくて安いアルコールマーカーをお探しなら【マービーのルプルーム】が1番おすすめです。 コピックとなんらそん色ありません。 発色も書き心地もコピックに全然劣りません。 コピックと併用して使っても特に問題はないと思われます。 コピックと併用のする上での注意点は、イラストマーカーにどれほどの耐光性があるのかが不明なのでご使用は自己責任でお願いします。 現在イラストマーカーはインク補充ができない イラストマーカーはインク補充用のインクが販売されていないので、インクがなくなったらそのまま使い捨てになります。 ここはエコじゃないので気になるポイントですね。 一方の コピックはインク補充が可能で、しかもコスパがイラストマーカーに匹敵するほど良いんです! スポンサーリンク コピックが1本約50円になる方法 コスパはコピックの方が勝ちです! 以前こちらの【】で説明したのですが、 コピックはバリオスインクでインク補充することで、1本約50円という安さで継続できるんです! 実はコピックは継続費が安く大変コスパの良い画材だったんです! コピックスケッチは1本350円と値段が高いですよね。 しかし、コピックインク補充用の 【バリオスインク】はコピックスケッチと同じ値段でスケッチの約8本分もの量が入っています。 つまり、コピック本体を買い替えるのではなく、【バリオスインク】でインク補充すれば コピックスケッチが約50円で繰り返し使えることになるんです! なんてお得なんだ! 確かに初期投資がかなり高いですが、 継続を考えると100円均一のイラストマーカーと同じくらい安くなる上、さらに高品質で描き心地の良いマーカーを使用できるので、 コピックの方がだんぜんお買い得になります。 最初はDAISOのイラストマーカーで試してみて、もし気に入ったら迷わずコピックへと切り替えましょう。 インクの量はどのくらい?• 耐光性はある?• 原色が少ない・・・ 以上の3点がすごく気になりました。 インクの量はコピックスケッチと比べてどのくらい入っているのか謎です。 ただ、色々と絵をいくつか塗ってみても結構インクの持ちが良いので量は多い気がします。 100均だからすぐにインクが終わってしまうのではと思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。 ただ、 耐光性の有無について記載されていないのが気になります。 褪色しやすいのかしにくいのか分かればコピックとの併用も可能になると思います。 また原色が10色と少ないので、かなり彩色に制限がかかります。 本格的なイラストと言うよりかは、落書きやコピックの練習用に、もしくはデフォルメされた小さくて可愛いイラストの彩色に向いているのかなと思いました。 DAISOイラストマーカーのメリット・デメリット メリット• 色数が少ない• ブラシタイプのニブではない• 細部まで塗るのは難しい• コピックの様なグラデーションは難しい• コピックよりも滲みやすい印象• どのくらい耐光性があるのか不明• フタが固くて開けにくい 色数が少ないのでイメージ通りに塗れず、もしかしたら飽きてしまう可能性はあります。 特に 肌色の影になる色がないのが個人的にかなりのデメリットポイント。 肌色は頑張ってコピックで揃えて、その他の色はDAISOで補う感じでも大丈夫です。 コピックよりも滲みやすく、またニブがブラシタイプではないので細部の塗りが難しいのでよく線からはみ出します。 よりコピックに近いものをお探しならルプルームがおすすめ! 先ほども紹介しましたが、もしコピックよりも安くてコピックにより似た塗り心地のアルコールマーカーをお探しなら【 】が1番おすすめです。 セリアのイラストマーカーについて セリアのニブはコピックと同じブラシタイプなので、よりコピックに近い感覚でアルコールマーカーを楽しめます。 ただ、セリアのブラシニブは毛先がボサボサしていてあまり塗り心地が良いとは言えません。 実際にこちらの【】で詳しくレビューしているので、興味がある方はチェックしてみてください。 2019年6月ダイソーのアルコールマーカー新色登場! 冒頭でも言いましたが、2019年6月にダイソーのイラストマーカーに新色が登場しました! 新色はトレンドを意識したオシャレでかわいい色が豊富。 全20色の色見本や、 実際に新色だけで女の子を塗ってみた感想など詳しくレビューしています。 詳細は以下の関連記事からどうぞ。

次の

ルプルームとコピック比較!日本製アルコールマーカーの実力を検証!

コピック

イラストマーカーをよく見かけるようになった 2018年1月、Twitterを中心に話題となったダイソーのイラストマーカー。 人気すぎて約1年ほど売り切れ状態が続き、実際に店舗で見ることができたのはごく一部の地域の方のみ。 しかし2019年に入ると、今では普通にどこの店舗でもイラストマーカーを見かけるようになりました。 こちらの写真は2018年9月に某ダイソーでイラストマーカーが売られていたの時のものです。 この当時はまだ在庫が確保されておらず原色が売り切れてしまいモノクロカラーしか販売されていませんでした。 それでも私はこの時初めて店頭で見かけたので本当に嬉しくてテンションが上がりました。 それから数カ月後にはこの様に、どこの店舗でも全色販売されるようになり、誰でも気軽に買えるようになりました。 赤青黄色など華やかな色がズラッと並んでいます! 在庫も結構あるので、もしかしたら入荷したてだったのかもしれません。 ずっと欲しかった商品をようやく全色ゲットできてとても嬉しいので、さっそくレビューしていきます! ニブの形状• コピック…【左】ブロード【右】ブラシ• ダイソー…【左】ブロード【右】ファイン イラストマーカーの形状からすると、コピックスケッチというよりかは、 建築やファッション、インテリアなどデザイナーに支持されている【コピッククラシック】と似た書き心地になります。 ブロードタイプは広範囲をいっきに塗れるので便利。 ファインニブは細かい所をサササッと塗れるので便利。 ブロードタイプとファインタイプが1本のペンに両方ついてこのお値段、このクオリティーは本当に驚きです。 ブラシタイプじゃないのがデメリット そうは言っても イラストマーカーのニブはブラシタイプではないのでコピックの様に払って塗ると言う技が使えません。 そこがコピックとの一番の差だと思います。 クリアブレンダーがあればぼかしたり滲ませたりできるので多少はグラデーションが可能です。 もし払いやグラデーションの練習がしたくて安いアルコールマーカーをお探しなら【マービーのルプルーム】が1番おすすめです。 コピックとなんらそん色ありません。 発色も書き心地もコピックに全然劣りません。 コピックと併用して使っても特に問題はないと思われます。 コピックと併用のする上での注意点は、イラストマーカーにどれほどの耐光性があるのかが不明なのでご使用は自己責任でお願いします。 現在イラストマーカーはインク補充ができない イラストマーカーはインク補充用のインクが販売されていないので、インクがなくなったらそのまま使い捨てになります。 ここはエコじゃないので気になるポイントですね。 一方の コピックはインク補充が可能で、しかもコスパがイラストマーカーに匹敵するほど良いんです! スポンサーリンク コピックが1本約50円になる方法 コスパはコピックの方が勝ちです! 以前こちらの【】で説明したのですが、 コピックはバリオスインクでインク補充することで、1本約50円という安さで継続できるんです! 実はコピックは継続費が安く大変コスパの良い画材だったんです! コピックスケッチは1本350円と値段が高いですよね。 しかし、コピックインク補充用の 【バリオスインク】はコピックスケッチと同じ値段でスケッチの約8本分もの量が入っています。 つまり、コピック本体を買い替えるのではなく、【バリオスインク】でインク補充すれば コピックスケッチが約50円で繰り返し使えることになるんです! なんてお得なんだ! 確かに初期投資がかなり高いですが、 継続を考えると100円均一のイラストマーカーと同じくらい安くなる上、さらに高品質で描き心地の良いマーカーを使用できるので、 コピックの方がだんぜんお買い得になります。 最初はDAISOのイラストマーカーで試してみて、もし気に入ったら迷わずコピックへと切り替えましょう。 インクの量はどのくらい?• 耐光性はある?• 原色が少ない・・・ 以上の3点がすごく気になりました。 インクの量はコピックスケッチと比べてどのくらい入っているのか謎です。 ただ、色々と絵をいくつか塗ってみても結構インクの持ちが良いので量は多い気がします。 100均だからすぐにインクが終わってしまうのではと思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。 ただ、 耐光性の有無について記載されていないのが気になります。 褪色しやすいのかしにくいのか分かればコピックとの併用も可能になると思います。 また原色が10色と少ないので、かなり彩色に制限がかかります。 本格的なイラストと言うよりかは、落書きやコピックの練習用に、もしくはデフォルメされた小さくて可愛いイラストの彩色に向いているのかなと思いました。 DAISOイラストマーカーのメリット・デメリット メリット• 色数が少ない• ブラシタイプのニブではない• 細部まで塗るのは難しい• コピックの様なグラデーションは難しい• コピックよりも滲みやすい印象• どのくらい耐光性があるのか不明• フタが固くて開けにくい 色数が少ないのでイメージ通りに塗れず、もしかしたら飽きてしまう可能性はあります。 特に 肌色の影になる色がないのが個人的にかなりのデメリットポイント。 肌色は頑張ってコピックで揃えて、その他の色はDAISOで補う感じでも大丈夫です。 コピックよりも滲みやすく、またニブがブラシタイプではないので細部の塗りが難しいのでよく線からはみ出します。 よりコピックに近いものをお探しならルプルームがおすすめ! 先ほども紹介しましたが、もしコピックよりも安くてコピックにより似た塗り心地のアルコールマーカーをお探しなら【 】が1番おすすめです。 セリアのイラストマーカーについて セリアのニブはコピックと同じブラシタイプなので、よりコピックに近い感覚でアルコールマーカーを楽しめます。 ただ、セリアのブラシニブは毛先がボサボサしていてあまり塗り心地が良いとは言えません。 実際にこちらの【】で詳しくレビューしているので、興味がある方はチェックしてみてください。 2019年6月ダイソーのアルコールマーカー新色登場! 冒頭でも言いましたが、2019年6月にダイソーのイラストマーカーに新色が登場しました! 新色はトレンドを意識したオシャレでかわいい色が豊富。 全20色の色見本や、 実際に新色だけで女の子を塗ってみた感想など詳しくレビューしています。 詳細は以下の関連記事からどうぞ。

次の