野ばら ウェルナー。 シューベルト『野ばら(Heidenröslein)』の解説(ドイツ語の歌詞・対訳・解釈)

野ばら(のばら)とは

野ばら ウェルナー

ゲーテの詩『野ばら』 [ ] 1799年に出版された。 ゲーテがにに滞在していた時に書かれたもので、という女性に恋をし、その女性に贈られたものである。 この詩は傑作と評価されており、以下をはじめとした多くの作曲家によって、この詩に曲が付けられている。 日本においては、特に、シューベルトとヴェルナーの作品に、によって日本語の訳詞が付けられたものが、音楽教科書を通して広く人々に知られている。 近藤朔風の日本語訳詞 [ ] 近藤朔風は2種類の訳詞を発表している。 野中のばら 童(わらべ)はみたり 野なかの薔薇(ばら) 清らに咲ける その色愛(め)でつ 飽かずながむ 紅(くれない)におう 野なかの薔薇 手折(たお)りて往(ゆ)かん 野なかの薔薇 手折らば手折れ 思出ぐさに 君を刺さん 紅におう 野なかの薔薇 童は折りぬ 野なかの薔薇 折られてあわれ 清らの色香 いろか) 永久(とわ)にあせぬ 紅におう 野なかの薔薇 荒野のばら 童(わらべ)はみたり 荒野(あれの)のばら 朝とく清く 嬉(うれ)しや見んと 走り寄りぬ ばら ばら 紅(あか)き 荒野のばら われは手折(たお)らん 荒野のばら 吾(われ)はえ耐えじ 永久(とわ)に忍べと 君を刺さん ばら ばら 紅き 荒野のばら 童は折りぬ 荒野のばら 野ばらは刺せど 嘆きと仇(あだ)に 手折られけり ばら ばら 紅き 荒野のばら シューベルトの歌曲『野ばら』 [ ] シューベルトの『野ばら』の自筆譜 『』と並びシューベルトの初期の傑作とされる。 の見本というべき簡単な曲想に、による原詩のもつ繊細な世界が昇華されている。 4分の2拍子。 ピアノは単純で、主をととで交互に奏するだけである。 主調楽節-楽節-属調楽節-主調という簡単平易な小曲の中に、厳しい自然の中の可憐なを歌い上げている。 『野ばら』のメロディ [ ] シューベルト作曲の『野ばら』は日本でも広く親しまれ、メロディがアレンジされて、学校などのやでのなどとして使用されることも多い。 鉄道での発車メロディとしては、(JR東日本)で使用されていたほか、まではの下り線でもとして使用されていたが、いずれも放送機器の更新に伴い消滅している。 編曲を手がけたのはである。 また学校のチャイムとしてはなどで使用されている。 シューベルト以外の作曲家による『野ばら』 [ ] シューベルト作曲のもののほか、作曲の『野ばら』も日本で広く親しまれ、メロディがアレンジされてののチャイムや、企業の事業所等での始業・終業時におけるチャイムなどとしても使われている。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ].

次の

野ばら(ウェルナー) : ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

野ばら ウェルナー

ゲーテの詩『野ばら』 [ ] 1799年に出版された。 ゲーテがにに滞在していた時に書かれたもので、という女性に恋をし、その女性に贈られたものである。 この詩は傑作と評価されており、以下をはじめとした多くの作曲家によって、この詩に曲が付けられている。 日本においては、特に、シューベルトとヴェルナーの作品に、によって日本語の訳詞が付けられたものが、音楽教科書を通して広く人々に知られている。 近藤朔風の日本語訳詞 [ ] 近藤朔風は2種類の訳詞を発表している。 野中のばら 童(わらべ)はみたり 野なかの薔薇(ばら) 清らに咲ける その色愛(め)でつ 飽かずながむ 紅(くれない)におう 野なかの薔薇 手折(たお)りて往(ゆ)かん 野なかの薔薇 手折らば手折れ 思出ぐさに 君を刺さん 紅におう 野なかの薔薇 童は折りぬ 野なかの薔薇 折られてあわれ 清らの色香 いろか) 永久(とわ)にあせぬ 紅におう 野なかの薔薇 荒野のばら 童(わらべ)はみたり 荒野(あれの)のばら 朝とく清く 嬉(うれ)しや見んと 走り寄りぬ ばら ばら 紅(あか)き 荒野のばら われは手折(たお)らん 荒野のばら 吾(われ)はえ耐えじ 永久(とわ)に忍べと 君を刺さん ばら ばら 紅き 荒野のばら 童は折りぬ 荒野のばら 野ばらは刺せど 嘆きと仇(あだ)に 手折られけり ばら ばら 紅き 荒野のばら シューベルトの歌曲『野ばら』 [ ] シューベルトの『野ばら』の自筆譜 『』と並びシューベルトの初期の傑作とされる。 の見本というべき簡単な曲想に、による原詩のもつ繊細な世界が昇華されている。 4分の2拍子。 ピアノは単純で、主をととで交互に奏するだけである。 主調楽節-楽節-属調楽節-主調という簡単平易な小曲の中に、厳しい自然の中の可憐なを歌い上げている。 『野ばら』のメロディ [ ] シューベルト作曲の『野ばら』は日本でも広く親しまれ、メロディがアレンジされて、学校などのやでのなどとして使用されることも多い。 鉄道での発車メロディとしては、(JR東日本)で使用されていたほか、まではの下り線でもとして使用されていたが、いずれも放送機器の更新に伴い消滅している。 編曲を手がけたのはである。 また学校のチャイムとしてはなどで使用されている。 シューベルト以外の作曲家による『野ばら』 [ ] シューベルト作曲のもののほか、作曲の『野ばら』も日本で広く親しまれ、メロディがアレンジされてののチャイムや、企業の事業所等での始業・終業時におけるチャイムなどとしても使われている。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ].

次の

シューベルト『野ばら(Heidenröslein)』の解説(ドイツ語の歌詞・対訳・解釈)

野ばら ウェルナー

概要 [ ] からに逃れてきた一人の少年が、に所属するまでを描いた心温まる物語。 脚本は、本作が遺作となったがの協力のもとで書き下ろしたものである。 マックスは監督も兼任している。 物語の中心となっているは、本作のため作られた「陽の輝く日」「歌声ひびけば」の二曲や、数々の名曲を劇中で合唱している。 ストーリー [ ] ハンガリー動乱からオーストリアに逃げてきたひとりぼっちの少年トニーと愛犬フロッキ。 バスに乗り遅れて途方にくれているところを、元汽船の船長だという老人ブリュメルに出会い救われ、二人と一匹は、楽しい毎日を過ごし始める。 ある日、教会でウィーン少年合唱団の歌うミサを聞いたトニーは、その美しい歌声にたちまち魅せられ、合唱団へ入ることを夢見るようになった。 ブリュメルは、トニーに音楽の才能があることを知り、彼の幸せのためにも、トニーをウィーン少年合唱団に入れる決心をした。 合唱団を訪れたトニーは、親切な団長の計らいで合唱団に入ることができ、誰からも愛される団員の一人になった。 だがしかし、トニーはアメリカ演奏旅行の直前に、寮母マリアの部屋から千シル紙幣を盗んだのではないかと疑われる。 歌唱曲 [ ]• 陽の輝く日• 歌声ひびけば• 私の母さんはウィーン生まれ• (作曲:)• (作曲:)• きれいな兄ちゃん• (作曲:) 出典 [ ].

次の