恋 つづ 上 白石。 『恋はつづくよどこまでも』最終回 佐藤健&上白石萌音、ラストキスシーンに大反響 /2020年3月18日 1ページ目

佐藤健上白石萌音指輪は恋つづのティファニーのペアリング?たけもね不仲説も事務所のやらせ?

恋 つづ 上 白石

女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が3月17日に放送された。 視聴者からは「上白石萌音ちゃんの、ばーかが可愛すぎた……」「上白石萌音ちゃんの『ばーか』が可愛すぎてずっと頭に残ってる」などと大反響だった。 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。 偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。 念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。 天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。 最終回は、より看護師として成長したいと考えていた七瀬が、看護師長の茉莉子(平岩紙さん)から看護留学を勧められる。 しかし七瀬は、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいた。 そんな中、天堂から背中を押された七瀬は、看護留学へ……。 1年後に帰国し、ラストシーンでは、天堂と七瀬の結婚式の様子が描かれた。 看護留学への出発当日、七瀬は出発時間を勘違いしており、天堂が慌てて七瀬を追いかけることに。 空港で七瀬を見つけた天堂は、「七瀬!」と大声で呼ぶ。 「先生……すいません、最後の最後にこんなどうしようもないミス……」という七瀬に、天堂は「ばか…とりあえず抱きしめさせろ」と言いながら強く抱きしめる。 天堂は、「いいか、今から言うことをよく聞け。 向こうではまず、患者さんには誠意を持って、不快な思いをさせない。 自主的にどう動くか考える。 それと、戻ってきたら……俺と結婚しろ」とプロポーズ。 七瀬は思わず涙ぐみながらも、「はい!」と快諾。 天堂は指輪を取り出し、七瀬の左薬指にはめ、「時間だろ、もう行け」と言うと、七瀬は、満面の笑みで、指輪をはめた手を天堂に見せながら「はい」と答える。 そんな七瀬に、天堂が「お前、向こうで浮気するなよ」と話すと、七瀬は「ばーか!」と言ってキスをして……という展開だった。 ツイッターでは、「恋つづ」が国内トレンド1位に。 「恋つづロス」「天堂ロス」の声が続々と上がり、早くも「続編希望」といった意見も多く見られた。 SNSでは「空港シーンの上白石萌音ちゃんの『ばーか!』にキュン死させられました」「萌音ちゃんの『ばーか』からのキスからのちょっとうるうる来てる顔最強すぎる」などの声が上がっていた。

次の

佐藤健と上白石萌音は付き合うのか!?恋つづで佐藤健が女性人気を更に獲得!?

恋 つづ 上 白石

女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が3月17日に放送された。 視聴者からは「上白石萌音ちゃんの、ばーかが可愛すぎた……」「上白石萌音ちゃんの『ばーか』が可愛すぎてずっと頭に残ってる」などと大反響だった。 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。 偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。 念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。 天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。 最終回は、より看護師として成長したいと考えていた七瀬が、看護師長の茉莉子(平岩紙さん)から看護留学を勧められる。 しかし七瀬は、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいた。 そんな中、天堂から背中を押された七瀬は、看護留学へ……。 1年後に帰国し、ラストシーンでは、天堂と七瀬の結婚式の様子が描かれた。 看護留学への出発当日、七瀬は出発時間を勘違いしており、天堂が慌てて七瀬を追いかけることに。 空港で七瀬を見つけた天堂は、「七瀬!」と大声で呼ぶ。 「先生……すいません、最後の最後にこんなどうしようもないミス……」という七瀬に、天堂は「ばか…とりあえず抱きしめさせろ」と言いながら強く抱きしめる。 天堂は、「いいか、今から言うことをよく聞け。 向こうではまず、患者さんには誠意を持って、不快な思いをさせない。 自主的にどう動くか考える。 それと、戻ってきたら……俺と結婚しろ」とプロポーズ。 七瀬は思わず涙ぐみながらも、「はい!」と快諾。 天堂は指輪を取り出し、七瀬の左薬指にはめ、「時間だろ、もう行け」と言うと、七瀬は、満面の笑みで、指輪をはめた手を天堂に見せながら「はい」と答える。 そんな七瀬に、天堂が「お前、向こうで浮気するなよ」と話すと、七瀬は「ばーか!」と言ってキスをして……という展開だった。 ツイッターでは、「恋つづ」が国内トレンド1位に。 「恋つづロス」「天堂ロス」の声が続々と上がり、早くも「続編希望」といった意見も多く見られた。 SNSでは「空港シーンの上白石萌音ちゃんの『ばーか!』にキュン死させられました」「萌音ちゃんの『ばーか』からのキスからのちょっとうるうる来てる顔最強すぎる」などの声が上がっていた。

次の

上白石萌音は身長が超低い!そっくりな妹(萌歌)との差は?違いをチェック|Rioの日々、気になるコト。

恋 つづ 上 白石

女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんの共演で1~3月に放送されたドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)。 放送終了後から続編を希望する声も多く、「恋つづロス」を訴える視聴者が多い中、4月14日にスペシャルダイジェスト「恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト」(同局系)が放送されることが発表されると、SNSでは歓喜の声が続々と上がった。 ダイジェスト放送を前に、4回に分けて胸キュンシーンを振り返る。 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。 偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。 念願かなって5年越しに再会した天堂(佐藤さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。 天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。 しかし七瀬は、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいた。 そんな中、天堂から背中を押された七瀬は、看護留学へ……。 1年後に帰国し、ラストシーンでは、天堂と七瀬の結婚式の様子が描かれた。 佐藤さんは、「最終回はもうすべて、すべて全部乗せです。 胃もたれにご注意ください。 少女マンガのすべてを詰め込みました」とアピールしていたが、胸キュンシーン満載となった。 冒頭から、天堂からのバックハグとキスが登場。 「もうこんな時間。 夜勤の準備しないと。 3分で戻ります」とパンをくわえて席を立つ七瀬の腕をつかみ、天堂は「ダメだ」と止める。 また、2人がジェンガで遊んでいるときに、七瀬は首をふって天堂にキスをおねだり。 天堂は「やめろ、それ」と言いつつも、七瀬にキス。 さらに、天堂が七瀬の髪をタオルでふいて、ドライヤーで乾かすというやりとりもあった。 佐藤さんは3月20日、公式YouTubeチャンネルで初めてのライブ配信を行い、初回スペシャルゲストとして上白石さんが出演した。 ドラマのベストシーンとして、上白石さんは「ドライヤーをしてもらうシーン」と明かし、「好きなせりふがあって(笑い)。 (天堂が七瀬にドライヤーをあてながら)『そうだな』っていうところ」と照れながら語っていた。 空港で七瀬を見つけた天堂は、「七瀬!」と大声で叫ぶ。 「先生……すいません、最後の最後にこんなどうしようもないミス……」という七瀬に、天堂は「ばか…とりあえず抱きしめさせろ」と言いながら強く抱きしめる。 天堂は、「いいか、今から言うことをよく聞け。 向こうではまず、患者さんには誠意を持って、不快な思いをさせない。 自主的にどう動くか考える。 それと、戻ってきたら……俺と結婚しろ」とプロポーズ。 七瀬は思わず涙ぐみながらも、「はい!」と快諾した。 天堂は婚約指輪を取り出し、七瀬の左薬指にはめ、「時間だろ、もう行け」と言うと、七瀬は、満面の笑みで、指輪をはめた手を天堂に見せながら「はい」と答える。 そんな七瀬に、天堂が「お前、向こうで浮気するなよ」と話すと、七瀬は「ばーか!」と言ってキスをして……という展開だった。 視聴者からは「上白石萌音ちゃんの、ばーかが可愛すぎた……」「上白石萌音ちゃんの『ばーか』が可愛すぎてずっと頭に残ってる」などと大反響だった。 天堂に気づいた七瀬が笑顔を見せながら近づくと、天堂は思わず笑みをこぼし、「相変わらず俺のことが好きでたまらないって顔してるな」と話す。 七瀬は、「ふふふ」と笑いながら、「ただいま、先生」とあいさつ。 天堂も「おかえり、七瀬」と伝える。 七瀬はうれしそうに跳びはねて天堂に抱きつき、2人は抱き合いながらくるくると回って……という展開だった。 SNSでは「再会のシーンでの笑顔はやばかった」「どんなキスより、どんないちゃつきシーンより、七瀬ちゃんが帰ってきたときの天堂先生の笑顔が全話の中で最高にすてきだと思う」などのほか、「恋つづラスト、ナースステーションでのキスよかったな 佐藤健の最大の笑顔が素晴らしかった」という声もあった。 「恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト」は、4月14日午後10時~同10時57分に放送。

次の