ファイナル スパンク ハッピー。 菊地成孔×小田朋美のFINAL SPANK HAPPYが1stアルバム発売、UNITでリリースパーティ

スパンク・ハッピー

ファイナル スパンク ハッピー

1 七月一八日。 午前七時。 気温二十七度。 女1の部屋。 学生の一人暮らしにしては広くて立派な低層マンション。 もうそろそろ目覚まし時計が鳴りそうな空気のなか、男1が目を覚ます。 女1は眠っている。 男1、出来合いのドリップコーヒーをマグカップに淹れて、口をつける。 カーテンの隙間から漏れる光。 男1 青空に光り輝く太陽を、実はあまりすきじゃない。 居心地がわるくて。 面倒だから雨もすきじゃない。 雪は、わるくない。 いちばんいいのは曇り空だ。 一面まっしろな曇り空の日は、外に出て煙草を吸う。 いかにも退屈そうで、こちらに無関心な空を見ると、心が落ち着く。 そしてたまに、一瞬でいいからあの退屈な曇り空の、気を引くことができたなら、その時は徴〈しるし〉に、雷のいっぽんにでも打たれて、死んでしまってもいい。 なんて、もうそろそろ目覚まし時計が鳴りそうな空気のなか アラーム音。 部屋のAIスピーカーから聞こえてくる。 アラーム音。 女1が鈍く反応する。 アラーム音。 男1が立ち上がり、アラームを止める。 音声 「今日は、七月十八日。 茹で豚の日です」 女1 ・・・なにそれ 男1 茹で豚の日だって。 おはよう 女1 おはよう 男1 カーテン開けていい? 女1 うーん 女1が全然眠そうな様子をみて、男1はカーテンを開けないことにする。 男1、出掛ける支度を始める。 男1 今日ちょっと、先に出るね。 学生課に呼ばれてるから 女1 うん 男1 二度寝して二限に遅れないように 女1 うーん・・・今日さあ 男1 うん? 女1 行くんだよね、菊池〈きくち〉くんのところ 男1 行くよ 女1 うん 男1、支度を一旦止める。 男1 ちょうど一年前の今日、七月十八日。 茹で豚の日。 僕たちがあいつと最後に会った日 男1、支度を再開する。 男1 あれ、学生証・・・智美〈ともみ〉ちゃん学生証どっかで見なかった? 女1 見てないよ 男1 あれー・・・ごめんカーテン開けるから 女1 うーん 夏の強い陽射しが差し込む。 男1 うわ 女1 まぶしい 男1 外〈そと〉出たくないなあ 女1 あった? 男1 まだ 男1、学生証を探し回りながら 男1 「アレサ、学生証はどこ」 音声 「おっしゃっていることの意味がよく分かりません」 男1 だめだ 女1 フフフ 男1 智美ちゃんはさあ、晴れの日ってすき? 女1 うーん、すき、かな。 天気が良いと気持ちいいし、洗濯物乾くし 男1 そっか 女1 宇宙食君〈うちゅうしょくくん〉は? 男1 僕は曇りの方がすきだ 女1 そうなんだ・・・どうして? 男1 うーん、曇りの方が落ち着くから 女1 宇宙食君っぽいね 男1 え? そうなの 女1 うん 男1 自分で自分っぽいとか、よく分からないから 女1 うーんたしかに 男1 あっ、あったあー。 よかった 女1 おめでとう 男1 お騒がせしました・・・じゃあ 女1 うん、行ってらっしゃい 男1 行ってきます。 あ、二度寝してもいいけど二限に 女1 (遮るように)だいじょうぶ 男1 そう、じゃああとで 女1 うん、またあとでね 男1、部屋を出る。 Chapter 1. 2 女1 「アレサ、音楽掛けて」 音楽がAIスピーカーから聞こえてくる。 女1 小田智美〈おだともみ〉二十一歳。 大学三年生。 朝は苦手です。 パチっと眼がさめるなんて、絶対にどこかの誰かの嘘だと思う。 わたしの朝は濁って濁って、そのうちだんだん澱粉が下に沈むように、少しずつ上澄みができて、やっと疲れて眼がさめる時、わたしは最高にひとりぼっちの気分になる。 でも最近、宇宙食君がうちに来てくれるようになって、少しいいです。 結構上向きかもしれません。 アレサも宇宙食君が買ってきてくれたやつです。 わたしが朝起きられるようにって。 アレサを買ってから、もうすぐ二週間。 宇宙食君と付き合って、もうすぐ九ヶ月。 あのことがあって、ちょうど一年 Chapter 2. 1 男1 あれはそう、誰もが平成最後の夏とか言って、やたら特別がっていたけれど結局、皆いつもと代わり映えしないことで騒いでいただけの、毎日暑すぎて、頭のおかしい夏だった。 菊池と僕は大学の同期で、住んでいる所も偶然近かったりでよく話す仲だった。 かといって趣味嗜好が似てる訳でもなく、向こうはフットサル、僕は古いレコードを買い漁るという具合だから、つまりお互いの社交性だけで付き合っているような、いわゆる普通の友達だった Chapter 2. 2 一年前の七月一八日。 午後一時過ぎ。 気温三十四度。 「なか卯」店内。 男1と男2がテーブル席に座っている。 女4がワンオペしている。 男2 暑っちー・・・宇宙食 男1 んん 男2 あの店員、愛想ゼロ 男1 あーね、いっそ清々しいなーって思って見てた 男2 あれはだめだろー、客商売であれはだめだよお金貰ってんだから 男1 まあね 女3が店に入る。 女4 いらっしゃーせー 男2 ほら、聞いたか 男1 いやもう聞いてるよさっきから 男2 あれは頂けないなあ 女3が席に着く。

次の

INTERVIEW:もし音楽が神かクスリなら、FINAL SPANK HAPPY(最終スパンクハッピー)は「遊んでいる神さま、楽しいクスリ」

ファイナル スパンク ハッピー

そして最後はジャズサックス奏者のさん。 当時はまだ伝説のバンド""在籍中で、その後のご活躍アレやコレやは前回同様こちらをご参照ください。 そんな作詞作曲編曲演奏どこをとっても一級品な1期。 以下、特に注記がないかぎり菊地さんが単独で作詞した楽曲 作曲者について触れてない曲は分担が不明な曲 です。 それではいきまっしょう!!• J-Pop• provided courtesy of 映画音楽ふうの豪華なオーケストラにのせて、めっちゃテキトーなのステキなが展開していきます。 あなたは監督? それとも 相手のスター? どっちでもいいや よくねえ!!!! ただしかし、サビの歌詞がすごく感動的で、 回るフィルムと 回る世界は 回る2人を 追いかけてくる 出会いも恋も キスも別れも これから始まる いずれ別れてしまうことさえも分かっていながら恋してしまう、アッパラパー 死語 なだけではない、一瞬一瞬を全力で楽しもうとする素敵な女性であることがわかります。 この歌詞が原さんの歌声で歌われるのがいーんスよね…スターになれ太郎…• J-Pop• provided courtesy of めちゃくちゃアップダウンの激しいドドドドドドドドド名曲。 『普通の恋』とかと並んでこの曲を聖句にしている人も多いのでは、さんとかさんとかさんとか…ラストに現れる『お早う』がせつない!! どうしてここまで『躁鬱!!!』感激しいのかというと、イントロとAメロでずっと鳴らされているコード進行に、『メジャーキー 明るい音階 』からやってきた明るいコードと『マイナーキー 暗い音階 』からやってきた暗いコードの両方が交互に使われているからなのです。

次の

スパンク・ハッピー

ファイナル スパンク ハッピー

世界で一番踊れないダンス・ミュージック。 近年、ポスト〈エレクトリック・マイルス〉を指向した11人編成のジャズ・ファンク・バンド、デートコースペンタゴンロイヤルガーデン(以下DCPRG)やアーティフィシャル・ファンク・ユニット、TOKYO ZAWINUL BACH(東京ザヴィヌルバッハ)で精力的な活動を行っている菊地成孔。 その彼が第三のユニットとして、ヴォーカルの岩澤瞳と(再)始動させたSPANK HAPPYのファースト・アルバム『Computer House of Mode』は、YMOやニュー・オーダーを思い出さずにはいられないクールなエレクトロニック・ポップを聴かせてくれる、そんな作品である。 しかし、サックス奏者にしてアレンジャー、そして、作詞や文筆も手がけるハイパー・アクティヴな彼が、ここでは一転して、美しい倦怠感に包まれている……。 「だって、私、体力ないし……」(岩澤)。 910098:L 「(笑)あと、ドカーンと踊れるものは世間的にいくらでもあるし、いまはハード・ダンスかチルアウトかって感じじゃないですか。 だから、SPANK HAPPYはその中間のあんまり体が動かなくて、汗かかないような、ぬるいものになればいいな、と。 だからTommy february6にはヤラれたと思った。 ただ、彼女が売れたことで、こういうマーケットもあるんじゃんって勇気付けられはしましたよ(笑)」(菊地)。 しかし、彼女とSPANK HAPPYの決定的な違いは、本作の資料として1万字を越える解説文を添付するほどに過剰な思考の持ち主である彼と、脱力を通り越して退廃的でもある岩澤嬢という音楽的に断絶した二人がいっしょにいるということにある。 その点に関しては〈ディスコミュニケーション〉という80年代の頻出語が思い浮かぶのだが……。 「最初から理解し合うっていうことを投げてるとしても、じゃあ、理解ができなければ、何もできないのか? っていうと、そんなことはなくて、いつまでもお互いがミステリアスで何を考えているのかわからないけど、だからこそ、ドキドキしながら男女がいっしょにいるっていうことがいちばん濃密な時間だと思うんですよ。 確かに絶望は存在すると思うけど、仮に戦争が起こったり、どんな不景気が来ようと、恋愛とセックスがあれば大丈夫に決まってるって半ば真剣に思ってますから、僕は基本的に楽天的ですけどね」(菊地)。 螺旋を描いて、収縮しつつある時代であるだけに、彼らの音楽が街角から大音量で流れるといいなと思う。 「不況はいつ終わるんですかねぇ」(岩澤)。 「まだまだ続くんじゃない? 」(菊地)。

次の