総務 省 ホームページ。 2020年度 総務省 統一QR「JPQR」普及事業

マイナポイントの予約・申込方法

総務 省 ホームページ

ソフトウェアのダウンロード方法及び解凍(展開)方法については、 【ご使用上の注意】 ソフトをダウンロードした際、ご使用のパソコン端末によっては、ZIP形式の圧縮フォルダ(縦にジッパーの表示されたフォルダ)で保存される可能性があります。 ZIP形式の圧縮フォルダにソフトが格納された状態で使用すると「読み取り専用」となり、正常にご使用できません。 ソフトは必ずZIP形式の圧縮フォルダから外に出した状態でご使用ください。 また、各種ソフトにはマクロ機能が設定されているため、圧縮フォルダから外に出す際は、ダウンロード時に同時に保存される「templates」フォルダ及び「画像」フォルダと必ず同一フォルダ内に格納した状態でご使用ください。 ソフトウェアを使用する際の動作保証対象 オペレーティングシステム Microsoft Windows 8. 1 Microsoft Windows 10 Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 11 Microsoft Edge ワードプロセッサソフトウェア Microsoft Word 2010 Microsoft Word 2013 Microsoft Word 2016 Microsoft Word 2019 表計算ソフトウェア Microsoft Excel 2010 Microsoft Excel 2013 Microsoft Excel 2016 Microsoft Excel 2019 対応している. NET Framework バージョン4. 収支報告書を作成するソフトウェア 会計帳簿・収支報告書作成ソフトとは? 日々の会計データを入力することにより、電子データで会計帳簿を作成するとともに、それをもとに自動的に収支報告書等を作成できるソフトです。 また、補助簿機能をご利用いただくことで、会計帳簿の入力が簡素化できます。 ソフトウェア及び操作マニュアルは、こちらよりダウンロードしてください。 ソフトウェアの新バージョンへのデータ移行方法については 利用にあたっての動画については 政治団体の区分ごとの収支報告書の明細の報告基準等については 国会議員関係政治団体の収支報告の手引きについては 使途等報告書および統括文書を作成するエクセルソフト 使途等報告書・総括文書とは? その年に政党交付金(支部政党交付金)の交付を受け、若しくは政党交付金(支部政党交付金)による支出をしたもの又は、政党基金(支部基金)の残高を有する政党本部 (支部)が、政党交付金(支部政党交付金)の使途等を明らかにするために作成するものです。 なお、使途等報告書及び総括文書の提出方法は、書面のみとなりますので、ご注意願います。 また、 「会計帳簿・収支報告書作成ソフト」を利用し、使途等報告書を自動的に作成することも可能です。 ソフトウェア及び操作マニュアルは、こちらよりダウンロードしてください。 ・ 公的個人認証方式で利用申請された利用者(代表者又は会計責任者)が届出又は収支報告 書を電子申請する場合 ・ 署名をする者(公的個人認証方式で利用申請された利用者以外の者を含む。 )が添付書類 に電子署名を付与する場合 また、電子署名用アプリをご利用いただくには. NET Frameworkが必要です。 NET Frameworkのダウンロードは. NET Frameworkのバージョン確認手順については、インストールマニュアルをご覧ください。 ソフトウェア及びインストールマニュアルは、こちらよりダウンロードしてください。

次の

学校基本調査:文部科学省

総務 省 ホームページ

ピックアップ情報 行政文書及び保有個人情報の開示請求手続に関する詳細はこちら。 在留申請手続のオンライン化がスタートします。 在留資格「特定技能」についてはこちらから。 自動化ゲートの利用対象者が拡大されます! 平成28年11月28日に「技能実習法」が公布されました。 新しい技能実習制度の概要や参考資料等はこちらから。 外国人登録法が廃止され,外国人登録証明書は特別永住者証明書又は在留カードに切り替える必要があります。 法務省本省に御自身の外国人登録原票の開示請求を行うことができます。 出入国の際に記載していただく様式について,記載項目を減らすなどより分かりやすく変更しました。 また,外国人出入国記録は廃止しました。 ポイント計算により,高度人材と認定されれば,出入国管理上の優遇措置を受けることができます。 出入国在留管理庁電子届出システムは,中長期在留者の所属機関に関する届出がインターネットからできます! 在留カード及び特別永住者証明書の主な記載内容,偽変造防止対策等の確認方法はこちらから。 在留カードに関すること,住居地や所属機関に関しての届出についてはこちらから。 2012年7月9日から特別永住者の制度が変わりました。 新しい制度の概要やQ&Aはこちらから。 自動化ゲートを利用してスピーディーな出入国手続を。 人身取引対策への取組,情報提供・相談窓口一覧,被害者保護の考え方などについて紹介しています。 これまでの入管法改正の概要はこちらから。 吉本興業とタイアップし,入国管理局の取組をわかりやすく照会する動画を作成しました。 出入国在留管理庁・出入国在留管理局公式Twitterです。 皆様のお役に立つ情報を発信しています。 情報システムのご案内 両システムは,土日祝日を除く,毎日午後5時頃から8時頃までの約3時間程度,メンテナンス(データ更新)のために使用できません。 効力を失った在留カード及び特別永住者証明書の番号を確認するための情報を提供しています。 簡体字と,在留カード及び特別永住者証明書に表記される入管正字の対応関係について検索,確認できます。 トピックス• (入国管理局のウェブサイトへ移動します)• (入国管理局のウェブサイトへ移動します)[PDF]• (入国管理局のウェブサイトへ移動します)[PDF]• (入国管理局のウェブサイトへ移動します) [PDF]• (入国管理局のウェブサイトへ移動します)• (入国管理局のウェブサイトへ移動します)• 手続のご案内.

次の

法務省:出入国在留管理庁

総務 省 ホームページ

ここから本文です。 統計Today No. 我が国の個人企業は、法人企業も合わせた企業全体の付加価値額では4. 7%を占める一方、企業数では218万企業と、企業全体の半数を超える52. 7%を占め、従業者数は634万人と、企業全体の11. 9%を占めています。 業種ごとに見ると、企業数では、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」、「生活関連サービス業」、「医療,福祉」が多く、経済規模(付加価値額)では、「医療,福祉」、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」が多くなっており、総体としてみると第3次産業が中心となっています。 個人企業とは 「個人企業」とは、法人としての登記をしていない個人が経営する経営体を意味します。 例えば、街中の法人登記をしていない個人営業の工場、工務店、小売店、飲食店、美容室、学習塾、税理士などは個人企業ですし、医療法人となっていない医療機関も1つの個人企業です。 また、例えば、複数の店舗を持つ美容のチェーン企業であっても法人登記していなければ個人企業になります。 (企業と事業所の概念の違いについては、末尾の【参考】を参照してください。 ) なぜ経済センサスで個人企業を見るのか 個人企業は小規模な企業が圧倒的に多いため、その活動状況を捉えることはなかなかできませんでした。 )を対象に、売上、費用などの会計情報について初めて調査を行ったことから、例えば、「個人企業による付加価値額が、企業全体の付加価値額の4. 7%となっていること」など、我が国企業の半数を超える個人企業の活動を捉えることができました。 以下、個人企業を主要な業種ごとに、企業数、従業員数、付加価値額などについて、見ていきます。 個人企業は企業数では218万企業、全体の52. 7%を占める 個人企業を総括的に捉えると、個人企業は、法人も合わせた全体の付加価値額の点では4. 7%を占めるにしか過ぎませんが、企業数では半数を超える52. 7%を占め、雇用の観点では、従業者数は634万人と全体の11. 9%を占めています。 なお、設備投資では1%程度です。 4% 個人企業の数を都道府県別に上位・下位5県で見ると、都道府県の人口規模にほぼ関係し、東京都が一番多く約19万企業で、一番少ないのは鳥取県で約1万企業です。 (第2表) 第2表 都道府県別個人企業数(上位、下位) 法人企業と個人企業を合わせた企業全体に占める個人企業の割合(以下、「個人比率」という。 )は全国では52. 7%(第1表)ですが、都道府県別に上位・下位5県を見ると、一番高いのは沖縄県で71. 4%、一番低いのは東京都で40. 0%です。 地方圏の方が個人比率は高い傾向にあります。 (第3表) 第3表 都道府県別個人比率(上位、下位) 個人企業が多い業種は「卸売業,小売業」(約49万)、「宿泊業,飲食サービス業」(約45万) 218万の個人企業はどんな事業を営んでいるのか? 主要な業種(産業大分類)別に個人企業数、個人比率を見てみます。 (第4表) 第4表 主要業種別の個人企業数など 全体では、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」、「生活関連サービス業,娯楽業」の3つの業種(産業大分類)で合計約125万となり、全体の57. 6%を占めています。 「卸売業,小売業」では個人比率が半分で、飲食料小売業が1/3を占めます。 「宿泊業,飲食サービス業」では個人比率が8割を超えており、この業種では「飲食店」がほとんどを占めています。 「生活関連サービス業,娯楽業」でも個人比率が8割を超えています。 この中でも、「洗濯・理容・美容・浴場業」が多くを占めます。 「医療,福祉」では個人比率が6割で、この中にはクリニックなど「一般診療所」、「歯科診療所」、骨接ぎ、整体など「療術業」などがあります。 「建設業」では個人比率が1/3程度です。 「一人親方」の職人さんのような左官、鳶(とび)、大工などの「職別工事業」が約半数を占めます。 「不動産業,物品賃貸業」では個人比率が半分弱で、個人によるアパート経営など「不動産賃貸業・管理業」が多数を占めます。 「製造業」では個人比率が1/3程度で、「繊維工業」、「金属製品製造業」、「食料品製造業」などいわゆる軽工業のウェイトが高くなっています。 「学術研究,専門・技術サービス業」では個人比率が半分強で、いわゆる「士業」を始めとして様々な業種が含まれていますが、比較的多いのが、公認会計士・税理士、司法書士、弁護士などです。 「教育,学習支援業」では個人比率が約3/4で、この中には、学習塾もありますが、お稽古事などを教える、「教養・技能教授業」が2/3を占めています。 個人企業で働く人は、「卸売業,小売業」で約150万人 個人企業の従業者数が多い業種を見ると、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」で100万人を超え、次いで「医療,福祉」が約84万人となっています。 (第5表) 次に、従業者数の個人比率を見ると、「宿泊業,飲食サービス業」、「生活関連サービス業,娯楽業」、「学術研究,専門・技術サービス業」の3つの業種で2割を超えています。 (第5表) 個人事業主も含めた一企業当たりの平均従業者数を見ると、「医療・福祉」ではクリニックなどで看護師などがいることから、平均5. 0人と多くなっています。 一方、個人によるアパート経営などの「不動産賃貸業・管理業」が含まれる「不動産業,物品賃貸業」が平均1. 6人、理美容など個人で行える業種が含まれる「生活関連サービス業,娯楽業」も平均2. 0人と、個人事業主を除くと、1人いるかいないか、という状況になっています。 (第5表) 第5表 主要業種別個人企業従業者数、個人比率等 従業者における女性比率は、「医療,福祉」、「教育,学習支援業」で7割 女性比率が多い業種を見て行くと、「医療,福祉」70. 9%、「教育,学習支援業」69. 6%が高くなっています。 これは、「医療,福祉」では看護師、医療事務者などで女性が多いこと、「教育,学習支援業」では、お稽古事の指導など「教養・技能教授業」が含まれており、女性の指導者が多いことなどがあると思われます。 (第5表) 次に女性比率が高い業種は、「宿泊業,飲食サービス業」64. 1%、「生活関連サービス業,娯楽業」61. 7%です。 飲食店や理美容などで女性が多いことがあると思われます。 (第5表) 個人企業の付加価値額が高い業種は「医療,福祉」で2. 9兆円 個人企業の付加価値額では、「医療,福祉」2. 9兆円、「卸売業,小売業」2. 7兆円、「宿泊業,飲食サービス業」1. 3兆円、「学術研究,専門・技術サービス業」1. 1兆円となっており、この4つの業種で1兆円を超え、合計すると個人企業の付加価値額の3/4を占めています。 (第6表) 付加価値額の個人比率が高い業種は「宿泊業,飲食サービス業」で18. 0% 個人比率が10%を超えているのは、「宿泊業,飲食サービス業」18. 0%、「医療,福祉」11. 9%、「生活関連サービス業,娯楽業」11. 8%、「学術研究,専門・技術サービス業」10. 4%の4つの業種となっており、これらの業種では経済規模に占める個人企業の割合が比較的高くなっています。 (第6表) 第6表 主要業種別付加価値額、設備投資額等 有形固定資産設備投資額は、「医療,福祉」で1408億円 設備投資額(有形固定資産(土地を除く))では、「医療,福祉」1408億円、「不動産,物品賃貸業」1018億円の2つの業種で1000億円を超えています。 また、各業種内で個人企業が占める比率が10%を超えているのは、「宿泊業,飲食サービス業」11. 9%のみとなっています。 (第6表) 無形固定資産設備投資額は、「医療,福祉」で51. 1億円 設備投資額(無形固定資産 ソフトウェアのみ )では、「医療,福祉」51. 1億円、「学術研究,専門・技術サービス業」26. 4億円、「卸売業,小売業」17. 3億円、「宿泊業,飲食サービス業」11. 6億円の4つの業種で10億円を超えています。 また、各業種内における個人比率では、「医療,福祉」が6. 5%と一番高くなっています。 (第6表) 付加価値率が高いのは、「学術研究,専門・技術サービス業」、「医療,福祉」、「不動産,物品賃貸業」の3つの業種 全産業・全企業ベースで付加価値率は18. 3%、法人企業では17. 8%、個人企業では41. 7%となっています。 (第1表) 個人企業で業種別に付加価値率を見ると(第6表)、「学術研究,専門・技術サービス業」59. 4%、「医療,福祉」54. 7%、「不動産,物品賃貸業」50. 4%の3つの業種で50%を超えています。 また、「生活関連サービス業,娯楽業」、「教育,学習支援業」も48. 2%と比較的高くなっています。 労働者が生み出す部分が大きく、人件費が費用の中心となっているこれらの業種で付加価値率が高くなっていると考えられます。 また、商品販売の「卸売業,小売業」では、仕入費のウェイトが高いことから、付加価値率は低く27. 8%となっています。 (第6表) まとめ• 個人企業を総括的に捉えると、法人企業も合わせた企業全体の付加価値額では4. 7%を占めるにしか過ぎませんが、企業数では半数を超える52. 7%を占め、雇用の観点では、従業員数は11. 9%を占めています。 なお、設備投資では1%程度です。 個人企業と言うと、町工場、小売店、理美容などサービス業を思い浮かべると思います。 「個人企業」を業種ごとに見ると、企業数では、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」、「生活関連サービス業」、「医療,福祉」が多く、経済規模(付加価値額)では、「医療,福祉」、「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」が多くなっています。 「製造業」、「建設業」の個人企業もありますが、中心は第3次産業であり、その中でも「卸売業,小売業」、「宿泊業,飲食サービス業」、「医療,福祉」のウェイトが高いと言えます。 個人企業の統計を考える場合、こういった点に注意する必要があります。 各業種内での個人企業の位置付けを見ると、経済規模(付加価値額)の点では、「宿泊業,飲食サービス業」、「医療,福祉」、「生活関連サービス業,娯楽業」、「学術研究,専門・技術サービス業」で個人比率が1割を超え、一定の位置を占めており、これらの業種の分析に当たっては、会社企業などの法人企業のみならず、個人企業の存在も考慮する必要があると考えられます。 なお、設備投資額(有形固定資産(土地を除く))の点では、「不動産業,物品賃貸業」の占める割合が高く、注意する必要があります。 【参考】 「事業所」という用語と「企業」という用語については、 1 「事業所」とは、一般に工場、製作所、事務所、営業所、商店、飲食店、旅館、娯楽場、学校、病院、役所、駅など、人及び設備を有する経済活動が単一の経営主体の下において一定の場所すなわち一区画を占めて継続的に行われるものを指します。 2 「企業」とは、会社、医療法人など、単一又は複数の事業所で構成される、資本の活動単位や経営意思決定の単位を意味します。 (平成26年8月29日).

次の