ビートルズ ヘイ ジュード。 ビートルズ「ヘイ・ジュード」はジュリアン・レノンを励ます曲だった

【洋楽歌詞和訳】Hey Jude / Beatles(ビートルズ)

ビートルズ ヘイ ジュード

CDが売れないと言われているこの時代に、今年の9月9日に発売されたビートルズのリマスター盤がバカ売れしているらしい。 なんでも発売から1カ月足らずで、国内だけで200万枚を売り上げる大ヒットなんだそうだ。 初CD化された1987年から今まで一度もリマスターされなかったというから、こっちの方がちょっと驚きである。 別に買うつもりはないのだが、タイトルをチェックしていて目を疑った。 全アルバム14作となっているのに、「ヘイ・ジュード」がない!何かの間違いかなと思って他のサイトでも調べてみたのだが、どこのサイトでチェックしても「ヘイ・ジュード」の名前が見当たらない。 早速この辺の情報にやたらと詳しい知り合いに電話して聞いてみた。 すると、今回のリマスターの対象から漏れているというではないか。 「あれってイギリスでは正式なアルバムとして発売されていないし、ベスト盤的な要素が強いから漏れたんじゃないっすか」。 そう言われても腑に落ちない。 というか、腹が立ってしかたがなかった。 「ヘイ・ジュード」は、たしかにビートルズが活動中に本国イギリスで発売されたアルバムではない。 だけど、アメリカでは1970年2月に発売されたビートルズ18作目の正式なアルバムである。 セールス的にも、アメリカだけで300万枚以上も売れた名盤の一つ。 「ヘイ・ジュード」が凄いのは、A面からB面を通して全10曲中1曲たりとも捨て曲がないこと。 キャント・バイ・ミー・ラヴから始まってレヴォリューションで終わるA面も最高だし、そのレヴォリューションの余韻を引きずりながらB面にひっくり返し、いきなり始まるヘイ・ジュード。 鳥肌が立つくらい完璧なアルバムである。 「ヘイ・ジュード」には個人的な思い出も多い。 小学校5年生の時にはじめて買ったビートルズのアルバムが「ヘイ・ジュード」だった。 京都に家出をした高校生の時、レコードを処分して家出資金を作ったのだが、最後まで売ることができずリュックサックに入れて京都まで持っていたほど大好きだったレコード。 「ヘイ・ジュード」、リマスターされる可能性はないんでしょうか。 それと、このリマスター盤本当に音良いですか。 買う予定はないが気になる。

次の

【歌詞和訳】Hey Jude

ビートルズ ヘイ ジュード

この曲をダウンロード購入• Recording Data ~レコーディング・データ ビートルズの英国での18枚目のオリジナルシングル。 カップリングは「」。 ビートルズが設立した「アップル」からの初リリースされたレコードである。 この曲はイギリスでは1968年8月30日に発売された。 作者のポールがリード・ヴォーカルを取り、ジョン、ジョージがコーラスを付けている。 当時のシングル曲としては7分11秒という常識破りの演奏時間である。 各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「 」に収録されている。 この曲が録音開始されたのは1968年7月29日。 アビイ・ロード第2スタジオ。 ポール(ピアノ)、ジョン(アコギ)、ジョージ(エレキギター)、リンゴ(ドラム)のラインナップで6テイク録音された。 この内、最後まで演奏できたのは第1,2,6テイクでいずれも7分には満たない長さであった。 これは演奏の雰囲気をつかむためのリハーサルも兼ねた録音だったようである。 翌日の1968年7月30日もリハーサルを兼ねた録音は続いた。 この日は第7~第23テイクを録音。 第23テイクをリダクションして第24,25テイクを作成し、第25テイクをステレオ・ミキシングした物を元にジョージ・マーティンがオーケストラのスコアを書くことになった。 1968年7月30日。 ロンドン・トライデントスタジオ。 ビートルズとしてトライデントスタジオを使うのは初めての事である。 このスタジオは独立経営(レコード会社経営ではない)を行っており、 当時としては最新鋭機器の8トラックレコーダーが備え付けられていた。 ビートルズが初めて8トラックレコーディングを行ったのはこの曲が最初である。 ビートルズは前日までのテイクを全て破棄して、新たにリメイクを開始。 全部で4テイクが録音されたが、第1テイクがベストと判断された。 ジョージは「Hey jude」の歌詞が出てくる度に応答フレーズ(オブリ)を弾きたがったが、 ポールはそれを止めさせるのに苦労したらしい。 1968年8月1日。 ロンドン・トライデントスタジオ。 前日の第1テイクにポールのベースとヴォーカル、そしてバックコーラスをオーバーダブ。 そして夜には36名のオーケストラが招かれ、オーケストラをオーバーダビングした。 ビートルズはオーケストラのメンバーに 「ちゃんとギャラはその分上乗せするので、『na,na,na~』のコーラスと手拍子をやってくれないか?」と頼んだ。 1名以外は「そんな楽な仕事でいいの?」と快く引き受けた。 しかし、その1名は「 ポール・マッカートニーのクソみたいな曲で歌ったり手拍子できるか!」と帰ったそうであるw 1968年8月6日までトライデントでこの曲のリミックス作業が行われた。 その後、1968年8月8日。 アビイ・ロードにそのテープを持ち込んでみると、トライデントで録音した後とは違い、 まるで劣化したサウンドになってしまってたのである。 これはレコーダーやコンソールの設定の違いもあって、仕方ない事だが高域が完全にカットされてたらしい。 これをエンジニアはイコライジング処理で何とか聞ける物に修正をした。 この曲はこれで完成に至る。 Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター• モノラル盤は一番フェイドアウトが遅い。 (Mono Box収録バージョンでは7:19) ステレオ盤では各種、収録されてる盤によって長さがまちまちで、管理人が最初に聞いた「20 Greatest Hits」という編集盤では5分弱という極端に短くなっている物もあった。 「 」に1968年7月29日のアビイ・ロードでのテイクが収録されている。 ジョンとポールの軽い掛け合いから始まるが、この時点でリリースされた物とほぼ近い仕上がりである。 もちろんオーケストラなどのオーバーダブはなく、4人の演奏である。 但し歌詞は若干異なっている。 An anecdote ~ こぼれ話• もともとこの曲はジョンの息子ジュリアンに向けて書いた、と言われている。 この頃、ジョンはシンシアとの破局が決定的になっており、ポールが息子のジュリアンを励ますために「Hey Jules」と書いた物が「Jude」に変更になった。 しかし「Jew」はユダヤ教を指す言葉でもあり、ポールはこれを全く知らずに、アップル・ブティックの壁にシングルの宣伝を兼ねて「Hey Jude」と書いた所、ガラスが何者かに割られて抗議電話が殺到したそうである。 もちろん、いつもの事だがジョンは「オレへの嫌みで書いた」と発言し、ポールは「ジェーン(・アッシャー)と別れて自分を慰めるために書いたんだ」ともコメントしている。 ポールは「The movement you need is on your shoulders」の歌詞を「意味が通じないし後で変えるよ」と言ったところ、ジョンは「 意味がない。 それがいいんじゃないか!そこは変えるなよ。 最高だ!」と言ったらしい。 最後のリフレインに行く寸前の「Remember to let her under your skin」の後にポールが小声で 「Fuckin' Hell! 」とつぶやいているのがはっきり聞こえますw ジョンに言わせると「ポールがピアノをミスってつい言ってしまった。 オレはそのまま残しとけって言ったんだw」とか。 このレコーディングで使われたピアノは後にクィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」にも使用された。 プロモーションフィルムも作成されている。 これはボーカルだけがライブ録音であとはリリースされた物と一緒である。 テレビ番組「デヴィッド・フロスト・ショー」に出演して撮影されたものである。 管理人のエピソード。 この曲のシングル盤は7分という曲を無理矢理詰め込んでいた為に、ものっそ音量が小さかったのを覚えてる。 12インチシングルで出して欲しかった。 ワシがビートルズを聞き始めてた頃は12インチシングルはもう普通にあったから・・・・・ 各種聴き放題サービスでのビートルズ作品の取り扱い状況 Amazonプライムミュージック ビートルズ・オリジナルアルバムはAmazonプライムの特典である「Amazon Prime Music」で「ウィズ・ザ・ビートルズ」「ビートルズ・フォー・セール」「イエロー・サブマリン」を除いて聴き放題に含まれています。 いずれも2009年リマスターのみ) なぜこの3つが省かれているのかが謎ですが、単体での購入もお忘れなくという事なのかも知れません。 Amazonプライムはお急ぎ便の使用や送料無料、プライムビデオなど様々な特典を含んで月間400円、年間3,900円という価格で提供されています。 ちなみにプライムビデオの方では無料のビートルズ映像作品はありませんでしたし、公式の映画やコンサートフィルムは取り扱い自体がありませんでした。 頻繁にAmazonを使う、という事であれば加入するのもよいかも知れませんがビートルズを全て楽しみたい!という方には微妙かも。 Google Play Music Googleが提供しているGoogle Play Musicの状況はオリジナルアルバム(アンソロジー3つ、ハリウッドボウル、サージェントペパーの50周年含む)は全て配信されていますが、BBCセッション、レット・イット・ビー・ネイキッドは見当たりませんね。 その代わりトニー・シェリダンものやハンブルグものなど少々怪しそうな物もラインナップされてるのがちょっと面白いです。 こちらは月額980円です。。 Spotify Spotifyでの状況はGoogle Play Musicと同じ取り扱い状況ですが、時折広告が入ったり使用時間の制限があるものの公式アルバムの曲は全曲聴けるようになっています。 この制限を外したり、ダウンロード可能にするには月額980円の使用料が必要になります。 Apple Music 音楽配信サービスの大御所 笑 といえばやっぱりAppleですが、ビートルズの取り扱い状況は他よりも充実しており、BBCセッション、ネイキッド、イエロー・サブマリンソングブック、そしてなんとU. Albums(!)も含まれています。 但しこれらは単体購入のみでしか聞けないものもあります。 オリジナルアルバム、アンソロジー3つ、ハリウッドボウル、サージェントの50周年エディションまでが聴き放題プランの中に含まれているので、ビートルズを楽しみたいのであればApple Musicが今の所最良の選択と言えるでしょう。 惜しむらくはモノラル盤の取り扱いがないところですが、AppleにはiTunes独占配信だった「The Beatles Bootleg Recordings 1963」があるのが大きいですね。 このアルバムも月額プランで聴けるものの中に入っています。 月額プランは個人では980円。 ファミリープラン、1480円もありこちらはこの金額で6人までアクセス可能です。 参考文献•

次の

ヘイ・ジュード (アルバム)

ビートルズ ヘイ ジュード

CDが売れないと言われているこの時代に、今年の9月9日に発売されたビートルズのリマスター盤がバカ売れしているらしい。 なんでも発売から1カ月足らずで、国内だけで200万枚を売り上げる大ヒットなんだそうだ。 初CD化された1987年から今まで一度もリマスターされなかったというから、こっちの方がちょっと驚きである。 別に買うつもりはないのだが、タイトルをチェックしていて目を疑った。 全アルバム14作となっているのに、「ヘイ・ジュード」がない!何かの間違いかなと思って他のサイトでも調べてみたのだが、どこのサイトでチェックしても「ヘイ・ジュード」の名前が見当たらない。 早速この辺の情報にやたらと詳しい知り合いに電話して聞いてみた。 すると、今回のリマスターの対象から漏れているというではないか。 「あれってイギリスでは正式なアルバムとして発売されていないし、ベスト盤的な要素が強いから漏れたんじゃないっすか」。 そう言われても腑に落ちない。 というか、腹が立ってしかたがなかった。 「ヘイ・ジュード」は、たしかにビートルズが活動中に本国イギリスで発売されたアルバムではない。 だけど、アメリカでは1970年2月に発売されたビートルズ18作目の正式なアルバムである。 セールス的にも、アメリカだけで300万枚以上も売れた名盤の一つ。 「ヘイ・ジュード」が凄いのは、A面からB面を通して全10曲中1曲たりとも捨て曲がないこと。 キャント・バイ・ミー・ラヴから始まってレヴォリューションで終わるA面も最高だし、そのレヴォリューションの余韻を引きずりながらB面にひっくり返し、いきなり始まるヘイ・ジュード。 鳥肌が立つくらい完璧なアルバムである。 「ヘイ・ジュード」には個人的な思い出も多い。 小学校5年生の時にはじめて買ったビートルズのアルバムが「ヘイ・ジュード」だった。 京都に家出をした高校生の時、レコードを処分して家出資金を作ったのだが、最後まで売ることができずリュックサックに入れて京都まで持っていたほど大好きだったレコード。 「ヘイ・ジュード」、リマスターされる可能性はないんでしょうか。 それと、このリマスター盤本当に音良いですか。 買う予定はないが気になる。

次の