平井堅。 平井堅の歌詞一覧リスト

平井堅の歌詞一覧リスト

平井堅

平井堅さんは1972年に大阪府にて生まれます。 その後スグに三重県に引っ越し、高校卒業までの期間を三重県の名張市で過ごします。 高校卒業後ライブハウスの専属歌手として活動し、 1993年にソニーレコードと契約。 2年後の1995年にCDデビューを果たします。 しかし、 1stシングルの売り上げは良くありませんでした。 そればかりか、長年ヒット曲に恵まれない日々を過ごします。 転機が訪れたのは2000年。 それからと言うもののヒット曲を連発している平井堅。 売れない時期が長かっただけに悔しい思いもしたと思います。 ですが、才能溢れる歌手ですからね。 世間はその才能を見逃さなかったのでしょう。 それでは早速、平井堅の人気曲をご紹介していきますね!どの曲も名曲ばかりなのでぜひチェックしてみて下さい! スポンサーリンク 平井堅の人気曲ランキングTOP10 第10位 キミはともだち 曲情報• シングルリリース年:2004 年(20thシングル)• いや~、どの曲も名曲ですね! 知らない曲があったらぜひチェックしてみて下さいね! コチラの記事もオススメ!.

次の

平井堅「even if」歌詞の意味とは?

平井堅

平井堅さんは1972年に大阪府にて生まれます。 その後スグに三重県に引っ越し、高校卒業までの期間を三重県の名張市で過ごします。 高校卒業後ライブハウスの専属歌手として活動し、 1993年にソニーレコードと契約。 2年後の1995年にCDデビューを果たします。 しかし、 1stシングルの売り上げは良くありませんでした。 そればかりか、長年ヒット曲に恵まれない日々を過ごします。 転機が訪れたのは2000年。 それからと言うもののヒット曲を連発している平井堅。 売れない時期が長かっただけに悔しい思いもしたと思います。 ですが、才能溢れる歌手ですからね。 世間はその才能を見逃さなかったのでしょう。 それでは早速、平井堅の人気曲をご紹介していきますね!どの曲も名曲ばかりなのでぜひチェックしてみて下さい! スポンサーリンク 平井堅の人気曲ランキングTOP10 第10位 キミはともだち 曲情報• シングルリリース年:2004 年(20thシングル)• いや~、どの曲も名曲ですね! 知らない曲があったらぜひチェックしてみて下さいね! コチラの記事もオススメ!.

次の

平井堅の歌詞一覧リスト

平井堅

略歴 で生まれ、2歳から高校卒業までで育つ。 を卒業後、上京し在学中からのライブハウス専属の歌手などとして活動する傍ら、Sony Music Entertainment Auditionに自作ビデオを応募し、入選したのをきっかけによりと契約。 にCDデビュー。 1枚目のシングル「」はドラマ『』(作品)のであったものの、オリコン最高50位と振るわなかった。 その後も目立ったヒット曲に恵まれず、一時期はシングルの出荷枚数が1万枚以下という時期さえあった。 この間は、地元の番組でをつとめたり、デビュー翌年には『』のを担当していたこともあった。 しかし、、これが売れなければ契約打ち切りという背水の陣でリリースした8枚目のシングル「」のに同じ所属のが出演した(平井本人からの依頼を受けたもの) ことで問い合わせが殺到し、・などに大きく取り上げられた。 このCMは同年1月18日から・限定で放送されていたものだったが、この反響により全国放送が決定し 、またFM各局でも楽曲が注目されて大ヒット。 以後ヒット曲を多数リリースする。 所属事務所のマーケティング戦略の成功例であり、アーティストとして遅咲きではあったが、この「楽園」で高まった注目度と「」などのヒットもあり、ベストアルバムを含め、4作のアルバムがを記録した。 これは男性ソロアーティストとしては、歴代1位の記録である。 また、同じ年に発売したシングル・アルバム両方が年間1位になったのは、、、と平井だけであり、また、年間ランキングでシングル、アルバム共に1位になったアーティストは、この5組と、である。 に第30回(芸能部門)受賞、にはデビュー10周年を記念し、初の写真集『歌バカ一代』をより10万部限定で発売している。 サザンオールスターズとの関係 の大ファンであり、当初サザンと同じの受験を予定していたが、母親が願書の提出を忘れていたため第2希望であった横浜市立大学へ進学したという逸話を持つ。 学生時代はコピーバンド「NO-NAME(サザンのシングル「」の逆さ読み)」を組んでいた。 大学時代、の自宅の門の上に、「桑田佳祐様、様、でいいので雇ってください。 平井堅」とメッセージを添えたデモテープを置いて行ったという過去を持つ。 このテープには、「」、「」の2曲が収録されている。 2003年の『〜みんなのうた』内の『サザンオールスターズスペシャル』では、桑田・原と共にサザンの「」をハモり、夢であった共演を果たした。 エピソード• デビューの年には、母校・の学園祭でコンサートを行なっており、アンコールではその独特の歌いまわしでアレンジした校歌を披露した。 またこの時、母校の財政事情を心配した平井は、一切のの受け取りを辞退した。 の歌のピッチを下げると平井堅が歌っているように聞こえることが話題となった。 この事は『』などでも紹介された。 自身のCDが発売された時には、自分でCDショップに行って買う上、自身の曲を買おうか迷っている客に対して自ら直接勧めに行く。 純日本人だが、その彫りの深い顔から外国人と間違えられることが多い。 のPVは、自身がを歩いていたところインド人の団体からインド人に間違えられたことにヒントを得て作られた(詳細は当該項を参照)。 2015年3月に稼働したのアーケードゲーム『』に登場するシャヒーンというキャラクターが平井そっくりだということで上で話題になった。 1 SRVM-570:VHS SRBL-1080:DVD DFVZ-8002:VHS DFBZ-7002:DVD DFBL-7065:DVD VHS DVD 2005年12月22日 Ken Hirai Films Vol. 2 SRVM-5707:VHS SRBL-1079:DVD DFVZ-8006:VHS DFBZ-7006:DVD DFBL-7066:DVD Ken Hirai Films Vol. 3 DFVZ-8007:VHS DFBZ-7007:DVD 17位 Ken Hirai Films Vol. 4 [LIVE TOUR 2001 gaining through losing] at the BUDOKAN DFBL-7051:DVD 3位 Ken Hirai Films Vol. 5 DFVL-8055:VHS DFBL-7056:DVD 14位 2003年 Ken Hirai Films Vol. 6 MTV UNPLUGGED KEN HIRAI DFBL-7059:DVD 8位 Ken Hirai Films Vol. 7 DFBL-7063:DVD 5位 DVD Blu-ray Ken Hirai Films Vol. 9 DFBL-7110:DVD 49位 DVD Blu-ray 2008年 DFBL-7120:初回生産限定盤 DFBL-7122:通常盤DVD DFXL-7:BD 18位 DVD Blu-ray Ken Hirai Films Vol. 11 Ken's Bar 10th Anniversary DFBL-7123 6位 Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special! DFXL-8 DVD Ken Hirai Films Vol. 12 DFBL-7147 4位 DVD Blu-ray Ken Hirai Films Vol. 13『Ken Hirai 20th Anniversary!! 平井堅 「生きる」 Eyes on you 「」 Various Artists「Conception〜 Tribute」 Got Me A Feeling 「」 Various Artists「Mellow Disney」 東京ピエロ feat. 平井堅 「White」 さよならレストラン feat. 平井堅 「and then... 〜20th anniversary BEST〜」 タイアップ一覧 曲名 作品 Precious Junk 系ドラマ「」主題歌 片方ずつのイヤフォン 系「」オープニングテーマ 横顔 フジテレビ系「」エンディングテーマ 「」エンディングテーマ HEAT UP 系「」テーマソング Love Love Love 系「愛のヒナ壇」オープニングテーマ Miracles 「万上焼酎 トライアングル」CMソング KISS OF LIFE フジテレビ系ドラマ「」主題歌 Strawberry Sex 「」CMソング 大きな古時計 「」2002年8 - 9月 「EZ 」CMソング Ring 系ドラマ「」主題歌 LIFE is... 「 カップスープ」CMソング UPSET 「 」CMソング Twenty! Twenty! Twenty! 「 TZ85」CMソング TIME 応援ソング Plus One テレビ朝日系ドラマ『』主題歌 Missionary 東洋ゴム工業「TOYO TIRES」CMソング 僕の心をつくってよ 映画アニメ『映画』主題歌 ほっ CMソング ノンフィクション TBS系ドラマ日曜劇場 『』主題歌 トドカナイカラ 配給映画『』主題歌 知らないんでしょ? テレビ朝日系ドラマ『』主題歌 half of me フジテレビ系 『』主題歌 HOLIC 開局30周年アニバーサリー・ソング いてもたっても ワーナー・ブラザース配給映画『』主題歌 302 TBS系 「」主題歌 楽曲提供• 10 Live Tour 2008 "FAKIN'POP"」」「センチメンタル」「楽園」「君はス・テ・キ from DVD「Ken Hirai Films Vol. 「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(THE CHANGING SAME) 2002年• ゴールドディスク大賞「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(gaining through losing)• 最優秀男性アーティストビデオ賞 2003年• ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」(大きな古時計)• ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(LIFE is... 音楽賞• BEST MALE CLIP(Ring) 2004年• ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(Ken's Bar) 2005年• ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」(瞳をとじて)• ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(SENTIMENTALovers)• MTV Video Music Awards Japan 最優秀男性アーティストビデオ賞(瞳をとじて)• MTV Video Music Awards Japan 最優秀映画ビデオ賞(瞳をとじて) 2006年• ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ)• MTV Video Music Awards Japan 最優秀男性アーティストビデオ賞(POP STAR)• SPACE SHOWER Music Video Awards BEST BEST POPS VIDEO(POP STAR) 2007年• SPACE SHOWER Music Video Awards BEST MALE CLIP(バイマイメロディー) 2008年• 第13回 TOKIO HOT 100 AWARD ベスト男性アーティスト賞 2009年• J-WAVE 第14回 TOKIO HOT 100 AWARD 特別賞 出演 テレビ• 電リク! BeatBox() - 司会• (TOKYO MX)• 関東ローカル『』 - 第20話主人公• (、2001年7月26日)出演• (、2011年5月1日)出演• (、2011年5月2日)出演• (テレビ朝日、2011年5月14日)• 第1話(フジテレビ、2011年10月17日) - 本人役• (、2013年1月3日、1月4日) - ゲスト講師• (、2016年7月9日) - アートディレクター・との対談• 2時いろネットワーク(1997年 - 1998年、)• 平井堅の聞いてもらってすいません()• 平井堅のたまリバ! (1999年 - 2000年、、やでもネットされた)• 平井堅のオレは歌バカだ! (1998年 - 2001年、AIR-G')• (2000年 - 2001年、)• FLYING EASY(2005年、J-WAVE・CROSS FM)• 平井堅のオールナイトニッポン(2008年3月10日、)• (2001年 - 2004年、2009年、J-WAVE)• (2010年1月〜12月、J-WAVE)• 平井堅 NOW ON AIR 〜やっと逢えたね〜(2016年1月 - 、ほか) CM• 『』(2001年)• 『キリン』(2004年)• 『』(2004年)• 『新リプトン リモーネ』(2008年)• 『 』(2008年) PV• 「」(2014年9月10日発売) 主なライブ ライブツアー• 1995年 - LIVE TOUR '95『横顔』• 1997年 - Winter Tour '97『Stare At』• 2000年 - LIVE TOUR 2000『THE CHANGING SAME』• 2001年 - LIVE TOUR 2001『gaining through losing』• 2002年 - LIVE TOUR 2002『Ken's Bar』• 2003年 - LIVE TOUR 2003『LIFE is... 2005年 - 『Ken Hirai 10th Anniversary Tour』• 2008年 - Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP"• 2011年 - KEN HIRAI Live Tour 2011 "JAPANESE SINGER"• 2015年 - Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special!! at Zepp Tokyo• 2015年 - Ken Hirai 20th Anniversary Live Tour 2015• 2016年 - Ken Hirai 20th Anniversary Special!! Live Tour 2016• 2017年 - Ken Hirai Special Live!! "THE STILL LIFE" Ken's Bar ライブ「Ken's Bar」とは、通常のコンサートとは異なり、アルコール飲料やソフトドリンクを飲みながら音楽を聴く、大人の空間を演出したコンセプト・ライブである。 第1回公演は、ONAIR Okubo PLUSにて1998年5月29日に開催された。 オリジナル・アルバム発売後に開催されるような、大規模なコンサート・ツアーが実施されない年であっても、「Ken's Bar」に関してはほぼ毎年開催されている。 7月(夏季)や12月(冬季)頃に開催されることが多く、単発公演の場合と全国ツアーが組まれる場合の2パターンがあり、ファンクラブ会員限定イベントとして行われたこともある。 会場はスタート当初は少人数スペースであったが、2005年12月には東京ドームで開催されるなど、開催規模が大きくなっていった。 しかし、会場が変わっても必ずテーブル席が用意されてドリンク・コーナーが設けられるなど、スタート時からの崩せないコンセプトは必守している。 「Ken's Bar」では、積極的にカバーが行われる点も特徴である。 基本的には、本人が歌いたい楽曲やお気に入りの楽曲、リスナーへ紹介したい楽曲が中心だが、リクエストを募った年もある(2002年公演など)。 アルコールが絡む演出上、2006年・冬の名古屋公演では、開催後に飲酒運転取締りの検問が実施されることが事前に公表された。 当日は生中継でテレビ放送されており、「運転の方はお酒でなく、僕の歌声で酔ってください」と平井堅自らが観客に呼びかけるシーンもテレビ放送された。 なお、違反者はゼロであったと後日、スポーツ新聞に掲載されている。 「Ken's Bar」開店10周年を迎えた2008年から2009年にかけて、「Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special! 」(横浜アリーナ、2008年12月24日開催)と「Ken's Bar 10th Anniversary Valentine Special! 」(大阪城ホール、2009年2月14日開催)という記念公演が行われた。 ライブの模様は開催から程なく、衛星放送などで録画放送されることがある。 また、完全生中継される年もある。 過去にステージの模様がDVDなどで映像ソフト化されたことがなかったが、ライブ「Ken's Bar」10周年を迎えた2009年に初めて映像ソフト化された。 11 Ken's Bar 10th Anniversary』(DFBL-7123)と『Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special! 』(Blu-ray Disc、DFXL-8)が同年6月10日に同時発売された。 「Ken's Bar」開店15周年を迎えた2013年から2014年にかけて、「Ken's Bar 15th Anniversary Special! Vol. 1」(日本武道館、2013年5月30日開催)や「Ken's Bar 15th Anniversary Special! Vol. 4」(さいたまスーパーアリーナ、2014年5月28日開催)など、数回の記念公演が開催された。 出演イベント• 2000年08月20日 - J-WAVE LIVE 2000• 2003年07月27日 - 2003• 2003年08月03日 - 2003• 2005年08月26日 - Ver. Episode-Q• 2006年07月23日 - '06• 2006年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006• 2006年08月27日 - 2006• 2009年05月02日 - 亀の恩返し• 2011年11月11日 - メモリアルコンサート 「だいじょうぶ、日本! 」 〜空から見守る 愛の歌〜• 2012年07月14日 - fes '12 Fund for Japan• 2012年07月28日 - 2012• 2012年08月18日 - SETSTOCK'12 -10th Anniversary in Bihoku-• 2013年05月19日 - 亀の恩返し2013• 2013年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013• 2013年08月24日 - MONSTER baSH 2013• 2013年09月21日 - 2013• 2014年05月31日 - FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL LIVE RADIO MAGIC• 2014年09月20日 - ダブル還暦フェスティバル 〜one hundred twenty of Happiness〜 脚注 [] 注釈• 2020年6月11日閲覧。 三重がふるさとでよかった』と大喜び」。 DiMORA(出典:VIPタイムズ社・). 2015年4月16日閲覧。 BARKS 2008年2月15日. 2015年3月14日閲覧。 RO69. 2008年2月15日. 2015年3月14日閲覧。 (のキャッシュ)• 光GENJIはシングル1988年「」アルバム1988年「」、ドリカムはシングル1995年「」アルバム1994年「」1995年「[[DELICIOUS DREAMS COME TRUEのアルバム ]]」、宇多田はシングル2001年「」アルバム1999年「」2001年「」2002年「」2004年「」、嵐はシングル2009年「」アルバム2009年「」、Mr. Childrenはシングル1994年「」1996年「」アルバム2007年「」、GLAYはシングル1998年「」アルバム1997年『』、平井堅はシングル2004年「瞳をとじて」、アルバム2006年「歌バカ」。 、デジタル(2012年6月4日閲覧)• へえの本 トリビアの泉16(フジテレビトリビア普及委員会 編、)26ページ• 2010年10月11日. 2015年7月18日閲覧。 - 2015年3月24日付「ねとらぼ」()より。 バックコーラスとして参加。 シネマトゥデイ. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 2015年6月25日. 2015年6月25日閲覧。 CD Journal 2015年7月16日. 2015年7月16日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年3月18日. 2016年3月18日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年4月18日. 2016年4月18日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 CDジャーナル 音楽出版社. 2018年2月28日. 2018年3月1日閲覧。 ORICON NEWS 2017年2月3日. 2017年2月3日閲覧。 音楽ナタリー 2015年12月21日. 2015年12月22日閲覧。 外部リンク• - チャンネル.

次の