うな ふじ 河芸。 うなふじ支店@河芸

トヨタホームふじ

うな ふじ 河芸

すでに夏ばて、大の鰻好きの管理人です。 津市内には40店舗近くほどウナギ専門店 数えてみると多いなぁ がありますが、今回初めて食べに行ったお店になります。 そのお店は『 うなふじ支店』。 小さなお店ですが、 国道23号線沿いの津市と鈴鹿の境目くらいにあるので存知の方が多いでしょう。 昔からもちろんその存在は知っていました。 そんな目立つ所にあるにも関わらず食べに行かなかった理由としては、「本店があるからそっちで」っていうこと。 わざわざ行く必要もない感じ。 それに加えて、うなぎ好きの知人・友達が多いにも関わらず、「このお店 支店 に食べに行った」という話すら、今まできいたことがないっていうことがあげられます。 なんでじゃろうね? そんな話を聞いたことが一切ないので、今まで行かずじまいでございましたので、このたび自分の舌で確かめにいってきましたよ。 そんでやっぱり気になるのは、『 うなふじの本店と支店でどっちの方が美味しいの?』っていうことなんですが、記事公開時点で食べログでは本店が三重県1位、支店が6位とちょっと開きがあります。 うなふじ支店の鰻は本店と比べてうまいのか? 閉店間際だったのですが、行列ができていたのはさすが人気店ですね。 お昼に行列ができている印象があまりないのは、多分そこまで意識してみてないからだと思われます。 本店はかつては土用の丑の日は店を閉めてていたり、お昼も夜もお店が閉まってしまう時間が異常に早いと言うところが難点でしたが、こちらは営業時間がやや緩和されています。 ややですけおども。 こちらは昼は14時、夜は19時30分まで。 オーダーストップは30分前です。 (ちなみに本店は13時30、18時閉店です) かなりのお客さんが19時丁度の時点で入店すらできずにお帰りになっていました。 オーダーストップの時間10分前の入店で5組待ちでした。 待ち時間としては15分程度でしたが駐車場が狭くて枠内以外に止めている人も多かったのでちょっと困るかもですね。 路上駐車はだめだめ。 ギリギリ入店でしたが、お店の方はかなり感じよく対応してくれました。 この辺は本店より良かった感じで好印象。 ただ、上でも説明しましたが、相当遠方から来たのにもかかわらず断られたので、ちょっとご立腹になっていました。 まぁこの辺は仕方がないかもしれませんが。 着席したらすぐに食事を注文。 メニューは少ししかないので注文もすぐに決定します。 私はお吸い物付きで うなぎ丼 並 1500円を注文しました。 これは本店は1300円なので2割ほど値段が高いですね。 しかし、うまけりゃそれも納得できるわけですが、さていかに。 こちらが到着したうな丼のご到着ぅぅ。 ふたをパカッと開けると、カリっとしつつふっくらとしたウナギがお目見え。 初開拓のお店はドキドキしますね。 ちょっとアップにしてその見た目をご覧ください。 ふっくらとしつつもジューシーな感じが伝わってきますねううううまそおおおおお。 さてさて!期待の1口目! うむ。 うまい。 三重県、というか津市?という地域特有の香ばしいかつ甘みが強いタレ。 次は 名わき役のお米とそのタレの係り具合をば。 ご飯は比較的柔らかめ。 柔らかすぎると言う事ではありません。 自分は固め好きなので、ごく一般的な炊き具合といった所です。 タレは丼の底にたまったり、ご飯の白い得部分が見えなくなるようなかかり具合ではないので、米と鰻・タレそのものの旨みを味わえる感じで自分好みです。 さて、気になる本店と支店の味の違いですけども、 さらにアップに拡大した画像をごらんください。 近づくとわかったんですが、うなぎのタレが米にドップリとかかっているのが分かります。 ここが自分的には残念ポイントかと。 やはり美味しかったです。 津はレベル高ぇっす。 けども、もっと詳しい詳細は以下をじっっっっっくりご覧ください~~~~。 タレがついているのが見てわかるとおり、そのたっぷりとタレが乗っているがゆえに、口の中に入れた時にネットリとした食感が少し気になったわけで。 津市のうなぎの特徴はパリッとした食感と香ばしさがある所なんですが、ここのお店のうなぎは焼き上がった後に改めてタレをつけているのか? そのためか、タレによってそのパリッとした食感が損なわれ、それと同時にタレの甘味で香ばしさが飛んでいるといった感想です。 フォローしておくと、パリッとした食感や香ばしさがないと言うわけではなく、本店に比べるとないといったところです。 コストパフォーマンスは本店よりも高め、味も本店よりも劣ると言ったところから軍配は明らかでしょう。 利点としては、本店の閉まる時間が早いのでこっちがダメであれば、こちらの支店に来てみるのも1つの手段かもしれません。 けども、両店ともにしても飲食店ではありえないほど定点時間が早いので気休め程度です、、ね。 さー、夏はうなぎ食うぞぉ~。 お勧めのお店をおしえてくださーい!.

次の

ふじ丸Z【公式サイト】沼津市千本港町沼津内港の釣り船

うな ふじ 河芸

サンふじりんごとふじりんごの違いとは?くだもの名人に聞いてみよう! りんごの代表的な品種には「サンふじ」というものがあります。 菱沼農園でも、毎年12月から出荷が開始されるりんごの品種はこのサンふじりんごです。 サンふじのりんごは蜜が霜降り状に入っていて、甘味のバランスも絶妙です。 そのサンふじのりんごとは別の品種にふじりんごと呼ばれる品品種があります。 このふじりんごと、最初に述べたサンふじりんごとでは何がどのように違うのでしょうか。 サンふじの「サン」は太陽のサン【sun】です。 サンふじりんごとふじりんごとでは何が違うのかというと、ずばり「サン」=太陽【sun】を浴びたりんごかどうかであるということです。 つまり、サンふじりんごというのは、太陽の光をたくさん浴びたことを指すことになります。 一方のふじりんごは、まったく太陽を浴びていないわけではないのですが、収穫前の成熟期に有袋(ゆうたい とよばれる袋をかけて育てられるのです。 袋をかけることを有袋というので、サンふじりんごのように袋をかけないことを無袋(むたい)と呼ぶのです。 有袋のりんごと無袋のりんごとでは何が違うの? サンふじりんごとふじりんごとでは袋の有無の違いがあることを述べましたが、この袋の有無によってどのような違いが出てくるのでしょうか。 今回はそれぞれの見た目・味・栽培方法から違いについて述べてみたいと思います。 そのため、菱沼農園で無袋のサンふじりんごを大事に育てております。 見た目ではどうしてもふじりんごと比べてザラザラとしてしまうのはありますが、それ以上に味にこだわり、りんご本来のコクのある旨味をつくりあげていきたいと思います。 今年も12月上旬より本格的に出荷開始。 ぜひみなさんで菱沼農園のサンふじりんごをお試しください。

次の

うなふじ支店

うな ふじ 河芸

サンふじ、色が浅くムラも多い ふじの平均的な大きさは程度の大きさである。 は 14 - 16 である。 また、賞味期限が長く、室温で4ヶ月、冷蔵で7ヶ月程度である。 袋をかけて育てるのを ふじ、袋をかけずに育てたものが サンふじとして流通する。 袋をかけた方が赤くきれいに着色するが、糖度などはにして、太陽光を多く浴びた後者の方が勝るとされる。 名前の由来 [ ] 公式には育成された青森県藤崎()とにちなむ。 なお、中国では「富士苹果」、欧米では「Fuji」と、それぞれ日本同様の名前で親しまれている。 収穫量が多いのは青森県で 226,000 t 、次いで長野県の 115,000 t である。 日本国外では、ふじの人気が高まっている。 アメリカ合衆国では、1980年代に市場に入って以来、消費者の中での人気が高まった。 ふじは米国リンゴ協会の2003年リンゴ人気ランキングで、、に次いで4位であった。 ふじはワシントン州やニューヨーク州、カリフォルニア州といった伝統的なリンゴ産地でもふじへの国内外の需要の変化により生産されている。 デリシャス発祥の地であり、アメリカの半分のリンゴを生産しているワシントン州では、年に 135,000 t の ふじが生産されており、ふじ以上に生産されているのはデリシャスとゴールデンデリシャスのみである。 出典 [ ] [].

次の