接続 は プライベート では ありません。 Safariで「接続はプライベートではありません」と警告を受けます!?

共有フォルダにアクセスできない時の接続方法(Windows10) [LAN・無線LAN・Wi

接続 は プライベート では ありません

「接続はプライベートではありません」と表示される詳細 何気なくサイトを開くと 「接続はプライベートではありません」と表示されて、本来表示されるであろうサイトが開けないというバグが、インターネット上で発生しています。 以前からも発生する可能性があった不具合ではありますが、「404エラー」のように、サイトのアクセスエラーが発生したわけではありません。 どのような不具合なのか、まずま見ていきましょう。 画面いっぱいにエラー画面が表示される どのようなエラーの症状かというと、 まず、画面いつぱいに上記画像のようなページが表示されます。 ファイアウォール等でブロックされたページである可能性もありますが、 GoogleやYahoo!などのちゃんとしたサイトでも、上記のような表示が出てきてしまうかもしれません。 一目見てエラーが起こっているか、表示できないサイトかがわかるのが特徴で、多く発生するというわけではありませんが、たまに見かける程度のエラーという位置づけです。 「接続はプライベートではありません」と表示される原因 オモコロ、なぜか「接続はプライベートではありません」とか言われるんだが — T hukkatunoT 画面に「接続はプライベートではありません」と表示される原因は、以下の通りです。 サイトそのものに不具合が発生している• 開いてはいけない危ないサイトを開こうとしている• WiFiが原因で一時的に開けなくなっている• SSL証明書(サイトが本物であると言う証明)が読み込めない 「開いてはいけない危ないサイトを開こうとしている」場合は、今後も同様のページが表示されるかもしれません。 例えば、 ウイルスが含まれている可能性があるサイトや、海外のサイトが、「危ないサイト」だとインターネットから思われやすいです。 サイトがWiFi等の通信が原因なのだとしたら、エラーが解消されたタイミングで、開こうとしたサイトは開かれるでしょう。 例えば、 WiFiから遠い、WiFiに接続できていない、通信制限やエラーが発生しているのが、通信に関する主な原因となります。 サイトのエラーに関してはこちらでは解決できない場合がほとんどなので、サイトが問題を解消するのを待ったほうがいいでしょう。 また、元々このエラーはSSL証明書(サイトが本物であると言う証明)が読み込めないことで起こるエラーです。 要するに、 「不具合でエラーが出たのではなく、本当にサイトが本物かどうか」がわからないから、仕様で接続はプライベートではありませんと表示されているのだと考えてください。 例えば「公式サイト」と名乗っているサイトで、検索に関しても公式のような文章があったとしても、「なりすましサイト」であるかもしれません。 エラーが出なくてもURL隣に鍵マークがない場合は注意! これはSSL証明書に関連した情報ですが、万が一サイトが開けたとしても、 URLの横に「鍵マーク」がない場合も、注意するようにしてください(上記の画像は鍵がついているので健全なサイトです)。 鍵マークがついていないサイトもSSL証明書が発行されていないサイトである可能性が高いからです。 なりすましサイトである可能性が高いので、例えば「クレジットカードの情報入力」などを行わないようにしてください。 スマホ・PC問わず発生している 「接続はプライベートではありません」表示は、 PC・スマホ問わず発生する可能性があります。 従来のGoogleChromeブラウザだけではなく、SkyLeap(スカイリープ)等のブラウザアプリを利用してブラウザを開いたとしても、接続はプライベートではありませんエラーは発生します。 どのインターネットサイトを開いても発生する可能性はあるのですが、「原因」同様、ウイルス等仕込まれている恐れがあるサイトを見ようとすると、出てくることが多いです。 「接続はプライベートではありません」表示の対処法 フリーWiFiあるとこ来たけど接続はプライベートではありませんって出てきて何にも見られない… Googleさえ見れない なんなのー — りー sorairono95 「接続はプライベートではありません」と表示される不具合の対処法を紹介します。 確かに一見するとサイトを開くことはできませんが、ある手順を踏むことでサイトを開くことはできます。 しかし、万が一「ウイルスが仕込まれているサイト」を開こうとした場合は、警告を無視したことに値するので、注意してください。 「詳細を表示」をタップする方法(サイトを見る方法) 接続はプライベートではありませんの画面に 「詳細を表示」という項目があります。 この項目をタップすることが、接続はプライベートではありませんのページから本来のページを表示するための第一歩です。 詳細を表示を選択すると、新しく上記画像のような項目が表示されます。 詳細曰く「Webサイトが間違って設定されていたり、攻撃者による不正な侵入があった場合」に発生することが多いとのことでしたが、どちらにしてもサイトを閲覧することはできませんよね。 出てきた項目の一番下にある 「このWebサイトを閲覧」を選択してください。 最後に、 「Webサイトに接続するか」のポップアップが表示されるので、許可してください。 許可すれば本来表示されるはずだったサイトが表示されるようになります。 スマホ・PCの通信を確認する Webサイトが正しく表示されない原因が 「WiFiや通信に関すること」だとしたら、真っ先にスマホやPCの通信環境を見直してください。 単純にWiFiが切れている・有線ケーブルが外れているのが原因である可能性もありますし、WiFiやルーターそのものにエラーが起こっているかもしれません。 通信を見直して異常がなかった場合は、一度試しにアクセスしてみて、それでもダメなら他の対処法を試してみてください。 Webサイトに不具合が起きていないかチェックする Webサイトに不具合が起こっている場合は、通信を確認しても、画面の「詳細を表示」を選択しても問題は解決しないかもしれません。 そんな時は、 Webサイトやブラウザそのもののエラーだと疑ってください。 例えば、公式サイトが開けないのだとしたら、公式サイトの運営Twitter等からチェックすることができますし、Twitterで同じ内容をツイートしている人がいれば、Twitter検索で表示されるかもしれません。 サイトが直った場合、「直った」という告知を出してくれる可能性もあります。 また、 開けないサイトが企業のページや銀行等のページだった場合、直接問い合わせをするのも手です。 これらの企業・銀行に「サイトが開けない」と問い合わせをしてみて、もし「不具合が起こっている」ということだったら、しばらく待つようにしてください。 不具合が起こっていないというのなら、自分の通信や端末で不具合が起こっている可能性が高いです。 スマホ・PCを再起動してみる Webサイトの不具合が起きた場合も、 スマホ・PCの再起動は有効です。 一度再起動して端末を落ち着かせて再度起動することによって、ブラウザやアプリの不具合が消えてくれるかもしれません。 また、ブラウザそのものを一度落とすのも有効です。 開いたことのないサイトならそのままブラウザバックする もし、 開いたことのないサイトを見ようとして「接続がプライベートではありません」と表示された場合は、ブラウザバックするようにしてください。 もしかしたら本当にウイルス等が仕込まれている可能性があるからです。 他のサイトを開いてもサイトを開いた目的が達成されるのであれば、他のサイトで情報を見るようにしましょう。

次の

質問!ITmedia

接続 は プライベート では ありません

よろしくお願いします。 webサイトへの接続ができず困っています。 端末:iMac 21. 5-inch Late 2015 OS X El Captitan ネットワーク:端末とルータを有線接続。 回線はdokomo光。 プロバイダはso-net。 ブラウザ:Mac OS付属のsafari。 携帯電話やポータブルゲーム端末からはTモールに問題なく接続できます。 そのため、iMacの設定(もしくはsafariの設定)の問題だと予想されます。 tsite. この証明書の有効期限は2019年ですので、まだ有効期限内です。 警告を無視して閲覧する方法も案内されているため、それに従って接続しても正しく表示されません。 例えば、絵や写真は表示されませんし、レイアウトもデタラメです。 このような症状になるサイトが他にも数件あります。 (ちなみに、ほとんどのサイトには問題なく接続できています) どなたか当該症状への対処方法をご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただけると幸甚です。 よろしくお願いします。 情報を見ると、前者はver 11604. 3で後者はverv11064. 4で、共に変更日はSafariのアップデートと同じタイミングでした。 FirefoxやSierra上のSafariでは問題なくアクセスできる以上、証明書自体の問題ではなく証明書の検証プロセスに問題(根本的にはOSのバグ?)があるようなので、El CapitanではFirefoxをメインに使うのが精神衛生上良さそうですね。 因みに、Lion上のSafari ver 6. 6ではこの問題が起きません。 簡単に確認できるのはLion(何年も前にサポート終了)のみなので一概に云えませんが、ユーザー側で簡単に対処できるようなことではなさそうだと。 現象が確認できたのが、12月の第2週目の月曜日か火曜日辺りで、昨夜(8日)までは改善してたはずなので、その間に何が起きたのかわからない以上、頭を切り替えてFirefox使うのが週末を無駄にしない最善の対処方と思ってます。 キーチェーンアクセスで見てみますと(システムルート、証明書)、Cybertrustのはいずれも見当たりませんが、Baltimore CyberTrust Rootはありますので、これで認証されてるのかな、と思います。 そちらでは、証明書のチェーンはこれと異なりますか? また、Baltimore CyberTrust Rootもキーチェーンアクセスにありませんか? 品川さんがあげられてるサイトの証明書のチェーンも上記と同じになってます。 Cybertrustの中間証明書は、Appleが公開してる証明書のリストにも入ってませんので、キーチェーンアクセスで見当たらないのは正常なのではないかと思います。 Baltimore CyberTrust Root はリストに入ってます。 はに様 コメントいただきありがとうございます。 証明書のチェーンは、私の場合と全く同じです。 また、Baltimore・・・はリストに入っています。 そうすると、同じ証明書の情報でも、はに様のsafariでは承認され、私のsafariではダメということですね。 個人環境に依存している可能性もあるかもしれませんが、品川様のケースでもこの認証ルートで同じ症状が出ているというのも気になります。 ちなみに、 Cybertrust Japan EV CA G2が認証局になっているものは、軒並み駄目っぽいです。 Tモール以外で駄目だったものがそうでしたし、今日新たに見つけた検索エンジンのgooでも駄目なことがわかりました。 みずほ銀行の宝くじ関連もそうですね。 Cybertrustに参考になりそうな情報が載っているようですので、確認してみます。 なお、DSNキャッシュのクリアを試しましたが、やはり駄目です。 お付き合いいただき、有難うございました。 先程、El Capitan上のSafariを11. 2 11604. 4 にアップデート後、以前同様の症状が出たサイトにアクセスしたところ症状再現しました。 スレ主さんや品川地蔵さんが張ったリンクも同様です。 ocn. サイトにアクセスしようとすると、全ての該当サイトでコンソールにエラーが吐き出されます。 apple. WebKit. Networkingからです。 1 12604. 1 11604. 1 では症状がでます。 昨日までは、症状が改善してたのは確認済みなので……なんだ?コレ!と感じてます。 onesize様 コメント有難うございます。 まだ、格闘中です。 Cybertrust. jpでは有効な情報は得られませんでした。 サーバ提供の証明書の拡張機能にあるサイトから証明書がダウンロードできるので、キーチェーンにインポートしようかどうか迷っているところです。 しかし、素人が手を出すにはちょっと危険な気がして、まだやっていません。 ところで、IEは、クライアントPCが保持していない中間認証CAを受け取った場合、証明書の拡張機能を使用して自動で情報を取得するようです。 この機能がsafariにもあって、その機能になにか干渉しているものがあるのかな?とも考えています。 だからといって対処のしようも無いのですが。 firefoxやSierra版では上手くいくようですので、今後もこの症状が継続するようなら変えてみます。 お付き合いいただき、有難うございました。 自分に返信するのも変ですが、他に方法を知らないのですみません。 Firefoxでは問題なく接続できました。 SSL認証関連の異常表示も出ませんし、鍵マークも表示されます。 いま私が使っているバージョンのsafariで駄目だったものの全てのサイトで問題なく接続できています。 Firefoxで認証ルートを見ると、Baltimore・・・は、出てきません。 階層は以下の通りです。 tsite. jp ちなみに、これはスマホと同じです。 キーチェーンのログイン項目にあるTモールの証明書(tmall. tsite. jp を一旦削除し、Firefoxで接続後にログイン項目を確認したのですが、証明書は追加されていませんでした。 safariを使用した場合にはこの同じ手続きで追加されていたのですが。 (キーチェーンはsafari専用なのでしょうか?) また、以前と変わらずシステムルートにはCybertrust Japanは、見当たりません。 クロス認証とかいうものもあるらしく、どこかのルートを迂回しているのかもしれません。 認証のプロセスはなんとも不思議です。 当面、Firefoxを使用することとし、たまにsafariで自然治癒しているかどうか確認します。 ご協力くださった皆様、どうもありがとうございました。 品川様、onesize様 お二方の情報は非常に参考になります。 (お二方はこのコミュでは有名な方なんですね。 ) 後日談ですが、前に触れたとおり、ほぼ同じタイミングでNASの共有フォルダにアクセス不能になっています。 本日、サポートセンターの指示でNASをリセットし、かつ、NASとiMac直結で再確認しましたが、ダメです。 不思議なことに、今でもNASの設定はiMacからWeb経由で出来ますし、DLNA機能を使ってTV・PSVITA・BDプレーヤ・AVアンプからはNAS内のfileにアクセスできます。 NASにも異常通知機能があるのですが、それらしい表示も警告も橙ランプの点灯もありません。 サポートも不思議がっていました。 関係があるのかないのか。 ちなみにNAS内のデータ救出費用は3万円からということで、かなりのショックを受けています。 ご参考になれば、なによりです。 お付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

Google Chromeで「接続がプライベートではありません」エラーを修正する方法

接続 は プライベート では ありません

こんにちは。 おひさしぶりすぎる・・・おひさしぶりです。 もう1月も終わろうとしていますが、なんだか色々と忙しく、ブログを書く時間を見つけられませんでした。 ようやく 先日、ブログを書こうとして、自分のこのブログを覗いたら 警告文が。 「接続はプライベートではありません。 suki1. info"になりすましている可能性があります。 前のページに戻ってください。 」 なりすましていません! でスマホでのぞいてみても同じ状況。 さて?どうしたものか? 独自ドメインを更新した時に何か設定間違えた? 説明文の下の方の 「証明書を見る」の所をクリックしてみると・・・ 原因はSSLの「証明書が切れている」 9日も前に証明書が切れているのに、気がつかなかった・・・つまり自分のブログを覗かなかった・・・(汗) (一つ前の写真の方が、後からスクリーンショット撮りましたので、日にちが1日違います。 ) アクセスが全然なかったはずだわ。 (これも一昨日久しぶりに確認) 証明書の期限切れを直すにはどこを直せば良いの? 色々と調べました結果、本来ならば、自動的に証明書が更新されるようですが・・・ 証明書は、 はてなブログさんが管理されているようで・・・ 私の方では、何もできないことがわかりました。 なので、私が調べた限りでは 証明書の期限切れ、はてなブログでこの状況を直す場合、 はてなさんに問い合わせをする方法しかありません。 FAQにも載っていないので しました。 おお〜!直ってる!! 一昨日夜9時近く:問い合わせのメールに、証明期限切れである今の状況を書き送りました。 昨日:お返事ありません。 同じ警告文が出ます。 今日朝:お返事ありません。 同じ警告文が出ます。 今日 14時半過ぎ:このブログを覗いたら、なんなく、警告文も出ずにいつも通りに表示され、証明書の有効期限が4月28日に変わっていました。 証明書の有効期限が変わり暗号化されたブログに戻っていました。 まだ、はてなさんからは、お返事は来ていないのですが、とりあえず、迅速に作業をしてくださったようで、 よかった〜! 同じ状況の方もいらっしゃるかも?と思いいこのトラブルについて記録してみました。 これから、ガンガンブログが書けます。 これだけ休んでおいてほんとかな?笑 できるだけ書きますので、 みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

次の