メガリス 遊戯王。 遊戯王テーマ考察:【メガリス】モンスター全てが儀式の岩石族テーマ!儀式魔法なんて捨ててかかってこい!

メガリス

メガリス 遊戯王

皆さんこんばんわ! 広島店遊戯王担当です! 最近肌寒くなってきましたね。 急激な温度変化に負けないようにしましょう! さて、昨日はなんの日だ~? 『IGNITION ASSAULT』 !!!!発売日!!!! 【お゙お゙ぉ゙ん゙!】 昨日は新弾発売日だったのだ・・・ ならば アレ。 欲しいなぁ!? メガリスデッキ メインデッキ:40枚 エクストラデッキ:15枚 【メインデッキ】 メガリス・オフィエル3枚 メガリス・アラトロン3枚 メガリス・ベトール3枚 メガリス・ハギト1枚 メガリス・ファレグ3枚 メガリス・オク2枚 魔神儀-カリスライム2枚 センジュ・ゴッド3枚 マンジュ・ゴッド3枚 魔神儀-ペンシルベル2枚 魔神儀-タリスマンドラ2枚 強欲で金満な壺3枚 儀式の準備1枚 墓穴の指名者3枚 トレード・イン3枚 メガリス・ポータル3枚 【エクストラデッキ】 御影志士3枚 竜巻竜2枚 鳥銃士カステル1枚 ダイガスタ・エメラル1枚 SNo. 39希望皇ホープ・ザ・ライトニング2枚 No. 39希望皇ホープ3枚 焔凰神-ネフティス3枚 今回の新規テーマ 『メガリス』です 儀式魔法が不要で相手ターン中でも儀式できる! という目新しい儀式テーマです。 上記の説明だけ来てるとめっちゃ強く聞こえますね。 (魔法が要らない分打点が落ちるデメリットがあります) 下級は上級のメガリスをサポートする役目を果たせます。 下記にメガリスカードを一言コメント付きで纏めました。 早速見ていきましょう。 勝ち方も単純で、墓地にメガリスを溜めつつ上級で盤面荒らしながらビートダウンしていく感じです。 しかし、メガリスは儀式魔法不要という大きなメリットがある分打点が低いというデメリットがあります。 しかも儀式の下準備に対応してないため手札が減りやすいです。 だけどそんな弱点は儀式テーマだからこそ補強できます。 そんな彼らの弱点を補強できるカードをいくつか紹介していきます。 マンジュ、センジュコンビ 言わずもがな儀式テーマの必須パーツ。 メガリスは儀式魔法が無い分どっちもフル活用できるのが強み。 弱点としてはレベルを持たないため儀式素材にならないこと。 大地讃頌 地属性儀式専用の儀式魔法。 入れてると上級メガリスが無いときは役に立つ。 魔神儀のキャンドールやブックストーン。 儀式の準備入れてると欲しくなる時あり。 ブロック・ドラゴン 破壊された時効果と、破壊耐性付与が魅力的。 弱みは墓地のメガリスが減ること。 原始生命態ニビル 岩石族モンスターということもあって御影志士でサーチできる。 サブギミックとしては優秀なので採用することも視野に入ります。 (弱みは相手に見えてしまっていること) 魔神儀系カード デッキからほしいメガリスがサーチできるのが強み。 弱みは儀式に必要な上級が墓地に行ってしまうこと。 クロシープ 同じ弾に入っている汎用リンク2モンスター。 マーカー先に儀式モンスターがSSされると2ドロー2ディスができるスーパーパワーカード。 このカードで手札入れ替えしつつメガリスを墓地に貯めることができる。 因みに簡易融合が旧神ノーデンになる。 思いつく限りではこのカードたちが結構相性がいいです。 ジェムナイトとかどうだろうとも考えてましたがクロシープとの組み合わせなどを加味するとフツーに相性良さそうですね。 (メガリス抜けそうだけど・・・) 最後に コレでみんなもメガリスが組みたくなったはず! メガリスを組んでみよう! メガリスを使ってみよう! さあ!君もコレでメガリスを始めよう! (もっとメガリスの上級くれ).

次の

メガリス

メガリス 遊戯王

メガリスデッキが2019年10月の新制限下においても優勝!採用カードの変更と回し方や相性の良いカードをご紹介! 【メガリスデッキ】 遊戯王OCG【メガリス】デッキの内容を2019年10月17日《2019年10月新制限》に更新しました。 優勝デッキレシピ、メガリスデッキの回し方・相性の良いカード・改造や強化方法を紹介しています。 メガリスデッキが優勝 2019年10月12日発売の「イグニッション・アサルト」で登場したメガリスデッキの基本的な動き方展開と大会優勝デッキレシピ・回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。 ・三国志テーマが遂に遊戯王に!げぇっ!?関羽!? ・儀式初『儀式魔法無しでの展開』を可能にした相手ターンに動ける儀式テーマ! デッキ メガリス アーキタイプ 特徴1 岩石族 特徴2 儀式テーマ サーチ・サルベージ多め 特徴3 地属性 メガリスデッキの大会優勝デッキレシピ 「 メガリスデッキの大会優勝デッキ欄です。 大会で優勝した際にはここで紹介していきます。 また最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 メガリスの儀式モンスターの採用に加えて魔神儀などのカードを中心に採用し、最終的にはカオスマックスを立てるというデッキ構築に仕上がっています。 レベルを扱いやすいという意味でも打点という意味でも完成されているコンボとも言えますね!カオスに加えてサイバー・エンジェルを採用されている様子で、各種手札がくれない工夫がされています」 「リリース先のレベル6や8等の大型機械天使と合わせて儀式召喚し『ディスアドを減らしていく』というのが今回のポイントかもしれません。 後はサイバーエンジェルのリリース時効果の活用って印象でしょうか!《》でサーチ。 トレードインなどを採用して墓地の儀式モンスターを増やし打点を上げた「メタトロン・ファレグ」で打点を上げて戦っていきます。 メガリス・オフィエル2• メガリス・ハギト2• メガリス・オク2• メガリス・ファレグ2• メガリス・ベトール2• メガリス・アラトロン2• メガリス・ポータル2• メガリス・プロモーション3• メガリス・エマージョン1• 魔神儀タリスマンドラ3• 魔神儀ペンシルベル2• 魔神儀カリスライム3• センジュゴッド1• マンジュゴッド3• 儀式の準備3• 【誘発スペース6~8】• うらら2• 墓穴の指名者3• メガリスデッキを普通に運用しようとすると「手札消費は激しいし、効果も制圧効果ではない」とネットでは言われていたりしましたが、後 に効果を確認してみると相手ターンに儀式ができる良テーマと判明。 様々な岩石族のサポートカードを採用する事や 聖刻などのリリースを駆使するデッキであればフリーで十分に戦えるデッキになります。 元々儀式魔法が無いという時点で 「既存の儀式サポートがほぼ使えない」分「アドバンス召喚で召喚権を使わないでいい」位の発想で大丈夫でしょう。 例えば、《》などをはじめ様々な岩石サポートを駆使すれば大型モンスターを出すまでは一直線で展開する事も出来ます。 魚でシーラカンスができるのと一緒でポテンシャル的には「アドバンス召喚テーマ」に似たテーマって感じか。 普通儀式モンスターは儀式カードを使わないと儀式召喚が不可能ですが、 メガリスデッキは儀式サポートを使わずとも「儀式召喚が可能」なテーマになっています。 また先ほども書きましたが下級モンスターのメガリス効果は 「儀式モンスターの指定をしてない」ので相手ターンに儀式召喚が可能なテーマとして注目されるかもしれません。 現状ではネクロス+メガリスによる相手ターンの除去などが注目されており、『相手ターン時に起動効果で除去できる』ような使いまわしが主流になってるのがポイント。 [rakuten:card-museum:10020872:detail] この問題で魔神儀等と相性が悪いとも思われがちですが、大地讃頌や高等儀式術などで『儀式魔法を間接的にサーチする』方法もあったり『フルモンスターによる打点展開』などが存在したりするので解決方法は沢山あります。 使いづらい・難しいと考えがちですが基本は 「メガリスデッキの大型メガリスは召喚権を使わないアドバンス召喚」と考えればそこまで難しい感じてはありません。 メガリスの下級モンスターはサーチを。 上級モンスターは制圧・妨害効果を持っていてレベル4・8固定な分どちらかをサーチしつつ『リリースできるレベルを調整して戦う』のがセオリー。 ある程度盤面に揃ったら『メガリスの上級モンスターの効果で盤面を破壊』しつつダイレクトアタックするというのがこのデッキの理想でしょうか。 メガリスの効果も『リリースして出す』という分かりやすい効果なので各種出張カードで肥やしつつサーチを行えるかがカギになりそうですね。 デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 「自身を特殊召喚する共通テキストと共にレベル4なのに守備力が2500という破格の性能を持っています。 メガリスデッキという扱いよりも聖刻とかのような『リリースした際に動けるテーマ』として見たいテーマですね。 デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 「メガリス・ハギトはデッキからメガリスの魔法罠に関して《メガリス・ポータル》や《メガリス・プロモーション》などの新規カードをサーチしつつ動く事が出来ます。 自分はデッキから1枚ドローする。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 「メガリス・オクは儀式召喚したらドローする効果持ち。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 「メガリス関連の最上級で攻守を上げるタイプのメガリスになるわよ。 打点アップで相手の大型を除去するのがポイントよね。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 そのカードを破壊する。 「メガリスの最上級モンスターその2 儀式召喚に成功した場合に「盤面破壊が出来る」カードです。 メガリスデッキには必須のカードで『相手ターンに儀式召喚して盤面を破壊する』のがメジャーになるかなぁという感じ。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、その発動を無効にし破壊する。 「こっちは儀式関連に耐性を与えるカードね。 メガリスの儀式モンスターを支える存在と共に、『効果の発動を無効にして破壊する効果』で盤面を整えるのに最適なカードよ。 因みに儀式モンスターのコストで代用できたり、フィールドのカードを対象にしてるから『永続魔法罠等も守れる』のは大きいわよね。 そのモンスターを手札に加える。 「フィールド魔法かつメガリスデッキの必須カードキター! 儀式召喚だけでなくて「特殊召喚に成功した場合」に墓地のメガリスをサルベージできます。 かなり有用なフィールド魔法です。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで元々のレベルの倍にする。 「メガリスデッキというよりも汎用性の高いカードな1枚。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。 メガリスデッキの回し方。 動かし方,展開など メガリスデッキの回し方。 動かし方,展開など 「 メガリスデッキは儀式デッキをメインにした展開&相手ターンに動く事をメインとしたコンボデッキです。 手札がかなり減ってしまいますので儀式モンスターの効果を使って「モンスターや魔法罠をサーチしつつ」戦うのがポイントです。 メガリスデッキの回し方その1:メガリスを各種召喚してキーパーツをサーチ! 「メガリスの基本的な動きはメガリスデッキの下級モンスターを特殊召喚しつつメガリスデッキのキーカードを持ってくる事がポイントです。 メガリスの下級モンスターの効果は下記の通り。 このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。 このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 メガリスの下級モンスターはサーチを行えるので、この効果を活用してフィールド魔法等をサーチ展開していきます。 メガリスの場合は 『コストでメガリスを切っても下級のメガリスがカードをサーチしているのでアド損にならない』ので、ドンドン使っていきましょう。 ある程度 メガリスのパーツが揃ったら、相手ターンに儀式召喚が出来るように準備。 その後に展開する事をメインとして戦っていきます」 「メガリスデッキの基本としては『盤面に手札を減らさないか』にかかってるからメガリス以外の儀式を採用して盤面を作れるかにかかってるわね」 「メガリスの魔法罠の中にはメガリスが特殊召喚された時に 儀式モンスターをサルベージする効果を持ってますの。 例を挙げると《》なんかが候補の内の1枚。 《》からジェムナイト関連の大型を出して『』を特殊召喚。 「こんな感じでメガリスデッキも基本同じように手札を消費するだけになってしまうので高等儀式術を含む儀式カードやサポートカードを若干混ぜる事で「儀式関連サポート」の恩恵を受ける事が出来ます 「儀式の準備でメガリスをサーチしつつ、高等儀式術はサルベージできる」のも大きな点でしょう。 先述したラビット採用の場合は『墓地に岩石族がたまってるのでブロック・ドラゴンを出す』等で補完したりするのがベターな感じでしょうか。 相手ターンになって相手のモンスターが展開された際にメガリスデッキであれば「メガリス・ファレグ」を出せば盤面破壊。 そうでない場合は『他の儀式カードで除去』していきましょう。 因みにだけど、儀式関連カードに関しては色々とあってロマン的な動きだったりを狙っていけるのが最大の特徴かもしれないわよ。 《》で相手のターンに効果モンスターの効果を封じたりとかできるから色々と合わせてみたいわね。 上記のカードが代表的なカードでもあるので一度調べてみるといいかもしれません。 メガリスデッキの相性の良いカード付近でも紹介しておきます。 「他にはメガリスの純構築だと「メガリス・ベトール」が大事なのよね」 「そうですね。 メガリスデッキでの大型では 「相手のターンに除去が出来るメガリス」が存在します。 今回はメガリスデッキで組む場合は「メガリスベトール」が重要になりそうです。 それぞれ1ターンに1度しか使用できない。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、その発動を無効にし破壊する。 それぞれ1ターンに1度しか使用できない。 そのカードを破壊する。 他には相手ターンに 『メガリス・アラトロンを先に出しておいて』相手の動きを封じるなんて言う手も。 メガリス・アラトロンのコストはメガリスの儀式カードを使っていれば自然に貯まっているので確実に効果を発揮する事が出来ます。 「実際に効果モンスターの効果としてはかなり優秀なんだけど、「出すための手順がかなり厄介」なカードなのよね。 高等儀式術とかそういったものでケア出来るかとか色々と考えないと辛いかも?」 「それもありそうですね。 実際に回してみると儀式デッキはアド損が大きいので『失敗した際のケア』を念頭に入れた回し方が重要視されそうです。 メガリスデッキの場合だと、ミスすると一気に手札がなくなるので誘発枠とかは結構心配したほうがいいかもなんて。 メガリスデッキと相性の良いカード:ブロック・ドラゴン メガリスデッキと相性の良いカードの理由は、岩石族かつサーチが行えるという事。 メガリスだけの採用では難しいですが、ブリリアント・フュージョンをはじめ墓地肥やしを得意とする岩石通常モンスターテーマ「ジェムナイト」を採用する事でかなり動きやすくなりました。 自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。 「ブロックドラゴン」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの岩石族モンスターは戦闘以外では破壊されない。 2 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。 ただし、相手ターンに動ける事が前提でもあるので妨害されてしまったりすると「事故の原因になる」のは考えたい所。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのモンスターを3体まで選んで持ち主の手札に戻す。 その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。 2 :このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。 購入はこちら! >> メガリスデッキまとめ:相手ターンに儀式召喚!驚異的な『アド取りデッキ』!? メガリスデッキまとめ 「 メガリスデッキに関してザっと振り返ってみたんですが・・・振り返れば振り返るほどかなり有用なテーマデッキで、相手ターンでの動くコンセプトをどの儀式デッキにでも投入できるようになったのは大きいかなぁと感じました。 逆に『今までそういった切り口がなかった』のもあるんですが、儀式関連は既にコンセプトがかなりしっかりしていて中々新規で混ぜるのが難しかったりしたんですよね。 自分が儀式カードになる事。 相手ターンに儀式が出来るパーツとギミックとしてはかなり面白いものが多々入っているのが特徴的でした。 なんか儀式デッキ作ってたけどギミックが飽きたなーって人には最適なカードなのでそういった意味では採用してみたりしてもいいかもしれません。 儀式デッキを持ってたら一度メガリスデッキと合わせてみるのを考えてみても良いんじゃないかなぁと思いました! また、現在の環境デッキ等が知りたい人はこちらでまとめていますので是非参考にしてください。 遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】 「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと 最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

次の

【メガリス】サンプルデッキレシピ / 広島店の店舗ブログ

メガリス 遊戯王

4月発売のOCG新パック、RISE OF THE DUELISTのカードが次々と公開されています。 とはいえ、これまでもアニメ登場テーマ+OCGオリジナルでパック内容が構成されていたのを考えるとあまり変わり映えはしないのかな?とも思います。 特に先日発表されたような 《暗黒騎士ガイア》リメイクモンスター群など、見覚えのあるモンスターたちが今後もパック収録されるようですしね。 そろそろ以外にもリメイクの目を向けろ? さて、今回公開されたカードは 「戦華」「メス」「ネメシス」「深海」「シャドール」の5テーマ。 10期内でちゃんと終わらせておけよ……と思わないことも無いですが、それはそれとして効果を確認していきましょう! 今回は「戦華」と「メス」をピックアップ!• デッキから「戦華」カード1枚を手札に加える。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 リンク召喚時に「戦華」カードをサーチするリンクモンスター。 リンク素材の条件、劉玄と諸葛孔が並んだカードイラストから、風属性戦華に因んだリンクモンスターであると窺えます。 今後、水属性・炎属性のリンクモンスターも収録されるのでしょうか? 「戦華」カードのサーチは魔法・罠カードである「戦華史略」もサーチ対象に入りますが、 《戦華史略-三顧礼迎》は「戦華」の時に誘発する効果のためタイミングがイマイチ、 《戦華史略-孫劉同盟》は2属性以上の戦華を要するためリンク召喚でモンスター種類数が減った後の状況とは相性がイマイチ…と意外と選択肢は絞られて行きます。 《戦華史略-東南之風》は(が絡み効果不確定とはいえ)攻撃宣言時の相手フィールドのカード破壊は、低攻撃力のこのモンスターとは好相性でしょう。 チェーン不可になる点を利用して 《戦華の孟-曹徳》を出して追撃するのもいいかもしれません。 このモンスターの低攻撃力を 《戦華史略-十万之矢》の攻撃力吸収で補いつつ、相手ターンに 《戦華史略-十万之矢》自体を墓地へ送ることで相手フィールドのカードをバウンスしながら後続の「戦華」永続魔法・永続罠カードを準備できます。 その他「戦華」カードとの連携は、コンボでなくビートダウン志向の戦華においては極論「状況に依る」としか言いようがないので割愛しますが、リンクモンスターであること自体が戦華と微妙に相性が良くないような印象です。 サーチ、全体バフ、バウンス効果を持つとはいえ、展開力に余裕があるわけでない戦華でモンスターを2体使って攻撃力1100のモンスターを出す、というのは割に合っているのか気になってしまいます。 が容易な風属性・炎属性戦華はそれら自体が高い攻撃力を持ってビートダウン適性が高いですしね。 メイン2に出して相手ターンに備えるために使うのが1番かも? まさかの…!? 《戦華史略-東南之風》 【永続魔法】 このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。 を1回行う。 表だった場合、このカードを墓地へ送る。 このターン自分の「戦華」カードの効果の発動に対して相手は効果を発動できず、自分フィールドの全ての「戦華」効果モンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。 相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 墓地へ送られることで効果を発動する戦華史略。 元から発動後2回目のスタンバイフェイズに自動的に墓地へ送られる時限爆弾式ですが、メインフェイズの次第では即座に墓地へ送ることも可能。 とはいえ上で紹介した 《戦華の盟将-双龍》の効果や、水属性の各種戦華モンスターの効果で墓地へ送ること自体は容易なので、わざわざする必要性は薄いかと思います。 墓地へ送られた時の効果は、ターン中戦華カードの効果発動に対してチェーン不可になるという非常に強力なもの。 相手からすれば、フリーチェーンの効果はまだしも 《幽鬼うさぎ》などの直接チェーンしないと効果が使えない系のカードすべてが突然機能不全に陥ります。 相手次第では、そのターン中はやりたい放題できそうですね。 このカードのレベルをそのモンスターと同じにする。 その後、対象のモンスターを手札に加える。 レベルの合計がするモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札・デッキから「メス」儀式モンスター1体をする。 に成功するだけで、 墓地の儀式モンスター回収+レベル変更、自分・相手のメインフェイズに行えるは手札だけでなくデッキからのも可能と、至れり尽くせりなメス新規。 《宣告者の神巫》や 《幻獣機アウロー》を絡めた 《ブンボーグ001》によって 《虹光の宣告者》が使いやすくなっている今、このカードによって初動の安定性はかなり大きくなりそうです。 《メス・オフィエル》のモンスターサーチ、 《メス・ハギト》の魔法・罠サーチをデッキから好きに切り替えられるのはもちろん、相手ターン儀式で 《メス・ベトール》による破壊効果を狙っていくのも現実的なラインになってきました。 依然ステータスが守備寄りになっているのは 《メス・ファレグ》の存在上仕方ないのですが、安定して各種儀式モンスターにアクセスできるというだけで個人的にはかなり高評価です。 これまで出たメスの中で最強まである。 《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》の相手ターン内のなど、メス外の儀式モンスターを相手ターンに使う上では準必須だった 《メス・オク》は固有効果が手札1枚の交換とどうしようもないところがあったのですが、手札・デッキからできるようになれば採用枚数を限界まで絞っても良さそです。 また、 《メス・エマージョン》での蘇生を活用して、使い減りしないランク2のX素材として使うのも試してみたいですね。 ランク2を組む、あわよくば《虹光の宣告者》をS召喚する、と考えると 《レッド・リゾネーター》で手札からレベル2モンスターをする、若干ごり押し気味な動きにも採用理由が持たせられますね。 3.おわりに 告知 2月16日 日 に開催されるオフ会「城下場」に出没します! もし僕を見つけることができた人はデュエルしましょう! それでは、また次回の記事でお会いしましょう! 登録してみました。 記事の内容がよければバナークリックお願いします。 karakuri-napori.

次の