オレカバトル ロキ。 オレカバトル:時の章 ロキとドラウプニル オレカ界におけるトリックスター

(BOSS)ロキ

オレカバトル ロキ

『闇の章』崩星竜イベントより はロキを殺せない 強化モンスターと強化アイテムにより様々な攻略法が見出されているこのイベント、本日変更された強化モンスターの中にお気に入りのキャラはいただろうか? しかしながら、この強化モンスター達を遥かに凌駕しに対してぶっ壊れた性能を発揮しているモンスターがロキだ。 ブラックフドラゴン登場時に最も脅威とされていたEX技が、ロキの持つ反射壁によって跳ね返される仕様はwebでも話題となり、特に昨今ロキの反射壁を貫通できる技を持つ主人公クレイ君が登場しているにもかかわらず、星が死ぬ…つ まり星を殺せるドラゴンがロキを殺せないという状況。 ロキ最強伝説がまた新たな1ページを刻んだ。 病める無限の反射壁の世界とトレンド これに関して「もう知ってますよ」と貴方の失笑とため息がここまで届いてきそうなのだが、今この話がオレカ界のトレンドみたいなので。 出来ればですね、こう、トレンディーなブログにしたいと。 私は常日頃思っておりますので。 いつもコロコロテイストのおならとかそういったモノをハイテンションで爆散させるようなブログですが、ブバーっとね。 今日は流行っているロキの話をしたい。 つまり、東京は青山あたりのカフェでね、MacbookAirを広げて、コーヒーをドッピオで。 で、そこでブログを書いている。 あと株価とかを気にしている。 まぁ、あれですよね、連れてますよね、なんかよく分からないタイプの、見たこと無いような海外の大型犬。 みたいな。 そんな感じに最新モードのブロガーと、錯覚させたい。 この人コン打ちっぱなしのマンションに住んでそう…的な。 常々情報も遅く、好き勝手ばかりな内容なのでたまにはそういうトレンディーなブログが、僕だって書きたいんですよ。 みたいなうんちまみれのブログではなく。 なので、書かせていただこう。 戦におけるロキの話を。 そうすればあなたも僕が中目黒~祐天寺近辺在住だと錯覚するに違いない。 *東京の話ばっかりで申し訳無い ロキ そんな訳でロキだ。 このロキは旧6章当時に作成したのでかれこれ2年半。 初期は全開の僕の手によって「」で埋められていたのだが、現在は(こちらもトレンドを感じさせ、今最も流行っているとされている)回遊型いつわりの反射壁型風へと変更の手が加えられている。 が、あくまでも風だ。 (ここからはより洗練された雰囲気を放つためにフランス語で書きます。 Mort de rire! 読んで頂ければ分かるように、つまりハメが可能ですという話だ。 スタイリッシュな諸君であれば既にひと笑いすまされてる頃だろうが、念のため、日本語訳も載せておこうと思う。 日本語訳 フィニッシャーはロキの壁による通常攻撃に戻って反映されます。 私はあなたが手が2人、「サッカラ」と「アブシール"それを使用し、ゲージを埋めることで拳を聞かせて、物事が戻ってフィニッシャを反映するにうまく行けばダメージを受けずに征服することができますドライブしてみましょう。 Cependant , Sonaruto maintenant probable commencer Warriors engourdissement de Kamaitachi - Kukulcan 日本語訳 畳み込みハンドリー - 反射壁を取得ダブル南は、サッカーはアブシールは、中央EXに変わります。 私はは「ミス」であるまたは中間EX Rutokoroはむしろ個人的であると考えて最高の試合、 EXを活性化したくない、完全な雰囲気のベルトを取ります。 これらは、単に極端な例であるロキを組み込むことが可能ブルドーザーであり、彼らはビデオ男爵ちゃんの組織昨日その安定感に来ます。 私は打ちます だから、個人的に私の翼悟空、牛の「予約世界中の呼び出し」で悪魔と同様に平坦に浸透する優れていることを壁の反射ロキの管轄のための何が最強である、と私は感じました。 ( - ククルカンしかし、 Sonarutoは現在、おそらく戦士のしびれを開始します) ーより つまり、可能ブルドーザーはビデオ男爵ちゃんの組織だ。 ビデオ男爵ちゃんて誰?.

次の

ヘイムダル

オレカバトル ロキ

こうげき! こうげき! トリックスター こうげき! 幻定エリア「時空の扉」にて出現 解説、攻略、その他 時空の扉でボス化、新技追加が行われたモンスターの一体。 時空の扉におけるボス昇格の例に漏れず、今回も戦闘後にのカード化が行える。 の合体レシピは素材両者にアイテムを持たせて合体という面倒なモンスターだったため未入手の人はここで手に入れてしまうと良いだろう。 【フェイクスター】が発動すると、ボス仕様のロキが増殖する。 但し、残りHPは僅かな状態で召喚され、140前後のダメージで撃墜できる事が確認できている。 オレカ野郎! 全員集合 第84話においては、タンタローがこのモンスターに成り代わられている と言う設定 であった。 その際に行われたバトルの結末は、の【魂を狩る笛】によって自身のターンに倒されている。

次の

オレカバトルのロキについて新序章以降にロキの入手方法が知りたいです。必要な...

オレカバトル ロキ

虫は潰されてもまた何事も無かったかのように飛び立つ。 動物は足が取れても誰か付けてくれさえすればまた歩ける。 人間は心臓を刺されてもまた取ってはめ直せば動く。 筈じゃないのか。 「いくらボクでも〝死なない〟なんて嘘は吐かないのに、キミ、よっぽどだね」 言われている意味が分からずに、ただ黙り込み次の言葉を待った。 「いや待てよ…一回だけソイツは不死だとか、そういう嘘を吐いた様な気がするんだけど、まぁそれはいいか」 独り言が激しい目の前の珍妙な人間は、「ロキ」と名乗り、また「嘘吐きの神様」と称した。 「随分寡黙なんだね、それか緘黙症かな?いやでも、さっき有り得ない事象を語ったのだから、緘黙症ではないね。 ただ寡黙なんだね、キミは。 」 足下に蜘蛛が這い蹲り、指先に乗せようとした、その時。 「おっと足が滑った」 ズドン、と指先スレスレ、神の踵は蜘蛛だけを的確に潰した。 何故か靴に汚れは付いていない、指先から数ミリ離れた所には、無惨に潰れた蜘蛛が汁を垂れ流していた。 「えーと確か、虫は潰れても何事も無かったかのように飛び立つはずだよね?でも蜘蛛は基本飛べないんだよね?そしたら、代わりに蜘蛛の巣を張り始めるものかな?」 見る。 潰された蜘蛛をじっと見た。 指先で少し弄んでみたとて結局汁を垂れ流しているだけで、その足は抵抗の色を醸さなかった。 ぐしゃぐしゃになった痕を、どうにか細やかな作業には向かない太い指先でパズルの如く組み立てて直して見たけれど、やはり蜘蛛は汁をだらしなく漏らし続けるだけだった。 「蜘蛛の巣って凄いんだよね、かかったものを容赦なく引っ捉え、凄い奴は蜘蛛の巣に毒を張り巡らせて獲物を確実に捕る、何重も重ねた太い糸はそうそう簡単に破れずに長い期間その機能を果たす………今のどこからが嘘か分かった?」 聞いていなかった。 聞いていたとしても、先程の今のどこからか、というところぐらいしか。 「すまない、聞いていなかった」 「…… ……はぁ、無駄口叩いただけか。 何やってたの?」 「動き出すようにまた組み立てていた。 」 何がおかしいのだろうか、何故か沈黙が襲った。 自分はおかしいことを言っただろうか。 元の形に戻せば、また動き出すはずでは。 「ははははははは!!また動き出すように!?その蜘蛛は潰れたというのに!?はははははは!!おかしいやおかしいおかしい、ははははは!!こんなに体液流しておいてまた動けるとでも!?ははは、はははは……!」 呵呵大笑。 大口開けて神は狂笑した。 そして私はそれを傍観し意味のわからなさにまた混乱する。 自分、今面白いことを言ったつもりは無い。 ただ、本心を吐いただけで笑われるとは、心底あまりいい気はしない。 「そんなの生き返るわけないじゃん」 突然笑うのをやめ、冷酷な口を開いた。 あまりの変貌ぶりに驚き、顔が当惑に歪む。 「死んだものは死んだんだよ。 今さっきボクが踏み潰した蜘蛛は正しく死んだ。 これから先自力で生き返ることもなければ動き出すこともない、蜘蛛は死んだんだ。 」 しんだものはしんだ。 ただしくしんだ。 くもはしんだ。 しんだ、とは…… 「騒がしいと思ったら、なんかいるなぁ、サンプル志望者かなぁ?」 千鳥足で歩き、顔の大半を包帯で覆っている男がこちらへ歩み寄る。 ハカセのことを知っているらしいが、その夜な夜な行われる研究に加担しても何も教えてもらえない。 「うわぁ、サンプルって何なの、嫌な予感がするから、もうボク行こうかな」 「待ちたまえよ、せめて名前くらいは教えてくれたっていいじゃないか。 ワタシは、ワイトだ」 「名前ならいいか、ボクはロキ、それじゃ」 名乗ると同時に神は天へと飛び去った。 どのような原理で飛んでるかまでは分からない。 「なぁんだ早々に飛び去って。 なぁ、あのロキとかいう男と何を話していたんだい?」 黙ったまま組み立て直した蜘蛛を一瞥し、 「蜘蛛が潰され、組み立てて直したら笑われ、生き返るわけないと言われ……」 「しんだ、と言われたのだ」 舌足らずに「しんだ」と口にした。 意味は分からないが、何となく空虚感が空の胸を渦巻く。 折角組み立てた蜘蛛がまたバラバラになった。 「死んだものを動かす術を毎夜毎夜見ているせいで死の概念がすっ飛んだか……そしてコイツは酷いな、再生するには時間がかかるぞぉ」 細い指で蜘蛛を弄ぶ様子を見ていた。 しの概念とは……すっ飛んだ以前に、私「し」というものを理解していない。 「なぁ」 「何だい、この蜘蛛に同情したか?」 「違う、…いや、可哀想とも思ったが……言いたいことは、そうじゃない」 「しんだ、とは…一体なんだ」 * あれぇ、コイツそもそも死の概念が為ってなかったか、と頭を抱えた。 死が分からない!?馬鹿なのか!? とも言おうと思ったが割と深刻そうな顔をしていたので本当に分からないということは嫌という程伝わった。 どのような過程を辿れば死を理解できない、認知出来ない人生を送れるのか、ワタシは全く想像もし得ない。 そもそも死の概念が分かっていないオマエ自身が死んでいるのに…とも突っ込みたくもなる。 「死んだ…いや、死とは正にこの蜘蛛のことを指す。 この蜘蛛はいい例だぞ。 ワタシも説明するのが面倒だからそれで理解するといい、そら、手を出せ」 ポン、と見るに堪えない姿になった蜘蛛だったものを雑に置く。 一瞬相手の表情が歪んだ。 それを見てワタシは僅かに目を細めた。 「あと……それはオマエが言うハカセの状態でもあるなぁ」 その言葉が皮切りとなった。 「……は」 と力無い声が伽藍堂の研究室に響く。 「そうだ、もう直ぐ実験の時間だ、今日も御相手宜しく頼むよ」 と何事もないようにワタシは話しかける。 襲っても来るかと少し身構えたが、その怪物は両手に蜘蛛を包んだままガタガタと情けなく震えていた。 「……なぁ、分かったろう。 それが死であり、それがオマエの待ち続けた〝ハカセ〟の末路だよ。

次の