ドライ フルーツ ラム 酒 漬け。 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中!

ラム酒漬けのレーズンはどれくらいもちますか?

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

Q ラム酒漬けレーズンについて ラム酒漬けレーズンについて教えてください。 現在は40度のラム酒750mlにドライレーズン1キロの割合で漬けて、冷蔵庫で保存しています。 継ぎ足しはせずに、レーズンがなくなったら残りを捨てて容器を洗ってまた次・・・という形にしているのですが・・・。 以前継ぎ足しをしてみたら、段々変なにおいが出てきて、液体が粘っこくなってきて、レーズン自体も味がおかしくなってしまいました。 継ぎ足しで、さらに言えば常温保存で、出来ればいいなと思うのですが、そうやって使っている方おられるでしょうか。 または、自分はこうやってるというやり方を、上記と同じやり方でもどんなものでもいいので経験談色々教えていただけると助かります。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私も、ラムレーズンを自宅で作れる事を知り、5年位前から作っています。 その当時から、私は、常温で保存しています。 継ぎ足しもしています。 ドライレーズンを足される時は、どの様にされているのでしょうか? 私は、お鍋でグラグラに沸騰させたお湯の中にドライレーズンを1分間潜らせ、レーズンに付いている不純物を取り除きます。 この時に、傷んだ物が混ざっていれば取り除き、冷めてからペーパータオル等で十分水分を取り、瓶の中へ入れる前に、念の為かならず少量のラム酒でカラ炒りをします。 その後、冷ましてから瓶の中へ入れます。 この時、ラム酒もレーズンがひたひたに浸る位一緒に入れます。 これで、きっちり密閉し気温が一定の場所に保存しています。 今迄、このやり方で、カビが生えたり傷んだり嫌な匂いや味がした事は、ありません。 自宅でお菓子をよく作るので、フルーツケーキやパウンドケーキやアイスクリーム等に便利に使っています。 A ベストアンサー 干しブドウに賞味期限が有ること自体、変に思っています。 単純に考えて、生ブドウの水分を抜いたものですから、葡萄糖と繊維質が残っているだけで保存性はとても高い物と思っています。 更に、それをアルコール度数の高い酒に漬けこめば、絶対に腐りません。 今回のご質問で概略回答を言えば、賞味期限はアルコールに漬け始めた時点で干しブドウの賞味期限は終了します。 そしてその時から改めて「加工食品としての期限が始まる」と考えてください。 以下ご参考として書きます。 家では毎年ブランデーに一年以上漬けこんだものを作っています。 もちろん室内の常温戸棚の中で普通のガラス容器のまま放置してます。 (干しブドウの他にレモンやオレンジ皮なども入れて) これでクリスマス・プディングを作ります。 7月頃に漬けこみ始めて翌年の8月に焼いて、クリスマスまで寝かすと言うことで、全体で1年半以上前の干しブドウです。 今まで数十年間作っていますが、カビた・腐ったなどは一度も有りません。 実は、干しブドウを安い出物があれば買って置くので、賞味期限が数年前の忘れものが棚から出てくることがあります! しかしカビも出て無く問題無く使っています。 干しブドウに賞味期限が有ること自体、変に思っています。 単純に考えて、生ブドウの水分を抜いたものですから、葡萄糖と繊維質が残っているだけで保存性はとても高い物と思っています。 更に、それをアルコール度数の高い酒に漬けこめば、絶対に腐りません。 今回のご質問で概略回答を言えば、賞味期限はアルコールに漬け始めた時点で干しブドウの賞味期限は終了します。 そしてその時から改めて「加工食品としての期限が始まる」と考えてください。 以下ご参考として書きます。 家では毎年ブランデーに一年以上... A ベストアンサー こんばんは。 結論から言うとどちらもラムレーズンに適したというか合うと思います。 どちらも実家の母が漬けたことがあるようで聞いてみましたがマイヤーズの方がぶどうの香りが生きてる気がする、とのことです。 仰せの通り好みになると思いますが マイヤーズ MYERS'S ----------------------------- 華やかな風味と、カラメルを連想させる芳香をもつダーク・ラムで製菓にもよく使われる。 プレミアム・ホワイトもダーク・ラムと同じ製法でつくるが、熟成ののちにチャコール・フィルターで丹念に濾過しているため、無色で口当たりがよりスムーズに仕上がっている。 オールド・ジャマイカ OLD JAMAICA --------------- 社製品は、樫樽での熟成期間の長いことにかけて、定評がある。 ゴールドは、樽材から溶出した成分による自然の色を持ち、着色料は使わない。 いずれも製菓用に適していて、輸入の大半は製菓業者が買っている。 とありました。 とりあえず手に入りにくいのであれば前者で漬けてみてもっと香りが・・・とか思ったら後者を手に入れて漬けてみてはいかがでしょうか? 答えになっていなければすみません。 下記にラム酒について詳しく書かれていますので参考になさってください。 siregenuine. htm こんばんは。 結論から言うとどちらもラムレーズンに適したというか合うと思います。 どちらも実家の母が漬けたことがあるようで聞いてみましたがマイヤーズの方がぶどうの香りが生きてる気がする、とのことです。 仰せの通り好みになると思いますが マイヤーズ MYERS'S ----------------------------- 華やかな風味と、カラメルを連想させる芳香をもつダーク・ラムで製菓にもよく使われる。 プレミアム・ホワイトもダーク・ラムと同じ製法でつくるが、熟成ののちにチャコール・フィルターで丹念に濾過して... A ベストアンサー こんにちは。 ジルです。 もちろんこれは、個人的な好みの問題です。 問題ないと思います。 一般的にクルミなんかドライフルーツと一緒に洋酒漬けにされますが これは、好みなのでアーモンドでもヘーゼルナッツでもカシューナッツでも問題ないと思います。 また洋酒に漬けるわけですので微生物が増殖するはずがないので かなりの長期間 何年とかですが保存できます。 一ヶ月ならまったく問題ないと思います。 あと洋酒漬けする期間が問題となりますがよくお菓子作りの本なのでは 「最低一ヶ月」とか書かれている場合があります。 これも好みだとボクは、思います。 たしかに長期間漬け込むのが一般的ですし その方がドライフルーツが柔らかい食感になりお酒の味も染みこみます。 ただその一方で一週間程度でも悪くないと思います。 ドライフルーツに食感の固さが残りますが あんまり酒の味が染みてないので ドライフルーツ本来の味わいを残してお菓子にできると思います。 「浅漬け」みたいな感覚です。 こんなところですが是非頑張ってください。 ジルより こんにちは。 ジルです。 もちろんこれは、個人的な好みの問題です。 問題ないと思います。 一般的にクルミなんかドライフルーツと一緒に洋酒漬けにされますが これは、好... Q いつもフルーツケーキのラム酒付けドライフルーツを自作しているのですが、うっかりそのまま1年近く放置してしまいました。 ラム酒漬けなのだから、まさか腐ったりしないだろうと思って甘く見ていたら、底の近くの方のドライフルーツに白いカビのような物が付いていました。 ちょうど水カビのような感じの、繊毛のような白いものが付いています。 でも実際ラム酒付けのフルーツってカビたりするのでしょうか? もしかしてシュガーケーキ用にラム酒と一緒にシロップを入れたせいかな?とも思うのですが、捨てたほうがいいのかどうかを教えて下さい。 1リットル以上のビンにびっしりフルーツが詰まっている状態なので、出来れば捨てずに済ませたいのですが…。 どなたかアドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは その物自体を見ていないのでハッキリと断定は出来ませんが、多分その白い繊毛のような物は酵母菌によるものだと思います。 それと似た状態になるのが醤油です。 天然醸造の醤油も気温や条件が揃うと白いカビ状の物が浮きます。 それは酵母菌が増殖したもので、それが発生しても品質には何も影響がないと言われています。 ラム酒などのお酒類も発酵時に酵母菌の作用が働きますので多分シロップなどの添加物によって栄養状態がよかったので繁殖をした可能性があります。 ただ始めに言ったとおり現物を見ていませんので確信があるというわけではありません。 一つの手段として、どうしても気になると言うことでしたら変質臭(腐敗臭)などがしないことを確認して、繊毛の付いた物を排除して新たな瓶に詰め替えて様子を見てはいかがですか?再発生がなければ多分カビではないと思います。 A ベストアンサー 製菓用でなくても大丈夫ですよ。 キルシュやコアントローなどの洋酒は、スポンジに塗ったりチョコレートに練りこんだり生クリームに入れたり、 製菓用の洋酒の使用目的としては主に「風味づけ」が多いので、お酒を飲まない人には少量の方が使いやすいですよね? そういった意味で製菓用のボトルは小さいのだと思います。 漬け込みフルーツに関して言えば、アルコール度数が高ければラムじゃなくても大丈夫です。 ブランデーなどは香りもとてもよく熟成が進むにつれまろやかで深みのある味になるので向いています。 もちろんラムとブランデーをブレンドしても良いですので、 ご自宅に飲み残したブランデーなどがありましたら加えて頂いてもいいかと思います。 私はマイヤーズ独特のキャラメルのような風味がたまらなくて、 量販店で700mlを1200円前後で購入して愛用しています。 DOVERのホワイトラムはダークラムより味がマイルドで、ドライフルーツの色鮮やかさがそのまま生かされるので、別で少しだけ漬けています。 製菓用のこだわらずいろんなラムを試してみて、お好きな味を見つけると楽しいですよ 製菓用でなくても大丈夫ですよ。 キルシュやコアントローなどの洋酒は、スポンジに塗ったりチョコレートに練りこんだり生クリームに入れたり、 製菓用の洋酒の使用目的としては主に「風味づけ」が多いので、お酒を飲まない人には少量の方が使いやすいですよね? そういった意味で製菓用のボトルは小さいのだと思います。 漬け込みフルーツに関して言えば、アルコール度数が高ければラムじゃなくても大丈夫です。 ブランデーなどは香りもとてもよく熟成が進むにつれまろやかで深みのある味になるので向いて... Q 二年前に作ったドライフルーツのラム酒漬けの瓶の蓋に、 黒いカビが生えてしまいました。 (白いゴム部分に沿って) 当時、小さなガラス瓶10個ほどに、ラム酒やホワイトリカー、 生のパイナップルやレーズンやドライイチジクなどなど…を 組み合わせパターンを変えて漬け、 作ってから常温保存で二年間ほとんど開けていません。 その半分ほどの数の瓶にカビらしき色がガラス越しに見え、 お酒の表面はなんともないように見えます。 これは今すぐ開けてカビを除いたほうがよいのでしょうか? それとも、いざ食べたり、お菓子に使うときまで放置しても、 問題ないでしょうか? 作ったときに、食器用のアルコールで除菌したはずで、 お酒もすべて40度以上のものを使ったので大丈夫かと思っていたのですが…。 A ベストアンサー 「ビスコッティ」というお菓子があります。 バターを使わずに作るイタリアのクッキーのようなお菓子です。 (バター有もあります) このお菓子は基本的に何を入れてもOKなので、ラムレーズンも可能だと思いますよ。 香り付けのお酒は、必要に応じて加減すればいいかと。 アーモンドやクルミなど、ナッツを入れても美味しいです。 色々検索してみたら、ジャムなんかでもいいみたいです。 要するになんでもアリ、なお菓子みたいです。 (ゴマとかきなこ、なんていうのもあった。 nifty. nifty. html Q ダークフルーツケーキを作りたいので、フルーツの洋酒漬けをしたいのですが、素材についてわからないことがあります。 まず何の種類のフルーツが適当でしょうか。 レーズンと柑橘のピールは必ず入れたいです。 有機のドライフルーツのコーナーを見ていると、レーズン、プルーン、カレンズ、パイナップル、デーツ、イチジクなどがありますが、できるだけクラシックなダークフルーツらしいケーキにするには、どれを入れたらよいでしょうか。 オレンジなどのピールは有機ではなかなか売っていないようで、自分で無農薬のオレンジを買ってきて皮を乾燥させようと思います。 そして洋酒のチョイスに困っているのですが・・・ レーズンはラム酒で合うので、マイヤーズラムを1本買ってきて漬けこもうと思っていたのですが、オレンジや他のフルーツは、ラム酒で合うでしょうか? ブランデーの方がいいでしょうか。 その場合、ブランデーはどんな銘柄がよいでしょうか。 マイヤーズラムと同じくらいの値段(700ml1400円くらい)のもので、お菓子作りに適切なブランデーがあれば教えてください。 また、ラム酒で漬けたレーズンとブランデーで漬けた他のフルーツを混ぜて使うことも問題ないのでしょうか。 よろしくお願いします。 ダークフルーツケーキを作りたいので、フルーツの洋酒漬けをしたいのですが、素材についてわからないことがあります。 まず何の種類のフルーツが適当でしょうか。 レーズンと柑橘のピールは必ず入れたいです。 有機のドライフルーツのコーナーを見ていると、レーズン、プルーン、カレンズ、パイナップル、デーツ、イチジクなどがありますが、できるだけクラシックなダークフルーツらしいケーキにするには、どれを入れたらよいでしょうか。 オレンジなどのピールは有機ではなかなか売っていないようで、自分で無農... A ベストアンサー 2です。 カテゴリーとしてはシロップ煮にした方のピールがドライフルーツで、皮を乾燥させたものはハーブだと思って頂けるとわかりやすいかと思います。 そのまま食べる事が前提のドライフルーツに対して、皮を乾燥させた方のピールは、アクセントとしての用途に近いので、多量に投入すると、もしかすると苦味を強く感じてしまうかもしれません。 シロップで煮るのは甘くする為ではありますが、もうひとつ、そのままでも食べられるように苦味を取り除く工程があります。 どのかんきつ類もそうですが、白いワタの部分に強烈な苦味があります。 本格的にピールを作る場合はこの白いワタの部分が透明のねっちょりしたゼリー状になるまで時間をかけてシロップを染み込ませる訳ですが、白い部分を取り除いて1日で作る方法もあります。 なので、皮を乾燥させる場合でも白い部分は徹底的に取り除いた方がいいかと思います。 その状態で乾燥させて洋酒に漬け、ケーキに入れる前にちょっと食べてみて大丈夫そうだったら刻んでいれてみてはいかがでしょうか? 余分かもしれませんが、簡単なシロップ煮の作り方も書いておきますね 1 いよかんを洗う 2 水を張った鍋を用意して八つ割くらいに皮を剥く。 剥いた皮から水に入れていく 空気に触れると苦味成分が出始めるので 3 剥き終わったら鍋の水を新しいものに替えて水から茹でる。 ある程度風がないと乾きにくいです) 使う分だけ洋酒に漬けて、残りをピールとして保存する場合は ビンなどの保存容器に入れて冷蔵庫保存で半年くらい、 冷凍保存の場合は完全にカチカチには凍らないのでラップで包むかジップロックなどの袋の方が使いやすいと思います。 2です。 カテゴリーとしてはシロップ煮にした方のピールがドライフルーツで、皮... Q 先日ドライフルーツがまとめ買いできるオンラインショップでドライフルーツを購入しました。 特に注意書きなどもなかったので普通にジップロックのような袋に移し変え、室温で保存していました。 ところが、最近ドライフルーツは開封後冷蔵庫で保存しなければいけないと耳にしました。 もう買ってから1ヶ月ほど経ってしまっています。 よくドライフルーツの表面を見るとものすごい小さい黒いもの(おにぎりを食べた後に手についた海苔のようなものです…わかりにくくてすいません;)がついています。 最初はゴミが袋の中に入ってしまったのかと思い気にせずにとりのぞいて食べていたのですがあれはカビのようなものだったのでしょうか? まだかなりの量が残ってるのですが全て処分した方が良いのでしょうか? よろしくお願いします。

次の

ラム酒漬けのレーズンはどれくらいもちますか?

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

洋酒漬けのドライフルーツ作り方 刻んだドライフルーツに洋酒をかけ、一晩以上漬けて作ります。 私はよくダークラムを使っています。 他のお菓子作りにも使う機会が多いので1本あると重宝します。 漬けることでドライフルーツは洋酒を含んでふっくらします。 洋酒に漬かったフルーツは香りもよくなります。 レーズン等 オイルコーティングされているドライフルーツはオイルを落とすために 一度お湯でさっと洗います。 最近はオイルコーティングなしのレーズンもあります。 その場合はたいていそのむね表示があるので、表示なしのものはオイルコーティングありです。 お好みで、スパイスを一緒に加えて漬けこんでも。 急ぐときの電子レンジ、ビンに長期保存の方法は下にあります。 おすすめのドライフルーツ お好みのドライフルーツをいくつかそろえて作ります。 ドライいちじく(ドライフィグ)は、種がプチプチして面白い食感。 他には干しりんご、オレンジピールをよく使っています。 色々ありますが、とりあえず基本は レーズン。 レーズンから始めて徐々に好きなものを選んで。 オレンジピールやレモンピールを加えると香りがさわやかで華やか。 たくさん入れるとくどくなるので、控えめに。 自家製オレンジピールは冷凍保存。 色々なドライフルーツがそろわない場合は、シンプルにレーズンのみでも。 ドライフルーツを減らしてナッツを加えてもおいしいです。 アーモンド、くるみなど刻んで加えます。 お好みでシナモンやナツメグなどスパイスを加えて作っても。 彩りも重視してカラフルな洋酒漬けのドライフルーツを作ってもいいですね。 赤や黄色、グリーン等の色のドライフルーツを加えると、ケーキが華やかに。 お菓子作りのアクセントにカラフルなドライフルーツ、ナッツ お菓子作りにかかせない、ドライフルーツやナッツ。 中でも、色のきれいなナッツやドライフルーツはお菓子に彩りを与えてくれる素材です。 チョコレートに使ったり、焼き菓子に混ぜたり飾ったり、アイスクリームにトッピング。 グリーン、黄色、赤い色のドライフルーツ グリーンなら、かぼちゃの種、グリーンレーズン、ピスタチオ。 グリーンレーズンはさわやかな甘酸っぱさが魅力。 グリーンレーズン、名前のとおり緑色のレーズンです。 味は普通のレーズンより、あっさりとしたさわやかな甘酸っぱさが特徴です。 きれいな色なので、焼き菓子に混ぜるのはもちろん。 チョコレートスイーツ作りのトッピングに。 グラノーラ等のアクセントにいかがですか。

次の

ラム酒の代用品とラム酒で代用できるお酒とは?

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

お菓子作りにラム酒を入れる理由 お菓子のレシピを見ていると、よく目にする材料「ラム酒」。 家庭に常備していない方も多く、「 ラム酒以外の材料はあるのに・・・」と思ったことのある方も多いと思います。 次に浮かぶのは、「ラム酒はないから入れなくても良い?」という疑問です。 そこで、この疑問に答えるために、 ラム酒をお菓子作りに用いる理由についてご紹介します。 ラム酒を入れる主な理由 ラム酒をお菓子作りに入れる理由は以下の通りです。 まろやかな甘さにする• マイルドな風味にする• 粉っぽさを和らげる• 臭みをカットする• 素材の風味を引き立てる• 保存性を高める ラム酒を入れることによって、これらの効果があると言われています。 多くの良い効果があることから、ラム酒は製菓レシピであれほど多く見かけるのです。 1番の目的は風味づけ ラム酒を入れる最大の理由は「風味づけ」と言われています。 ラム酒独特の豊かな香りをお菓子にまとわせるためです。 洋菓子店のケーキやお菓子は何とも言えない良い香りがしますよね。 洋菓子店のお菓子の香り高さの秘訣は「 お酒」であると言われています。 お菓子にほんの少し加えたお酒の風味によって、口いっぱいに広がる豊かな香りを演出しています。 保存料としての役割も? ラム酒を入れる大きな目的の1つが 「保存性」を高める為です。 アルコール分の高いラム酒は、アルコールの殺菌力によって保存性を高めることが可能であり、日持ちするようになります。 それゆえ、ラムレーズンに代表されるように ドライフルーツの漬け込みにも良く用いられています。 結論!ラム酒は入れなくても作れるが、入れた方がおいしい ラム酒を成果に用いる理由は前述した通りです。 ラム酒を入れることによって 風味が増し、保存性が高まります。 もちろん、ラム酒を入れなくてもお菓子を作ることは可能です。 しかし、 より香り高く、美味しく、日持ちするお菓子を作りたいのであれば、ラム酒を入れた方が良いと思います。 もちろん 好みの要素も強いので、ラム酒の香りが嫌いな方は無理に入れる必要もありません。 製菓におけるラム酒の代用品 ラム酒を成果に用いるメリットが理解できれば、多くの方はラム酒を入れようと思うはずです。 しかし、アルコール度数の高いラム酒を好んで飲む女性は少なく、 常備している 家庭は少数派だと思います。 また、製菓用にラム酒を買っても使い切れないし・・・という人も多いのではないでしょうか? そこで、ラム酒が無い時に使える「 ラム酒の代用品」についてご紹介します。 洋酒の蒸留酒であれば概ね代用可能! ラム酒を成果に用いる目的としては、「風味づけ」と「保存性を高める」という目的の比重が大きいです。 そのため香り高く、アルコール度数の高いお酒が代用品としての条件となります。 これらの条件に当てはまるのが、 「ウイスキー」「ブランデー」「リキュール」です。 もちろん種類によっては合わないものもありますが、基本はこれらの蒸留酒として作られた洋酒が代用品としての基本となります。 ラム酒はその独特で豊かな香りから、 「チョコレートケーキ」や「パウンドケーキ」との相性が良く、良く用いられています。 これらのお菓子の代用であれば、 ブランデーが最もおすすめです。 ブランデーもこれらのお菓子との相性が非常によく、一味違った香りですが、風味づけ・保存性という観点からも申し分ありません。 ラム酒の代用はブランデーが最もおすすめです。 バニラエッセンスはラム酒の代用にならない! 良くある質問に「ラム酒の代用としてバニラエッセンスでも良い?」というものがあります。 結論から申し上げると、 バニラエッセンスはラム酒の代用にはなりません。 風味づけ・香り付けという目的のみであれば、代用と言っても差し支えないと思いますが、それ以外のラム酒のメリットを バニラエッセンスでは賄えません。 また、香り付けとしても、香りの種類が異なっており、 まったく異なる仕上がりとなります。 レシピ通りに作りたいのであればおすすめ出来ないラム酒の代用品です。 お菓子作りにおすすめのラム酒 製菓用には「 マイヤーズラム」がおすすめです。 マイヤーズラムはジャマイカ産のダークラムであり、華やかな風味と豊かな香りが特徴のラム酒です。 洋菓子造りとの相性が非常に良いラム酒であり、 世界中の洋菓子店で愛用されています。 200mlの小ビンであれば数百円程度で購入できますので、コスパにも優れたおすすめの製菓用ラム酒です。

次の