大勝軒。 山岸一雄

青梅街道 大勝軒 杉並

大勝軒

2015年4月にこの世を去り約半年が経ったが、残された弟子たちは、現在 分裂騒動の真っただ中だ。 簡潔に分裂騒動の概要を説明すると、約60人の弟子で構成された「 大勝軒のれん会」の2代目会長・飯野敏彦氏のやり方に反対する弟子たちが同会を脱退し、「 大勝軒 味と心を守る会」を結成したというものである。 だがしかし……。 そもそも同じ流れを汲む料理店ならば、味で勝負したらええやないか! ゴチャゴチャ言わんと、 どちらの方がウマいのか白黒ハッキリつけようやないか!! 料理は常に進化し続けるものだから、「元祖の味に近い」などは 一切考慮しない。 きっと、とんでもなく心が広いことで知られた山岸さんなら、「自分の味に近い」ことより「ウマい」方が喜ぶはずだ。 ・のれん会の『東池袋大勝軒 本店』 まず、「のれん会」からは、2代目会長・飯野敏彦氏が店主を務める『 東池袋大勝軒 本店』がエントリー。 一連の騒動の、ある意味主役である飯野氏が自ら作った もりそばとは、これ以上「のれん会」を体現する一杯はあるまい。 一口食べてみると確かにウマい。 ウマいが……スープの味が若干ボヤけている気がしなくもない。 「薄味で素材本来の風味を楽しめる」と言ってしまえばそれまでだが、正直、 感動するまでのウマさは無かった。 ・守る会の『お茶の水 大勝軒本店』 その足で「守る会」の『お茶の水 大勝軒』へ直行。 守る会の中心メンバーである、田内川真介氏が店主を務める『 お茶の水 大勝軒』は、「」にも出店するなど、大勝軒きってのウマさと評判のお店だ。 果たして、その実力はどんなものなのだろうか? お茶の水 大勝軒でも、特製もりそば(通常のもりそば)をオーダー。 一口食べてみると、同じ大勝軒なのに 全ッ然違う! 味にメリハリがあり、スープは明らかにこちらの方がウマい!! 「これは守る会の完全勝利か?」と思われたその時! ・衝撃の結果 器の底に沈んだ海苔を食べてみると、メチャメチャ甘い。 砂糖がベッタリと付いた甘い海苔なのだ。 これはスープを注いだ際、しっかりと調味料を溶かさなかったため、海苔にたっぷりと砂糖が付着してしまったものだと思われる。 これは致命的なマイナスポイントと言わざるを得ない。 結論としては、どちらにも隙があり「 無効試合」というのが妥当だろう。 味以外の接客や価格・コスパなどは、両店とも『大勝軒イズム』を感じさせる素晴らしいものがあっただけに、残念としか言いようがない。 山岸さんならば、なんと言うのだろうか? Report: Photo:RocketNews24.

次の

大勝軒のルーツはどこに?代々木上原のレジェンド2代目が語る、つけ麺誕生の秘密【ラーメン系譜学】

大勝軒

2015年4月にこの世を去り約半年が経ったが、残された弟子たちは、現在 分裂騒動の真っただ中だ。 簡潔に分裂騒動の概要を説明すると、約60人の弟子で構成された「 大勝軒のれん会」の2代目会長・飯野敏彦氏のやり方に反対する弟子たちが同会を脱退し、「 大勝軒 味と心を守る会」を結成したというものである。 だがしかし……。 そもそも同じ流れを汲む料理店ならば、味で勝負したらええやないか! ゴチャゴチャ言わんと、 どちらの方がウマいのか白黒ハッキリつけようやないか!! 料理は常に進化し続けるものだから、「元祖の味に近い」などは 一切考慮しない。 きっと、とんでもなく心が広いことで知られた山岸さんなら、「自分の味に近い」ことより「ウマい」方が喜ぶはずだ。 ・のれん会の『東池袋大勝軒 本店』 まず、「のれん会」からは、2代目会長・飯野敏彦氏が店主を務める『 東池袋大勝軒 本店』がエントリー。 一連の騒動の、ある意味主役である飯野氏が自ら作った もりそばとは、これ以上「のれん会」を体現する一杯はあるまい。 一口食べてみると確かにウマい。 ウマいが……スープの味が若干ボヤけている気がしなくもない。 「薄味で素材本来の風味を楽しめる」と言ってしまえばそれまでだが、正直、 感動するまでのウマさは無かった。 ・守る会の『お茶の水 大勝軒本店』 その足で「守る会」の『お茶の水 大勝軒』へ直行。 守る会の中心メンバーである、田内川真介氏が店主を務める『 お茶の水 大勝軒』は、「」にも出店するなど、大勝軒きってのウマさと評判のお店だ。 果たして、その実力はどんなものなのだろうか? お茶の水 大勝軒でも、特製もりそば(通常のもりそば)をオーダー。 一口食べてみると、同じ大勝軒なのに 全ッ然違う! 味にメリハリがあり、スープは明らかにこちらの方がウマい!! 「これは守る会の完全勝利か?」と思われたその時! ・衝撃の結果 器の底に沈んだ海苔を食べてみると、メチャメチャ甘い。 砂糖がベッタリと付いた甘い海苔なのだ。 これはスープを注いだ際、しっかりと調味料を溶かさなかったため、海苔にたっぷりと砂糖が付着してしまったものだと思われる。 これは致命的なマイナスポイントと言わざるを得ない。 結論としては、どちらにも隙があり「 無効試合」というのが妥当だろう。 味以外の接客や価格・コスパなどは、両店とも『大勝軒イズム』を感じさせる素晴らしいものがあっただけに、残念としか言いようがない。 山岸さんならば、なんと言うのだろうか? Report: Photo:RocketNews24.

次の

大勝軒 味と心を守る会

大勝軒

太めの麺を甘酸っぱいつけ汁で食べると、見ため山盛りの麺量も不思議なほど胃にスルスルと消えていく魔法の食べ物。 こんな料理を一体誰が最初に考え付いたんだろう? そう、今やラーメンフリークならずとも、東 大勝軒の大将、故・山岸一雄氏の名は、書籍のみならず映画化もされ、多くの人に知られるところとなっている。 山岸さんはたくさんの弟子を取り、東 大勝軒の味は全国各地に広まった。 そして今世紀に入ったあたりで、豚骨魚介Wスープムーブメントとともに興った一大つけ麺ブームの礎となった。 しかし、詳しい人なら知っていようが、つけ麺が初めて商品としてメニューに載ったのは東 大勝軒ではない。 つけ麺が発祥した陰にはもう一つの大勝軒が存在した。 今回はもう一つの大勝軒の存在を多くの知ってもらいたいと思い、真のつけ麺の元祖を知る方にお会いすることができた。 向かったのは、メトロ千代田線が小田急線に乗り入れている駅、代々木上原。 最近ではオシャレなイメージが付いているが、駅前には古くからの商店街が伸びる、親しみやすい風景が続く。 その中に、駅前でも最古参に当たるのが 代々木上原 大勝軒だ。 大勝軒は元々は中野にお店があり、そこから移転してきた。 今でも中野にあるが、中野は支店、代々木上原が本店という関係になっている。 移転の際、中野の支店を任されたのが、山岸さんだった。 そこでまかないとして食べられていたのがつけ麺で、お客さんにも出されるようになって、初めてつけ麺というメニューが誕生した。 そうした経緯、さらに以降のつけ麺の発展を、当時の中野 大勝軒の店長、つまりは山岸さんの師匠に当たる坂口正安氏のご子息である坂口光男さんに、直接お話をうかがうこととしよう。 さっそくですが大勝軒のお店の歴史から教えてください。 坂口氏:大勝軒は中野から始まったんです。 私の父が昭和26年に今の場所(JR中野駅南口から下った通り沿い、中野区中野3-33-13)からバス停で2つ寄りの橋場町(現在の中野区中央5丁目)に戦後マーケット(闇市)がありまして、そこで始めたんですが、昭和29年に代々木上原に本店を移して、中野は支店として昭和49年の区画整理で今の場所に移転するまでそこで営業していました。 山岸一雄は、私の父が呼び寄せて、一緒にやってくれって始めたんです。 坂口氏:丸長の修業時代に初めてメニューに載せたんですよね。 当時からすでに冷やし中華もやっていて、修行時代から従業員の皆んなでチョコチョコ食べたんでね。 だから、初めて中野 大勝軒がメニューに載せたってことなんですね。 そこから大勝軒の他、永楽・栄龍軒・丸信と分派し、ラーメン・つけ麺の専門店もあれば町中華化した店舗まで、多くののれん分けが現在も残っている)からののれん分けですよね。 坂口氏:丸長のオヤジ(故・青木勝治氏)ってのが、ウチのオヤジの師匠ですよね、昭和22年荻窪が発祥の地ですから。 青木3兄弟が焼け野原に集まって始めたんです。 父は戦争から復員して、戦前お世話になっていた青木さんに再会したんです。 その時に、生きるために何をしようかってことになってね。 皆出身で、青木さんは小岩でそば店もやっていたんですけど、日本そばってすごく道具が必要だし、そば粉もないんですよ。 だからラーメンやる以外になかったんです。 坂口氏:丸長・大勝軒・栄龍軒・丸信と枝分かれしてたのが、昭和34年に新年会で集まって、これはもうグループ作ってやっていこうじゃないかってことになって、丸長のれん会の創立が34年。 その後昭和40年代に、つけ麺の作り方をこうしましょうああしましょうという勉強会が持たれました。 それで大ヒットしたんですよね。 もちろん味は変わっていますよ。 自分が東 大勝軒で食べたもりそばは、動物系の出汁が強くて、つけ汁が白濁して重めの印象があるんですけど、自分が知っている丸長系の大勝軒とだいぶ印象が違うなと思いました。 坂口氏:昭和の終わりくらいから、山岸は丸長系の大勝軒と違う作り方を始めたんですよね。 食糧難の時代、食べるもので苦労した人だから、お腹一杯食べたいっていう彼なりの気持ちの表れなんでしょうね。 だからお砂糖で甘くして、煮立たせた白湯(ぱいたん)の濃い出汁のスープといった(麺も多く満足感の高い)、自分の味を作り始めたんです。 坂口氏:日本そばも、の藪系と砂場、更科ってありますよね。 坂口氏:あのような感じが丸長・大勝軒なんですね。 それぞれの味を開発して、店主らが自分のアレンジを加えてやってるので、グループとしての縛りはないです。 ですから長く続けていられると思います。 坂口氏:快く思っていないということはありません。 つけ麺の元祖発祥の地は中野 大勝軒で、これはまぎれもない事実です。 お客さんに喜んでもらうためメニューに載せたのです。 その後丸長の多くの同胞たちが世に知らしめ、つけ麺が認知され、山岸は本人の魅力もあってシンボル的存在になったということです。 父が亡くなった後山岸は大勝軒ののれん、そして業界を盛り上げるために尽力したということです。 その本家本店が代々木上原 大勝軒であると。 そのことをどうしても多くの方に知ってもらいたかったんです。 今回詳しい話お聞き出来て、確証が持てました。 貴重なお話、ありがとうざいました! つけ麺が生まれた背景には、これまで本連載でお聞きしてきたことと同じように、中央線沿線の闇市のバラック小屋から発展した戦後のラーメン史があり、さらに中央線の先、の日本そばという日本人に長きに渡り親しまれた食文化があった。 FCチェーンではなく、のれん分けの各店ごとに裁量を任せる、独立した個人経営のお店としての個性を尊重することで、丸長・大勝軒のつけそばが広まったのも、山岸氏のスタイルのもりそばも全国区にまでなったのも、「そば」という日本人に訴えかけるバックグラウンドがあったからではないだろうか。 日本そばが今なお老舗ののれん分けでお店ごとの味を楽しんでいるように、身近な丸長・大勝軒のお店で、つけそばを是非味わって、食べ比べていただきたい。 お店情報 代々木上原 大勝軒 住所: 都区上原1-17-11 電話番号: 営業時間:11:00〜22:00 定休日:水曜日 写真提供(一部):坂口光男氏.

次の