招待状 メッセージ。 結婚式招待状の返信メッセージはどうする?結婚式の招待状の返信マナーやメッセージ例!

結婚式の招待状メッセージは何を書く?返信方法&例文を紹介|BRIDAL ANSWER ブライダルアンサー

招待状 メッセージ

結婚式の招待状の返信をする際には、単に出席か欠席かの返事をするだけではなく、新郎新婦に対するメッセージを添えるのがマナーとして好ましいです。 せっかくのお祝いごとですから、ぜひとも心に残る返信メッセージを届けましょう。 そのために役立つ情報をここでご紹介します。 まずは返信メッセージに共通する基本マナーをご紹介したうえで、出席する場合の「新郎新婦との関係別の返信メッセージ文例」および、欠席する場合の「欠席理由別の返信メッセージ文例」も具体的にご紹介します。 Contents• 結婚式招待状の返信メッセージの基本マナー 結婚式招待状に返信メッセージを書く際のおもな基本マナーとしては以下のようなものが挙げられます。 結婚式招待状の返信はがきに返信メッセージ欄があればそこに、なければ 余白に返信メッセージを書く。 」「、」など文章に区切りを入れる句読点は「切れる」という意味を含んでいるため、お祝いのメッセージにこれらを使うのは不適切という考え方もあるので、返信メッセージには 句読点を入れず、改行やスペースなどで対応するようにする。 「切れる」「別れる」「終わる」などをはじめとした、縁起の悪い忌み言葉の使用は避ける。 「くれぐれも」「重ね重ね」などの 重ね言葉も使わないよう気をつけること。 一見縁起の悪さとは無縁の言葉に思えるのでうっかり使ってしまうことも多いが、重ね言葉は「結婚を繰り返す」ということを連想させてしまう側面があるので、お祝いのメッセージにはふさわしくないという考え方がある。 もし返信メッセージを書き損じてしまった場合は修正液や修正テープを使うのではなく、 二重線で訂正する。 二重線は定規を使って丁寧にひくのがベスト。 筆記用具は毛筆・筆ペン・万年筆が好ましいが、それがない場合はペンやボールペンを使ってもOK。 ただし、 字の色は黒または濃紺を選ぶこと。 カラフルな色やグレーを使うのはNG。 特にグレーは香典袋などに使う色ということもあり、不祝儀を連想させるので絶対に使用禁止。 返信メッセージは返信はがきにいきなり書くのではなく、まずは思いついたメッセージをメモなどに書いて句読点や忌み言葉、重ね言葉などがないかチェックして修正していき、返信メッセージの内容が完全に決まってから、適切な筆記用具を使って返信はがきに清書するという流れにするのがおすすめです。 結婚式招待状の返信メッセージはやはり「短くとも、最初から最後まで自分の言葉で書く」というもののほうが好ましいです。 返信メッセージのごく基本的な例文としては、以下のようなものが挙げられます。 「ご結婚おめでとうございます おふたりの晴れの門出に立ち会えることを 大変光栄に思っております」 これらの返信メッセージは基本的に無難で幅広いケースに使えるものばかりですが、無難すぎる内容だけに、まだ少々物足りない印象があるのも事実です。 やはり、できることならもっと印象に残る心のこもった返信メッセージを贈りたいものです。 ここから先は、招待状を送ってくれた人とあなたとの関係性を重視した返信メッセージの例文を紹介していきます。 招待状をくれた人が自分にとって友人なのか、会社の同僚なのか、兄弟や親戚なのか、上司や先輩など目上の人なのか、それによって「より適切な返信メッセージ」も異なってきますので、ぜひ参考にしてください。 友人の結婚式に出席する際の返信メッセージ例文 親しい友人の結婚式に出席する際の返信メッセージの例文としては、以下のようなものが挙げられます。 また、式の準備などで忙しいであろうことを考えて、それをねぎらうメッセージなど「友達だからこそできる気遣い」を見せるというのもおすすめです。 また、友人として受付やスピーチ・余興などを頼まれた場合は、それについてもメッセージで触れるといいでしょう。 会社の同僚の結婚式に出席する際の返信メッセージ例文 会社の同僚の結婚式に出席する際の返信メッセージは、基本的には「 目上の人向けよりもくだけつつ、親しい友人ほどにはくだけない」というスタイルのものがおすすめです。 その例文としては以下のようなものが挙げられます。 「ご結婚おめでとうございます お招きいただいたことをとても嬉しく思っておりますが どうしても都合がつかず残念ながら欠席させていただきます 別便で心ばかりのお祝いをお送りいたしました、どうぞご笑納ください」 このように「結婚式の日と重なって出張予定がある」というような場合は具体的な理由をのべたほうがいいですが、多忙が理由の場合はそれを直接的には書かず、無難な言葉でぼかしましょう。 身内の不幸や病気で結婚式を欠席する際の返信メッセージ例文 身内の不幸で忌明け(四十九日をすぎている状態)になっていない場合や大切な法事法要と重なった場合および、病気が理由で結婚式を欠席する場合、その理由を正直に書いてしまうと「せっかくのお祝いごとに暗い話題で水をさしてしまう」ということにもなりかねません。 そのため、身内の不幸や病気が理由で結婚式を欠席する場合の返信メッセージは「 欠席理由をハッキリ書かない」というのが基本のマナーとなります。 具体的な例文は以下のとおりです。 「ご結婚おめでとうございます あいにく所用がございまして残念ながら欠席させていただきます おふたりの末永い幸せをお祈り申し上げます」 このように、欠席理由については「やむをえない事情」という感じで無難にぼかしておくことをおすすめします。 その他の理由で結婚式を欠席する際の返信メッセージ例文 その他の理由で結婚式を欠席する場合、その返信メッセージに理由をハッキリ書くかどうかは欠席理由によって異なります。 欠席理由をハッキリ書いていいケースとして挙げられるのは• 家族や親族の結婚式と重なった場合• 妊娠・出産が理由である場合• 子どもの入学式など、家族でのお祝いごとがある場合 などです。 こうした理由で欠席する場合の返信メッセージの例文は以下のとおりとなります。 「このたびはご結婚おめでとうございます あいにく先約がありますので残念ながら欠席させていただきます おふたりの門出を心からお祝い申し上げます」 このような形で理由をある程度あいまいにぼかして、角が立たないようにするのがポイントです。 結婚式招待状の返信メッセージは心をこめて考えよう 結婚式招待状の返信メッセージを書く際には「句読点を入れない」「忌み言葉や重ね言葉は避ける」「黒色か濃紺色の字で書く」などといった基本マナーを守ったうえで、メッセージをより好印象に受け取ってもらうために、「招待状を送ってくれた人とあなたとの関係性」を重視したメッセージ内容にすることをおすすめします。 ここではさまざまな状況に対応できる例文を多数挙げてきましたが、できればここでご紹介した例文をそっくりそのまま使うのではなく、さらに「あなたの心」をこめたアレンジを加えて、よりよい返信メッセージに仕上げていってください。 お結婚式のお呼ばれ・パーティーの予定がある方必見! ーパーティードレスは買うから借りる時代に!!ー 結婚式のパーティードレスはみんなどうしてる? 年に数回しか着ないドレスは買うよりレンタルが絶対にお得です。 店舗に行かなくてもスマホから自分にピッタリのドレスを見つけちゃおう! ネットレンタルの7つのメリット• 店舗に行かなくても1500着以上の中からドレスを探せる• 2万円を超えるブランドドレスを低価格でレンタル• 同じメンバーの結婚式でも毎回違うドレスが着られる• 人気の最新トレンドのドレスが着られる• 保管やクリーニングの手間もナシ• サイズが変わっても安心• 宿泊先や遠方に送れてコンビニから簡単返却 下記では初めてネットドレスレンタルを利用してみたい方におすすめのレンタルドレスショップを2つご紹介します。

次の

結婚式招待状の返信メッセージ<例文・文例とマナーまとめ>

招待状 メッセージ

Contents• 招待状に手紙を添えるのはマナー違反? 招待状を送る際、招待状とは別に自筆のお手紙を添えるのは、 マナー違反ではありません。 どちらかというと、決まった文面の他に、自分に向けたメッセージが入っていると、心がこもっていて、嬉しいものですよね。 ただし、 スピーチのお願いや、 遠方から来る方に交通費が出してあげられないけど来て頂けるか、 といった お願いしたい事を添えるには注意が必要です。 結婚する事も知らなかったのに、急に招待状が届いて、突然そんなお願い事を手紙一つで依頼されたら、受け取る方は正直いい気持ちはしないはずです。 何か相手にお願いしたい事などがある場合は、必ず 招待状を送る前に、直接会う、もしくは電話などで、結婚の報告、結婚式の案内、そしてお願いしたい事を伝えましょう。 そして、返事を頂けたら、改めて、招待状にお 手紙や 付箋・カードなどを添えるのが マナーです。 むしろこういった場合は、直接お返事を頂いていても、必ず確認と、改めてお願いする気持ちを込めて、必ず招待状の中にメッセージを入れましょう。 手紙を添える場合とは? どうしても来て欲しい方や、仲の良い方、久しぶりに会う方など、挨拶やお誘いの言葉については、気軽に一言添えて頂いて構わないと思います。 ただし、前述したように、かしこまってお願いしなければならない事など、招待状に 同封すべき場合もあります。 どういった場合なのか、また、どのように用意したらよいのか、ご紹介します。 挙式参列のお願いしたい方へ 招待状が送られてきても、 披露宴は全員参加ですが、 挙式は一部の方の参加が多くなります。 ですので、招待状には基本的に披露宴の受付時間と開始時間が書いてあり、挙式に参列する方には、別途 ご案内カードを同封するのが一般的です。 会場などで招待状を手配する場合は、招待状と一緒に挙式の案内も手配して頂けます。 「ご多用中恐縮に存じますが 挙式にもご列席賜りたく 当日〇時〇分までにお越し下さいますようお願い申し上げます」 といった一文の 付箋、もしくは カードを同封しましょう。 記念写真(集合写真)のお願いしたい方へ 記念写真については、親族が中心となり、挙式の後に行います。 基本的に 挙式に列席していた方がそのまま撮影に参加する流れになりますが、挙式に列席できない方や、ご友人で参加してほしい人などにも、招待状に 付箋や カードを同封しましょう 「誠に恐れ入りますが 当日記念写真撮影にご参列賜りたく 〇時までに〇〇までお越し頂きますようお願い申し上げます」 お友達へ 仲の良いお友達や御親戚などに、「是非来てね」「料理がおいしいよ」など、 メッセージが一言あるだけでも嬉しいものですよね。 こういった場合は 手紙や カードを添えるのもよいでしょうし、招待状に少し 余白や メッセージといった欄を設けて添えてもいいでしょう。 ただし、一部の人だけにしてしまうと、招待状を受け取った人達が話題に出した時に、書いてなかった人達はいい思いをしないはずです。 もし添えるのであれば、 できれば全員に、もし一部だけにするのであれば、 遠方の人限定にするなどの配慮は大切です。 お子様連れや 妊婦さんなども、比較的色々心配する事も多いはずです。 安心できるサービスや施設があれば、ご案内してあげるだけでも嬉しいと思いますよ。 また、 受付や 友人代表、 余興をお願いするお友達へは、招待状を送る前に 直接お願いしたい事を伝え、引き受けて頂けたら、招待状に一言お手紙やカードを添えてあげるといいでしょう。 受付:「誠に恐れ入りますが 当日受付係をお願いしたく 〇時〇分までにお越しくださいますよう 宜しくお願い申し上げます」 友人代表:「当日披露宴では 〇〇時代をともに過ごした友人代表として是非一言お言葉をいただきたく 宜しくお願いします」 余興:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にて余興を賜りたくお願い申し上げます(〇〇様と2名にてお願いします)」 祝辞や乾杯をお願いした方へ 祝辞(主賓も一緒の場合が多い)や 乾杯をお願いした方へは、必ず 付箋や カードなどを招待状に添えるのが 必須になります。 また、結婚が決まったら即報告、結婚式の日取りが決まったら、 招待状を出す前に、できれば直接お二人で出向き、 出欠のお願いと一緒に、 祝辞や乾杯のお願いしたい旨を伝えましょう。 出席とご了承のお返事が頂けたら、招待状に付箋かカードで改めてお願いの一文を添えます。 祝辞の場合:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にてご祝辞を賜りたく 宜しくお願い申し上げます」 乾杯の場合:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にて乾杯のご発声を賜りたく 宜しくお願い申し上げます」 遠方からお越しの方へ 遠方からお越しの方へは、 交通費や 宿泊費などのご用意がどの位できるのかも、きちんと考慮しなくてはいけません。 もし 手配しているのであれば 「この度は遠方よりお越しいただくため 宿泊はご用意させていただいております ご都合をお知らせいただければ幸いです」 「遠方よりお越しいただくため 心ばかりの御車代をご用意させていただきます」 「遠方よりお越しいただく方には 往復分の飛行機チケットをお送りさせていただきます ご不要の場合はご一報くださいますようお願い申し上げます」 交通費や宿泊費が ご用意できない場合は、必ず招待状を送る前に、 お電話などでその旨を伝えてから招待状を送りましょう。 そして招待状に 付箋か カードを同封します。 できれば、交通費や宿泊費がご用意できないのであれば、 ご祝儀は辞退するといった誠意をお伝えした方がよいでしょう。 「この度は遠方より大変恐縮ですが ぜひご出席賜りたく ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます」 また、私が列席した遠方の結婚式では、友人の職場が会場のホテルマンだったというのもありますが、ほとんどの列席者が遠方であったため、交通費や宿泊費が出せない代わりに、 格安の会費制でした。 ご祝儀として3万円は考えていたので、とても助かりましたし、お互いに気を遣わずに参加し、宿泊できました。 私自身の結婚式の時は、もともと会費制であったので会費はそのままに、遠方の方には一人一人お電話を掛け、交通費や宿泊費は出せない旨を伝えて、希望の場所や予算を聞いて、旅行会社勤務の友人に 格安プランやホテルを手配してもらいました。 そして、交通費も出せないとはお伝えしてましたが、ほんの気持ちという事で、1万円を、かなり遠方の方は2万円程の御車代を渡しました。 お二人の結婚式には行きたいけれど、遠方の方は予算やご祝儀が気にかかるものです。 出るのか出ないのかは必ず前もってきちんとお伝えし、誠意をもった対応を心掛けましょう。 まとめ 随分とお久しぶりの遠方のご親族やお友達などに、是非結婚式にでて頂きたいのであれば、できればまず、ご結婚の報告と結婚式が決まった事を電話などでできるとよいですね。 でも、電話はしにくかったり、相手のご都合があったりもしますので、そういった場合は お手紙を添えるのも一つの方法だと思います。 今まで全く連絡もなかったのに、突然結婚式の招待状が届いたら、「人数合わせ?」なんて 不快に思ってしまう人も意外と多いものです。 結婚の報告、結婚式の案内、近況報告や是非参加して欲しい、会いたいといった思いを伝えるだけで、きっと招待された方のお気持ちも変わってくると思います。 また、お手紙を書く際は、付箋やカードは印刷でも構いませんが、想いを伝えたい場合は、是非 手書きをおすすめ致します。 ご自分が受け取ったとき、印字の文字と手書きの文字、どちらが気持ちが伝わりますか? 下手くそでも手書きで 一生懸命書くことに意味があると思います。 結婚式だからこそ色んな方に集まって頂ける、お二人にとっては貴重な大切な1日でもあります。

次の

結婚式の招待状の返信メッセージ!友人・友達への書き方例文

招待状 メッセージ

利用者が増えているWEB招待状は様々なメリットがある招待状の新しいサービスです。 WEB招待状を利用することにより、新郎新婦さまは負担を大幅に減らすことができる上、招待状費用の節約にもつながります。 今回は、費用や手間の他に表現の自由度も高いWEB招待状の紹介と活用事例を説明いたします。 以前も二次会では利用される方もおりましたが、最近では披露宴にもWEB招待状を利用する人が増えてきています。 一般的なWEB招待状の作成手順• 専用のフォームからデザインや文章を作成する• 完成後のURLをメールやメッセージアプリなどで招待ゲストに送信する。 あとはゲストからの返信を待つだけ!自動集計で出欠や未返信ゲストがわかります。 初心者の方でも簡単にできますし、好きな画像や自分たちで撮影した動画も取り込むことができます。 出欠席の回答• 住所と氏名• 送迎バスの利用の有無• 食事のアレルギーに関する質問 などを返信フォームで入力します。 返信内容は、自動集計された管理画面で一元管理ができ、この集計データのリストを年賀状や引き出物宅配の住所録として活用できる便利なサービスです。 WEB招待状作成にかかる費用 WEB招待状サービスを提供している業者によって利用料金が異なります。 大きく分けると無料と有料の二種類があります。 無料の業者 引き出物や二次会代行の決済サービスの付帯サービスとしてWEB招待状サービスを無料提供している。 有料の業者 単体サービスとして提供している会社もありますが、この場合の利用料は五千円前後が相場です。 WEB招待状のメリット 続いてはWEB招待状のメリットを紹介します。 招待状費用を格段に抑えられる WEB招待状は専用ページを作成すれば何人に送っても料金は同じです。 業者によっては結婚式アイテムの付帯サービスとして無料利用ができる上に、クオリティは無料とも思えない高さです。 さらにWEB招待状には切手が不要。 返信ハガキの切手と、招待状を郵送するときの切手が不要になるため、例えば招待ゲストが70人なら1万円前後の節約ができます。 出欠管理が自動でできて便利 紙の招待状で大変な出欠席の集計。 ほとんどのWEB招待状は全て自動で集計をしてくれます。 出席 50人 欠席 3人 未返信 14人 このような集計情報がリアルタイムでチェック可能です。 招待ゲストの多い結婚式では、集計作業だけでも大変ですが、自動化できる点で新郎新婦にはとても重宝されているようです。 住所データの管理が便利 結婚式においてゲストの住所リストは誰しもが作成します。 しかし、何十人もの住所や氏名を入力することは、労力にくわえて入力ミスの発生リスクも高く、ミスが許されない作業のひとつです。 WEB招待状ならどうでしょう? WEB招待状はゲストが住所を入力します。 そのため新郎新婦さまの入力ミスは皆無で、手入力や手書きの手間が一切ありません。 さらに、住所データは年賀状や引き出物宅配のリストにも使われるため、結婚準備に追われる忙しい新郎新婦さまにとって、ゲストの入力した住所データを、そのまま活用できるのはとても便利で確実です。 動画やアニメーションなど表現の幅が広い WEB招待状はいわゆる新郎新婦専用のホームページのようなもの。 通常のホームページと同じく多彩な画像やイラスト、動くアニメーションなど、紙の招待状よりも表現の幅が格段に広がります。 最近は動画対応をしているWEB招待状もあるため、新郎新婦ご本人が招待をお願いする動画を送る方もいるようです。 送った後も内容を修正できる 紙の招待状は、印刷後に修正や追加ができません。 仮に修正となると費用も時間もかかるため、招待状の発送に影響します。 しかし、WEB招待状はホームページのような感覚で、発信後でも簡単に編集ができますし、即時反映されます。 記載情報が足りなかった• 誤字があった など注意をしていても意外と見落としがち。 紙だとミスに気付いたら刷り直しで招待状の発送が遅れますが、WEB招待状なら期日までに確実に送信できます。 WEB招待状の種類 WEB招待状といっても送信方法や出欠席の集計方法には違いがあります。 この違いによってリスト管理の方法が変わるため、その違いを説明します。 2つの大きな仕様の違い WEB招待状として提供されているサービスには• 1対1で送るWEB招待状• 1対多人数に送るWEB招待状 の2つのタイプがあります。 例えば、友人向けと上司向けにメッセージを変えたり、イラストを変更したりと使い方の自由度が高いです。 また、リスト管理では送る人数が決まっているため、紙招待状の管理と同じような要領で行うことができます。 1対多人数に送るWEB招待状 閲覧する招待状ページは全ゲスト共通です。 10人でも50人でも1通分作れば良いため、手間は格段に少ない特徴があります。 しかし、リスト管理では注意すべきことがあります。 回答した人しかリストに表示されない• 未回答のゲストはリストに反映されず回答状況をExcelなどで別途管理する必要がある• 一人のゲストが何度も回答したり、URLが外部に漏れるとイタズラの出欠席登録をされる可能性ある 注意したいのはリスト管理です。 1対多人数のWEB招待状は、リスト管理で収拾がつかなくなる危険性があります。 結婚式に向いているWEB招待状 結婚式に向いているWEB招待状は、1対1で送るタイプのWEB招待状です。 招待状ページ作成では、• 友人や同僚向け• 親族や上司向け などゲスト別にまとめてデザインを作成することができ、ページのURL送る作業は1対多人数の時と手間は変わりません。 また、WEB招待状のURLが外部に漏れても、そのURLだけにしか影響されず、既に回答済みの場合は、回答ができない状態になるためリスト管理全体には影響を受けることは皆無です。 1人1人の出欠確認が重要な結婚式では、上記の点から考えても1対1のタイプの方がベストな選択といえるでしょう。 二次会に向いているWEB招待状 二次会に向いているWEB招待状は、1対1でも1対多人数でも、どちらでもOKです。 二次会はほとんどの場合、披露宴の招待人数よりも多くなるケースが多く、結婚式では1人でも招待ゲストの出欠が重要になってきますが、二次会では数人程度の出欠が変わったとしても影響は軽微です。 実際に二次会では1対多人数で利用されているケースが多いようです。 WEB招待状の活用方法 WEB招待状を利用する新郎新婦が増えてきていますが… 「無難に紙の招待状の方が良さそう」 「若い人には良いけど、年配のゲストにはちょっと…」 と二の足を踏む人もいるはずです。 そこでアンシェウェディングがおすすめするWEB招待状の活用方法を紹介します。 現在は、高齢の方でもスマートフォンやパソコンを使いこなす人も多くいますが、やはり使えないという人も一定数おります。 20代~40代の人に限っていえば、スマートフォンやパソコンを使いないといった人はほぼ皆無であり、紙の招待状にこだわる価値観もありません。 結婚式の招待ゲストの約半数はこの年代のため全員とはいかなくても半数のゲストだけでもWEB招待状で送ることで、コスト的にも集計の手間を考えてもメリットがあります。 出欠席の返信だけWEBフォームを使う 従来通り招待状は紙で送り、出欠席の返信をWEB招待状の出欠席返信フォームで行ってもらいます。 特に20~30代の独身の方には喜ばれる招待状の送り方です。 郵便物を投函することを手間に感じる方も多く、出席するけど返信を忘れる方も少なくありません。 <具体的な併用手順>• 従来の返信ハガキにWEB用の出欠回答フォームのQRコードを印刷する• 受け取ったゲストはスマートフォンで出欠の回答をする という流れに対応しているWEB招待状を利用しているようです。 WEB招待状も紙招待状も両方送る WEB招待状のメリットに「動画で相手に伝えることができる」という点があります。 招待状の文章だけではなく、自分の声でゲストに招待メッセージを伝えるというのはWEB招待状ならではの利点です。 <具体的な活用手順>• 前撮りのときにゲストに対してメッセージを撮影する• ゲストに動画メッセージを送り、紙の招待状も後日発送することを伝える• 紙の招待状を送る 新婦がウェディングドレスを、新郎がタキシードなど、結婚式の衣装で動画を撮影すると、より雰囲気のあるメッセージ動画になります。 もしも今から前撮りをするという方におすすめの活用方法です。 まとめ• WEB招待状は1対1と1対多人数の送り方による2つのパターンがあり、性質の違いを理解して結婚式と二次会で使い分ける。 WEB招待状は招待状費用を抑えるのに効果的• 出欠管理や住所データ管理など費用面以外にもメリットが大きい• 招待状に不備があっても送った後でも修正可能• WEB招待状は無料でも品質の高いサービスものがある• WEB招待状はゲスト属性での送り分けや紙媒体の招待状との併用で活用しよう 「紙媒体の招待状じゃないと失礼なのでは?」 「WEB招待状でもらったことがない」 など消極的な意見も数年前には多くありました。 しかし、WEB招待状の利点はゲストにとっても便利であるため、徐々に利用者も増えてきています。 興味のある新郎新婦の方は、是非WEB招待状の利用を検討してみてください。

次の