一緒に仕事しやすい人。 社会人が思う「一緒に働きたい人」「一緒に仕事したい人」の人物像とは?

一緒に仕事したくない人の特徴20選!職場で同僚に嫌われない方法!

一緒に仕事しやすい人

Contents• いつもポジティブ! 「いつもポジティブな人と一緒に働きたい!」 という人はきっと多いと思います。 ポジティブで前向きに仕事に取り組んでいる人は職場の雰囲気を明るくしてくれます! その人と一緒に働いているだけでそのポジティブさに影響されます。 自分まで笑顔になったり、ポジティブになったりとすごい影響力があります。 「なんとかなる!」 「うまくいかせるためにどうすればいいか?」 「大丈夫!大丈夫!」 ポジティブな人からは、このようなポジティブな発言がどんどん出てきてます。 その言葉に救われることもきっと多いはず。 そういうプラスのエネルギーを発して周りの人を明るく出来るような人になりたいものですね! 話しやすい! 話しやすい人というのも一緒に働く上で大事だと思います。 話しにくい人と一緒に仕事をしていると無駄にピリピリした雰囲気になりませんか? コミュニケーションも取りにくく、意思疎通不足で仕事のミスが多くなりやすい、、、 逆に、話しやすい人と一緒に仕事をしていると、少しわからないところでも気軽に聞ける。 仕事がしやすく、ホッと一息つきたい時には雑談してリラックスできます。 (雑談のし過ぎには注意(笑)) そのため、職場の雰囲気も明るくなります。 コミュニケーションをこまめに取れるので、仕事を進めていく中で、コミュニケーションミスをかなり減らすことが出来ます! 相談しにくい人と一緒に仕事をする時のストレスは相当大きい、、、 なので、話しやすさというのは一緒に働くうえで結構重要だと思います。 気分のムラがない! 気分にムラがないというのも一緒に働く上でめちゃくちゃ大事! 気分にムラがないというのは、要は感情コントロールがうまい人。 イライラしていても顔や態度に出さないし、人にぶつけない。 このように感情コントロールが上手に出来る人は話しやすく、仕事がしやすいですよね!? 部下からしたら相談もしやすい。 上司がイライラをぶつけてくる人だと、仕事の相談をしたら理不尽に怒られることもありますよね(笑) 自分の怒りを人にぶつける人とは一緒に働きたいと思う人はまずいないでしょう。 大変な時に大変さを出さずに、仕事の相談に快く応じてくれる。 イライラしそうな状況でもその状況を楽しんで前向きに仕事をしている。 そういう人を見ると 「器が大きい人だな」 っていう心の強さを感じて尊敬してしまいます。 立場が上にいけばいくほど、この気分のムラがないということが大事になってくるのではないでしょうか。 周りを見て行動できる! 周りを見て行動できる人って素敵ですよね! そういう人は自分の立場・利益だけを考えて行動するのではなく、相手の立場に立って行動が出来る。 周りの人が困っていたり、疲れている時にさりげなくフォローをしてくれる。 プライベートでトラブルになり、余裕がない時には、何も言わずフォローをしてくれる。 仕事でミスをして落ち込んでいる時に声を掛けて話を聴いてくれたりする。 そうやって自分のことだけに精一杯にならずに全体を見ている。 そして、周りの人が楽しんで仕事が出来るように尽力している。 こんな風に器が広く、気遣いが出来る人になりたいものですね。 普段から強く意識して、周りを見て行動できるビジネスマンになりましょう! きっと周りからの信頼もどんどん厚くなるはずです! 合わせて読みたい関連記事はこちら!.

次の

「この人と一緒に働きたい」と思わせる女性の4ポイント|OTONA SALONE[オトナサローネ]

一緒に仕事しやすい人

社会人になると、同僚や上司とチームを組んだり、他社と合同でプロジェクトを立ち上げたり、他人と一緒に働くことが増えますよね。 そのような状況で、仕事上の付き合いとはいえ、「やりづらい」「この人とは一緒にやりたくない」などと感じた経験のある方もいるのではないでしょうか。 一方で、「一緒に働きたい」「また協力してほしい」と評価する人もいたはずです。 後者のような人になりたいと思いつつ、自分には無理だと諦めてはいませんか? 実は、簡単なポイントを押さえるだけで、周囲の人から「一緒に働きたい」と思ってもらいやすくなるのです。 今回は、その具体的な方法をご紹介します。 「一緒に働きたくない」と思われると、損ばかり はじめに、「一緒に働きたくない」と思われてしまうことのデメリットを確認してみましょう。 真っ先に挙げられるデメリットは、 チーム全体の仕事のパフォーマンスが落ちてしまうことです。 皆さん、一度は「一緒に働きたくない」と思う人と同じ仕事に取り組まねばならなかった経験があると思います。 そのような場合、当人は仕事だからと割り切っているつもりでも、知らず知らずのうちに仕事に身が入りづらくなり、生産性が落ちてしまう可能性も。 一人の生産性の低下は、やがてチーム全体の生産性の低下を招きます。 チームの仕事の質が落ちてしまえば、チームメンバーそれぞれの評価も下がってしまいかねません。 また、あなたが担当している取引先などがあれば、「一緒に働きたくない」と思われるあまり、直接、 「担当を変えてくれ」と要求されてしまうかもしれません。 そうなれば、当然担当からは外されるでしょうし、場合によっては降格させられる可能性も出てきます。 相手が同じ企業の人だとしても、「一緒に働きたくない」と思われていては、仕事がやりにくくなってしまいますよね。 どれもビジネスパーソンとして致命的。 能力や成果だけでなく、周囲の人と良い関係性を築いていくことも仕事をする上ではとても重要なことなのです。 「一緒に働きたい」と思われる人の特徴 では、反対に「一緒に働きたい」と思える人はどのような人なのでしょうか。 1つ目は、 話しかけやすい雰囲気であることです。 常に笑顔でいる人と、常に仏頂面でいる人とは、どちらが話しかけやすいかは一目瞭然ですよね。 機嫌の良さそうな表情の人には気軽に話しかけられますし、もっと話を聞いてみたいと思うのではないでしょうか。 一緒に働く以上、日々のコミュニケーションは必要不可欠。 話すことでお互いの人となりが分かるでしょうし、いざという時にも質問や相談がしやすくなります。 2つ目は、 相手を尊重すること。 相手の話を聞くときに、つい手元の資料にばかり目を向けてしまうことはありませんか? 人は、自分が話をするときに目を見てくれる人がいると、「私の話をしっかりと聞いてくれる人だ」と感じます。 些細なことですが、こういった小さな行動の積み重ねにより、相手を尊重しているということが伝わるのです。 誰しも、自分を尊重してくれる人とは一緒に働きたくなるのではないでしょうか。 3つ目は、 きつく否定しないこと。 たとえどんなに優秀であっても、相手の意見を否定してばかりでは、やがて人は離れていきます。 意見を伝えることは仕事をする上で大切なのですが、周囲との人間関係を壊さないことも大切。 同じことを言っているとしても、「一緒に働きたい」と思われる人は、常に言い方に気を配っているのです。 これら3つが、「一緒に働きたい」と思われる人の特徴です。 次に、この3つの特徴それぞれと関連付けた、具体的な方法をご紹介します。 フェイク・スマイルを意識しよう フェイク・スマイルとは、作り笑顔のこと。 作り笑顔というと少々イメージが悪いかもしれませんが、実はとても良い効果をもたらすことが分かっています。 アメリカのカンザス大学で行われた研究によると、笑顔を作るだけで、ストレスが軽減されてネガティブな感情を抱きにくくなったそう。 また、先ほど述べた通り、笑顔でいる人はそうでない人に比べて話しかけやすくなるため、周囲に人が集まりやすくなります。 さらに、笑顔には周囲の人を笑顔にさせる効果もあるそうです。 赤ん坊の無邪気な笑顔を見たとき、つい微笑み返した経験はありませんか? 大人になっても、その効果は発揮されるのです。 人が集まり、皆が笑顔になれば、チーム全体の雰囲気も良くなるに違いありません。 作り笑顔のポイントは、「目」。 もちろん口角を上げることも重要ですが、目が笑っていなければせっかくの笑顔が台無しです。 普段、笑顔の少ない人は、目の周りの筋肉が衰えがち。 顔を動かさずに眼球だけを上下左右に動かし、その後ぐるりと一周してみましょう。 この動きは目の疲れを取る効果もありますから、仕事の合間や移動中などにぜひ取り入れてみてくださいね。 会話の内容を覚えておく 相手を尊敬していることを伝えるには、会話の内容を覚えておくのが効果的です。 会話の中で、相手の誕生日や好きなもの、趣味などの話題が出てきたら、欠かさず覚えておくようにしましょう。 例えば、チームメンバーの誕生日が分かった場合。 手帳に書き留めておいて、当日は誰よりも早く「おめでとう」と祝うのです。 特別なプレゼントなどが用意できなくても、それだけで相手は尊重されていると感じてくれます。 話した内容をすべて覚える必要はありません。 相手が喜びそうな、ポジティブな内容のものだけでかまいませんので、ぜひ記憶しておきましょう。 相手の名刺の裏や手帳にメモして会う日の前日に見返しておくと、当日の会話にも生かせそうですね。 合意から始める 最後は、意見を上手に伝える方法です。 人は基本的に、「肯定されたい」という感情を抱いています。 まずは肯定し、その欲求を満たすことが大切です。 そこから、相手の意見を拡大するような形で、自分の意見を伝えていきましょう。 例えば、新商品のターゲットについて意見が分かれている場合。 相手は「20代前半の男性をターゲットにするべきだ」と主張していますが、あなたは新規顧客の獲得のため、ターゲットを広げたいと考えています。 その際には、以下のような手順で話を進めていきましょう。 (1)まずは合意をします。 「なるほど、確かにそうですね。 この商品の強みである〇〇は、20代前半の男性に好まれる要素です」 (2)相手の意見に近い位置で、拡大させます。 「これまでの調査から考えると、〇〇は、30代男性のお客様にも好まれるものではないでしょうか」 (3)さらに拡大させながら、自分の意見を盛り込んでいきます。 「20代~30代の男性に対しては、この商品は好評でしょう。 そして、さらに顧客を獲得するには……」 このように、相手の意見に賛同していることを示しながら、少しずつ自分の意見も伝えていくのです。 仕事をより円滑に進めるためにも、相手への「合意」は欠かさないようにしましょう。 *** 「一緒に働きたい」と思われれば、チームのパフォーマンスも上がりますし、自分自身も楽しく仕事ができるようになります。 今回ご紹介した方法を実践して、「一緒に働きたい」と思われる人になりましょう。 (参考) マイナビウーマン| nikkeiBPnet| 日経ビジネスONLINE| 堀田秀吾著(2017),『科学的に元気になる方法集めました』,文響社. All About| studyhacker.

次の

中国人の仕事ぶりから中国人と一緒に働くことを考える

一緒に仕事しやすい人

Contents• スポンサーリンク 1.仕事がしやすい人はどんな人なのか? 仕事がしやすい人は、人によって定義が異なると思います。 一例として、私にとっての仕事のしやすい人・一緒に仕事をして心地よい人とは、 物事や考え方に柔軟に対応でき、他人に対して常に敬意を払える人です。 これまで、仕事のできる人にはたくさん出会ってきました。 しかし、仕事はできるけれども、一緒に仕事をしたくないと思う人は本当に多いのです。 仕事ができるのは重要な要素ですが、できることに酔い、自分よりも劣っていると思う人に威圧的な態度になるのは考え物です。 そのような態度の方は、仕事ができるけれども、敵をつくるため、 最終的には報われない運命を辿る事例も多いのです。 2.仕事がしやすい人になるには? 仕事がしやすい人になるには、まずは他人への敬意を常に持つことです。 つい攻撃的になる方には、攻撃的な感情が生まれたときに、制御するためのおまじないが効果的です。 例えば、ミサンガやブレスレットをし、それを見るたびに落ち着くよう、自分に刷り込みをするのが良いでしょう。 仕事がしやすい人になると、実はメリットもたくさんあります。 まずは、人間関係が円滑になり、仕事がよりスムーズに進みます。 今までは、依頼に対して、なかなか動いてくれなかった人も皆さんのために、一生懸命に頑張ってくれるはずです。 そして、メリットとして、他人を許容できる範囲が広がります。 唯我独尊のごとく振る舞っていたときは、見えなかった景色や考え方が見えてきます。 これから、さらに人の上に立って仕事をする際、多様な見方を身につけることは、すごく重要な要素になります。 スポンサーリンク 3.仕事がしやすい人のさらに上へ 仕事がしやすい人は、仕事ができる人の要素が加われば、鬼に金棒です。 もちろん、その逆も然りです。 しかし、仕事がしやすい人には、さらに上を目指すことができる下地があると思っています。 それは、ビジョンを持って仕事をし、そしてビジョンを多くの人と共有することで達成することができます。 仕事ができるというのは、単に事務処理が早かったり、豪腕だったりする訳です。 ビジョンを持って、さらに共有するというのは、仕事のしやすい人だからこそできることです。 業務においての目標を設定し、人を能動的に動かすことができれば、仕事ができる人より仕事ができるようになります。 4.最後に 私自身、仕事ができると評される人に対し、あまり魅力を感じない人が多いように思っていました。 最終的に次のような結論に至りました。

次の