お 元気 です か 敬語。 敬語(尊敬語や謙譲語)の美しい使い方

「過ごす」の敬語表現・過ごすの使い方と例文・別の敬語表現例

お 元気 です か 敬語

「お元気で」の使い方と例文 「お元気で」はビジネスでは使わず、日常会話で使う 「お元気で」は、 人と別れる場面や、手紙の文末に使用される挨拶のフレーズです。 しかし、「お元気で」というフレーズは、誰にでも使用する言葉ではありません。 親しい友人やいつでも会える距離であれば「じゃあ、またね」というように軽い挨拶をしますよね。 また、「お元気で」という挨拶は、暫く会うことができないといった場面で使用される言葉であるため、 お互いの関係を断つことを連想させてしまうといったことから、ビジネスシーンでは好まれません。 「お元気で」は、 日常会話で別れたあと暫く会えなくなるような相手に使用することが基本です。 また、なかなか会えない遠い距離に住む方へに手紙を書くといった場合に文中や文末で「お元気で」と使用することもできます。 「お元気で」の「お」は尊敬語 「お元気で」は、 「元気」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「お」をつけた言葉です。 したがって、「お元気で」は相手に対して敬意を示した表現にはなります。 しかし、「お元気で」のみで使用すると丁寧さに欠けるので、とくに目上の人に使用する場合は、より丁寧な敬語表現にすることを心がけましょう。 「どうぞお元気で」だとより丁寧 「お元気で」は、「 どうぞお元気で」だとより丁寧になります。 「どうぞ」は、副詞である「どう」に、助詞の「ぞ」をつけた言葉で、「 丁重に頼んだり、心から願ったりしり気持ち」を表します。 つまり、「お元気で」に「どうぞ」をつけることにより、心から相手の健康を願う丁寧な挨拶となります。 「お元気で」のビジネス敬語への言い換え 「お元気で」は、上述したようにビジネスシーンでは避けられている挨拶です。 ここからは、ビジネスメール・手紙・年賀状の締め、結びの言葉などとして使用できる「お元気で」の言い換え表現を紹介します。 「ご自愛ください」が定番 「お元気で」の言い換え表現として、定番なのが「ご自愛ください」という表現です。 「ご自愛ください」は、「 あなた自身の体を大事にしてください」という意味になります。 さらに「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれ、相手の健康を気遣う労りの言葉です。 「自愛」の意味は、 ・自らその身を大切にすること ・自分の健康状態に気をつけること ・品行を慎むこと ・物を愛すること ・人間が自然状態において持つ自己保存の傾向 といったようになります。 例文 ・厳寒の折り、どうぞご自愛くださいませ。 ・お忙しいとかと存じますが、何卒ご自愛ください。 ・暑さはまだしばらく続きそうです。 どうかくれぐれもご自愛下さい。 ・残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。 「お体にお気をつけてください」もよく使われる 「お体にお気をつけてください」も、 相手の健康や体調を気遣う気持ちを言い表す言葉としてよく使われる挨拶のフレーズです。 とくに夏場や冬場といった体調を崩しやすい季節によく使用されます。 「お体」は相手の肉体を指し、健康状態を気にかける言葉になりますが、「体調にお気をつけて…」だと、相手の体の調子を気遣う言葉になります。 一般的に「お体にお気をつけてください」と使用されることが多いです。 例文 ・まだまだ寒い日が続きますが、どうかお体にお気をつけて ・忙しい日々だと思いますが、お体にお気をすけてお過ごしください ・それでは、どうかお体に気をつけて、健康にお過ごしください 「つつがなくお過ごしください」も健康を気遣う表現 「つつがなくお過ごしください」も相手の健康を気遣う表現として使用することができます。 「恙なく」の意味は「 病気・災難などがないさま」です。 「恙なく」は、「心配ごとや病気」という意味のある「恙」に「ない(無い)という言葉がついているので、「心配ごとや病気などの災難がない」という意味であるということになります。 つまり、「つつがなく過ごす」ということは、「 病気やケガなく平穏に過ごす」ということです。 手紙や、メールの挨拶文で「つつがなくお過ごしください」と使用すると「平穏な日々をお祈りします」といった意味を込めることができます。 ・年の瀬も迫り、益々寒さも厳しくなってまいりましたが、つつがなくお過ごしください。 ・風邪などひきやすい季節となりましたが、つつがなくお過ごしください 「またお会いできるのを楽しみにしています」で再会を望む 上述したように、「お元気で」には関係を終わらせることを連想させる言葉であるため、「またお会いできるのを楽しみにしています」など、 再会を望む言葉を伝えると印象が良いといえるでしょう。 目上の相手であれば、「またお目にかかれるのを楽しみしております」というようにより丁寧な表現を使用することが望ましいです。 例文 ・今日お目にかかれて保本当に良かったです。 またお会いできるのを楽しみにしています。 ・海外へ行かれてもどうかお元気で。 またお会いできる日を楽しみにしております。 「ご健勝をお祈り申し上げます」は堅い表現 「ご健勝をお祈り申し上げます」とすると、堅い表現になります。 「健勝」は、「 健康が優れていて健やかなこと」を意味しています。 「ご健勝をお祈り申し上げます」とすると、「(あなたが)健康であることをお祈りします」という意味になります。 「ご健勝お祈り申し上げます」は、手紙やメールの挨拶か結びの言葉として用います。 「健勝」は、 個人や家族の健康を祝う言葉なので、企業や団体に対しては使うことができません。 したがって、「御社におかれましてはご健勝のこととお祈り申し上げます」といったような使い方は誤りになります。 例文 ・皆様のますますのご発展とご健勝をお祈り申し上げます。 ・末筆ではございますが、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 「お大事にしてください」はすでに体調不良の人に使う 「お大事に」は、すでに病気にかかっている人や体調を崩した人などに対して「 早く良くなってください」「 大事に至りませんように体を大切にしてください」という意味で使用します。 「お大事にしてください」は一般的によく使われるフレーズで、「してください」は動詞「する」+丁寧語「ください」で成り立っています。 ただ「してください」だと少々要求の意味が強いため相手によっては失礼だと思われる可能性もあります。 日常会話や、社内での会話であれば「お大事にしてください」で十分ですが、目上の人や取引先など、きちんと敬意を払う相手には「お大事になさってください」の方が良いでしょう。 例文 ・入院されたと聞き、大変驚いております。 あまり無理をされないよう、お大事にしてください。 ・風邪を召されたのですか。 お大事にしてくださいね。 ・平熱だからといって高をくくらず、きちんと病院に行ってお大事にしてください。 ありがとう 「お元気で」と相手から自分の健康を労う挨拶の言葉を言われた場合、相手の心遣いに対して「 ありがとう」と返すのも失礼のない返事となります。 ただ、それだけでは丁寧さに欠るため、「ありがとうございます。 「お元気で」という男性の心理は? 体調を気遣ってくれている 「お元気で」は、本来「元気でいてくださいね」という相手の体調を気遣う言葉であるため、そのままの意味合いで使用しているのであれば、 単に相手の体調を気遣って「お元気で」と言っている可能性があります。 つまり、「また会う日まで元気でいてね」という相手からの好意や愛情が込められているということです。 皮肉や怒り 皮肉や怒りのこもった意味で「お元気で」と使われている可能性もあります。 例えば、恋人と喧嘩別れをしてしまったという場面で、「もう二度と会うことはないと思いますがどうかお元気で」というニュアンスで使用されます。 このように、相手の健康を純粋に願う言葉として使用される他、嫌味として使用されることもあり、非常に幅広い意味合いをもつ言葉であるということがわかります。 相手の表情や状況によって判断しましょう。 別れても友人関係でいたい 別れ話をしたときに、「さようなら」ではなく、「お元気で」という言葉を使用する場合 別れてからも友人関係は続けていきたいという気持ちが込められている場合があります。 別れの場面で決別の言葉ではなく、相手の体を気遣う「お元気で」を使用するということは、別れの言葉を言いたくない・心のこりがあるということが考えられます。 別れてからも友人としての関係を築いていきたいからこそ、「お元気で」とあえて相手の体を気遣う言葉を述べているという可能性があります。 もう会いたくないと思われている 初めて二人で会った日の別れ際に「お元気で」と言われた場合は、 「もうあなたと二人で会うことはありません」という気持ちをオブラートに包んで「お元気で」という表現にしていることもあります。 二人でいるときに、いまいち話が盛り上がらない、一緒にいてもおもしろいと思えないなど、初めて二人で会うまでは知ることができなかった様々なことを知った上で、「もうこの人と会うことないな」と見切りをつけられて「お元気で」と永遠の別れのような挨拶を述べられている可能性があります。 深い意味はないが挨拶として使っている 「さようなら」や「ばいばい」と挨拶をするのと同じ容量で「お元気で」を別れの挨拶として使用している場合もあります。 とくに、それほどまだ親しくないというような相手に、軽々しく挨拶するよりも「お元気で」と挨拶したようが丁寧に聞こえるといった理由から、深い意味なく使用している男性も多くいることでしょう。 女性は色々なことを深く考えてしまいがちですが、男性は得に気にせず何気なく使っているなんてこと多くありまあすので、怒っている様子であったなど変わった様子が見られなければ、ただの挨拶として使っていると思っていて間違いはないでしょう。

次の

「お元気で」の意味と使い方、返事の仕方、敬語への言い換え、英語

お 元気 です か 敬語

「お元気で」の意味・使い方・敬語は? 「お元気で」は使い方次第で意味が変わってくる 「お元気で」という言葉は、発言する側と受ける側の気持ちや関係性、その時の状態によって大きく意味が変わってきます。 一般的に別れの際の挨拶や、手紙の文末として使われることが多くあります。 対面の場合は言葉の雰囲気や表情が見えてきますが、手紙の場合前後の文章でどのような意味か読み解くことが必要です。 「お元気で」という言葉の中には、単純に「元気にお過ごしください」という意味や「もう二度と会う事はありません」という意思のもと別れの挨拶という意味を持つ場合もあります。 また、少しの間会えないと分かっていて「また会いましょう」という意味を込めて使うこともあります。 この場合は、相手を思いやる気持ちや心配する気持ちの言葉が言葉の裏に隠されています。 一般的に「お元気で」を使う時は、しばらく会えないと分かっている相手の場合が多いので、また明日会うというような日常的に顔を合わせる相手には使いません。 次回会うまでに時間が空くからこそ、また必ず再会したいという気持ちの言葉を前後に付けることで思いを伝える事ができます。 相手に対して自分の意思をしっかり示したい時でないと、使わない強い言葉になることもあります。 恋愛関係の別れの時や、友人同士での喧嘩の後、仕事先でのトラブルなどその時の状況によっては「お元気で」の一言でも強い別れの意味を持つことがあります。 あまり「お元気で」という言葉をかけられた事がない方からすると、強い意味がなくても悲観的に捉える方も多いので気を付けましょう。 「お元気で」の敬語は「ご自愛ください」 「お元気で」を敬語でいう場合は「ご自愛ください」が多く使われています。 「お元気で」という言葉は、前後の文章によっては相手を思いやる気持ちから出る言葉ですが、あまり目上の人に使うには適切な言葉とはいえません。 お相手の健康や健やかな生活を願うのであればご自愛くださいという言葉を使いましょう。 別れ際や手紙の文末に「どうぞお変わりなくお過ごしください」と使います。 基本的に「お変わりなく」は文の始めに「お変わりなくお過ごしでしょうか」と使う事が多いので、挨拶の言葉と結びの言葉で間違えて2度使わないように気を付けましょう。 また、「お変わりなく」や「お変わりありませんか」という言葉は、比較的近い間柄の方達に使われる言葉なので、目上の人に使う場合は先ほどご紹介した敬語の「ご自愛ください」のようにより丁寧な言葉を使いましょう。 「お元気で」という言葉同様に相手の健康を祈って使う言葉になっています。 「皆様どうぞ健やかにお過ごしください」といったように使用します。 こちらも文頭である前文でも「健やかにお過ごしのことと存じます」とも使えます。 「お過ごしくださいませ」という語尾にすることでより上品になりますが、あまりかしこまった言い方をするとおかしい間柄の時は「お過ごしください」を使いましょう。 こちらは敬語なので目上の方に使っても失礼ではありません。 また「健やかな1年になりますように」という一言添えとしても使えます。 こちらの言葉は「お元気で」という別れ際の挨拶に比べて「楽しみ」という言葉を使っていることで、相手への好意を表すことができます。 そのため相手の方に好印象を与えることができ、次回へ繋がっていきます。 今回が初めて会った方などまだ関係が浅い方に使う事もできますし、なかなか会えない親交の深い方に使う事もできます。 このままでも目上の方に使っても問題ないですが、より丁寧な敬語にするのであれば「またお目にかかれるのを」という言葉に変えると敬う気持ちが表せます。 「お元気で」には、使い方でご説明したように決していい意味で使う場合だけではありません。 相手に対しての健康面での気遣いという気持ちはなく、「どこかで元気でいて」というような突き放した言い方をすることができます。 その場合は「さようなら」を「お元気で」の前後にくっつけるか、「お元気で」という言葉の代わりに「さようなら」を使う事もあります。 相手からの返信や反応はいらないという捨て台詞のような言い回しになります。 「達者」という言葉には学問や技芸などの物事が優れていて巧みなことという意味がありますが、その他に「身体が丈夫」や「健康なさま」という意味もます。 そのため「御達者で」は「元気でいてね」という意味が込められています。 「達者」という言葉は、決して目上目下という関係によって使い分けなければならない言葉ではないのですが、目上の人に使った場合あまり良い印象を受ける方は少ないので、上司など目上の人には避けた方が無難です。 久しぶりに連絡を取る方には、相手の今を気遣う前文を入れた後に自分の近況や手紙の要件を書き、最後に「お元気で」で結びましょう。 例「お久しぶりです。 最近は朝夕がめっきり冷え込んできましたが、風邪などひかれていませんでしょうか?(ここで手紙をかいた要件)では、またお目にかかれるのを楽しみにしています。 お元気で。 手紙と聞くと、便せんや封筒を使ったものが多いですが、年賀状やハガキに手紙を書くこともあります。 その際は端的に新年の挨拶や結婚の挨拶に加え、相手に「また飲みに行きましょう」といったような個人的な言葉を加え、最後は健康を願う言葉で結びます。 例「昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願いいたします。 今年もたくさん集まれたら嬉しいですね!今年も〇〇さんがお元気で過ごされますように。 」または後輩の場合などは「元気に頑張ってください」と繁栄と健康を願います。 何かお手伝いなどお世話になったことがあった時や、贈り物を受けた時、日頃の感謝を伝える時などの最後にも「お元気で」を使っていきましょう。 例「(前文略)先日は素敵な贈り物をありがとうございました。 新鮮な旬の味覚を家族皆でいただきました。 いつもお心使い頂きありがとうございます。 どうぞお元気で。 今度家族で伺えるのを楽しみにしております。 」 近年メールの普及により「レターセットを買って手紙を書く」ということが減ってきている人も多いのではないでしょうか。 そもそも手紙は日本では薄く細長い木の板に墨で文字を書いて届けさせるという通信手段でした。 平安時代には既に紙にかく風習となり、今の様な郵便がはじまったのは明治4年の東京大阪間の郵便事業だったとされています。 創業当初、郵便制度を普及する為、地元の名士に身分を与え「公務」として業務を請け負わせたことで、短期間のうちに全国に郵便取扱所が広まり急速に普及していきました。 離れた人へ人の想いを運ぶ手紙はこうして始まったのです。 「お元気で」の類語・英語表現は? 「お元気で」の類語は「ご無事に」や「どうぞお気をつけて」 「お元気で」には様々な類語があります。 先にご紹介した「ご自愛ください」や「健やかに」も類語ですが、他には「ご無事に」や「どうぞお体にお気をつけてください」といったような類語もあります。 「ご無事に」はどこかへ旅立つ人や何かに挑戦する人に使います。 送る相手や文脈に合わせて類語を使い分けていきましょう。 「お元気で」の英語表現で一番使われるのは「Take care」です。 直訳は「気を付けて」という意味ですが、別れ際に使う事で「元気でね」「お大事に」という意味になります。 「Take care,all of you」で「みんな元気でね」という言葉になります。 「お元気で」という意味に違い英語表現として「Goodluck to you」があります。 「幸運を祈る」という意味としられているGoodluckには「元気でね」という意味も含まれています。 「to you」でなく「everyone」にしてみんなに向けて言う事も多いです。 また「I hope to see you all again sometime」というまたいつか会おうという英文も「元気でいてね」という意味で使うことができます。 このように、英語ではニュアンスが似てるものを「お元気で」という意味として使っています。 お元気でを正しく使用して手紙を書いてみよう! いかがでしたでしょうか。 「お元気で」という言葉に含まれる意味や敬語と類語、英語表現などをご紹介いたしました。 これを機に手紙の書き方を再確認して、久々に誰かに手紙を書いてみてはいかがでしょうか。 皆様もどうぞお元気でお過ごしください。

次の

「お元気で」の正しい使い方や敬語表現は?別れの挨拶や手紙で使うポイントまとめ

お 元気 です か 敬語

「お元気で」の敬語は?ビジネスでの使い方 別れ際の挨拶として、「それではお元気で」や「どうぞお元気で」といった言い方をすることがあります。 プライベートな場面はさておき、ビジネスシーンではどう使われているのでしょう。 まずはその使い方から紹介します。 「お元気で」はビジネスではあまり使われない そもそも、ビジネスシーンで「お元気で」という言葉はあまり用いられていません。 別れ際に「お元気で」と言うと、しばらく会わないことを連想させます。 仮にしばらく会わないとしても、ビジネスでのおつきあいは続いていくものです。 そのため、関係が終わることを連想させるような「お元気で」という表現は、ビジネスシーンではあまり好まれません。 また、退職される方に対して「お元気で」ということもありますが、中には「上から目線」として取る方もいます。 はなむけの言葉として使うのであれば、「お元気で」という言葉だけでは不十分なようです。 「どうぞお元気で」よりも「ご自愛ください」などがベター 「お元気で」という言葉には、「健康に注意してください」や「日々を健やかに過ごしてください」といった思いも込められています。 こうした意味合いから、ビジネスシーンではより丁寧な「ご自愛ください」といった言い方のほうが、よく使用されています。 「ご自愛ください」とは、自分の体を大切にしてください、という意味の言葉です。 「お元気で」と同義語で、敬語表現として使うことができます。 なお、「お体をご自愛ください」と言われることもありますが、これは誤用です。 「体」という意味が重複することになるので、「ご自愛ください」だけで十分です。 皮肉めいた意味もある「お元気で」 健康を気遣うような意味がある一方で、「お元気で」には皮肉めいた意味もあります。 「今後そちらの会社とは付き合いません」「今後は一切連絡しない」といった意味合いで「お元気で」と言われることも、ないわけではありません。 ビジネスシーンではあまり使われない言葉ではありますが、「お元気で」という際はぜひとも笑顔で言いたいものです。 メールや手紙で使える「お元気で」の言い換え 別れ際の「お元気で」という言い方は、「ご自愛ください」以外にもいろいろな言い方があります。 メールの絞め文としても使いやすい、丁寧なフレーズをいくつか紹介します。 健康を気遣う「つつがなくお過ごしください」 「お元気でお過ごしください」というように健康を気遣う表現では、「つつがなくお過ごしください」が便利です。 「つつが(恙)」とは、病気などの災難・災いを意味します。 「つつがなく」というと、病気などの災難がないということになります。 同じ意味合いでは、「ご健康にご留意ください」というストレートな言い方もあります。 「留意」とは、心にとめ、気を付けてくださいという意味です。 どちらの表現でもよいのですが、「つつがなくお過ごしください」のほうが気品もあり、健康面だけでなく、平穏無事にといった願いが込められるのでおすすめです。 再会を望む「またお会いできるのを楽しみにしています」 ビジネスで「また一緒に仕事をしたい」と言ってもらえるのは非常に光栄なことです。 また、「一緒に仕事をしましょう」といった意思を示すことは、信頼関係の表れでもあります。 そうした意味から、ビジネスシーンでは別れ際に、「またお会いできるのを楽しみにしています」という言い方もよく用いられています。 別れ際やメールの絞め文としてもおすすめの表現です。 より丁寧にいうのであれば、「またお会いできますことを楽しみに致しております」や「またご一緒できることを楽しみにしております」といった言い方もあります。 「ご健勝をお祈り申し上げます」も定型句 ビジネス文書や手紙、スピーチなどの絞め文として、定型句ともなっているのが「ご健勝をお祈り申し上げます」という表現です。 「健勝」というのは、元気な様子・健康な様子を表す言葉で、「これからも健やかに過ごされることを願います」といった意味になります。 文書やメールでは、絞め文として、「末筆ながら皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とすることもあります。 目上の人に「お元気で」と言われたら?返事のパターン 取引先など目上の人に「お元気で」と挨拶をされた場合、めったにないことだけに、返答に困ることもあります。 「お元気で」の返し方を紹介します。 「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる 「お元気で」という言葉には、相手の健康への気遣いが込められています。 そのため、「お元気で」と声をかけてもらった際には、その気遣いに対して「ありがとうございます」と、まずは感謝の言葉を返します。 相手の気遣いに対し、こちらからも気遣う言葉を返すのがマナーです。 まとめ 「お元気で」という言い方は、口頭・メールともに、ビジネスではあまり用いられません。 中には皮肉ととられることもありますので、より丁寧な言い方を心がけるのがおすすめです。 本文で紹介したように、健康を祈るような言い方はいくつかありますので、異なる言葉で言い換えるとコミュニケーションもうまくいきます。

次の