綿棒 耳 掃除。 耳垢が湿っている人の掃除のコツ!やりすぎは臭くなりがち?

やりすぎは禁物です!耳掃除の耳寄りな話

綿棒 耳 掃除

外耳道真菌症になってしまった原因。 耳掃除のしすぎは危険! 外耳道真菌症になってしまった理由はタイトルに書いた通り、「 毎日耳掃除のしすぎ」もうこれが全てです。 上の耳の構造のイラスト画像で言うと、中耳の箇所あたりまでかなり強く綿棒で毎日綿棒で耳掃除をしてしまっていました。 乾燥していると痛いので、お風呂上りの耳垢が湿っているときに綿棒で耳掃除をしたり、耳が綿棒のしすぎで乾燥していても市販の軟膏を塗ってまでしても、耳掃除が辞められずに毎日していました。 綿棒で耳掃除をしている人ならわかると思いますが、綿棒で耳掃除って気持ちいいんですよね。 やめられない癖になるほど。 それが習慣付いて外耳炎になり、さらには外耳道真菌症になってしまいました・・・。 実は、本来耳掃除って実は不要なんです。 今回、外耳道真菌症になって初めて知りました。 「みみあか」、「みみくそ」って一般的には呼びますが、正式には耳垢(じこう)といい耳垢には耳の表面を潤したり、ホコリをよける効果がありって、 古い耳垢は勝手に耳からでるように人間の身体はできているので耳掃除をしても月に1回、手前を軽くふく感じでいいんです。 (外耳道真菌症になってから知りました) 耳垢できたら、耳掃除!じゃなくて、癖になっている人も多いと思いますが放置しましょう。 勝手に不要な耳垢は耳の外に出ますので。 ただし、耳垢にも乾燥している・湿っているなど個人差があるので、一般的には耳掃除は不要ですが、気になる方は耳鼻科の先生に相談するのが良いと思います。 お風呂の時には、耳の中に水が入らないようにした方がいいです。 水をとろうとして綿棒で水分をとって耳掃除、これは最悪です。 参考 アメリカの医学界では、過度な耳掃除に警告を出しているようです・・・。 外耳道真菌症とは?よく聞く外耳炎との違いは? 外耳道真菌症とは? 外耳炎真菌症とは、簡単にいうと耳掃除などのしすぎて、耳の中を傷つけてしまい真菌というカンジダ菌やアスペルギルス菌などが繁殖して、耳の中にカビができてしまう病気です。 真菌っていうのは、カビのこと です。 外耳道真菌症は、外耳炎よりも完治するまで時間がかかり、定期的な通院が必要で根気がいります。 また、一度完治しても頻繁に耳掃除をしていてこのように外耳道真菌症までなる人は、外耳道の抵抗力が弱っている状態なので、以前のように耳掃除をしてしまうと、外耳炎真菌症に再度なりやすいです。 外耳道真菌症とは? 外耳道真菌症とは、耳かきや耳掃除で外耳に細かな傷がつき、そこに真菌が繁殖して発症します。 外耳とは、耳の入り口から鼓膜までの部分です。 外気にさらされない部分ですから、皮膚が弱く、ちょっとした刺激でも傷つきます。 耳掃除をしているときにうっかり傷つけてしまうことも珍しくありません。 特に、硬い木製の耳かきや爪の先で耳かきをしていると、外耳を傷つけやすいでしょう。 この傷口に雑菌が入ると、外耳炎になります。 外耳炎になると耳の中が腫れて痛がゆくなったり、耳だれが出ることもあるでしょう。 このようなとき、患部に真菌(カビ)が繁殖すると外耳道真菌症になります。 」 引用元:耳・鼻・喉の健康情報局 外耳炎と外耳道真菌症の違い 外耳炎と外耳道真菌症の違いとしては、治療期間と治療方法が全然違います。 そもそも、過度な耳掃除などによって外耳炎になった人が耳の皮膚の抵抗力がなくなって、慢性化してしまうとカビが生えて外耳道真菌症になる場合が多いようです。 まさしく自分はこのパターンでした。 大学生の時に慢性的な外耳炎になってしまい、それから約7年もずっと外耳炎に頻繁になってしまい、さすがに我慢できなかったので耳鼻科で通院して治すことにしました。 外耳炎(外耳道炎ともいいます)は、症状は外耳道真菌症と似ていますが痛みが症状として出ることが多く、治療期間は、1週間~2週間程度で治ります。 治療方法は、消毒してステロイド含んだ軟膏などを塗れば治り、自然治癒でも治ることがあります。 一方、外耳道真菌症は、カビが生えるので症状としてはかゆみが強く、治療期間はすぐには治らず、最低でも1ヶ月、数ヶ月かかることが多いです。 治療方法は、定期的に耳鼻科に通院し、耳の中のカビを除去し、消毒し抗菌薬を塗ってもらいます。 治療期間が長い理由は、 一度耳鼻科に通院してカビを除去してもらったからといって全てのカビが除去できない からです。 一度、外耳道真菌症になってしまうとカビをなくすのは簡単じゃありません。 何度も何度も定期的に耳鼻科の先生の除去してキレイにしてもらい、抗菌薬を塗ってもらう治療を繰り返すことが必要です。 耳浴と呼ばれる、点耳薬で外耳道を一定時間満たす治療を行うこともあり、自分は耳浴をしました。 引用元: 一度カビを除去しても完全には除去できず、何度も通院して徐々にカビを減らしていくので、外耳道真菌症は、治療に時間がかかります。 根気が必要です。 例えるならば、ネズミがたくさんいるでかい倉庫でネズミ駆除しても一回じゃなかなかネズミを駆除することはできないですよね。 繁殖もしますし。 何回も何回も根気よく駆除して、やっとネズミはいなくなります。 しかし、ネズミが出るということは、環境がよくないはずなので、ネズミがいなくなっても以前の環境のままだと、またネズミがでてきてしまいます。 外耳道真菌症も一緒です。 完治したからといっても以前のように、耳掃除を毎日してしまってはすぐに外耳道真菌症になります。 外耳道真菌症が治ったばかりだと、耳のバリアがまだ弱い状態なのですぐに傷ついて菌がはいり、カビが生えてしまいますので、外耳道真菌症は一度なってしまうと、繰り返し外耳道真菌症になってしまう方が多いようです。 外耳道真菌症の治療方法について。 助けてください。 治療が痛くてとても耐えられません。 本当にこの治療方法で合っているのでしょうか。。。 完治した方、詳しい方いらっしゃいましたら、至急アドバイスいただけると幸いです(泣) 昔から耳掃除のしすぎで、外耳炎を何度も繰り返しておりその度にリンデロン軟膏を使用していました。 真菌症になったのは1週間前で初めてのことです。 引用元: 通院開始から外耳道真菌症発覚、治療完了までの経過 外耳道真菌症が治った!と言えるまでには、週に1~2回耳鼻科に通院して約3ケ月以上かかりました。 あえて、完治と記載しなかったのは、さきほど記載した通り外耳道真菌症は一度治っても再発しやすいため、自分が治ったのは今年の春ごろの話で、元の綿棒で毎日耳掃除をする習慣に戻ってしまえば、再発の可能性があるからです。 最初に耳鼻科にいったときは、外耳道真菌症とわからず(そもそも知りませんでした)耳が痛くて、耳づまりがひどかったので外耳炎がひどくなったのかな?と思い耳鼻科にいきました。 最初は、耳鼻科の先生も外耳炎と診断して、耳の分泌物を除去し点耳薬をもらったり、何度か通院を繰り返しましたが、外耳道真菌症って、耳鼻科の先生でも見ただけですぐにはわからないようです。 検査をして、外耳道真菌症かどうかわかります。 また検査結果も即わかるわけではなく数日要します。 (もしかしたら、すぐにわかる耳鼻科もあるかもしれません。 自分が通院した耳鼻科は有名な耳鼻科のようですが即日では結果が出ませんでした。 ) 外耳道真菌症かもしれない?という合図は、「 耳垢が黒かったり、菌糸がついている」ということで数回耳鼻科に通院したときに、「もしかしたら外耳道真菌症かもしれない」と言われそのまま検査をして、後日外耳道真菌症が発覚しました。 そこから処方方法が変わり、毎回カビを除去して抗菌薬を耳に塗るという治療をしに耳鼻科に通院を繰り返しました。 耳鼻科の先生からは「 週に1~2回通院してほしい、それでも数ヶ月かかる」と言われその通りの頻度で通いました。 会社員の人で外耳道真菌症になったかなりキツイですね。 耳鼻科が空いている時間が限られますし、仕事帰りが遅い方だと平日は通院は難しかったり。 自分の場合は、会社に外耳道真菌症と伝え業務時間中に時間をみつけて、会社から近くの耳鼻科に定期的に通うことができました。 治療期間中は、耳鼻科以外で耳の中に手を入れたり、綿棒や耳かきで耳掃除をすることは一切やめました。 また、イヤホンをすると耳の中の湿度をあげてしまい、菌が好んで繁殖してしまうことがあるので治療期間中は、イヤホンや耳栓することはやめました。 とにかく、耳に触らないこと・耳掃除をしないこと。 耳をいじりたく我慢できなくなったら耳鼻科にいく。 これを徹底しました。 ひどい時には1日に2回や週に4回くらい耳鼻科に行ったりもしましたね。 そうして治療(通院)を進めていき、3ケ月~半年かけてようやく大学生以前の正常な耳の状態に徐々に戻ってきて、治すことができました。 ちなみに、毎回の治療費用は500円前後でした。 治療治りかけの時に、一度聴力テストをしましたがその時に3,000円かかったくらいですかね。 それが3か月以上毎週続くので、外耳道真菌症になってしまうと費用的にも厄介です。 クリックすると拡大できます。 外耳道真菌症が治って耳鼻科にいかないようになってから、半年経過しましたが再発しそうで怖い気持ちはまだあります。 外耳道真菌症は、本当につらくて治療期間中は、仕事もまともに手につかなかったので。 いらいらして、自律神経が乱れて、心療内科にいったりもしましたし。 自分が外耳道真菌症になってからの具体的な症状やつらかったことを書こうと思います。 外耳道真菌症で、一番つらかった症状 「耳のかゆみ 」と「耳づまり 」です。 初期症状としては、「耳のかゆみ」がかなりひどかったです。 かゆみを抑える薬をもらいながら通院してよくなってきましたが、夜眠れないくらい気になりました。 耳のかゆみは1ヶ月~2か月以上は続いて、2か月くらい経過してからかゆみがなくなりました。 また、「耳づまり」もひどかったです。 どちらかというとこちらの症状の方が常に耳づまりが気になって仕事が手につかず、場合によっては仕事を途中で切り上げて帰るということもあり、 これは外耳道真菌症になるとカビが生えているので分泌物が多く耳がつまってしまい外耳道真菌症の症状のようです。 下記に外耳道真菌症の一般的な症状を引用しておきます。 外耳道真菌症の症状!痛みはあるの? 外耳道真菌症になると、次のような症状が現れます。 ・耳の中が痒い ・耳が痛い ・耳だれが出る ・耳あかが黒や赤など菌糸を含んでいる ・耳あかや耳だれが臭う ・外耳道が腫れる 引用元:豆知識PRESS 上記の症状は、大体全部出ました。 先ほども書いた通り、自分の場合は「耳のかゆみ」と「耳づまり」が一番いらいらしてなかなか治らなかったです。 耳がよくかゆくなるひとで、耳垢が黒かったりしている人は外耳道真菌症の可能性がある と思います。 一度、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。 外耳道真菌症を放っておくと難聴のような症状になってしまうので、甘くみてる病気じゃないと思います。 耳鼻科の先生と決めた「治療期間の1つ約束」 耳鼻科の先生と治療にあたり、1つ約束しました。 それは「 耳かき・綿棒を家から捨てること」です。 綿棒を家に置いているとどうしても耳掃除をしてしまうので、いっそのこと捨ててしまいなさいと。 確かに、綿棒を家に置いていると耳掃除をしてしまいたくなる衝動にかられます。 実際、通院中も何度か面倒 症状以外で大変だったのは耳掃除をやめることでしたね。 それまで 高校生から10年間くらい毎日耳掃除をしてましたから、すでに習慣づいていたので。 解決方法は、綿棒と耳かきを家中から捨てること!さきほども書きましたがアメリカの医学会では耳掃除をする人に警告を出していますからね!笑 治療完了の後の現在について 治療完了後も何度か耳鼻科にいって診てもらいましたが、いまのところは再発は大丈夫そうです。 ただ、今まで慢性的に耳掃除をしていたので、外耳道の抵抗力はまだ弱いままだから耳掃除や耳の中に異物をいれたりはしないようにと釘をさされています。 治療中の耳鼻科の先生との約束の「耳かき・綿棒を捨てる」も継続しています。 ただ、耳の中がどうしても気になるときがあるので、そういうときにはというもので、月に1回~2回くらい耳の中の手前の部分だけ軽くとっています。 この電動耳かきだと、綿棒のように耳の皮膚を触わることなく、軽くあてるだけで気になる耳垢がとれるので耳を極力傷つけずに耳掃除ができます。 どうしても気になる!ってときにだけ使っています。 耳掃除しすぎな人へは向いていると思います。 ただし、耳垢が湿っている人は吸引できず耳垢がとれないので、耳垢が湿っている人へはおすすめしません。 まとめ 耳掃除は、本来不要なもの。 毎日耳掃除をしていると外耳炎になったり、さらには自分がなったような外耳道真菌症になる可能性がありますので、毎日するのはやめた方が絶対にいいです。 外耳道真菌症になってしまった場合は、個人差もあると思いますが数ヶ月(下手すると半年くらい)は耳鼻科に週に1回や2回定期的に通院して治療をする必要があり、1回通院しただけでは治りません。 また、一度外耳道真菌症になってしまうと耳の抵抗力が弱まっているため、治療完了しても再発の可能性が高いため治療が完了しても耳掃除のしすぎには注意する。 初めまして。 大変でしたね。 私もまさに今、治療中です… あまりにも痛くて我慢できずに耳鼻科に行くと、重症で、カビが生えていました…。 二日後の今日また行くと、カビが元どおり…。 私もしばらく通わないとダメですね…。 明日も来てね。 と言われました。 きっかけはちょっと耳の中にこおろが出来て気になって取っていたこと…。 2年ほど前です。 今までなんの痛みもありませんでしたが、二週間ほど前に急に痛くなり、我慢していましたが、そのうち左耳があまり聞こえなくなりました。 流石に行きました…。 あぁ、本当に後悔しています。 あの時耳を触らず放置するか、病院に行くべきだった…。 気になって気になってほぼ毎日触り、こおろを剥がしていました…。 本当に怖いです。 耳にカビが生えるなんて… 私も週明けから産後の職場復帰ですが、心配ですが頑張って早く治るように通います…。 体験談、とても参考になりました。 それでは。 再発しませんように…。 私も早く治りますように…。 こんなこと、あんまり人に言えません…涙.

次の

耳掃除のしすぎで、外耳道真菌症に。3ケ月以上通院して治療した話

綿棒 耳 掃除

耳掃除をしていて、ごっそりと耳垢が取れた時の快感!なんともいえないですよね。 耳垢が溜っている、湿っていないに関わらず、気持ちがいいからという理由で、毎日の習慣として、耳掃除をしている方も多いのではないでしょうか? ただ何につけても言える事ですが、やり過ぎや、間違った方法で行うと、耳垢がキレイに取れなかったり、最悪の場合は耳の奥に耳垢が詰まって取れなくなったり、耳の病気を患うリスクもあるため、細心の注意が必要です! そこで今回は、耳垢の種類と実はすごい役割、傷付きやすくてデリケートな耳の穴に気をつけつつ、溜まりやすい耳垢をキレイ取って、嫌な臭いがない清潔な耳周りにするための具体的な方法をお伝えします。 耳の健康には不可欠!耳垢の大切な役割3つ 外部からのゴミや埃をキャッチ 耳垢腺からの分泌物は、 嫌な臭いと粘りがあるのですが、この粘りが外部からの侵入物を吸着します。 外耳の皮膚を刺激等から守る 耳垢腺からの分泌物の中には脂質も含まれおり、外耳の皮膚に適度な潤いを与え、刺激から守ります。 雑菌の繁殖を抑える 耳垢の中には、唾液や鼻水にも含まれる抗菌作用のあるリゾチーム、粘膜からの病原体の感染予防に作用するIgA 免疫グロブリンA 、インフルエンザワクチンで作られる抗体で病原菌の毒素を中和する作用があるIgG 免疫グロブリンG が含まれています。 この3つの成分のおかげで、耳の中での細菌等の繁殖を抑制してくれているのです。 さらに耳垢は、 こな耳と呼ばれる乾性耳垢、そして あめ耳と呼ばれる湿性耳垢の大きく分けて2つに分けられ、見た目や触感でそれぞれ2タイプに分けることができます。 湿性耳垢 あめ耳 ベタベタした耳垢 触るとべたつき、指で潰すと伸びる耳垢です。 ザラつくた耳垢 ベタベタした耳垢が細かくなったような粒状の耳垢で、触るとざらつきとベタベタ感があります。 乾性耳垢 こな耳 サラサラした耳垢 肌が粉をふいたときと同じような粒子の細かい耳垢で、触るとサラサラしています。 薄皮・塊タイプ 乾燥したかさぶた、そして皮が剥けたものが連なったような耳垢で、耳掃除でごそっと一気に剥がれ落ちます。 触ると乾燥しているためボロボロになります。 耳垢が溜っていたら不潔だからといって、頻繁に耳掃除をするのは、どうなのかな?と思ってしまいますよね。 だからといって放っておくと、耳の中が痒くなったり、聞こえが悪くなったりしますので、ある程度の間隔をおいて、正しく耳垢を取ることが大切なのです。 2 取り過ぎに注意! 耳垢を取るタイミングと頻度 耳垢をいつ、どのくらいの頻度で取るようにしていますか? 耳垢には外耳を守る働きがあり、耳垢を溜めすぎない、取りすぎない、そして耳の中を傷つけないことが、耳掃除を行う大切なポイントなのです! そこで、耳垢を取るのに適切なタイミングと頻度についてお伝えします。 耳の健康を維持!耳掃除のタイミングと頻度 お風呂上がりに行う 耳垢がふやけているので、耳垢を取りやすいです。 月に2回(2週間から1ヶ月に1度 程度の頻度 耳垢には通常、外へ出ていく性質があるため、やり過ぎることで、逆に耳垢を耳の中へ追いやっている事も多いのです。 ついつい癖で耳掃除をしてしまいますが、やり過ぎは耳の健康に決してよくありませんので、今まで毎日や毎週のように耳掃除を頻繁にしていた方は回数を減らすようにしましょう。 3 綿棒使って安全に耳掃除! 耳垢の正しい取り方 耳掃除の道具については、綿棒派の方と耳かき派の方に分かれますよね。 より安全に、簡単に耳垢を取るには、綿棒をオススメします。 というのも、耳かきだとどうしても、外耳の皮膚を傷つけやすいのです。 そこで、綿棒を正しく使って耳垢を取る方法をご紹介します。 耳掃除に綿棒と一緒に使えるもの5選 ・生理食塩水 ・ベビーオイル ・オリーブオイル ・ワセリン(不純物が除去されたもの) ・市販の耳掃除専用のローション 湿性耳垢 あめ耳 は、粘りがあり、皮膚にべったりと付いていますので、ウェットタイプの綿棒を使ってみるのもいいでしょう。 乾性耳垢 こな耳 の場合は、耳垢が奥に入り込むリスクがありますので、粘着性のある綿棒を使うことで、パラパラの耳垢をキャッチしやすくなります。 ウォットタイプ、粘着性のあるタイプ、それぞれの綿棒はドラッグストアで入手可能ですよ! 5 間違った耳垢取りが原因! 気になる耳の病気とその症状 耳の掃除のし過ぎが原因で、かかってしまう耳の病気が実はあります! 間違った耳掃除が原因!耳の病気とその症状 外耳道炎 耳掃除の際に、耳の入り口から鼓膜までを外耳道の皮膚を強く擦ってしまうことで、傷ついて出血することがあります。 そうなると傷口から細菌等が入り込み、炎症が起こしてしまいます。 主な症状は、耳の痒みや痛み、灼熱感、また酷くなってくると、耳だれが見られます。 外傷性鼓膜穿孔 がいしょうせいこまくせんこう 耳かきを勢いよく耳の奥まで入れてしまうと、鼓膜を破ってしまう 鼓膜破裂 ことがあります。 鼓膜が破れると、耳が痛くなることはもちろんこと、音が聞こえなくなったり、頭痛や眩暈が起こります。 耳垢栓塞(じこうせんそく) 湿性耳垢 あめ耳 が耳掃除を怠ることで乾燥し切ってしまい、固まって外耳道を塞いで(ふさいで)しまうと、耳が聞こえにくくなったり、めまいや肩こりの原因になることがあります。 また、耳垢を取っているつもりが、実は耳垢を耳の奥へと押し込んでいて、鼓膜が塞がれてしまうことでも同様の体の不調が起こることがあります。 耳垢栓塞は湿性耳垢 あめ耳 の人に発症することが比較的に多いのですが、 乾性耳垢 こな耳 の人も、海水浴やプールでの水泳などで耳の中に水が入ると、乾燥した耳垢が水分を含んだ耳垢に変わり、耳の中で固まり外耳道を塞ぐこともあります。 そのため海水浴やプールでは外耳道を守るためにも、耳栓を付けるようにしましょう。 また、 耳垢掃除のやり過ぎで耳の中がヒリヒリする、もしくは掃除した綿棒に血が付着していたときには、耳鼻科を受診して処方される点耳薬を差すとと、傷ついた部分の治りが早くなります。 さらに耳掃除をした後に耳のかゆみ、耳が聞こえづらくなった、耳の中からの出血が続く、耳の奥や耳の後ろ側の痛みが消えない等症状がある場合は、耳の病気の可能性もあります。 少しでも耳に違和感や異常を感じたときには、速やかに耳鼻科を受診しましょう。 耳垢を取る方法を中心に、耳に関するトラブル、そして解決方法をお伝えしましたが、いかがでしたか? 通常、耳垢は自浄作用により、自然と外へ排出されるものですので、頻繁に耳掃除をする必要はありません。 耳掃除のしすぎは、かえって新陳代謝を活発にして耳垢を増やすこともありますし、耳垢を耳の奥に押し込み外耳道を塞ぐ耳垢栓塞や外耳道炎になることもあります。 耳掃除の頻度は月に1〜2回くらいにして、正しい方法でやさしく取り除くようにしましょう。 もし耳垢が上手く取れない、耳垢が詰まって耳が聞こえづらくなった場合などは、 耳鼻科を受診すればお医者さんの手で数分で耳掃除してもらえます 保険適用内 ので、気になる方は病院へ行くことも検討してください。 も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

子どもの耳掃除の正しい方法と注意点。耳垢が気になるなら耳鼻科へ!|医療法人あだち耳鼻咽喉科

綿棒 耳 掃除

その答えは「はい」でもあり「いいえ」でもあります。 まず 耳掃除の必要性についてですが、耳垢は自然に少しずつ排出されるので、 必ずしも耳掃除を行う必要はありません。 また、外耳道 耳の穴の中 や鼓膜を傷つける恐れがあるという意味では行わない方が良いとも言えます。 しかしながら、人によっては耳垢が外耳道に詰まって聴力が落ちてしまう事があります。 これは「 耳垢塞栓」という病名が付いており、耳鼻咽喉科で処置してもらう必要があります。 耳垢塞栓まで行かなくても、 耳垢がたまってくると 多少は 聴きこえ方が悪くなるため、その変化を聞き分けられて困る人に限って言えば、耳掃除をする価値があると思います。 つまり 長期間耳掃除をしなくても聞こえ方に変化がない人はそもそもしない方が良く、聞こえ方に変化がある人は行う利点と欠点を天秤にかけて判断するべき、ということになります。 — 次に 道具として綿棒を使う事が適切かどうか。 耳掃除に使う道具は主に次の2つがあるかと思います。 綿棒や、シリコーン製の柔らかい耳かき• 竹製や金属製の硬い耳かき 前者は外耳道や鼓膜を傷つけにくい利点がある反面、耳垢を剥離する能力がやや低いです。 また、竹製耳かきより太いので、 特に外耳道が狭い人が使うと 耳垢を奥に押し込んでしまう恐れがあります。 後者は耳垢を剥離する能力は高いですが、外耳道や鼓膜... ロード中...

次の