なくし もの を 探す。 探し物が見つからない!家の中のなくしたものを絶対に見つける方法やコツ

探し物が見つからない!家の中のなくしたものを絶対に見つける方法やコツ

なくし もの を 探す

1.探し物を見つけるコツ 家の中でなくしてしまったものを見つけるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。 ぜひ実践してみてください。 1-1.同じ行動をとってみる 探し物をなくしたのがついさっきのことであるなら、なくすまでにとった行動を繰り返してみましょう。 たとえば、玄関を開けて靴と上着を脱ぎ、トイレに行ってから洗い物をした場合。 洗い物をしている最中でなくしたことに気付いたとしたら、玄関を開けるところから実際にやってみてください。 玄関やトイレで見つかる可能性が高いでしょう。 無意識のうちに置きっぱなしにしていることもあるのです。 意識して同じ行動をとってみることで見つかる可能性は十分にあります。 1-2.最初に探した場所をもう1回探してみる 家中のいろいろな場所を探しても見つからない場合は、最初に探した場所をもう1回確認してみてください。 「さっき見たから…」と言って新しい場所だけを探そうとする人は多いでしょう。 しかし、最初は見つけることができなくても、次に見たときに見つかる可能性はあるのです。 人間は「思い込み」によって決まったパターンの行動しか起こさなくなることがよくあります。 「ここにはない」と決めつけずに、行動に移すことが大切なのです。 1-3.なくしたものの名前を言いながら探す たとえば携帯電話をなくしたなら「携帯電話、携帯電話」というように、その名前を繰り返し言いながら探してみてください。 何の意味もないように感じますがそうでもありません。 名前を言いながら探した方が早く見つかる、という研究結果が実際にあるのです。 理由は、集中力が高まることに関係しています。 また、探しているうちに「何を探しているのか分からなくなった」ということもあるでしょう。 名前を言いながら探していればそのようなこともありませんよね。 1-4.いったんリフレッシュするか諦める 探し物が見つからなくて煮詰まったときは、いったんリフレッシュしましょう。 たとえば、シャワーを浴びたりお茶を飲んだりしてみてください。 自然とアイデアが浮かび、なくした経緯を思い出す可能性があるでしょう。 また、なくしても困らないようなものの場合は、いったん諦めてしまうのも手です。 諦めたころに見つかるというジンクスもあります。 関連記事 2.探し物に時間がかかる部屋の特徴 「すぐものをなくしてしまう」「探し物が見つかるのに時間がかかる」という人は、自分の部屋を見直してみてください。 探し物が見つかりにくい部屋には、共通の特徴があるはずです。 2-1.ものが多くて散らかっている 部屋中にものがあふれ返っていては、探し物を見つけることができません。 床やテーブル、ソファーの上など、あちこちにものが散らかっている部屋では、よくこのようなことが起こるのです。 片付いている部屋であれば、普段何も置いていないはずの場所にものがあればすぐに気付きます。 しかし、ものが散乱していれば何がどこにあるか一目では分からないでしょう。 探し物を見つけるために、まずは余計なものをよけなければなりません。 そのため、見つけるまでに時間がかかってしまうのです。 2-2.ものの定位置が決まっていない 使った後はどこにしまうか、定位置が決まっていない部屋ではものをなくしやすいでしょう。 定位置が決まっていれば、片付けたはずの場所にあるはずですよね。 なくしたと思っても、比較的すぐに見つけることができるでしょう。 ものの定位置を決めておくことは、部屋を散らかさないためにも必要なことなのです。 2-3.収納スペースが多すぎる 意外に思う人も多いでしょうが収納スペースが多すぎる部屋は散らかりやすいのです。 その理由は、収納する場所があることでものを増やしてしまいがちなため。 いずれ、収納スペースに入りきらないほどものが増えてしまうでしょう。 収納スペースが多すぎる上にものの定位置が決まっていないと探し物は見つかりにくくなります。 関連記事 3.ものを減らす方法 探し物をしている時間は、人生にとって無駄なものです。 その時間をもっと別のことに使うことができるように、探し物をなくすようにしましょう。 そのためには、ものを減らして部屋を整理することが大切です。 3-1.不要なものを処分する まずは、部屋の中を見渡してみてください。 あなたにとって本当に必要なものはどのくらいあるのでしょうか。 必要なものとは「今使っているもの」のことです。 「使っていないけれどもったいないので捨てられない」「いつか使うはず」という理由で残してあるものは、あなたにとって不要なもの。 思いきって処分して部屋をスッキリした状態にしましょう。 そうすることで、散らかりにくい片付いた部屋を手に入れることができます。 そして、ものをなくすこともなくなるでしょう。 なくしたとしても、すぐに見つかるようになるはずです。 不要なものの処分方法はいくつかあります。 状態のよいものは捨てるよりも売る方法を考えてみましょう。 リサイクルショップやネットオークションなど、自分に合った方法を選んでください。 また、不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。 希望の日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえます。 状態のよいものは買い取ってもらえる可能性もあるため、お得に処分できるでしょう。 でも不用品の片付けを受け付けています。 見積もりは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。 無料見積り申し込み 3-2.ものを増やさないようにする ものを減らすと同時に、増やさないように努力する必要もあるでしょう。 たとえば、新しいものを購入したら1つ処分する、購入する前に「本当に必要なものか」を考えるなど、自分なりのルールを作ることをおすすめします。 定期的にものを処分する習慣をつけるのもよいでしょう。 せっかくものを減らすことに成功しても、またすぐに増えてしまっては意味がありません。 探し物が見つかりやすい部屋にするためにも、ものを増やさない生活を心がけましょう。

次の

なくしものを見つけるおまじない!超簡単で効果のある5つの方法

なくし もの を 探す

「・・・ない。 」 いつも寝起きからご機嫌。 毎日ワクワクして目が覚める僕なんですが、今朝ばかりは違いました。 「なんでだろう・・・」という迷い。 「どうしたらいいんだ・・・」という不安。 拭い去れない胸の苦しさ。 絶望・・・。 そう、昨日から カメラの充電器が見つからないんです! ぐぉーーーなんでだぁぁぁ!! 「いつもカメラグッズを置いている棚」と「コンセント」の往復しかしないから、無くなるはずがないんですよ!家の外どころか、置いている和室から出したことがそもそもないんだから!! なんでだよぉぉぉ。 どおしてだよぉぉぉ。 こんなに目覚めが悪いのは何十年ぶりでしょうか。 とにかく、一刻も早く見つけ出さねばなりません。 だって、このブログの「おいしそうなフード写真」の9割方、 その充電器で充電してるカメラで撮ってるんですもの。 当ブログ「まいうま」史上最大のピンチ! 皆さんも、イライラしちゃうくらい探し物が見つからなくなった経験、ありませんか? ムダに時間取られるわ、仕事してても気になるわ、家族とケンカになるわ、ほんとイヤですよね! そこで!このワタクシ、意を決して立ち上がりましたよ。 インターネットや書籍を駆使して、「失くしものが見つかる方法」を徹底的に調べあげました!! 題して、 「ほぼ100%!探し物が見つかる最強マニュアル」 探し物が多くて、ついいつもイライラしてしまうあなたのお役に立てれば嬉しいです。 僕も、愛機のイオスちゃんが使えるか否かが掛かってますからね。 必死です(笑) 探し物の記憶がない・・・。 なくしものに対する5つの心構え・探し方 まずは、探し物をするときに大切な5つの心構え・探し方です。 探し物の記憶がないなんてみんな当たり前ですからね。 まずは冷静に行動を振り返り、同じ行動をする まずは、とにかく落ち着いて、自分の行動を振り返ってみましょう。 物をなくすこと自体は誰にでもあるので、焦らずできるだけ客観的に分析することがポイントとなります。 その際、 コツはカラダを動かして同じ行動を取ってみるということです。 焦って頭だけで考えるのでなく、カラダ全体を使って自分の跡をたどりながら「いつ」「どこで」失くしたのかを名探偵のように冷静に観察していきましょう。 姿勢やしぐさを再現することで、 「身体の記憶」に訴えることが出来るので、発見の可能性がグッと高まります! 演劇の練習のようにカラダ全体で、自分で自分の行動を解説しつつ再現してみましょう。 目だけでなく、五感をフルに使う ささっと見て終わるのでなく、 必ず隅々まで手を伸ばし、聞こえてくる音に耳を傾けてください。 思い込みでオバケが見えるように、目で見るって案外信用ならないものです。 さすがに舐めたり匂いを嗅いだりして探すことはあまり無いですが、指に触れる感触や耳に入って来る音は本当に有効な手がかりになりますよ。 視力が良くない方は、もちろんメガネやコンタクトをお忘れなく。 丁寧に拭き掃除をしながら探す 目で追って指差していくだけよりも、 拭き掃除をしながら探す方がもっと確率は上がります。 なぜなら、 確実に手を動かすので、見落としがグッと減るからです。 もちろん部屋もきれいになるので一石二鳥。 初めてカレシ・カノジョを自分の部屋に呼ぶレベルで丁寧にやりましょう。 髪の毛一本見逃さなかったあの情熱を思い出して。 イライラしたら、休む 探しても探してもみつからないと、イライラして集中力もどんどん落ちていきます。 注意散漫なまま探しても見つかる可能性は低いので、 「イライラしてきたなぁ」「ちょっと疲れてきたなぁ」と感じたら、迷わず一時中断しましょう。 ちょっとお茶して一息ついて。 何周もする。 一周目で見つかるとは限らない! ジャングルの探索で失くしたのでもない限り、捜索範囲はそんなに広くないはず。 いつもの部屋の中、オフィスの中にきっとあります。 二周目、三周目で見つかることもよくあるので、同じ範囲を何周も探しましょう。 なんと 探し物が見つかった場所のナンバーワンって実は「一番最初に探した場所」なんです! 最低十周はする覚悟で臨んでみてください。 あきらめたら、試合終了ですよ! どこを探しても見つからない!冷静に浮かべるべき3つの可能性 では、心構えが出来たら、なくしものを探しに行きましょう。 探し物をするときは、ぜひ次の可能性を浮かべてみてください。 なくしもの・探し物の発見率を高める3つの可能性です。 こういうところに探し物はあるんです! 1. 子供やネコがやったかも 探し物があなたの物でも、犯人はあなた自身とも限りません。 特に、お子様やネコちゃん・ワンちゃんがいる家庭なら、要チェックです!あの方々、いつ何をするか予想不可能ですからね(笑) 例えば、以下のような場所は探しましたか?• おもちゃ箱• お気に入りの寝床• 遠くに転がっていって見えないのかも 茶碗やコップを落として割ってしまうと、「え、こんなとこまで!?」というくらい遠くまでカケラが飛んでいたりしますよね。 それと同じように、あなたの落とし物も予想外のところまで転がっていっている可能性は大いにありです。 ソファ・カーペットやタンスの「 隙間」、戸棚・食器棚や本棚等の「 奥の方」を特に丁寧に探しましょう。 手前だけ手を突っ込むくらいじゃ見落とす可能性大です。 あらゆる可能性があるかも 探し物をする時のタブー。 それは、 「そこにあるはずはないよね」です。 そのセリフを口にしてしまった瞬間、あなたには「見つけられないフラグ」が見事に立ってしまっています! 「あるはずがない」と決めてしまった空間に実は探し物が隠れているというパターン、ものすごく多いです。 「あの本の裏にあるかも」 「あそこのぬいぐるみの下にあるかも」 そうやって あらゆる可能性を検討する謙虚な気持ちを大切に。 想定外を想定しましょう。 なくしもの・探し物が見つからないときの「最優先のチェック項目4つ」 発見率を高める3つの可能性を胸に刻んだら、いざ探し物を見つけに行きましょう! 椅子、テーブル、ソファ、ベッド。 探し物が見つからないと言っても、だいたい家の中にあるはずです。 いろいろな可能性がありますが、まずは以下の項目を徹底的に試してみてください。 見つかるケースが圧倒的に多い「最優先のチェック項目4つ」です! 1. 全ての服のポケットの中を徹底的に調べる クローゼット、タンス、衣装ケースの中のレギュラー陣の服たちも、控えの服たちも対象です。 全ての服のポケットの中を徹底的に探します。 「ポケット」と言っても、以下のように本当にいろいろな箇所にありますからね。 「冷蔵庫」• 「クルマの中」• 「傘立て(&傘の中)」• 「郵便ポスト」• 「洗面台・キッチン周辺の棚」 あー、なんか怪しいニオイがぷんぷんしますねw 要チェック! 3. 家族に聞く。 特に子供 意外と忘れがちなのが「 家族に聞いていみる」ということです。 これであっさり解決することもよくあります。 「なんで教えてくれなかったんだよ!?」なんて逆切れしちゃダメですよ? 2歳とか3歳とかの小さなお子様でも、案外知っているケースも多々ありますので、ぜひ聞いてみてください。 「うん、しってるよー。 ゴミ箱・三角コーナー・排水溝も勇気を出して! 信じたくはないですが、あなたの宝物はゴミたちと一緒にダイブしているかもしれませんよ。 以下のような箇所も勇気を出して捜索しましょう。 ゴミ箱• 三角コーナー• 排水溝 生ゴミも掻き分けて、丁寧にチェックです。 我が家はよく、排水溝のネットからスプーンや蓋が出てきますよ。 (気付かれずに捨てられていったモノたちもいるはず・・・) よく物をなくす人必見!探し物が絶対見つかると評判の「おまじない」 「どこにあろうが、誰が犯人だろうが何でもいい。 とにかく早く見つかってくれぇぇぇ!」 なかなか見つからないと、神サマにもすがりたくなりますよね。 おまじない 呪文唱える系 まずは「呪文唱える系」のおまじないです。 有名な「はさみさん」から紹介しますね! 【はさみさん】 ハサミを用意します。 耳元まで持っていき、ハサミをチョキチョキしつつ以下のように「はさみさん」のおまじないを唱えながら探す方法です。 「はさみさん、はさみさん。 」 これが「はさみさん」の王道のやり方ですが、別バージョンも幾つかあります。 はさみさん別バージョン• ハサミを持ち、目線よりも上に上げて、刃先も上に向ける。 早く見つかりますように。 」とお願いする。 ハサミを壁などに立て掛け、倒れないようにする。 もしも、これで見つからないようなら、立てかけるハサミの数を増やす。 天井からハサミをぶら下げる。 ハサミの刃に糸を巻きつけつつ、失くしたものを頭の中で浮かべながら探す。 以上が有名な「はさみさん」のおまじないのやり方です。 「はさみさん」の他にも、まだまだたくさんあるので紹介していきますね。 【やかん】 ひもを使ってやかんをぐるぐる巻きにして縛る。 見つかりましたら両手を合わせてお礼させていただきます。 」と言って探す。 【あとみよそわか】 「あとみよそわか」と唱えながら探す。 【にんにく】 見つけたいモノを浮かべながら、「にんにく、にんにく」と唱えながら探す。 見つからないのはコロボックル=小人の悪戯だから。 【ないないの神様】 家から一番近い神社の方角に向かって手を合わせて、「ないないの神様、探し物はどこにありますか」とお祈りをする。 【清水の音羽(きよみずのおとわ)】 『清水の音羽の滝に願かけて 失せたる〇〇のなきにもあらず』と三回唱えながら探す。 【ロケス、ピラトス、ゾトアス、トリタス、クリサタニトス】 『ロケス、ピラトス、ゾトアス、トリタス、クリサタニトス』と繰り返し唱え続けながら探す。 探し物を手助けしてくれるというヨーロッパの妖精の名前。 【逆さ言葉】 探しているモノの名前を逆から読んで探す。 おまじない 呪文唱えない系 続いては、呪文唱えない系の「おまじない」たちを紹介しますね。 【ものさし】 長めのものさし 定規 を、タンスの上など高い場所において探す。 高いところから全体を見渡せるという意味らしい。 【赤いひも】 赤いひもを用意して、結び目を7つ作る。 そのひもを部屋の真ん中に吊るしておく。 【左回り】 探す時は左回り(時計の逆周り)に探すとよい。 【名前を呼ぶ】 探しているモノの名前を呼びながら探す。 探し物を見つける「おまじない」の紹介は以上です。 最後の「名前を呼ぶ」には、「そのモノの名前を呼ぶことによって集中力が高まって発見しやすくなる」という科学的な報告もあるんですよ! 言葉の力って大きいので、「はんっ!なくしものが占い・おまじないで見つかるの〜?」なんて思っている人もぜひ試してみてくださいね。 最後に:いざ、捜索! いかがだったでしょうか? これで見つからなかったら、もう諦めてください!いえ、冗談ですw でも、我ながら最強のマニュアルが完成したと思います!なんか捜しものが絶対見つかるような気がしませんか!?しません!?しますよね!? 僕は見つかる気満々になってきましたよぉ~!!! よっしゃぁ、これで見つけたも同然!充電器ちゃん、待ってろよぉ~!!うふっふぅ~!! と、意気込んだ矢先。 ほんと、この記事の下書き終えて、ちょっとお茶飲んでたまさにその時です! 「トゥルルルルルルル。 」 二階から内線が。 およ?まさか・・・ ガチャ。 「もしもし?充電器みつかったよ~。 おもちゃ棚の奥にあったよ。 」byうちのお嫁ちゃん イヤッホーイ!あったぁぁぁーーー!! なんというタイミング!さすが最強の探し物マニュア・・・ん? マニュアル、使ってない? ・・・・・・・ま、いっか。 見つかったから、結果オーライ! とにかく、 充電器、見つかりましたぁぁぁ!ありがとうございます!! でも、今回の発見パターン。 三歳の三女が棚の奥の方になぜかしまい込んでいたので、「発見率を高める3つの可能性」の「1. 子供やネコがやったかも」と「2. 遠くに転がっていって見えないのかも」に見事該当します! やっぱ奥の方だったか~。 僕もそうですが、なくしものが多い人は圧倒的に「チェックが甘い」傾向にあるようですね。 失くしものが見つからない時は、今回ご紹介したポイントを1つ1つ確実に試してみてください。 少しでもお役に立てればうれしいです。 では、充電器も見つかりましたので、今回はこんなところで(笑) こちらの記事も人気です 【自分の「適正年収」が分かる!スマホで5分でok】.

次の

鍵もスマホも一瞬で探せる「なくしもの発見機」!進化した「Tile」の機能に感動

なくし もの を 探す

1.探し物を見つけるコツ 家の中でなくしてしまったものを見つけるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。 ぜひ実践してみてください。 1-1.同じ行動をとってみる 探し物をなくしたのがついさっきのことであるなら、なくすまでにとった行動を繰り返してみましょう。 たとえば、玄関を開けて靴と上着を脱ぎ、トイレに行ってから洗い物をした場合。 洗い物をしている最中でなくしたことに気付いたとしたら、玄関を開けるところから実際にやってみてください。 玄関やトイレで見つかる可能性が高いでしょう。 無意識のうちに置きっぱなしにしていることもあるのです。 意識して同じ行動をとってみることで見つかる可能性は十分にあります。 1-2.最初に探した場所をもう1回探してみる 家中のいろいろな場所を探しても見つからない場合は、最初に探した場所をもう1回確認してみてください。 「さっき見たから…」と言って新しい場所だけを探そうとする人は多いでしょう。 しかし、最初は見つけることができなくても、次に見たときに見つかる可能性はあるのです。 人間は「思い込み」によって決まったパターンの行動しか起こさなくなることがよくあります。 「ここにはない」と決めつけずに、行動に移すことが大切なのです。 1-3.なくしたものの名前を言いながら探す たとえば携帯電話をなくしたなら「携帯電話、携帯電話」というように、その名前を繰り返し言いながら探してみてください。 何の意味もないように感じますがそうでもありません。 名前を言いながら探した方が早く見つかる、という研究結果が実際にあるのです。 理由は、集中力が高まることに関係しています。 また、探しているうちに「何を探しているのか分からなくなった」ということもあるでしょう。 名前を言いながら探していればそのようなこともありませんよね。 1-4.いったんリフレッシュするか諦める 探し物が見つからなくて煮詰まったときは、いったんリフレッシュしましょう。 たとえば、シャワーを浴びたりお茶を飲んだりしてみてください。 自然とアイデアが浮かび、なくした経緯を思い出す可能性があるでしょう。 また、なくしても困らないようなものの場合は、いったん諦めてしまうのも手です。 諦めたころに見つかるというジンクスもあります。 関連記事 2.探し物に時間がかかる部屋の特徴 「すぐものをなくしてしまう」「探し物が見つかるのに時間がかかる」という人は、自分の部屋を見直してみてください。 探し物が見つかりにくい部屋には、共通の特徴があるはずです。 2-1.ものが多くて散らかっている 部屋中にものがあふれ返っていては、探し物を見つけることができません。 床やテーブル、ソファーの上など、あちこちにものが散らかっている部屋では、よくこのようなことが起こるのです。 片付いている部屋であれば、普段何も置いていないはずの場所にものがあればすぐに気付きます。 しかし、ものが散乱していれば何がどこにあるか一目では分からないでしょう。 探し物を見つけるために、まずは余計なものをよけなければなりません。 そのため、見つけるまでに時間がかかってしまうのです。 2-2.ものの定位置が決まっていない 使った後はどこにしまうか、定位置が決まっていない部屋ではものをなくしやすいでしょう。 定位置が決まっていれば、片付けたはずの場所にあるはずですよね。 なくしたと思っても、比較的すぐに見つけることができるでしょう。 ものの定位置を決めておくことは、部屋を散らかさないためにも必要なことなのです。 2-3.収納スペースが多すぎる 意外に思う人も多いでしょうが収納スペースが多すぎる部屋は散らかりやすいのです。 その理由は、収納する場所があることでものを増やしてしまいがちなため。 いずれ、収納スペースに入りきらないほどものが増えてしまうでしょう。 収納スペースが多すぎる上にものの定位置が決まっていないと探し物は見つかりにくくなります。 関連記事 3.ものを減らす方法 探し物をしている時間は、人生にとって無駄なものです。 その時間をもっと別のことに使うことができるように、探し物をなくすようにしましょう。 そのためには、ものを減らして部屋を整理することが大切です。 3-1.不要なものを処分する まずは、部屋の中を見渡してみてください。 あなたにとって本当に必要なものはどのくらいあるのでしょうか。 必要なものとは「今使っているもの」のことです。 「使っていないけれどもったいないので捨てられない」「いつか使うはず」という理由で残してあるものは、あなたにとって不要なもの。 思いきって処分して部屋をスッキリした状態にしましょう。 そうすることで、散らかりにくい片付いた部屋を手に入れることができます。 そして、ものをなくすこともなくなるでしょう。 なくしたとしても、すぐに見つかるようになるはずです。 不要なものの処分方法はいくつかあります。 状態のよいものは捨てるよりも売る方法を考えてみましょう。 リサイクルショップやネットオークションなど、自分に合った方法を選んでください。 また、不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。 希望の日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえます。 状態のよいものは買い取ってもらえる可能性もあるため、お得に処分できるでしょう。 でも不用品の片付けを受け付けています。 見積もりは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。 無料見積り申し込み 3-2.ものを増やさないようにする ものを減らすと同時に、増やさないように努力する必要もあるでしょう。 たとえば、新しいものを購入したら1つ処分する、購入する前に「本当に必要なものか」を考えるなど、自分なりのルールを作ることをおすすめします。 定期的にものを処分する習慣をつけるのもよいでしょう。 せっかくものを減らすことに成功しても、またすぐに増えてしまっては意味がありません。 探し物が見つかりやすい部屋にするためにも、ものを増やさない生活を心がけましょう。

次の